以前の話に戻る

平成21年
  11月のおしゃべりを見てみましょう。
  (掲示板を見逃してたら、ごめんなさい。)

ご本家=「御宿かわせみの世界」さん
S.ファロウ=「Straight Furrow」さん
の略です

提供者 サイト 五七五話
ぐりさん ご本家
2009/12/1
セーフですね(笑い) 皆様私ごとに温かい言葉ありがとうございます
今朝は元気に旅行へ出発していきました 今年は11月に雪は降ったものの総じて暖かい冬の始まりでまだ咲いている花もあります
はなはなさん ご本家
2009/11/30
ぜいぜいと息せき切って霜月尽
すみません!危ないところでした〜。
いろいろと慌ただしくて。とりあえずクリックします(笑)
ぐり様 息子さんのご結婚おめでとうございます♪あれこれとお忙しくも嬉しく、今はほっとして、なおのこと寂しさも感じられているのではないでしょうか。どうぞごゆっくりなさってくださいね。
千姫さん ご本家
2009/11/30
風呂上り 半袖のまま 霜月尽♪
ぐりさん、息子さんの結婚、おめでとうございます♪ 主役は花嫁と花婿でも、両親も色々と大変だったでしょう。 ゆっくり休んでくださいね。
私も、ご本家の開設記念日、はいくりんぐの開設記念日を失念してしまいました(^_^;) 遅くなりましたが、おめでとうございます!( ^_^)/▼☆▼\(^_^ )チン♪
近畿は暖かく事務所では日中、暖房を止めるだけでなく窓を開けているんですよ。 今は半袖の上に薄いカーデガンを羽織っているだけで明日から12月とはとても思えません。寒いのが苦手な私には嬉しいのだけど。
茜雲さん ご本家
2009/11/30
気が付けば もう月末や 霜月尽
ぐりさん、息子さんのご結婚おめでとうございます。うちはもう娘達が家を出ていて夫婦二人なのですが、結婚して家を出る・・・というのはまた違った寂しさがあるのでしょうね。
10月はものすごく長かったのに11月はあっという間。 同じ一月なのに過ごし方でこうも違うかと驚いています。 お題の締め切りまでもきっとあっという間ですね。まだ読みかえしておらず既に出遅れていますけど頑張ります。
すみれさん ご本家
2009/11/30
ひと区切り 終わりて安堵 霜月尽
ぐりさん、息子さんの挙式、おめでとうございます。ほっとするのと、嬉しさに少し寂しさのおまけが付いていて お疲れになられたことでしょう。早速、夕ご飯を一緒に食べてくれる なんて、素敵なカップルですね。お母さんが料理上手ですものね♪
私も、今月中は、小仕事が連続してあって、それぞれのお世話役も している所為で、気忙しく過ごしてしまい、何とか滞りなく 終わってほっとしています。
今年は、ご本家の開設記念日も、はいくりんぐの開設記念日も うっかり失念してしまいました。すっかり遅くなりましたが、 どうも、おめでとうございます。m(__)m
本年最後の大仕事、お題を提出できるように励みます。(長くて、盛り沢山なお話、どこから手をつければよいのやら??)
