以前の話に戻る

平成23年
  3月のおしゃべりを見てみましょう。
  (掲示板を見逃してたら、ごめんなさい。)

ご本家=「御宿かわせみの世界」さん
S・ファロウ=「Straight Furrow」さん
の略です

提供者 サイト 五七五話
ゆきどりさん ご本家
2011/3/31
この雨は だれの涙か 弥生尽
あの大地震、大津波から、まだ3週間なのですね。あれからの一日一日が、どんなに長く感じたことでしょうか。あの日以降、春めいていたはずの気候が一気に冬に逆戻りし、降りしきる雨や雪、そして冷え込む気温に、被災地の皆様はどんなに苦しい思いだろうかと心が痛む毎日です。いま私にできることは何か。それを心に刻みながら、毎日をすごすようにしたいと思っています。
冬の後には必ず春が来る、この国はそういう国です。一年中、雪に閉ざされる国ではありません。春はすぐそこまで来ています。いつかかならず、暖かい喜びに満ちあふれた春が来ると信じて、毎日を大事に過ごしたいと思います。
千姫さん ご本家
2011/3/31
一日も早くと祈る弥生尽
被災地の人達がほっと一息つける日がくるのだろうかと考えると気持ちが沈みがちで、寒さだけでも和らいでほしいと日々、祈るような気持ちで過ごしています。
早く心が落ち着ける日が来て欲しいと祈る事しかできません。
たまこさん ご本家
2011/3/31
人知れず確かな芽吹き弥生尽
夫の実家の法事で関西に行き、今回の地震を案じる言葉をたくさん受けましたが、年寄りばかりの集まりで、話題はさらに戦災から関東大震災へ(さすがに、自分が体験した人はいなかったけど、親から聞いた話で) 振り返ってみればいろいろな苦労をよく乗り越えてここまで来たものだと口をそろえておりました。一同の中で自分が一番年下という立ち位置は、こういう時でもないとめったに体験できず、神妙に話を聞いていました。
管理人さんも書いていらっしゃいますが、がれきの中から材料を集めていろいろな事を工夫したり、自分も被災しているのにボランティアで人のために尽くしておられる多くの方々の姿には、本当に頭が下がります。
こでまり ご本家
2011/3/31
被災地は遠くて近い弥生尽
今回の大震災後、被災地の多くの産業がストップしていることで、遠く離れた地域も大きな影響を受けています。生産中止になっている海外の工場もあるそうで、今更ながらに私たちの生活が、互いにどれほど深く繋がっていたかを思い知らされる毎日です。
私たちの穏やかな暮らしを被災地の方々が支えて下さっていた・・・、そうであるならば、私たちもまた、有形無形に被災地の方々の暮らしを支えていたはずです。明日からの自分の暮らしを、自分らしく続けて行かなくてはと思いました。
茜雲さん ご本家
2011/3/31
一丸で明日を信じて弥生尽
頑張れでなく頑張ろう!そんな一言にすら涙が出てしまうこのごろですが、本当にみんな力を合わせて一丸で乗り越えられたらと祈って止みません。
すみれさん ご本家
2011/3/31
花の根の力を信じ弥生尽
先月はニュージーランドの地震被災を痛ましく思う尽句でした。続いて、日本にこんな大震災と脅威がおこるなんて・・・被災地からの映像には、瓦礫の山また山の連続で、地表からは、人も家も木も花も全部流されてしまいました。
でも、人の心の根っこ、木の根っこ、花の根っこはきっと残っていると信じています。先日のTVで「根の歌」の歌詞にすごく感動しました。根っこへの栄養となる支援をずっと続けることが、大切だと思っています。
管理人様、皆様、これからもよろしくお願いいたします。
はなはなさん ご本家
2011/3/31
散りて咲く花いのちなる弥生尽
こんなに花の咲くのが待たれる春は、この先もそんなにないでしょうね。春の生命力を苦しんでいる方々に届けたいです。
浅黄裏さん ご本家
2011/3/31
泥中にも花の咲くらん弥生尽
睡蓮は泥の中に花を咲かすのですよね。
早く明るい日々が戻ってきますように、と願っています。
ぐりさん ご本家
2011/3/31
桃色の 花たわわなれ 弥生尽
震災があってから毎日のような寒さなんでこんな仕打ちをとも思ってしまいました、管理人様がおっしゃるように少し筒前へと進みだして見えますね 被災に逢われた方々の何と謙虚で前向きな姿勢に感動と元気をもらっています 春になって暖かさと花が咲いて少しでもいやしになればと思います
あっちの
管理人さん
ご本家
2011/3/31
今はただ春が待たるる弥生尽
あの大震災からもう3週間。地震に加えて津波の恐ろしさ、何もかも根こそぎ奪っていく力に為す術もなく自然の牙に茫然としています。それでも被災された方々が少しずつ前に向って歩きだそうとする姿に、人間って強いな、すごいなと勇気をもらっています。
被災地に降る雪を見ると、早くあったかくなって欲しいと願います。家族が普通に暮らせる日常がどんなに幸せなことか、大事にしたいと思います。
たまこさん S.ファロウ
2011/3/28
宗匠の「荒川は逃げやしません」には爆笑、そのとおりですが、お天気もよく電車も大丈夫そうなので、昨日「荒川運動公園」という所に行ってきました。
実はずっと「荒川で菜の花が見られる所」を探していたのですが、東吾さんがおるいさんに菜の花畑を見せてあげた白髭明神・万福寺のあたりの荒川土手は、今はしっかりコンクリートで固められてしまって、ぜんぜん菜の花がありません。でもず〜っとさかのぼって川口まで行けば、今でも菜の花畑(秋はコスモス)があるとわかって嬉しかったです。
ただ、都内とか千葉・神奈川あたりはもう菜の花満開ですが、荒川の川風がはんぱじゃなくきついせいか、ここはかなり開花は遅く、4月中旬にならないと満開にならないようです。桜はもう咲いていたのに、菜の花のほうは「ただいま栽培中」という立て札があってまだこんな感じで、「菜の花月夜」ならぬ「菜っ葉昼間」(?)
という訳で、私もお題提出いたしました〜〜(^O^)皆様も頑張ってね。

