以前の話に戻る

平成22年
  12月のおしゃべりを見てみましょう。
  (掲示板を見逃してたら、ごめんなさい。)

ご本家=「御宿かわせみの世界」さん
S.ファロウ=「Straight Furrow」さん
の略です

提供者 サイト 五七五話
紫陽花さん ご本家
2010/12/31
指先がぱっくり割れて師走尽
指先爪の角っていうのかな、切れて痛いです。昨日今日と台所仕事と畑仕事をまとめてやったためだと思います。現在4本の指先に絆創膏を貼っています。
紅白ももう最後のスマップです。よいお年をお迎えください。来年もよろしくお願いします。
あっちの
管理人さん
ご本家
2010/12/31
いよいよあと1時間余りで2010年も幕を閉じ、新しい年が始まりますね。
今年も皆様には本当にお世話になりました。たまこ姐さん、こでまり宗匠にも「かわせみ△」で強力タッグを組んで頂きありがとうございました。
来年も本年同様よろしくお願い致します。 皆様どうぞ良いお年をお迎えください。
千姫さん ご本家
2010/12/31
百の事十で収める師走尽♪
29日から姫路は大荒れの天気です。新しい年を迎える為にしなければならない事が色々あったけれど、ぎりぎりまでほっておいたら今日は「何も出来てなくても正月は来る」と開き直って(笑)
今年は色々ありました。トライアングルのお陰で時を知り、心が癒されました。本当に感謝、感謝です。来年は穏やかに過ごしたいと願っています。
皆様もどうぞ、良いお年をお迎えください。来年もよろしくお願いします。
かずちゃん
@おのこさん
ご本家
2010/12/31
昨日今日ふところ寂し師走尽
こずかいが足りないのでコンビニのATMでお金をおろし使ってしまいました。
すみれさん ご本家
2010/12/31
雷神の太鼓とどろき師走尽
雪除けで仕事収めよ寅年尽
昨夜は、まるで、寅皮衣装の雷神さまが、行く寅年を惜しんで乱打ちをしているようでした。雪は今のところ、20cm位ですが、元旦の朝は、雪化粧の厚塗り・・・どんだけ!(もう死語かな)になっているかもしれません。
本年も、こちらで、皆様と触れ合うことができました。管理人様や、皆様、本当にありがとうございました。かわせみのご常連様も、どんどんブログを開設されて、訪問先が増えるのは嬉しい限りです。
来年も皆様と、かわせみ本編の再開を待ちつつ、わいわいとお話しましょうね。よろしくお願い致します。
楽しい年越しになりますように。ご自愛下さいませ。
ゆきどりさん ご本家
2010/12/31
段捨離は まだ道半ば 師走尽
来る年は すっきりしたい 師走尽
部屋のレイアウト変更(というほど大げさではないのですが)をはじめてしまった12月。大事にとってあった紙袋とか包装紙とかショップの袋とかを捨てに走っていますが、なかなか。おまけに捨て時を逃した各種DMや明細書などの手紙類も捨てようとしていますが、名前が入っているので簡単にはゴミ袋に入れられず、捨てるのにも手間がかかって、結果としていまだに片付かず、床がそこかしこで見えない状態です。
でも、ゴミ回収は終わってしまったし、これからゴミ袋を大量に作っても置き場に困るし、お正月のしたくもあるしで、手が止まってしまいました。
この状態でお正月かと思うと、ちょっと自分が情けなくなりますが、こういうのも私らしいと言えば本当に私らしい。    
こでまり ご本家
2010/12/31
届けらるお題に感謝師走尽
その時が迫ると「何でこんな忙しい時期を締め切りにしたのだろう」と、申し訳なく思っているのですが、そんな中にも温かなメッセージや近況などを添えて、今季のお作や欠席届けを送っていただいております。本当に嬉しく、ありがたく拝見しております。
今年も△管理人さんはじめ皆様にお世話になりました。ありがとうございました。
福井も雪のお正月になりそうですが、他にも雪の地域が多いようですね。皆様もどうぞよいお年をお迎えくださいね!