ぐりさん ご本家
2009/11/30
座るたび うつらと漕いで 霜月尽
息子の式がやっと終わりほっと一息ですがまだあれこれ雑用があるのですが ほっとしたらどっと疲れが出たのか座るたびに眠くてうっつらしています
若い二人は明日から旅行に出かけるのですが昨夜はそれぞれの実家に泊まり 現代風なのですか(一緒に泊まればいいのにと思ってしまうのですが)今朝は使っていたマイこっぷまで持って行きました「今夜は二人で夕飯食べにくるから」というのでさみしさを感じるのももう少し先かもしれません
はいくりんぐ7周年おめでとうございます 山茶花こちらでは咲かない花なんです、きれいですね
ゆきどりさん ご本家
2009/11/30
くる年の手帳を吟味す霜月尽
1月はついこの間のような気がしますのに、あっという間に11月も終わり。あとひと月で年が明けるなんて、本当に時間がたつのが早いこと。そんな毎日のなか、今日から『御宿かわせみ』の再放送が第三章に。畝さまの配役が変わってしまったのが残念ですが(沢村さんは好きですが、ちょっといい男すぎますよねー)、12回、楽しみたいと思っています。録画もばっちりです。新作の放送はないのかしら、と待ち遠しく思ったり。
庭の植木の冬支度もそろそろしなくては、と頑張っておりますが、素人支度なので毎年何か失敗があります。紫陽花が咲かなかったり(涙)
コンテナ栽培のチューリップの植え付けなどもしたのですが、一緒に植えたムスカリ、芽が出ない球根がいっぱいあったようで、コンテナの半分が土のままです。出てる方の株は、もうだいぶ葉がしげっているのに(涙)
浅黄裏さん ご本家
2009/11/30
霜月の尽きる日に脱ぐダウンかな
明日から師走だというのにこちら近畿はとても暖かいです。暦も人の思惑もまったく関係なしに暖かくなったり、寒くなったりしますね。
山茶花…なぜか我が家のPCでは、「さざんか」が変換できません。もう日常には遠い花になってしまったのでしょうか。
「はいくりんぐ」7周年、おめでとうございます。来月の締め切りはしっかりと守らせていただきます!あのお話の入った一冊は読み応えのあるお話が詰まっていて、結局まるごと読み返してしまいました。
こでまり ご本家
2009/11/30
霜月尽紫陽花の咲く紅葉山
週末滋賀県の「湖東三山」へ紅葉狩りに出かけてきました。車で行ってちょっと歩いて紅葉を見る・・・というつもりが、どこのお寺も長い石段やら坂道を上り下りすることになり、かなりバテました。ハァハァいいながら歩いていた坂道の脇に、青い紫陽花が一輪。こんな時季に咲くこともあるんですね。
姐さん、ありがとうございます。自分でもわからなくなって(わはは)数え直しましたがおかげ様で7周年を迎えました。本当にご常連の皆さま方のおかげです、ありがとうございます。8年目もよろしくお願いいたします♪
たまこさん ご本家
2009/11/30
俳句の輪たゆまず続く霜月尽
11月が始まった時は、18日が…と思っていたのに、気がついたらもう月末(滝汗)おくればせながら7周年(ですよね?)心よりお祝申し上げます。うっ「まだ来月」と思っていた締め切りも近付いてきた。
あっちの
管理人さん
ご本家
2009/11/30
俄かファン休日楽しみ霜月尽
このところ休日の楽しみはTVのゴルフ鑑賞。今までほとんど見ることはなかったのですが、大活躍中の石川遼君見たさにゴルフ中継を録画して見始めました(笑) 遼君人気にあやかって近頃は男子ゴルフの注目度も高く、私のような俄かファン、結構多そうですね。それにしてもハニカミ王子と言われた初優勝からプロに転向しての大活躍、成長著しい18歳の今後がとても楽しみです!
たまこさん S.ファロウ
2009/11/27
冷泉家の姫は私と同年代の方で、「皆さん十二単衣でも着てくるかと期待されていたかもしれませんが、こんな格好でごめんなさいね〜」とパンツスーツで颯爽と登場され、お話も最初から最後まですごく面白く、知らなかったことばかりでした。冷泉家の元々が阿仏尼の「十六夜日記」と深い関係があるんですね。何か浮世離れしたような方を想像していたのですが、印象はむしろ、ベテランの国語の先生か企業の女性管理職かといった感じで、お話も要領よくわかりやすかったです。
お話を聞いた後、閉館までねばってじっくり見たのですが、さすがにこの日は同じことを考えていた人々ばかりだったらしく、5時になっても全然人が減らない(汗)ガードマンに追い出されるようにしてゾロゾロと出ていきました(連休だし特別時間延長してもいいのになぁ) 貴実子さんの父上が冷泉家24代当主になるのですが、この方の時に終戦の混乱の中で家の秘宝であった数々の文書をついに公開と引き換えに財団法人として管理保存する決意をされた、その両親のご苦労を身近で見てこられたお話は胸に迫るものがありました。文化よりも食べることが先決であった時代、代々続く公家の家などは世間から冷たい視線を受けこそすれ支援を受けることは非常に難しかったそうです。冷泉家のように持ちこたえることが出来ずに、散逸してしまった文化財が、せっかく戦火を免れた京都にも多々あるのでは…と思うと、つくづく勿体ないと思います。