はなはなさんの「一人一人が回す輪」の言葉、そして、こでまりさんが「いわき」のナンバーを見て感じて下さったことなど、きっと今助けを必要としている人々の心に届くと思います。サークルのお仲間の一人が、ご実家が仙台で、閉鎖されていた東北自動車道が開通したので週末にお見舞いに行かれたとおっしゃってました。そして多くのタンクローリーやトラックが自動車道を走って行くのを見て心強かったとも。建設会社の人々も、昼夜を問わず道路の復旧に働いてらっしゃるのですね。
今はまだ目に見えないような小さい芽でも、あちこちでしっかりと息づいて生命力を蓄えていると思います。
こでまり S.ファロウ
2011/3/26
芽吹きいつ「いわき」の車通り行く
今日は句会でした。今月の兼題は「芽吹き」。先月の句会にはニュージーランドの震災で、多くの若くて志高い人が亡くなったことを憂える句があったのですが、翌月にこんなことが起きるなんて、本当に思いもよらないことでした。
の句は、本当にあったことなんですが、事務所からの帰り、ラジオで原発の様子などを聞きながら運転していると、信号待ちで止まった前の車のナンバープレートが「いわき」だったんです。一瞬涙が出そうになって、その方が被災者なのか、仕事中の車なのかもわからないのに、「車の中に何かあげられる物はないか」と思ったりしました。冷静になればそういうことは失礼なことかもしれないのに、ただ「頑張って」とだけでも言いたかったです。芽吹きの季節は遠いかもしれませんが、いつか必ず、と思いました。

すみれさん、はなちゃん、今季もありがとうございました!ココとご本家の「菜の花のエール」のおかげですね♪たまこさんも計画停電の影響の中、現場検証をしてくださるそうで(頼もしい〜〜)、本当に頭が下がります。でも気軽に「行ってね」なんては言えない状況なので、ぜひご無理のないようにしてください。たまこさんが楽しみにして行ってくださるのなら、私たちも安心して楽しませていただきますが、荒川は逃げやしませんので、本当に無理はしないでくださいね。
最後になりましたが、真名さんが書き込んでくださって、一安心です。どうぞお体、お大事に。
はなはなさん S.ファロウ
2011/3/24
真名様 ご無事で何よりでした。どうぞご無理のないように、お体大切にしてください。
たまこさまの言葉をはじめとして、皆様の言葉に頷いたり、ほっとしたり、がんばらなくちゃ、と思ったり。ご本家や人形句の菜の花にもほっとします。千姫さま、採用おめでとうございます。
この災害に私たちは多くのことを学んでいます。何をどう考え判断し、行動するのか。どう人を思いやるのか、生きるとは何なのか、どう生きるのかを。苦しんでいる方々、その近い周辺の方々、直接・間接に影響を受ける方々、直接支援に携わる方々、遠くで心を痛め支援の一端をになう方々、心ならずも自分が生きるだけで精一杯で支援に携われない方々・・・みんな自分の役割を果たして行けばよいし、それを双方が負担に思ったり自慢に思ったり、あたりまえに思ったり、一つの判断を糾弾したり、してはいけないのだと思います。
最近ACのCMが注目されて、使用されている金子みすゞや宮澤章二の詩が話題になっていますね。こうしたときに注目される言葉の力だと思うのですが、作者は役立とうと思って作っているわけではないのです。まして注目を集めようと思っているわけでもない。こうした言葉に触れるたびに、思いを込めて言葉を送り出したい、と思います。「何に役に立つ」などと考えず、ただ思いを込めて。
震災の影響で仕事が激減しているのですが、ちゃんと物事を考え、言葉を搾り出す時間に当てたいと思います。〆切も近いことですし。たまこさまの荒川散策も楽しみですが、どうぞお気をつけて、無理のないように。
たまこさん S.ファロウ
2011/3/23
各地の皆様からのお言葉、それぞれに心に響くものがあります。過度な自粛はむしろ復興の妨げになるということで、私の周囲でも、連休あたりを境に通常の活動に復帰しました。NZ地震の被害者の方々を始め、今回の災害で隠れてしまった悲劇の方々もいらっしゃいますし、事故や病気やいじめ事件なども、常に起こっているわけなので、周囲のことを気にし始めたらきりがありませんので、それぞれの立場から、何か思いを声にしていくことで、少しでも、元気が出たり気持ちが楽になったりすれば、それが一番と思います。(逆に、何か書かなくてはとか返事をしなければとか思う必要もないので、黙っていたい時はまたそれが一番かと)