浅黄裏さん ご本家
2010/12/31
踏みしだく氷の軋み師走尽
今朝は道を通る車が氷をパリパリと踏んで行く音で目が醒めました。年内はまだ‘寒い冬’ですが、年明けからはいよいよ‘凍る冬’が始まるんだなぁと感じています。
三角のご縁で、こうして書く楽しみ、拝見する楽しみ、知る楽しみを日々味わうことが出来るのは嬉しいことです。今年も感謝申し上げます。
ぐりさんちの花壇はいつも素敵に丹精されているので、もし縮小してしまうとしたらとても残念ですね。
たまこさん ご本家
2010/12/31
新世紀第二章へと師走尽
さすがに昭和は遠くなったかなと思うものの、ミレニアムだ21世紀だと騒いでいたのはついこの間、それがもう、ランドセルをしょって歩いている子はほとんど新世紀生まれ(@_@)2011〜2020はどんな10年になるのでしょうか…
実行が追いつかないほどに計画がある、というのは、脳が活性化している証拠だと思います!ぐりさんの花壇の縮小ぶん、我が家も庭があれば引き取りに行きたい(笑)
すっかり私の生活の、いや身体の(笑)一部となってしまったかわせみ△の皆様のご厚情に感謝しつつ、来年も、贅沢はできなくても健康でささやかな楽しみを持てる年であることを願います。
ぐりさん ご本家
2010/12/31
寝るころに 外へ出るねこ 師走尽
さあ寝ようかというころになるとそわそわと外へ出て行きたがります我が家の猫おかげで寝そびれます、雪はワット降る割には積もらず道にはないので助かっています でもたくさん降っているところもあるんですね
私もはなはなさんどうようあれこれにてをだしちょっと忙しかった今年 息子たちに花壇の縮小を迫られています、自分でも来年は軌道修正も必要かと思ってはいるんですが〜
今年もトライアングルで楽しませていただきました 管理人様ありがとうございました 来年もよろしくお願いします 皆様良いお年をお迎えください
はなはなさん ご本家
2010/12/31
大掃除計画倒れ師走尽
寒いですね〜。東京で初雪が降ったそうで、今年は雪のお正月を迎える方が多いかも知れませんね。どうぞ足許にはお気をつけ下さいね。
今夜は夜っぴて部屋の掃除をしなくては。早めにとりかかろうと思っていたのですがこんな時間なのにちっとも片付いていない…大晦日はさすがに早めに実家に帰らないと親に叱られちゃうし。
今年は本当に忙しかった!!計画倒れになっていることが山のようにあって反省しきりです。あれもこれも手を出しすぎるから悪いんでしょうけど、性分なものでどうも直りそうもありません。来年も元気で好きなことができて、楽しく過ごせたらいいなぁと思っています。
ご本家はじめ、かわせみトライアングルではたくさん遊ばせていただき、ありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。
あっちの
管理人さん
ご本家
2010/12/31
玄関に帰省土産の師走尽
いよいよ今年も残すところ今日一日。玄関ドアにお正月リースも飾ったし、年賀状も出した。年始の帰省のお土産もデパートで買って来た。それは忘れないように玄関に置いてと。あとは今日スーパーでおせちとお雑煮の買い物をして準備OK!
大掃除?は毎年適当にちゃちゃーっと済ませて終り(笑) 29日〜6日間のお正月休み。年の暮れらしくないなぁと思いながらも何となく気忙しく、いつもあっという間に終っちゃうんですよねぇ。
昨日のデパ地下は帰省土産やお正月用のお買い物をする人達で大混雑。お目当ての店は順番待ちの長蛇の列。この混雑を見ると不況なんて何処吹く風と思いますが、不況だからこそこういう時はちょっと奮発して、となるのかなと思ってみたり。
来る年がどうか良い年でありますように、と願いつつ買って来た芋きんでお茶を一杯!
浅黄裏さん S.ファロウ
2010/12/30
今日を小晦日というそうです。コツゴモリ…なんだか言いにくいですね。赤小晦日、黄小晦日、青小晦日。噛みそうです。
東吾さんのその後、妄想話で盛り上がったのを覚えています。出来ればどなたかに小説に仕上げていただければなぁ、などと他力本願で思っています。
それにしても紫陽花さんが無駄な抵抗をされていますね…(笑)。こういうのは「三角包囲」と言って、取り囲まれたらもう逃げられないんだとおもいますよ。
あっちの
管理人さん
S.ファロウ
2010/12/30
今年も残すところあと2日。年末に向けて第一級の寒波が到来しているとか、日本海側は大雪のようですね。
紫陽花絵師がまた無駄な抵抗をしているようですが(笑) 姐さんにあっちゃあそのお願いは無理ですよ〜!なんたってトライアングル管理人、一度手に入れた絵は永久保存、ことある毎に楽しませて貰います!
