以前の話に戻る

平成22年
  4月のおしゃべりを見てみましょう。
  (掲示板を見逃してたら、ごめんなさい。)

ご本家=「御宿かわせみの世界」さん
S・ファロウ=「Straight Furrow」さん
の略です

提供者 サイト 五七五話
浅黄裏さん ご本家
2010/5/1
まだいける?遅れてもなお卯月尽
遅れてしまいましたが、まだ卯月尽ということでお許し願えますでしょうか。
紫陽花さんちの畑は本当に豊かそうで、羨ましいです。我が家もこのGW中にはサツマイモの苗を植えようかと思っています。遅霜が怖くて、延ばしのばしにしていたのでした。サツマイモだけは、私でもちゃんと収穫できるので、毎年頑張って植えています。
ぐりさん ご本家
2010/4/30
春祭り 今年も無事に 卯月尽
祭りも終わって一息つきました 今年は上の息子のところは二人目が生まれきませんでした、(泣)ちょっとさみしかったです 先日したの息子のお嫁さんのところへ御呼ばれに行った時はお孫さんが4人賑やかでいいな〜と思ってみました
今年はお祭りに桜がまだ残っていて風情がありました 我が家もクリーニング今日出してきました4月になってダウン2日着ました
ゆきどりさん家の会話楽しいですね たまこさんうちもヤマザキの皿貰いました あと一枚もらえそうかなーと思います でも今日までですよね こでまりさんブログ見ていただいてありがとうございます 御役に立てたなんて嬉しいです
紫陽花さん ご本家
2010/4/30
夏野菜苗を買おうか卯月尽
GW中にトマトやキュウリの夏野菜の苗を植えようかと思っています。苗は明日買うつもり。近所の畑ではすでに植えてあるのですが、寒さ対策にいろいろな工夫がみられ“こうしなければいい野菜は育たないんだ”と思いつつ植えっぱなしで日曜しか畑にいきません。GWは畑仕事をまとめてするようにと連休になっているような気がしています。
クリーニング29日にコート出してきました。家にもつばめがきています。現在巣のリホーム中のようです。ずっと2羽でくちゅくちゅ鳴いていて何しゃべっているのか気になります(笑)
茜雲さん ご本家
2010/4/30
春雷に驚き目覚める卯月尽
今日は暖かな一日で夕食後ちょっとうとうとしていたのですが、雷と共に激しい雨が降って来てその音で目が覚めました。目覚めたら冷んやりして来て慌ててファンヒーターを付けました。
今日コートやらセーターやらクリーニングに出してきてしまったけれど大丈夫かな・・・とちょっと不安になりました。
かずちゃん
@おのこさん
ご本家
2010/4/30
野に山に花々咲きて卯月尽
近所の野山にはきれいでかわいい草花が咲き、優しい気持ちになれます。
すみれさん ご本家
2010/4/30
つばめ来る車庫開け放し卯月尽
例年にない寒暖の差の激しい四月でしたが、我が家へは、例年より早くつばめがつがいで飛来しました。冷え込む日でも、せっせと巣作りに励んで、そろそろ抱卵しそうです。掃除が大変だ〜とぼやきながらも、嬉しい春がやってきました。
こでまり ご本家
2010/4/30
減塩のレシピ検索卯月尽
先日夫の通院についていったら、減塩・カロリー減(源と出た)などに注意するように言われました。少し検索してみたら、便利なサイトもいろいろあるんですね。あまり神経質になると辛いのですが、この連休から工夫してみようかと思っています。ひそかにぐりさんのブログも読み返しています!(感謝♪)
かずちゃん@おのこさん、「卯月尽」は「うづきじん」と読みます。卯月が尽く、つまり4月末のことです。