すみれさんご推察のとおり、あっちの管理人さんもこちらも、お題締め切りまで10日ほどという所で、なぜか「菜の花」が目の前にちらついたのですね♪
たまたま、掲示板の看板句も千姫さんになりましたが、はなはなさんが看板に採用されたことは送っていただくまで知らなかったので、偶然の一致です。
交通事情により、現場検証はやや遅れるかもしれませんが、今回の荒川はこれまで全くノーチェックの場所も多く、遅れても是非と思っています。
すみれさん S.ファロウ
2011/3/22
畝様人形句が
千姫さん作に
雨近し菜の花香る昼下がり
真名さま、moeさま、今回の大災害で本当に大変なご苦労、ご心痛の皆様方に心からお見舞いを申し上げます。直接の被害を被っていない地域に住む者にできる事は???考えながら、過ごしていました。まず、募金、買過ぎをしない事、公的には、支援物資、支援スタッフの派遣、被災された方々の受け入れなどなど、道路の回復につれて、活動がどんどん拡がってきています。
被害報道のあり方についても、色々なご意見がありましたね。被災された方々のご心痛やご苦労は察して余りありますが、被災していない地域でも余りの過酷な運命下の方々に思いを寄せている間に、鬱状態に陥った人が大勢いたようです。私も、一時期その一人になっていたようです。時間の経過とともに、これではいけない・・こちら側が経済も含めて元気でいないと、復興のパワーも出てこない・・・報道にもこの傾向が出てきていますね。
原発の脅威もまだまだ拭いきれていませんし、どうしても不安になり易いですが、普通に生活できる有難さを実感して、一日を大切にする事・・・今更ながら思っています。

こちらの人形句も、お千さまの菜の花句となり、あっちの今日のお話にも菜の花が登場していました。麦様のお題提出にお力を頂いて、自分も何とか提出できました。まだまだ寒い日々ですが、陽射しは間違いなく明るさを増し、花の芽は膨らみ、チューリップは花を咲かせました。これから咲く花々が、皆様のお慰めに役立つと切に思います。
たまこさん 2011/3/20 真名さんの書き込み、それに続いてmoeさんのお言葉も、何度も読み返しました。こでまりさんの北陸道レポートも、タンクローリーの列を思い浮かべ「がんばれ〜」と心の中で声をかけました。
はなはなさんの「自分達の存在意味について深く自省の念」というのは、私には少々意外でした。というのは、今まさに「元気の出る音楽や歌」などについての情報が私の周囲でも飛び交っているし、「芸術こそ医学や技術で助けられない部分を助けることの出来る大きな力を持っている」というのが一般認識だと思っていたので…でもむしろ、芸術家自身はそのことについて謙虚であるからこそ、力を持つのかなとも思いました。