「私も作家・・・」企画、皆さんからのいろんな企画が本当に実現出来ると、こんな嬉しいことはないですよね。 でもあり得ないことじゃないし、そうなったら「おお、あの時出てた企画そのままだ〜!」なんてことありそう♪
「東吾様の運命妄想編」も本編ではなーんにも情報ないし、読者だけで勝手に妄想して楽しんじゃいましょう!それにしても連載再開と東吾さんの帰宅が待たれますね〜
たまこさん S.ファロウ
2010/12/30
このストファ掲示板は、20ページ(1年3カ月くらい?)で、ささ〜っと(?)流れて消えますが、ご本家掲示板は永久保存(笑)過去ログつきなので、私がイラストを削除しても、あっちの管理人さんが保存すると思いますが…(^O^)
紫陽花さん S.ファロウ
2010/12/29
「東吾さんの妄想」とか「銚子の女」はともかく、あの絵はやめてぇ〜ああいうのはその場限りでささーっと流して欲しいものです。
たまこさん S.ファロウ
2010/12/28
麦さま、さっそくご覧いただき有難うございました。それにしても、はなはなさん案は、短編集も内容目次がちゃんと出来てるのがすごいですよね〜 「東吾様の運命・妄想編」は「銚子の女」だとか「密命?」だとか、せっかくワクワクなアイデアが出てきましたし、是非つづけましょうね!でも、なんかこの項目だけボリュームありすぎなので、次回の更新のとき、別建てのページにしたほうがいいですね♪
麦わら
ぼうしさん
S.ファロウ
2010/12/27
拝見しました!「もし私が作家・編集者だったら」「明治編東吾様の運命」、掲示板で盛り上がった時も楽しかったですが、あらためてまとめて読めるのはうれしいですね♪たまこさま、ありがとうございました。
「坂の上の雲」第二部終了しましたね。ここ2、3年の甘口大河と違って、こういう骨太で重厚なつくりの話が私は好き〜!と余韻に浸っています。一年後の続きが待ち遠しいです。
たまこさん S.ファロウ
2010/12/27
師走もいよいよ、あと一週間を切りましたねぇ。老人世帯の我々は、年末年始といっても、通常とあまり変わらない生活ですが・・・今年は寒波の訪れが早く、寒い中歩くのは平気なのですが、外に座ってお握りを食べたりするのはゾっとしないので、昨年に比べると家の中でパソコンや読書ということが多くなりました。
そして、たいへん遅くなりましたが、皆様にいろいろ企画を出していただいてた「もし私が作家・編集者だったら」を、とりあえず中間報告ということでUPいたしました。もちろん、来年以降も続けて載せていきますが、昨年夏、ご本家掲示板のほうで皆で盛り上がった「明治編東吾様の運命」をすっかり忘れていたのを、この企画に入れてしまいました。こちらもぜひ復活させたいです。
こでまり S.ファロウ
2010/12/18
今夜も冷え込んできました。一昨日から雪混じりの天気が続いていましたが、昨日ようやく冬タイヤに交換してホッと一安心。積もるほどではないのですが、日陰に降った雪は、なかなか融けずに残っています。皆さんも風邪などひかないように、気をつけてくださいね。
NHKの鈴木るいさんは、2回ほど見たのですがそのままになってしまった。大河の「新撰組」の放映後、若い男性の役者たちが「鈴○京香さんが現場に現れた時は、テンションが上がった」みたいなことを口々に言っていたことを思い出しました。若い女優さんも出ていたはずですが、格が違ったみたいですね〜。
ぐりさん S.ファロウ
2010/12/16
途中まで見ていたのに見逃すことがあって でも最終回は見ようと思っていたのに見逃しました 予告編ではちょっと見ましたがたくましく生きて行くように見えましたが〜 NHKには珍しいドラマでしたね鈴木京香さんにぴったりでした
真野るいさんは乃木将軍の奥さまでしたね こちらは逃さず見ております
たまこさん S.ファロウ
2010/12/16
今年は世界的に例年より寒波到来が早いようですね。すでに豪雪となっている地域の映像もニュースで目にします。米国では南国フロリダまで寒さに震えているとか… 師走に入ったと思ったらもう半ばも過ぎてしまい、すっかり押し詰まってからあれやこれやとバタバタしそうです(まぁ毎年のことなんですが:汗)
