以前の話に戻る

平成21年
  10月のおしゃべりを見てみましょう。
  (掲示板を見逃してたら、ごめんなさい。)

ご本家=「御宿かわせみの世界」さん
S.ファロウ=「Straight Furrow」さん
の略です

提供者 サイト 五七五話
紫陽花さん ご本家
2009/10/31
記念日のクイズを描いて十月尽
せめて今月中にと急ぎました。(イラストはご本家の作品館でお楽しみください) この船頭さんどこかで見たことがある!この船も!と思った皆さん!!気のせいです(笑) 細かいことは全部適当です。広い心で見てください。人数だけは正確です。
11月が開設記念日だったのははいくりんぐだったんですね。意識はなかったのですがそれとなく刷り込まれているいるようで恐ろしいです。
たまこさん ご本家
2009/10/31
それぞれに車中読書の十月尽
30日で終わる月は、あと一日あるような気がして尽句を忘れがちだから…という管理人さんのきめ細かい心遣いによる新機軸かと思ったら「うっかり」だったのですね(^^ゞ
開設記念日は私も(滝汗)こでまりさんやはなはなさんも書いておられるように、あまりにも「あるのが当たり前」になってしまい、とくに10周年を過ぎてからは「いつから」という感覚が薄れてしまいました。紫陽花さん、11月の開設記念日は「はいくりんぐ」ですよ〜こちらは7周年?本当に早いですね! ぐりさんもお忙しいことでしょうが嬉しさもひとしおの事と思います。
10月末は読書週間ですが、最近の若者は電車の中でケータイやゲームはしていても、あまり読書しているのを見かけなくなりましたね。本を広げていると、試験勉強という場合が多いようで…
でも先日電車に乗っていたら、学生らしいカップルが乗ってきて、珍しくそれぞれが文庫本を広げて熱心に読んでいたのが印象に残りました。彼氏のほうは私の前に立ったので「それからの三国志」という本だとわかりましたが、彼女のほうは隣に座ってしまったので表紙を下からのぞきこむ訳にもいかず、たぶん創元かハヤカワの翻訳ものじゃないかと思われたのですが、何だったのか?今でも気になります(笑)
あっちの
管理人さん
ご本家
2009/10/31
白状すると・・・もう1つうっかり忘れていたのが、なんと開設記念日!みなさんにすみませんなんて言って頂くと申し訳ないのはこちらの方です(大滝汗)
最近なぜかバタバタしていて、情けないほどのうっかり管理人です。
この頃は更新もなかなか出来ずにいますのに、変わらずお立ち寄りくださる皆様に本当に感謝です。いつも暖かいお言葉を頂き誠にありがとうございます♪これからもどうぞよろしくお願いいたします。
浅黄裏さん ご本家
2009/10/31
にぎやかに名産尽くしの十月尽
彦根市と姉妹城都市・親善都市になっている都市の名産市が今日から始まり、出かけてきました。横浜のコーヒーを飲み、高松のうどんを食べ、江差の松前漬は断念し、水戸の納豆と静岡のみかんを買って帰りました。本当は来月の健康診断に向けて、少しでも体重を減らさなくてはいけないのですが、ダイエットとはいつでも‘明日から’始めるもののようです。
開設日のこと、失礼しました。いつでも必ずそこに存在感十分にあってくれるもの…として、甘えてしまっていたように思います。これからもどうぞよろしくお願いします。
こでまり ご本家
2009/10/31
並木なる公孫樹を仰ぎ十月尽
毎年地元の新聞に載るイチョウ並木があって、今朝ちょっと行ってきました。黄色い木もあれば、まだ黄緑が残っているのもあってしばらく楽しめそうです。よく見たら足元には銀杏も落ちて潰れていたのですが、今朝のは全然匂わなかったなあ。
周りにはジョギングをする人、犬と散歩する人などがいましたが、「コレ、一昨年の年賀状と同じ構図じゃない〜」といいながらオートで写真を撮っている若夫婦がいて、とっても微笑ましかったです。
はなはなさん ご本家
2009/10/31
十月尽ケータイで打つ五七五
山並に紅いろの秋の風
今日明日と出張(涙)昨夜は飲んだくれてしまい、今朝はギリギリで出発だったので、パソコンから打ち込むのはムリ(^_^;)仕事の合間にケータイからチクチクと(笑)
開設記念日もうっかりしていてスミマセンでした。
あまりにも馴染みすぎていて、あるのがあたりまえになって早6年。これからもお邪魔させていただきますのでよろしくお願いします。
ぐりさん ご本家
2009/10/31
年賀用 予約も済ませた 十月尽
第一次予約までに予約すると20000円当たるくじがもらえるということでもうはがきの予約済ませました いよいよ息子の式まで一カ月を切ってなんだかあわただしくなってきました