皆さん具体的に節電節エネルギーの方法を考えて実施されていて見習わなくちゃと思っています。我が家の場合、やっぱり早寝早起きに努めるということかな…ただ、個人で出来ることはどうしても限りがあり、大きく節電できるのは、企業とか大きなビルですよね〜〜首都圏の計画停電も、電車を動かさなければ電力は余裕が出るというのがよくわかります。運休の不便と停電の不便をはかりにかけながら、苦労しているようですね。でも配電の関係なのか、一日に二度も停電になる地域と、予定には入っていても結局停電をまぬがれた地域(申し訳ないながら我が家はこのラッキーなほうに所属)があるのは、不公平には違いないですね…
moeさん S.ファロウ
2011/3/20
幸い私は本当の被災者ではありませんでした。ただ単に今までのような快適な生活ができない、余震におびえている生活なんです。不便な生活は不便なりになんとか工夫して暮らしていけるものです。地域の方々とも言葉にはせずとも、連帯意識が生まれていることは確かです。
歩きか自転車で買出しですが、道でお会いした方々には必ず元気にご挨拶をしようと心がけています。この地域の消防、土木関係、警察関係者などだんだんと復興にむけて災害地に派遣され始めています。皆、頑張ろう。今はそれぞれの出来ることでこの災害を乗り切っていくことしかできませんね。
仙台は知人が多かったので、そちらの大変さは情報として流れてきました。真名さま、ご無事で何よりでした。今はお辛いことばかりでしょうけど、どうかお身体に気をつけてください。
真名さん S.ファロウ
2011/3/20
掲示板を拝見し、涙が出そうになりました。皆様ありがとうございます。おかげさまで、家族ともども無事です。 現在、実家におります。
お話したいことはたくさんあるのですが、色々な思いが胸にこみ上げてきてまとまりません。余裕ができてきたら、少しずつ、と思っております。
とりあえず、今回はご報告までで失礼します。
こでまり S.ファロウ
2011/3/19
今朝金沢に向かっていた夫から、「北陸自動車道、三重とか愛知ナンバーのタンクローリーでいっぱいだぞ!」と電話がありました。日本海側を経由して被災地や関東へ向かうと思われ、タンクローリーが行くたびに「ガンバレ〜〜と思った」と言っていました。
知人のご主人で土木関係の会社に勤めている方も、来月福島に行くことになったそうです。
現場で頑張っている方、被災地に向かう方も、無事に思います。
はなはなさん S.ファロウ
2011/3/19
moe様 ご無事で何よりでした。ご不自由が続くとは思いますが、どうぞご無理のないように。ふみきり様 久しぶりにお名前を拝見して懐かしかったです。どうぞお元気にお過ごしくださいね。真名さまは大丈夫かどうか…きっとお元気に職務を果たそうとがんばっているであろう、と願いを込めて。

先日かいつまんでお知らせした言葉は、私自身がぎゅっと噛み締めてここしばらく「不要不急だけれど私自身がしなくてはならないこと」に専念していました。
アートに関わる者がこういうときには必ず陥るジレンマだとは思いますが、自分達の存在意味について深く自省の念を持ってしまいます。たまたまこんな大変な時に展覧会の開催が重なってしまい、いろいろな意見が出ましたが、私たちなりに被災者に敬意を表して、慎みの気持ちが下品にならないよう、また団体としての存在理由をはっきりと示してパーティでの「黙祷」「乾杯・アトラクション中止」「寄附」と結論を出し共催各社と調整を進めました。授賞パーティ会費の一部と中止したアトラクション経費相当額、そしてパーティ中に行なった募金。それらを合算して今後関係団体に寄託する手続を進めます。金額は大したものではありませんが、何か役に立ちたかった、気持ちを伝えたかったのです。

個人としては、燃料・電力の節約実行と寄附を考えています。すでに支援金の窓口がいくつも開設されましたので、その中から信用の置ける機関を選んで寄託したいと思っています。
日本人の冷静・我慢強さ・相互扶助の姿勢が国際的に評価されていますね。日本人として誇りを持って良いのではないでしょうか。欧米などの愛国心ともちがう、ベースには何ものにも命が宿るという考え方があり、助け合わなくては狭い島国で生きることができなかった遠い祖先の知恵が私たちに受け継がれているのでしょうね。

たまたま、自治体の消防司令官の方とお話する機会がありました。当地からもたくさんの消防官の方々が現地へ向かっているそうです。部下の方々を災害地に送るということ、原電の対策活動の考え方・方法など、現場の感覚は政府や関係会社首脳の感覚とはまったく異なります。お話を聞けば聞くほど支援活動・運搬に携わる方々には本当に頭が下がります。どんなことであってもみんながひとつひとつ自分の小さな輪を回せば、社会全体の大きな輪が回るのです。自分のできることを一生懸命がんばりたいです。

看板、実は今回の展覧会の作品です(笑)もちろんサイズはまったく異なりますがテイストやエレメンツ(使用したモチーフ)は全て同じです。看板用に再構成しました。御句は「清姫おりょう」で千姫さまがお詠みになられた御句です。雰囲気が合う、と思い、選ばせていただきました。手前味噌の図柄で恐縮ですけれど、よろしくお願いします。たまこさま、東京も停電の影響で大変なところ、アップありがとうございました。
ぐりさん S.ファロウ
2011/3/18
エアコンが灯油なので昼間はつけないようにしょうと思っています、ブログの更新もためらっていましたが私自身が更新されているところを拝見するとうれしいので昨日から再開しました
看板変わりましたねモダンです左端はお月さまなんですね斬新ですね お題そろそろ頑張らないとと思います
こでまり S.ファロウ
2011/3/18
moeさん、ご無事で何よりでした。ふみきりさんもお久しぶりです、よくお訪ねくださいましたね。
1週間が経ち多くのテレビもいつもの番組になりましたが、内容は大震災・大津波・原発事故等のことが続いています。そのせいか、キャスターさんたちが皆、ダークスーツにモノトーンの服装で、CMも少なくなり、ACばかり流れていますね。
仕事の方では商品の発注をしようとクリックすると、どのサイトも関東以北へは送られないとか、納期が延びるというお知らせが並んでいます。