その困難の中で冷泉家文書が守られたのには、朝日新聞社の記事の力が非常に大きかったのだそうで、84巻にわたる冷泉家叢書も朝日新聞社が出しており、冷泉家の方々は朝日新聞におおいに感謝されているようです。今回の展示の主催ももちろん朝日で、新聞社のスクープというと、どうしても社会部や政治部、企業の合併などは経済部を思い浮かべますが、学芸部のスクープというのも大きな力を持っているなと思いました。
はなはなさん S.ファロウ
2009/11/13
冷泉家、ご自宅は同志社大学のお隣、烏丸通をはさんで西側にあります。京都御所は辻向かいにあたるのですが、南へほんのちょっと歩くと蛤御門なんですよね〜。つまり幕末の騒乱もすぐ目前で展開されたわけで…徹子の部屋で第二次世界大戦よりも応仁の乱のお話が出てきたのも諾なるかな、京都というところはそういうところなんだと実感できて面白いお話です。
丸文字ふうの筆跡というのも、面白いですね。江戸時代には文化人に流行ったのだそうですが、白洲正子の筆跡もよく似た感じで、丸っこい味のある筆跡です。先日テレビでやっていた「正倉院展」の今年の出品に光明皇后の「楽毅論」があったのですが、きっぱりした大らかな筆跡なのですね。筆跡って意外と人柄がでるものだと思うんですが、定家がどんな人だったのか筆跡からうかがえそうで、こちらも興味深いですね。
こでまり S.ファロウ
2009/11/12
冷泉家の夫人は藤原定家の子孫で、約800年の歴史のある家だそうです。和歌といろんな行事を伝えることが務めのお家とのことでした。徹子さんが「私は書はよくわからないんだけど、定家の文字は草書体のきれいな字というより、今で言う丸文字みたいな感じでとてもいいと思いました」と感想を言ったのが面白かった1つ目。定家は古今和歌集を編んだ人ですが、そのため「古」と「今」のたくさんの和歌に目を通す必要があり、たくさんの写本をしたそうです(今の印刷技術に感謝!)。またとても筆まめな人だったようで、私的な書付みたいなものも残っているようです。
そういう貴重な物をとにかく守り通すことを家の使命としていたそうで、徹子さんが「京都は空襲はなかったですけど、それは後からわかったことで、戦争の最中には爆撃やなんかから守ろうと大変だったでしょうね」と言ったら、「この間の戦争はそうですけど、それまでにも応仁の乱とかいろいろありましたから」と夫人が答えたのが面白かった2つ目でした。「戦争っていったら私たちは第二次大戦のことですけど、お宅の場合は800年の歴史があるから、そうですねぇ」と徹子さんにもかなり受けていました。(以上かなり端折った要旨)
美術展のことも紹介していましたから、ぜひ居座って、いえいえお出かけになってくださいませ。ではでは。
たまこさん S.ファロウ
2009/11/12
例年この時期は、関東地方は一番晴天の続く時期なのに、今年は何だか夏ころから気象がずれっぱなしです。昨日の「徹子の部屋」うっかりしていました!ちょっと用足しに出かけて帰ってから気がつき…朝日新聞の番組紹介欄に小さい写真が出ていたので、「こういう方かぁ」と思って、十二単衣姿など想像してしまいました♪宗匠録画ご覧になったらまた感想などお聞かせ下され〜
都美術館もかなり混んでそうですが、例によって、ゆっくり出かけて閉館時間まで居座る作戦で見てきたいです。
こでまり S.ファロウ
2009/11/11
今朝新聞のテレビ欄を見ていたら、冷泉家の夫人が徹子の部屋に出るらしい〜!録画予約して出てきました。展覧会の話もしているかな、こっちも楽しみです。
それにしても、今日はたっぷり雨が降って荒れた一日になりましたね。近所の子が新型インフルエンザだと判明。きゃ〜ヒタヒタと近づいているのね、気をつけなくちゃ。皆さんもお気をつけ下さいね。
はなはなさん ご本家
2009/11/5
さっそくお話を読み返しました♪確かに長いけれど読みごたえのある、見どころたっぷりのお話ですよね(私は「門前捕り」のシーンが好き♪平成かわせみでも兄上がかっこよかったわぁ♪)
皆様がどんなシーンをどのように読み解くのか、楽しみです。とはいえ詠むのは大変〜〜今から心して頑張らなくては。「今日のお話」のシーンもなんだかこちらまで嬉しくなる、良いセリフですよね。
麦わら
ぼうしさん
ご本家
2009/11/4
今季のお題、了解しました!大好きなお話ですが、みなさまおっしゃるように、複雑なつくりで、難しそう…でも絶対参加したいので、がんばります!