新居もやっと借りられて(市営の住宅です)明日は大きな荷物を運びます 昨日まで文化展の準備に忙しく〜でも昨夜じんくの書き込みまで起きていよう(今月は忘れないぞ)と思ったのですがそれも出来ずに寝てしまいました
何とか書き込みできました かいせつきねん日26日だったのですねーーーーすみません
すみれさん ご本家
2009/10/31
ハロウィンは未だ馴染まず十月尽
二、四、六、九、士(にしむく、さむらい)は小の月、 それ以外は大の月と、昔は憶えさせられたなぁ(遠い目) 土日が月末と重なるともうどっちでも良いですよね(笑い)
最近のスーパーのお菓子売り場で目立っているオレンジと黒のパッケージ・・・ハロウィン向けのお菓子の売り上げが↑とのこと、 乗っかれるものには、何にでも乗ろうとの日本企業の姿勢なのでしょうね。
企業努力には頭がさがりますが、キリスト(カトリック?)信徒じゃない から、あまり意味がよく解らない・・・お盆にも似ているみたいで、節分の厄除けにも似ているみたい・・・うーん、いまいち乗れません。
クリスマスには、ちゃっかり乗っているんですけれどね @なんちゃって仏教徒
ゆきどりさん ご本家
2009/10/31
秋風に寒気の混じる十月尽
管理人さんの最初の投句を「あれ、尽句の受け付け、もう始まってたのか」と受け取ってしまったワタクシです。きっとそういう意味もあったのでしょうか。でも、一日早まってしまったのですね。
10月も下旬が近づき、秋らしさというよりは冬の気配が感じられる毎日になってまいりました。横浜では紅葉はまだまだではありますが、それでも木の葉の色づきが感じられます。
そんな中、高速1000円で大混雑かと思われる東名を、本日、静岡方面へ行く予定です。年に2回の夫実家帰省。たった2回で良いのだろうかと思いつつ、甘えてしまっています。義父母の健康に感謝してる毎日です。
紫陽花さん ご本家
2009/10/31
十月が尽きるときまであと少し
ご無沙汰してます。開設日わたしも忘れていました。26日でしたか。秋だったとは覚えていたのですが、11月のような気がしてました。あわててクイズを描き始めたんですが、今日は間に合わないので明日の尽句にはなんとかしたいと思います。明日と言ってもすぐ明日になってしまいますが、24時間後のことです。
土曜日お休みの会社は今日が月末ですものね。尽きちゃいますよね(笑)わたしのところは明日もお仕事〜
こでまり ご本家
2009/10/30
忘れてた!忘れちゃいけない開設日
にゃははは〜〜管理人さんたら、ビックリしたじゃないですかぁ。でもこういうところが可愛いところで、ホッとします。仕事をしていると「今日が月末」ですものね。間違っても仕方ないですよ。
実は私も今朝「もう月末だよね〜、明日は10月31日で尽句の日……ん?31日??26日を過ぎてるじゃん!!」と慌てました。ご本家の開設日を忘れてたなんて、自分でもショック〜〜、ごめんなさい。いつもお世話になっているのにと、申し訳ない気分でこちらに来たのですが、プレ尽句で癒されました。こちらに寄らない日はほとんどないくらい、私の日常の中にあって当たり前になっているご本家です。これからもどうぞよろしくお願いいたします。
全国的にはどうなのかわかりませんが、こちらではお彼岸が過ぎたあたりからスタッドレスタイヤのCMが始まり「早っ」と思いました。ハガキの販売も始まりましたね。
あっちの
管理人さん
ご本家
2009/10/30
受付中もう始まった十月尽
今日駅前のケーキ屋さんの前を通りかかったら、貼り紙がしてありました。「クリスマスケーキご予約中!」 ええーもう?と思いつつ、いやもうあと二月かとまたまた一年の早さに愕然とする思い(笑)
そういえば今日から、いえ昨日29日から年賀はがきの販売も始まり、いよいよ年末に向ってまっしぐらですか。

やってしまいました。。。忘れちゃいけない尽句の日、と思っていたらなんと一日早まってしまいました(滝汗) トホホ・・・
たまこさん S.ファロウ
2009/10/27
英一蝶は、いわゆる浮世絵師というのとちょっと違うようで、全集とかにも入っていないみたいですが、絵以外にも非常に多才で守備範囲が広いんですね〜 今の世に生きていたら、いろんなメディアに出没していることでしょうね。