こちらはさしあたっての実害はありません。また先日ココで判明したように、福井で節電をしても関東にも東北にもお役に立てず残念に思っていたのですが、電気がダメなら灯油があるさ!電気はお役に立てないけど、灯油やガソリンは節約した分被災地の役に立てるのではないかと気づき、石油ヒーターを消してエアコンを使うようにしようなどと思っています。あとね、前に書いたかも知れないけど、私はご飯をお鍋で炊いているんですよ〜。理由は「炊飯器が壊れたから」というわかりやすいものです。とっても簡単なんですよ。お米と水を入れて強火で炊き、ふきこぼれたら最小の弱火にして15分(お鍋が大きめの時には20分)で出来上がり。これなら関東の電気の節約にもなるんじゃないかな?

それから、はなちゃんの紹介してくれた言葉やたまこさんのお書きのこと、とても共感できますね。その言葉に励まされたそうで(?)麦わらぼうしさんから一番投句が届きました!「こんな時に不謹慎かなとも思ったけど、なんでも自粛もよくないと思ったから」との言葉が添えられていましたが、私も同感です。
看板も変りましたね。うんうん、モダンな感じ〜。お句はどのお話のか、あとで探してみますです〜。
たまこさん S.ファロウ
2011/3/15
看板句が
千姫さん作に
巻羽織西に東に朧月
moeさん、ご無事で何よりでした!そして、ふみきりさん、懐かしいお名前を拝見してとても嬉しいです。(猫ちゃん、元気ですか?)
はなはなさんが「ほぼ日」サイトからの言葉として紹介して下さった「まずはみんなで回している大きな輪を、ひとりひとりがきちんと回し続けること」というのは、とても深い言葉だと思います。突然の災害で「日常」を奪われてしまった人々のために、自分は何が出来るのかというのは、本当に難しい問題です。
何かしなくてはと焦るあまりに、間違った情報に踊らされたり、逆に何も出来ないと無力感に襲われたりしがちですよね。でも、そこで平常心を失わずに、「自分の日常」というものをしっかり回していかなければならないなと思いました。

さて、はなはなさんが先週早々に送って下さっていた新しい掲示板タイトルですが、土曜日頃にUPしようと思っていて遅れてしまいましたが、お披露目いたします。和と洋、クラシックとモダン、シャープさと柔らかさが素敵な兼ね合いを見せるはなはなさんのデザインですが、五七五のほうはどなたでしょう〜〜〜(^−^)
「朧月」の季語から、「狐の嫁入り」のお題の時だったかな?と思ったのですが、実は違うお話です。この時も名句ぞろいでしたね〜「つぶやき」もありましたね♪
ぐりさん S.ファロウ
2011/3/14
夕方主人が節電してほしいというメールが来たといっていたのでどこから来たの?と聞きましたが知らないところだといっていましたそれがチェーンメールだったのでしょうか
今回の地震の被害は本当にひどくてみているのがつらくなります 関西電力、中部電力からの送電には家族でヘルツが違うからと話していたのですがやはり簡単にはできなことなんですね 被災地の生活が早く安定してくれることを願います
moeさんご無事だったのですねよかったです 真名さんもご無事だといいのですが
たまこさまあっちの管理人様はじめ関東の方々も交通の停止スーパーの物資不足など 大変ですね何よりも体を気をつけてください
ふみきりさん S.ファロウ
2011/3/14
たまこさま 皆さま方 以前こちらに寄せていただいておりました、松江のふみきりです。
この度の大震災の情報に、皆さまのことが心配でたまらなくなりました。たまこさまはじめご無事でいらっしゃることに安心しますとともに 被害の大きい地方にお住まいのはずの、懐かしいお名前を思うと気が気でなりません。心よりご無事を願います。
また、停電を含め不自由な生活をなさっている方々、どうかお体大切に。ご家族共々安心して暮らせる日が早くきますよう祈っております。今回の被害がなかった地域に住む者として、何が出来るかを考えながら過ごしております。
moeさん S.ファロウ
2011/3/14
ご心配ありがとうございます。私の住んでいる町は内陸ですので被害はありませんでした。しかし人生最大の恐怖の時間でした。今でも余震の恐怖です。
一夜停電。電気がないというのは本当に不自由です。寒いです。次の日の夜に復旧して明るい光が部屋を照らした時の安堵感。今はガソリン、灯油の供給がストップして、いつは入るかわかりません。今回、豊かな生活を当たり前と思っていた私自身の傲慢さを痛感しました。
災害グッズは必要です。停電の対処、食料の確保などこれを機会に皆様お考えくださいな。寒さ対策でスキーウエアを着て仕事しています。動けない老齢の母もいます。普通の生活に戻れるのはいつでしょうか。
被害にあわれた方々を思うと、生きてるだけで・・・と思いますが、これからの生活を思うとそれだけで気持ちが落ち込みます。
何とか生活を工夫して、乗り越えないと・・・!! しかし、こんな大きな災害があるなんて・・・今でも信じられないです。
はなはなさん S.ファロウ
2011/3/14
このたびの震災、心からお見舞い申し上げます。知り合いの関係者に被災した人が何人かいます。とても他人事ではありません。どうか、少しでも早く、温かい食べものと暖かい部屋と衣服、そして話相手が現れるように、ご家族が戻ってくるように、祈ってやみません。 また、救助に当たっている方々にも心から、お疲れ様です、と申し上げたいと思います。
せめてご常連やかわせみトライアングルに関わる皆様とその関係者の方々がご無事でありますように。