コシキブさん ご本家
2010/4/30
花水木しずかに咲きて卯月尽
我が家もどうかするとまだ床暖房のスイッチを押してしまうほど です。この気温差は何だったんでしょうね。外で行きかう人もみ なその日の服装に困って「調節できるように重ね着しました!」 という感じが有り有りです。
我が家周辺の街路樹はいつごろからだったか花水木が殆どになり、初夏の今頃は目を楽しませてくれます。車も多くうるさいところなのですが、木の周辺だけ空気が違ってるような静けさを感じます。といいつつ頭の中ではエンドレスで「あの曲」が流れてます(笑)
ゆきどりさんちの会話、受けました^_^ 
かずちゃん
@おのこさん
ご本家
2010/4/30
卯月尽って何と読むんですか?教えてください。すいません。
はなはなさん ご本家
2010/4/30
紅薄れ地に還る花卯月尽
たまこさまは鎌倉ですか。切り株になってしまったのは残念ですが、大銀杏のいのちは受け継がれてゆくのですね。春の海辺の散策、砂まみれになったのは残念でしたが、さぞ気持ちがよかったことでしょうね。
今日は5年前の環境万博の開催地近くにある、知り合いのギャラリー兼アトリエを訪ねました。汗ばむような日差しを受けて、ささやかな遠足のようにバス停から5分ほど里山へ分け入るのですが、まだ薄紅の花影を落す八重桜が道端に咲いていました。
申し訳ほどの舗装の上に点々と丸い痕が残っていたのは、どうやら散った八重桜の花びらのようで、もはや昨夜の雨を含んで路面に痕跡を残しているだけ、こうして地面に還って行くのか、と思いました。
ここしばらく気温も安定しているようですね、暖かくなっていくのでしょうか。
たまこさん ご本家
2010/4/30
苦難超え芽吹く命や卯月尽
今日はGW幸先のよい快晴で鎌倉まで行ってきましたが、風が強くて海岸沿いを歩いたら砂だらけになりました(^^ゞ
切り株になってしまった鎌倉の鶴岡八幡宮の大銀杏も、先日ニュースにもあったように、細い「ひこばえ」(この言葉も「はいくりんぐ」で学んだもの)が出て緑の葉が出ていました。果たしてここからまた大木に育つのかどうかわかりませんが、生命が受け継がれているということに感動を覚えました。
ゆきどりさんのご夫婦の会話楽しくていいですね♪我が家の今月の会話は「山崎パンのシールがあと何枚で白いお皿をもらえる」というので、これこそ低レベルでした。春のお花に飾られた管理人さんのお宅とえらい違いです(笑)
ゆきどりさん ご本家
2010/4/30
冬将軍 居直り続けた 卯月尽
卯月尽 寒さ暑さに 弱り果て
卯月尽 クリーニングは もういいかい?
4月は本当に寒さがいつまでも残って、結局、暖房のタイマー設定をはずしたのは、GWの前日でした。もう、朝の暖房はいらないと良いのですが。
春ちゃんに 冬将軍の 横恋慕
NHKの気象情報に、冬将軍という冬のキャラと、春ちゃんという春のキャラが使われているのですが、4月の間、私とダンナの会話はこの二人がラブラブなのか、それとも、冬将軍がストーカーなのか?という、大変低レベルなものでした(笑)   
あっちの
管理人さん
ご本家
2010/4/30
春物に冬物重ねる卯月尽
このところの天候不順、10℃以上の気温差になんとなく冬物をクリーニングに出せないでいましたが、さすがにもう4月も終わり、いい加減冬物も着られないのでこのGWの連休中にクリーニング屋さんに行ってこようと思います。普段仕事を理由に家事の手抜きをしているのでまとまった休み中に片づけないと!