すみれさんご紹介のドラマは見逃してしまったのですが、ヒロインの名が「るい」さんだというのは、番組紹介で目にしていて、「もしかして脚本家がかわせみファンなのかな?」と思っていました。思いっきり年下の恋人…この前のお題の千糸大夫さんまではいかないか(笑) そういえば、元祖おるい様の真野さんは、今「坂の上の雲」で乃木将軍の夫人を演じておられますよね。
すみれさん S.ファロウ
2010/12/15
当地は、冬らしい天候となり、港には鰤が多く水揚げされたなど、歳末らしい話題が取り上げられています。 今季のお題の提出もなんとか終わり、ほっと一息・・・これで、年賀状など年末の用意に取り掛かれそうです。
かわせみのるいさんに無理やり繋げて・・・昨夜で最終回となったN○Kのドラマ、 ヒロインが、鈴木京香さんが演じる、中村るいさんでした。この局らしからぬ大胆な演出が話題となっていたようです。
このるいさん、恋人は思いっきり年下、魅力溢れる女性だけれど、仕事もできる・・・鈴木京香さん、ぴったりはまってました。かわせみのるいさんと、しなやかに凛とした生き方が似ていると思います。ご覧になった方もあるでしょうが、多くの女性の願望を満たしてくれるお話でしたね。(自分には絶対ない設定だけれどね)
ぐりさん ご本家
2010/12/14
管理人様こんばんわ読売新聞ですか残念です、でも図書館という手もありますねたまったころ行ってコピーしてこようと思います
最近は図書館はネットで予約して近くの分館へ持ってきてもらうので便利です 分館までは歩いて5分なのでもっぱら図書館を利用しています、
寒くなってきましたね こちらはこの間雪が積もるほど降りました でもすでに消えましたが また寒くなるとかーーぶるぶるいやだな〜
あっちの
管理人さん
ご本家
2010/12/14
讀賣新聞の今日の朝刊から「時代の証言者」(日経の「私の履歴書」のようなもの)の連載が「平岩弓枝」さんになりました。第一回目の今日は「奥手な『お宮の弓ちゃん』」ということで、これから毎朝、昭和という時代とからめて、平岩先生の今までの歩みを読ませて頂けるのが楽しみです!連載は月〜木、土曜日。
真名さん S.ファロウ
2010/2/5
むしろお忘れの方も多いのではと思いつつ…。仙台在住の真名です。実は私、この度新しい命を授かりました。まだ7週で、油断できないのですが、とても感慨深いものがあります。結婚して5年(早いなあ)ですし…。大切に、大切にしていきたいと思います。
うちの夫は、どちらかといえば「足軽退屈男」かな?気がつくと、仕事にプライベートに、よく「連絡」「つなぎ」の仕事が回ってくるんです。年長の先輩がいる会では、何かと幹事役をしています。根が体育会系だからかもしれないけれど。
「居眠り驚四郎」…。最近は、起こされると「何だよ」とか「マジかよ」とか言って開き直る生徒もいます。こういう場合はむしろ「居眠り」よりは「居直り」ですよね。あ、もちろん、「しまった!すみません」という、とても正直な生徒もいますよ。
この後、真名さんへのお祝の言葉が続きました。
たまこさん S.ファロウ
2010/12/3
こでまりさ〜ん、そこまで知ってれば充分ですよぉ〜〜「距離感」ないない(笑) そうか、惑惑組もわかるのか(安心)今、北大路欣也さんがやればピッタリですよね。ってどこかでもうやったかな。
松平健さんは確か「○○ん坊将軍」でしたよね。奥様のニュースは本当に驚きましたが、家族の看取りが出来ないのは役者のならいとはいえ、どれだけ辛いことだったかと心が痛みますね。●●蔵さんのほうも、若くして大名題を背負う宿命、昔のように花柳界で遊ぶということも出来ずストレスがたまるのもわかるけど、やはり自重してほしいものです。
「退屈男」「将軍」「○太郎侍」に続くものっていうと何でしょうね〜 「居眠り驚四郎」(授業中に居眠りしていて、指名されて驚く)なんてのがあったような気がするけど、最近は居眠りも、モンゾーとかイワネとか、御本尊が出来てしまいましたからね〜
こでまり S.ファロウ
2010/12/2