あまりの被害の大きさに、じっと体を縮めるようにして情報を検索し、何が出来るのかな、と考えていました。でも目の前にはやるべきことがたくさんあって、私は私の役割を果たさなくてはならなくて、落ち着かない気持ちでいます。以前あるNPOに関わったときに、その偽善的な姿勢にとんでもない怒りを感じたこともあって、こうした支援を実行するに当たって、自分の気持ちの満足だけではなくて、受け取る方々のことを考えなくてはならないと思っていました。

チェーンメールは私のところにも周囲にも来ましたが、たまこさまの書き込みを拝見してなおのこと胡散臭く感じられました。善意かもしれないけど書いてあることの信憑性がない・・・と思えたのでいろいろと調べてみましたが、節電については、地元電力会社のサイトにも地震に関わって節電を呼びかける記載が一切なく「弊社の名前で節電を呼びかけるチェーンメールを送ることはありません」と明記されていました。
そのほか「電力会社に勤めている友人」とか「自衛隊員の知り合い」とか、一見本当っぽく見えますけど、なんだか善意のメールには思えなくなってしまって…。がっくりしてしまってなおもいろいろ検索していたら、優しい言葉に出会って嬉しくなりました。

「まずはみんなで回している大きな輪を、ひとりひとりがきちんと回し続けること」の大切さが書いてありました。身の丈にあったことをしようってことにも繋がりそうです。毎度のことで申し訳ありませんが「ほぼ日」の永田さん、というひとが3/12の夕方に書いていました。
麦さまの提案「募金」私も賛成です。経験からくる貴重な教訓ですよね。日本赤十字社がその準備を進めているようですから、待っていたいと思います。
麦わら
ぼうしさん
S.ファロウ
2011/3/13
本当にあまりの惨状に、私も、こでまりさま、すみれさま同様、言葉に出来なくてうろうろしてました。
被災地の方の為になにが出来るか、個人が出来る事は、やっぱり募金かな、と思います。救援物資は要請を受けた企業や自治体が送っているはずで、まあ、それで足りているかどうかはわかりませんが、個人個人で送っても、現場が大変なだけなようです(中越地震の時の教訓)
これ以上被害が拡大しないように、と祈るばかりです。
すみれさん S.ファロウ
2011/3/13
皆様、色々とお見舞い申し上げます。地震以来の余りの惨状に、こでまり宗匠同様、何をどう言えば良いのかも判らず、うろうろしておりました(恥)
大被害に遭われてご家族、家など等バラバラなったり、目に見えない放射能への恐怖に曝されている方々、行方不明の方々の多すぎること・・・心配が尽きない人達の、心身のお疲れの程、察するの余りあります。
携帯電話への地震警戒音も、今回初めて耳にしました。(怖)

宗匠と同じ内容のメール、私も関西に住む親族から送られてきました。私は他に回さなかったのですが、節電云々には大いに納得しました・・・これが、善意のものなのか違うのか?難しいですね。受信内容をしっかり確かめると良いってことですね。気をつけます。
私たちができる支援、何から始めれば一番役に立つのか、情報を検討して考えたいと思っています。
週明けは、また寒さが戻ってくるとの予報の中、被災地の皆様のご辛抱と、自衛隊をはじめ、復旧に向けて頑張っておられる方々にご苦労様ですの言葉しか今はでてきません。
たまこさん S.ファロウ
2011/3/13
私も今朝、朝日新聞の記事で知って「へぇ〜」と思い、さらにWikiなどで見てわかったのですが、明治の近代化にあたって、東日本はドイツから、西日本はアメリカから発電機を導入したことで、ヘルツ数の差が出てしまい、太平洋戦争後の復興期に一本化する企画が出たけれど実現しなかったのだそうです。
もっとも全く関係が断たれているのではなく、周波数変換所というのが、長野県朝日村と、静岡県の2か所(浜松と東清水)にあるそうなんですが、変換できる電力がかなり限られており、北陸電力と関西電力から東日本に回してもらえる余剰分の一部しか変換できないらしい(あ〜もったいない)