この間バーベナを鉢植えにしたのですが、小さな花がびっちり咲いていい香りがします。花の置いてあるコンサバトリーが黄色や白、ピンクの花々で色とりどりです♪
たまこさん S.ファロウ
2010/4/30
あっちの管理人さんの御作に、はなはなさんが素敵なデザインを考えて下さいました。築地塀にうつる長い影に「暮れなずむ」様子が、そしてよく見るとちゃんと「坂」になってるんですよね。榎坂ではありませんが、雷電の墓のある報土寺の所もちょうどこんな感じです。
改めて「はいくりんぐ」を読み直してきました。いつものことながら、たくさんの「牡蠣殻」をつけていただいて宗匠感謝です〜〜
人形句に頂いたすみれさんの御句も、皆さん大喝采の御作で、次はこれと狙っていたものでして(^O^)でもなかなか春らしい春にならずに困っていましたが、ようやくふさわしい日和になりました。
源さんの「横顔アングル」は、なかなか登場の機会のなかったものですが、今回自分でもホレボレするほどピッタリで(あっちの管理人さんに読まれてた:爆)ほんとにチラっとこちらに視線が流れてくるようですよね! 暦の上ではもうすぐ夏になってしまいますが、当分、陽春の麗らかさの中で「流し目」しててもらおうと思います♪
すみれさん S.ファロウ
2010/4/30
人形句に使っていただいて、とっても嬉しいです♪源さんの流し目の場面なんて、かわせみシリーズのなかでもこれだけかも?片目をつぶって(ウィンク)の場面は何回かあったかな?もっと上手に詠みたいけれど、自分はこれで精一杯(苦笑)春霞さまのお人形とたまこさまのグットデザインのお陰です(嬉)
流し目をして欲しい源さん、初代の山口源さんがまず浮かびますね 切れ長の目元がとっても涼やかでしたね♪平成版なら、沢村源さんかな・・・ちょっとイケメンすぎて、野暮じゃなくなるかしら?
ぶらたまこのお花見散歩「墨堤の桜」も拝見しました。 東京をほとんど歩いたことがない自分ですが、こちらで拝見を重ねる間に お江戸下町を実際に歩いている気分になってしまいます。いつもありがとうございます。
はなはなさん S.ファロウ
2010/4/29
看板句があっちの
管理人さん作に
暮れなずむ榎坂行く巻羽織
人形句、すみれ様の御作にチェンジですね♪意外な艶っぽさの源さん、新たな魅力、発見ですね。おめでとうございます。なかなか源さんの流し目にはお目にかかれないですが、そのシーンをくっきり切り取られたのが天晴れですよね。すかさずそれをキャッチするおたま姐さんもさすが。
「のだめ」のご家族は、ちょうど徹夜仕事明けで、5時台7時台と2回ともしっかり見ましたよ。母娘のアンサンブルは素晴らしかったと思います。書き込もうと思っていたのに遅くなってしまって申し訳ありませんでした。
「墨堤の桜」拝見しました♪本当に桜が今年は長持ちで・・・。あちらこちらで桜が拝見できましたね。川沿いの桜並木というのはやはりいいですね。検証のところどころに挿入された「かわせみ」の名場面も味わい深いです。「かわせみ」片手にお花見をしているみたいです。たまこさまありがとう〜♪
スカイツリー、吾妻橋のあのビルにも上手く収まっているんですね〜新発見♪今度東京へ行ったときにぜひ目撃しに行こうと思います。
あ、ご本家で触れていただいた件はそんな早くから準備していたわけではないですよー(汗) ちょうど1年経っていたし(滝汗)気になっていたので。それはそうと色合いが強烈過ぎてバックの色が困るのでは?不都合があればまた言って下さいな♪
こでまり S.ファロウ
2010/4/28
畝様人形句が
すみれさん作に
春だもの野暮も流し目君になら
「のだめ」のことでは皆さんから温かな感想を頂き、ありがとうございました。たまこさんがご覧になった前編の映画(かな?)、私もテレビで見て後編が見たくなりました。
源さんのお人形句が、浅妻船のすみれさんのお句にかわりましたね。すみれさん、おめでとうございます♪横向きの源さんと「流し目」のお句の取り合わせが面白いです。「めざましクラシック」に当選したなんて、良かったですね。