浅黄裏さん ご本家
2009/11/4
今季のお題、了解しました。いつも配慮の行きとどいたお題で、ありがとうございます。
私も「あれっ?これって、もう出ていたような…」と思ってしまいました。アイツは、悪人ながら一粒で三度美味しいヤツって感じなんでしょうか。さっそく読み返してみますね。
このところ急に寒くなってきましたね。前日比マイナス8℃などと天気予報で言われると余計に冷えを感じます。県内のスキー場では雪も降って積もったようですが、スキー関係の仕事のためには来月になってから降ってくれたほうが良かったのかもしれません。山間部でもタイヤの交換は間に合ってないようです。
たまこさん ご本家
2009/11/3
管理人さん、さっそく「今日のお話」でエールですね♪ 私も、ぐりさんと一緒で「あら、まだだったんだ」と思いました。「美男の医者」がすでにお題になっていたからかも・・・
あれは管理人さんも書いていらっしゃるように、橋場の久三さんが無念の殉職をしてしまった初期のお話からつながっていて、プロットも複雑で(何度か読み返した時になって初めて全体の話を理解したという感じ)それだけに、いろいろなポイントから多彩な御作が集まりそうで楽しみですね(でも自分の作品は苦戦しそう…) クリスマスまだ先と思っていてもあっという間に来てしまいそうです(汗)
こでまり ご本家
2009/11/3
管理人さん、こんにちは。 「今日のお話」、拙宅に歩調を合わせてくださってありがとうございます。
東吾さんの最後のひと言、ホッとした感じとちょっぴり悔しさが混ざってて、お気に入りの台詞です。ありがとうございました!
あっちの
管理人さん
ご本家
2009/11/3
今季のお話、見てきました。ぐりさんもお書きのように、あのお話、まだだったんですね。確かに長いですよね〜他の話の続きでもあり、ぐっと読み応えもありますね。さて今回の競作ポイントはどこになりますか、いろいろ印象的な場面も多いので楽しみです!
こちらも今朝はぐっと冷え込みました。今も外は冷たい雨が降っています。つい2、3日前は夏日だったり、気温の差が激しいです。一雨毎に冬に向い、晩秋から初冬へと季節が移っていくのですね。
ぐりさん ご本家
2009/11/2
アップ見てきました あのお話はまだだったのですね、締め切りを延ばしてくださったので参加できそうです、ありがとうございます
今日はこちらは雪が降りました今屋根から降った雪がずるずる滑り落ちています
今年の雪は早いんでしょうかまだ冬支度は何にもしていないのに(>_<)
急激な寒さ皆さん風邪に気をつけてください
こでまり ご本家
2009/11/2
今日は午後からちょっとした嵐のような天候で、すっかり寒くなりました。皆さんの地域はいかがですか?
さて、先ほど今季のお話をUPしました。年末に向けてお忙しくなると思いますが、どうぞ今季もよろしくお願いいたします。
紫陽花さん ご本家
2009/11/1
そうそう「千両、万両」です。
明治の銚子の東吾さんですが、船とともに沈んだ積荷を引き上げる算段をしてるのかなぁ〜と、想像しています(笑)
たまこさん ご本家
2009/11/1
花世ちゃんの、「頭のてっぺんに空を向いて突きささっている」花かんざしと同じお話でしたわ〜(^O^) 千春ちゃんの「千両、万両」もこれだったのね。
ところで、このイラストの元バージョン(8月21日)の時に、明治編の東吾さん生存(@銚子)説が話題になったのですが、その後はいかに??
あっちの
管理人さん
ご本家
2009/11/1
晩秋の心嬉しい月初め
紫陽花さん、イラストクイズありがとうございます♪ 管理人もうっかりしていたのに、わざわざ10月尽に間に合うように描いて下さって、無理をさせてしまったのではありませんか!? でも久しぶりのイラストクイズ、ほんとに嬉しいです!
あれこれと糸を手繰寄せ月初め
東吾さんも長助親分も釣り好き、子供達も大好きだったこのシーン、ありましたありました。さて、今日これから「はて、どのお話?」と悩むことに?(笑)
たまこさん ご本家
2009/11/1
嬉しいなイラストクイズだ霜月始
(十月の尽句とともに送られた、ご本家開設記念日記念イラストクイズを見て)あ〜ありましたよね、このシーン。麻太郎と源太郎に東吾さんが釣りを教えるのだけど、だんだん釣れてくると、自分もやりたくなっちゃって、今回は教える専門で自分は釣り竿を持たないつもりがやっぱり始めちゃうという… でも例によって、何のお話だったのかが全然思い出せない(^^ゞ