娘がツイッターで知ったといっていましたが、大阪ではさっそく、道頓堀のグリコのネオンを消して節電してくれたのだそうですが… チェーンメールも、いたずらなのか、善意だけれども情報がいい加減なのかわかりませんが、他所から来たものをそのままコピペして送るっていうのは、趣旨には賛同できても、あんまり趣味に合わないかな。
節電については、「輪番停電」も成程と思いましたが、災害時でなくても、電車内の暖房を始め、不要な照明・暖房は出来るだけやめるべきだと思いますし、缶飲料の自販機なども、基本は常温で売り、冷たいのや熱いのは、割増料金にすればいいのにと思います。
こでまり S.ファロウ
2011/3/13
たまこさん、こっちの電気は東北や関東に、簡単に送ることができないんですか。昨日官房長官が「国民の皆様、節電を・・・」って言うものだから、すぐに役に立てると思って喜んだのですが。

そういう私みたいな人を狙って(?)、変なチェーンメールが出回っています。夕方帰ってきたら、「関西電力で働いている友達からのお願いなのですが、本日18時以降関東の電気の備蓄が底をつくらしく、中部電力や関西電力からも送電を行うらしいです。一人が少しの節電をするだけで、関東の方の携帯が充電を出来て情報を得たり、病院にいる方が医療機器を使えるようになり救われます!このメールをできるだけ多くの方に送信をお願い致します!」というメールが来ていました。
コレって昨日の官房長官の話にも合ってるし、節電自体はいいことですが、今注意喚起されているチェーンメール?実害はないけど、善意につけこまれたみたいで、私のところで止めました。たまこさんの書き込みを見て、ますますそう思えてきました。

送ってくれた高校の友人は優しい子なので、疑わずに送ってくれたんだと思うのですが、少し時間をおいて別の友人からも来たので、ココにも書いておこうと思いました。他にも「自衛隊の友人から支援物資を・・・」というメールも来ました。
被災地の方のために何かしたいと思うのは、皆同じだと思いますが、情報はきちんと見極めなければいけないですね。(でも、やっぱり何とか被災地に電気を送れないのかな〜)
あっちの
管理人さん
S.ファロウ
2011/3/13
地震が起きた時はまだ会社で執務中でしたが、今まで経験したことのない大きな揺れに驚きました。思わず机の下にしゃがみ込んだ感じです。電車が全てストップしてしまったので結局その日は会社泊まり。でも他にも人がいたので落ち着いて居られましたが、一人だったらと思うとぞっとしました。
昨日になって電車が動き出したので、なんとか家に帰って来ました。

会社にいる時は停電していてTVも見られなかったのですが、帰って来て地震、津波の映像をみてビックリしました。ほんとに怖ろしい光景で、被災された皆様には心からお見舞い申し上げます。まだ余震も続いていますし、小雪がちらついていたり寒さも厳しいようですので、少しでも早く救援救済の手立てが実施され、落ち着かれますようお祈り致します。本当にこれ以上被害が広がらないことを願ってやみません。
たまこさん S.ファロウ
2011/3/13
こでまりさん、あたたかいお言葉ありがとうございます。ご常連の皆さんが心配していらっしゃるかと思いながら、書き込みが遅くなってしまいました。
当地、都内西側は、揺れこそひどかったですが、目立った被害はなく、停電や断水も今の所ないので助かっています。ただ崩壊して死者も出たという九段会館の近くは、以前毎週行っていた所なので、他所事と思えませんでした。
長男宅は、ちょうど嫁が下の子を幼稚園からスイミング教室に連れていき、プールに入ろうとしていた時で、プールの水面が津波のようになり、子供たちはパニックになったそうです。
長男はその日は結局会社泊まりとなり、翌日の地下鉄の始発で帰宅できましたが、JR通勤の人たちはもっと時間がかかったようです。住宅地で子育て中の若い主婦は、このような災害の時に夫はあてに出来ず、一人で子供たちを守らなければいけない状況にあるのだと改めて考えさせられました。

当日は夜中までなかなか電話がつながらず、昨日は一日、テレビを見ながら、あちこち電話やメールで連絡をとりながら終わりました。今日は、来週からの予定を変更したり調整したりの連絡に追われています。
幸い、私たちは夫婦ともに地震の時に在宅していたので、物理的にも精神的にも余裕がありましたが、皆から「○○から●時間歩いて帰った」に始まり帰り着くまでの詳しい生々しい話が次々と入ってくるのを読み/聞くにつけ、ふだんは遅れるとか止まるとかいっても、どれか一つの路線で、全てが止まった時にいかに大変なことになるかを思いました。
家にいてラッキーだったなぁと思うと同時に、社会の現役を過ぎた年齢になったという一抹の寂しさもあり、今後の高齢化の中で、このような不測の事態に対応する気力判断力の衰えを、少しでも防止するように努力を続けていかねばと強く思いました。