たまこさん、現場検証の番外編を拝見しました。青空に映える桜がきれいです。後半の寒さのせいでこんな日があったことを忘れるほどでしたが、晴れた日もあったことを改めて思い出しました。スカイツリーはこの春の話題の一つでしたが、たしかに今しか見られない風景ですね。特に一番最後の写真、よく気づいたなあと感心しました。
あっちの
管理人さん
ご本家
2010/4/28
そういえば「かわせみ」は明治編に入っていますし、今や江戸の風情を感じられるのは「新八」さんですね。ただ新八さん「御用旅」となってからは江戸にゆっくりしていないのがちょっと残念ではあります・・・
「ブラたまこ番外編」丹念な足での取材に江戸の町々を歩いている気分を味わせて頂きました!普段よく東京に行くのですが、なんとぼんやり歩いていることか。今までも「ブラたまこ」を拝見して「おお、あそこはそうだったのか!」と気がつくことが何度もありました。これからもう少し気をつけながら歩きたいなと思っています(滝汗)
ところで姐さん、源さんの流し目にぞくっとしてるでしょ♪(笑)
たまこさん ご本家
2010/4/27
新八さん、ずいぶん久しぶりですが、今度は諏訪ですか。もう「御用旅」のほうが定着して、ご府内での捕物はないのかなぁ。「かわせみ」が明治の東京になってしまったので、新八さんのほうでは昔ながらの江戸を味わいたいですね。
掲示板も更新もすっかり怠けてしまいましたが、桜つながりで久々に「ブラたまこ番外編」をUPしました♪拙宅掲示板の看板も、はなはなさんが新作を(ずっと前に!滝汗)送ってくださってますので、連休を前に更新いたしますね。さ〜て誰方の「巻羽織」でしょうか、お楽しみに〜〜
あっちの
管理人さん
ご本家
2010/4/22
待望の連載スタート!といっても「かわせみ」ではなく「はやぶさ新八御用旅」が小説現代5月号から連載スタートです。「かわせみ」明治編がここしばらくお休みなのは新八の連載が始まったこともあるのでしょうか。
新八の連載は「かわせみ」より更に間があいているので、新刊が出るまでも結構時間がかかるし、連載もかなり久しぶりですね。管理人は「はやぶさ新八」のファンでもあるのですが、小説現代の連載では読んだことがなくいつも新刊待ち。今回の「諏訪の妖狐」が単行本になるのはだいぶ先になりそうですねぇ・・・。
すみれさん S.ファロウ
2010/4/16
あー残念です・・・こちらで拝見して(当家の朝は通常8ch) このニュースを見ようとしていたのですが、ちょっと動いている間に終わってしまって、最後の瞬間しか見れませんでした(泣き) 家族で演奏って、憧れますね♪病気のお母さんを励まそうとの思いで、姉妹の心が一つになって、頑張れたのでしょう。良い話をきかせてもらいました。
めざましつながりでは、先月、当地で「めざましクラシック」のコンサートを観賞しました。チケットを購入したのではなく、地元スーパーの応募企画で当選して、S指定の良い座席で楽しめました(ラッキー♪)
少なくごまかす?多くごまかす?どちらに見栄をはるのか 肉食系女子とかの表現も普通になりつつありますものね。女は強くなりましたね(笑い)
昔から強かったんだけど遠慮していただけよね♪
はなはなさん S.ファロウ
2010/4/15
私も明日は早起きしよう(汗)「めざましテレビ」ですね。 それにしてもいい娘さんたちですね。病気はご本人もご家族も大変だと思うけれど、こういう形で励ますと言うのもいいのかもしれませんね。今頃はきっと演奏も終わっていい笑顔になっていらっしゃるといいですね。
妄想「鍋冠祭」私の年代ぐらいだとそのごまかしは両方存在すると思いますが(笑) その神社に展示してあった写真で見る限り、実際のお祭りでは小学生ぐらいの女の子が黒い鍋を被って行列しています。昔はどうだったんでしょうね。かつては御神輿が目の前の琵琶湖にまで繰り出して競り合うようなお祭りだったようですよ。