すみれさん、人形句の採用、おめでとうございます。明け方に空を見たら、東の方に細い月がかかりそばには明けの明星が光っていました。星も沢山出ていてキレイでしたね。たまこさんから奥深いお句とのコメントがありましたが、もう一度私も読みに行ってこなくちゃ。
むふふ、「ちょっとわかる」というタイトルに、微妙な距離感を持たせつつ話題に乗りますです。さすがにオンエアを見ていたわけではありませんが、市川右太衛門さんが北大路欣也さんのパパで、「天下御免の向う傷〜〜ぅ、ダハッ、ダハッ、ダハハハ〜〜ッ」と豪快に笑うのとかは知っていますよん。時代劇のタイトルをもじると男性の3タイプとは、またまた面白いことを!それをまたかわせみの三人に絡めるあたりが、受けますです。でも自分で続けて作ろうと思ったら、全然できませんでした。
それから丸岡の子供歌舞伎のこと、ありがとうございます。子供たちは本当にフツーの子達でしたが、素晴らしかったですよ。最初の口上の子があまりにも大人顔負けでビックリしましたが、途中から、彼は中学生のOBで10周年の今年に限っての出演ということがわかり、「来年から小学生だけに戻ったら見劣りするかも」なんて思っていたのですが、とんでもないことでした。もちろん中学生は見ていても安心なのですが、小学生たちも見事でしたので、来年もきっといい舞台になると思います。 それにしても、演じるのが小学生ということで、あまり艶っぽいものや凄惨な演目は選びにくいとは思いますが、ともかくも、オモテに立つ子たちはもちろん、裏方で支える大人たちが相当の覚悟で取り組んでいるんだろうということを感じながら帰って来ました。
ちょうど歌舞伎界の御曹司が世間を賑わせていますが、同じように舞台の主役でありながら、奥さんを失っても千秋楽まで舞台を勤め上げた松平健さんは、本当に立派だなあと改めて思う今日この頃です。
たまこさん S.ファロウ
2010/12/1
「旗本退屈男」なつかしいですねぇ〜〜 ほんと、わかるのはババ馬鹿三人組くらいですかね(笑)
「冬北斗」お題の時にも書きましたように、さっそく出番待ちリストに入れて冬の到来を待っておりました。ただ「はいくりんぐ」で拝見したときは、冬の季語で冬北斗なんだ〜と単純に思っただけだったんですが、今「旗本退屈男」の連想というのを聞いて「あっ」 なるほど、「三日月」に対する「星」、そして「七針」だから七ツ星の北斗なんですね!!奥の深〜い御句だったんだわ〜と改めて感激です(^O^)
旗本退屈男で私が思い出すのは、昔、友人と話していて、時代劇のタイトルをもじってみると「男性の3タイプ」になるよねという話になったこと。その友人は別に「かわせみ」ファンという訳ではなかったのですが、「足軽退屈男」(良く言えばマメだが要するに貧乏ヒマ無しで他人の世話ばかり焼いている⇒源さん?)、「甘えん坊将軍」(身の回りの事はすべて奥さんにおまかせのガキ大将タイプ⇒東吾さんがまさにこれ)、「プー太郎侍」(KYでマイペース、管理されるのが嫌いで他人の話を聞かない⇒宗太郎さんかな?)と、考えてみると「かわせみ三爺(笑)」にもあてはまるような気がします。あ、「退屈男」以外の2つの原典、お若い皆さんもおわかりになるかしら?
すっごい亀レスになってしまいましたが、ご本家に宗匠が書いておられた「丸岡子供歌舞伎」とても面白いな〜と思って検索してみて、記事を見つけました。 みんな地元の普通の家の子供たちなんですよね?なかなか練習時間も取れないのではと思いますが、このように伝統芸術を子供たちが身につけ発表する機会があるってほんとに素晴らしいことだと思いました。丸岡は丸岡城という柴田勝家の甥が築城したお城もあるとか。是非おとずれてみたいです。
すみれさん S.ファロウ
2010/12/1
畝様人形句が
すみれさん作に
町守る七針の傷冬北斗
穏やかな晴天の師走入りとなりました。人形句に使っていただきありがとうございます。
日本海側では、冬場に星空を見られることは、太平洋側に比べるとぐんと少ないのですが、今晩は雲もないので綺麗に冬星たちを見られそうです。
源さん人形と七針の傷・・・連想したのは、「旗本退屈男」です。判ってもらえるのは、 たまこさまだけかな?市川歌右衛門さんの当たり時代劇で、子供の頃に父親と映画館で何度も見たものです。