こでまりさんの「北陸の原発を東日本に」というお言葉とっても有難く嬉しいですね。ただ、今朝の朝日新聞を見ると、東日本50ヘルツ・北陸を含む西日本60ヘルツという周波数ギャップのため、なかなか難しいらしく、これも明治開化期の混乱が今もって尾を引いているとのこと。やはり、原発の危険性を地方在住者に負わせて、大量の電力消費を行っている首都圏住民が、これを機会に節電に深刻に取り組まなくてはならないと思います。
最後になってしまいましたが、春まだ遠い寒さに加えて、震災・津波・放射能の恐怖と、これ以上ない試練にさらされている、被災地の方々に、何か出来ることはないかと考えている所です。
仙台の真名さん、山形のmoeさん始め、皆様に被害の無かったことを心より願っています。
こでまり S.ファロウ
2011/3/13
3月11日に発生した大地震、大津波、そして原発の事故、どれもが単独であっても大きなニュースになることが、一度に重なって起きています。何を書いても言っても、うすっぺらくなってしまいそうですが、直接被災された方に、またご家族、ご親族、ご友人等が被災され、心を痛められている方にも、心からお見舞い申し上げます。
地震の日は、震源地から遙かに離れた福井でも揺れを感じました。ご常連の中でもたまこさん、あっちの管理人さん、小式部さん、麦わらぼうしさんやzmzmさん等々、怖い思いをされたのでしょうね。その後も昼夜を問わず続く余震の中での生活、気の休まることもないでしょうが、どうぞお大事になさってください。(仙台といえば真名さんのことも心配ですね)
被災地から離れた自分にすぐにでもできることは、節電です。福井も原発がたくさんある県なので、回せるものならどんどん電気を作って、被災地に送ってほしいものです。
今日一日が穏やかに過ぎますよう、これ以上被害が広がりませんように。
たまこさん S.ファロウ
2011/3/7
代々木野は平岩先生のご実家八幡宮のある所(NHKも♪)なので、早くから舞台として登場していましたね。
「はいくりんぐ」の古いお題の中に、まだ人形句に頂いていない秀作がたくさんあることを発見して、密かに目をつけていましたが、昨日啓蟄を迎え今日は朝から雨降り。グッドタイミング!とばかりに更新させていただきました。
もっとも、春の雨というには気温が下がり過ぎ、春の雪になってしまって、通勤通学の方々は難儀だったことでしょう。このところ関東地方では、週末が春のような好天、週明けに一転寒くなって天気が崩れるというパターンが続いています。
岸和田といえば有名な「だんじり祭」は、関東でも毎年TVニュースで映像を目にしますね。 「大名の日本地図」という本(著者は元福井新聞の記者)によると、岡部家は寛永期から幕末までずっと岸和田の藩主だったそうで、岸和田城の天守閣は昭和29年に復元されて本丸の石庭も保存されているとか。花姫も明治編で再登場してほしいキャラの一人ですよね〜。
お、ちょうど今NHKの「家族に乾杯」で岸和田をやってる!!
はなはなさん S.ファロウ
2011/3/7
お、満を持しての宗匠登場ですね。おめでとうございます。 代々木野は何かと事件が起こりますが春なら「姫」でしたね。しかし「おもかげ」とな?と、不思議に思ってとっさに「はいくりんぐ」拝見に行って来ました。
うーん、看板も歳時記も何一つできてないんですけどー(汗)申し訳ありませんが今しばらくお時間下さい。
こでまり S.ファロウ
2011/3/7
畝様人形句が
こでまり作に
代々木のやおもかげかくす春の雨
姐さん、人形句に採用してくださってありがとうございます♪2年ぶりくらいかしら〜。
「あ、あのことを詠んだ句だ」とぼんやり雰囲気はわかるものの、何のお話かはすぐに出でこない!ちょっと検索してみたら、「師走の客」の時のことを話題にした「岸和田の姫」からの一句でした。こんな複雑な設定だったから思い出せなかったんだと、自分に言い聞かせて安心しています。
先日新聞に「岸和田城」の記事が出ていたので読んでみたら、「城主の岡部氏が・・・」と書いてあったので、姫のことを思い出してたところでした。 ありがとうございました〜。
茜雲さん ご本家
2011/3/1
出遅れて月明け弥生ことはじめ
すっかり忘れてしまっていて気付いた時にはもう朝でした。
周りは年度末で忙しくしていますが、私は一足早く新年度が始まりました。今年度から大きな変更があったので気を引き締めて頑張りましょう。
お題の巻を読んだばかりだったのでちょっとタイトルからいただいてしまいました。今季こそ頑張ろう!