たまたまその神社の隣のホテルに泊まって、翌朝あまりによく晴れていたので浜辺を歩こうと思ってお散歩に出て見つけたのでした。でも地図を見るまで地名には気づかなかったなぁ〜。
こでまり S.ファロウ
2010/4/15
あ、今朝もやってたんですか〜。見逃した。実はウチの朝は「ズームイン」派でして(がはは)、このコンテストのことは全く知らなかったのですが、先週地元の夕方のニュースで取り上げられて気づきました。たしか今日のコンサートのもようは明日放送されるそうなので、明日は早朝から音量少し大きめで「めざましテレビ」にあわせておこうと思っています。
たまこさんの「一人だとごまかす」VS「多めにごまかす」の考察、メッチャ面白く拝見しました。何歳くらいから分かれるのかなあ。
浅黄裏さん S.ファロウ
2010/4/15
今朝、ちょこっとだけ映像を拝見することができました。こでまりさんのお友達であるお母さんの姿もすっごく大きなラッパ(チューバかな?)を抱える娘さんも木琴のバチを握る娘さんの手も映ってました。
今日の映像は、こでまりさんからの情報がなかったら見逃していたかもしれないくらい短い時間でしたが、拝見できてよかったです。今日の演奏会は、是非楽しんできてほしいですね。この演奏会の様子もきっとあとから取り上げられるかもしれませんね。「のだめ」は全巻持っていて、家族みんなで好きです。
たまこさんの「一人だとごまかす」VS「多めにごまかす」の世代差(?)観が面白いですね。たしかにそれはあるかも〜と思いました。鍋冠祭はこちらで初めて知りました。いつか実際に見に行ってみたいです。
たまこさん S.ファロウ
2010/4/14
めざましテレビの演奏コンテストのことは全然知りませんでしたが、「のだめ」の映画は見ました。若い人向きの映画だろうな〜と思ってあまり期待しないで見に行ったのですが、玉木クンの指揮ぶりも堂に入っていてとっても楽しめて、Part2も是非行こうと思っています。
めざましテレビのようなメジャーな番組の主催のコンテストならば、300組というのも何らかの形で選ばれた数ではないかと思いますが、その中でトップになるなんて本当にすごいですね!5人のお嬢さんを育てられたというのもすごいですし、きっと素晴らしいご家族なんだろうなと思います。コンサートは明日なんですか?演奏の様子はめざましテレビで放映されるのかな?続報を楽しみにしています♪
西村京太郎さんの「奇祭の果て」も図書館で借りて読むことが出来ました。話そのものはやっぱり量産ミステリーの域を出ない感はありますが、「鍋冠祭」のシュールでミステリアスな雰囲気はよく描かれていると思いました。珍しいお祭りなのに、あまりこれで観光客を呼ぼうという姿勢は見られず、滋賀県の観光案内などにもあまり出ていないということですが、西村さんは実際にこの祭りを取材して書かれたようです。
「女性が契った男性の数だけの鍋をかぶって・・・」という所からして情念系ですよね(>浅黄裏さ〜〜ん) で、その数をごまかすと罰が当たるというのですが、私らの年代では「実際よりも少なく、というか実際は複数なのに一人だとごまかす」という発想になるのですが、今ドキの若い子だと「あんまり少ないと悔しいから、多めにごまかす」ということになるのか、その場合も罰が当たるのか・・・?と、いつもながらくだらない事を妄想してしまう私なのでした(^^ゞ
こでまり S.ファロウ
2010/4/14
おっ、浅黄裏さんから「情念系宣言」と「気になった言葉を突き詰める宣言」が出てますね。頼もしい限りです〜。来季の挑戦に期待が高まりますです。どのお話にしようかな〜。
ところで話は変りまして、朝「めざましテレビ」を見ている人はご存知かもしれませんが、明日「映画公開記念・のだめオーケストラコンサートin武道館」というのが開かれます。めざましテレビではそのコンサートに参加できるグループを募集して「のだめ演奏コンテスト」というのをやっていたのですが、300くらいのグループの中から最優秀に選ばれたのが、私の友だちなんです!
彼女はずっと合唱を通して地域の方たちと交流を続けてきたのですが、体調を崩し昨年から透析を受けることになりました。彼女には5人の娘さんがいて、その子たちが闘病中のお母さんを励まそうと、6人で一緒に演奏に挑戦。4人の娘さんと彼女は楽器の演奏経験があるのに、唯一経験のなかった高校生の娘さんが今回の挑戦の発案者だったそうで、普段は柔道ひと筋の手に木琴のバチを持ち、一生懸命頑張ったそうです。
先週300の中から優秀賞(4グループ)に選ばれ、月曜にとうとう最優秀賞に選ばれました。おめでとうの電話をしたら、「私たちは家族で演奏できただけで大満足で、楽しかったね〜と喜んでいたのに、それが何だか一人歩きしてしまってどうしよう」と言っていました。確かに突然武道館でプロにまじって演奏なんて言われたら、どうしようだろうとは思うけど、ぜひ楽しんで演奏してきてほしいなと思っています。
浅黄裏さん S.ファロウ
2010/4/13
紫陽花さん、大丈夫です♪ 「たべものがかり」以外に「いきものがかり」もしていらっしゃるじゃありませんか。アノ彼らの生みの親であり、調教師でもあり(?)、胸をはってくださいませ!
このところ情念系から遠ざかっていますが、次回のお題ではまた挑戦してみようかなとひとり勝手に思っています。また、「馬のもの言い」を詠めずに諦めてしまったのが残念だったので、次回は自分の気になった言葉をちゃんと追いかけて突き詰めてみようかなと思っています。まだお題も発表になっていないのに鼻息だけは荒くてすみませ〜ん。
紫陽花さん S.ファロウ
2010/4/10
「浅妻船」拝見しました。馬も春雷も下駄も流し目も詠めなかったです。流し目にいたっては気がつかなかった・・・ざーと見て最後に気になった言葉、浅黄裏さんの「素人の金持」そんな言葉どこにあったんだろうと探してしまいました。「金持ち」にも「チーム畝」にも入れそうもありません。「たべものがかり」にははいれるかもしれません(笑)
あいつらが柏餅と一緒に現場検証にまでお邪魔していてうれしいような困ったような。
麦わら
ぼうしさん
S.ファロウ
2010/4/9
欠席してしまった麦わらぼうしです。一応読み返してはみたのですが、こでまりさまがコメントで書かれているように「人間関係が頭に入らず、詠むポイントもみつからず」、断念しました。UPされたみなさまのお句を拝見して、「なるほどねぇ〜、こういうふうに詠めばいいのか〜」と感服しております。
ささっと拝見した中で「ブラたまこ句」が一番印象に残りました(^^♪
たまこさん S.ファロウ
2010/4/8
ぐりさんがお知らせ下さいましたが、さすがトラベルミステリーの元祖西村さん、「鍋冠祭」も取材ずみだったんですね。全く知りませんでした。
ぐりさんは雑誌連載中にお読みになったそうですが、もう単行本になっているようなので、さっそく図書館で探しています。どんなふうにお祭りが書かれているのか楽しみです。
こでまり S.ファロウ
2010/4/7
早速たくさんの感想をありがとうございます。はなはなさんじゃないけど、私も「柏餅」は読み飛ばしていて、紫陽花さんからイラストが届いたので慌てて探しました。紫陽花さんは「そういうのは面白くない」とコメントしていましたが、そういう紫陽花さんが面白い♪と受けた私です。
すみれさん S.ファロウ
2010/4/6
こちらへの書き込みもすっかりご無沙汰しております。(汗) 今季のお話、拝見してまいりました。ポイントがつかみ難いのは自分だけと思っておりましたら、あっちの管理人さまなども同じ思いをお持ちのようで ほっとしております(爆)
自分も挑戦したけれど、自家製俳句ソフトが全く機能しなくて断念した箇所を皆様が見事に詠み込んでおられて(あーこう詠めば良いのか・・なるほど・・) 今回も感心してばかりです
あっちの
管理人さん
S.ファロウ
2010/4/6
遅くなりましたが、先ほど今季のお題拝見してきました。宗匠にお送りする時にも書いたのですが、どこを詠んだらいいのかなかなか絞れなくて、みなさんの作を拝見しながらそうか、こう詠むのか!と感心しきり。まだまだ修行が足りません(滝汗)
コシキブさん S.ファロウ
2010/4/6
UPされたんですね!宗匠、いつもありがとうございます。 私も、「気がつかなかったポイントがいっぱいあったんだなあ」とぼんのくぼを掻いてます。
拙句へのありがたいお言葉に感謝します。「チーム畝」自分でも気に入ってます。ここに医者の宗太郎さんやかわせみの面々が加わると「チーム東吾」になるのかな、と思いますが。
ブラたまこ、も拝見しました。麻布あたりはほんとに交通の便の悪い場所でしたが、地元の人たちの長年の悲願かなって地下鉄が開通し、今では人通りも増えて人気スポットになりましたよね。私のところからも電車一本でつながり(それでも遠い・・・)当時は勇んで散策に行ったものです。例のたいやきを買おうと思ったら大行列で買えず…。そんなで今でも麻布十番といえばイコールたいやき、が私のイメージです・・・。
ぐりさん S.ファロウ
2010/4/6
拝見しました 冒頭のなべかぶり祭り オール読物の連載西村京太郎さんの「奇祭果て」というので出てくるんです(もったいないので読んでみたら)たまこさまの文章の確かさ取材の丁寧さ本当にすごいです それにしても歩かれる距離もすごいですね見習わないといけないです いつもありがとうございます
はなはなさん S.ファロウ
2010/4/6
宗匠、お疲れさまでした。今月はろくにコメントも書き添えず、「朝妻筑摩」のことだけは書き散らして、「ブラたまこ」のネタになればと同じような文面をおたま姐さんにもお送りし・・・大変失礼しました。
まだまだドタバタは続くのですが、この季節、忙しいのは自分だけじゃない!と自分を励まして(汗)やっとのことで提出できました。ぎりぎりで本当に申し訳ありませんでした。
たまこさん S.ファロウ
2010/4/5
こでまりさんお忙しい中、UP有難うございました。早速、メモ帳を立ち上げて、いずれ人形句に頂きたいものをコピーしながら読みました。これ、最初にやっとくのがコツなんですよね(笑)後から探すの大変なのよ〜「巻羽織」を探すのは、テキスト検索できるけど・・・
「俳句ソフトがあったら」には膝を打ちました!水彩画の描けるソフトがあるらしいので、俳句もキーワードを適当に入力すると五七五が・・・なんてあったら便利ですよねぇ。でも、浅黄裏さんもおっしゃってるように、最初面白くてもやっぱり飽きちゃうでしょうね。
やっぱり、苦労してああでもないこうでもないと考えたり、しばらく放っておいたら急に言葉が浮かんだり、というのが醍醐味なのでしょうね。
こでまり S.ファロウ
2010/4/5
えーっ、大変にお待たせをいたしましたが、今季の「浅妻船さわぎ」を先ほどUPいたしました。ちょうどいろんな年度の変わり目に重なり、皆さんお忙しい中を参加してくださって本当にありがとうございます。
それにしても詠みにくかった今季のお話(←何故選んだの!)、でも皆さんさすがです。現場検証をはじめてして、いろいろと楽しく盛り上げてくださっています。どうぞお楽しみくださいね。
たまこさん ご本家
2010/4/5
朝日新聞にも特集されていましたが、さすが管理人さんもう攻略されてるんですね!私も「青空文庫」で昔の小説などたまに読んだりしてますが、それは資料検索の一部で、あくまでも「読書」とは程遠いものと思っていましたが、辞書と同様、一般の書籍も電子化のほうが主流になる日も近いんでしょうか。
あっちの
管理人さん
ご本家
2010/4/2
ぐりさん、そうです、春霞さんがご紹介下さった平岩先生の特集が載っていた「嗜み」でも電子書籍の特集があって、最近TV等でも取り上げられることが多くなってきましたね。
管理人はiPhoneを使っているのですが、その他にもいろいろな端末で電子書籍を読むことが出来るんですね。最初は「えーっ本だからいいのよ」と思っていましたが、使ってみると文字も読みやすいし、何より手軽に持っていられるのですっかりお気に入りです。文字の大きさが変えられるのが何よりいい点?(笑)
ぐりさん ご本家
2010/4/1
わすれてた ああ悔しいと 春驟雨
昨日覗いたときはもう日が変わっていたのに気がつかなかった やっぱり参加しないとさみしいです
管理人様電子書籍をお読みですか 今月の嗜みに電子書籍の特集が組んでありました おき場所という問題は解決しますね う〜んと読みふけりました