はなはなさんがお書きになっていた「冷泉家」も実は楽しみにしてるんですよ。和歌もお習字も素養がなく、見にいっても読めないと思うんですが、「紙」を見るだけでもすごいそうなので・・・出来れば、11月21日の冷泉夫人のお出ましになる日に行ければなぁと思っています。初日の先週土曜日には、当主様がいらっしゃったそうですが、こちらは婿さんで、夫人のほうが冷泉家のお姫さま(といっても60代?)のようですね。
はなはなさん S.ファロウ
2009/10/23
英一蝶展、お出かけくださったんですね。達者な線で描かれるさまざまな人物がとても活き活きしている作品が多いなぁ、と番組を見ていたのですが、やはり展覧会がらみの放送だったのですね。実物を見るというのは、また格別の悦びがありますよね〜(いいなぁ♪) そうそう、私も番組で「永代橋から出た船で島へ流された」と聞いた時は「あの程度の罪で一生帰れないなんて、実際には別の幕府の機密に関係した罪で流されたのでは?」と妄想しました(役立つかわせみ知識♪) 結局綱吉の死去で赦免されているところを見ると案外アタリ?かも…なんていうのも素人の楽しみかな(笑)
たまこさん S.ファロウ
2009/10/19
すっかり遅くなってしまいましたが、先週の連休に、高島平の英一蝶展を見にいきました。高島平は23区内というものの、うちからは結構時間がかかるので、はなはなさんに教えてもらったNHKテレビの特集を見ればそれでいいや〜と思っていたのですが、ここの美術館のある場所が「赤塚城址」という城跡だと知って、それは行かねば!と思い行ってきた次第です。
赤塚城はもともと今の東京北部にいた豊島氏(「百千鳥の琴」の豊島村)の城で、太田道灌が進出してからは道灌の弟が入り、その後北条滅亡と共に城はなくなって、今は城址公園として美術館や民俗資料館があります。公園はそれほど大きくないのですが、裏山を上ってみると案外広々とした本丸跡に出て、花どきにはさぞやと思われる梅林もあり、知られざる都内の癒しスポットだと思いました。
英一蝶のほうもとても充実していて、展示のしかたにも工夫が凝らされており、面白かったです。有名な浅妻(朝妻)船もあり、これはいくつもバージョンがあるそうですが展示されていたのは横向きであまり顔のはっきりしないもので、かわせみの話にあったように将軍家御愛妾?などはわからなそうでしたが。私が一番気に入ったのは「六歌仙屏風」で、通常の小野小町とかではなく、わりと地味な六人が描かれていて、西行と源俊頼が並んで描かれていたのが「西行法師の短冊」を思い出させて興味をひきました。
多彩な才能に恵まれ、人間観察の達人で、島流し(永代橋から船出したということですから、一生江戸には帰れないはずだったのが、特赦で本当にラッキーに帰れたのですよね)にあってもめげずに独自の作品を描き続けたって本当にすごいなぁと思います。
はなはなさん S.ファロウ
2009/10/16
英一蝶の出てくるお話、もうひとつは「二十六夜待の殺人」でしたね。さらっと出てくるあたり、ぐりさまもたまこさまもまさしくかわせみのお仲間ですねぇ♪
番組では遠島の理由についてはあまり深く立ち入っては居なかったようですが…流されてからの画業のほうが凄みがあっていいですよね。たまこさまは「英一蝶展」お出かけになったのかな。
東京はいろいろな展覧会が多くていいなぁ〜♪来週からは、東京都美術館で藤原定家の冷泉家の展覧会をやるそうですね。五七五つながりでこちらも気になります。
紫陽花さん S.ファロウ
2009/10/9
たまこさんは何を考えているんだか…(独り言・笑)今日の海は濁りはまだ残っていましたが、波は普通よりちょっと高かったくらい。サーファーはいつもよりすごく多かったです。サーフィンをやっている人は平日でもけっこういるけど波が高いとなるとやっぱり増えます。昨日はさすがにいなかったけど。わたしがそこを通るのは出勤時朝7時20分くらいなんだけどなぜこんな朝早くからサーフィンをしているのか不思議でしかたありません。冬でもいます。
明日は車を洗車しなくては。潮をかぶると車が錆びるらしいです。やれやれ。
たまこさん S.ファロウ
2009/10/9
すごい〜〜「富嶽三十六景」のあの波を想像してしまいました。その波の下をくぐって小さな車がトコトコと走っていき、「彼ら」が追いかける…「ブラタモリ」で見事なCGを見たばかりのせいか、この波の光景がCGで頭の中に焼きついて離れない(笑)
それにしても運転こわくなかったですか?
紫陽花さん S.ファロウ
2009/10/8
台風はちょうど出勤時間に重なったので15分くらい早めに出ようかと思っていたところ会社から電話があり「とりあえず自宅待機また電話する」とのことで半日くらい休みになるかなと思っていたら8時に再び電話があり「気をつけて出勤してきてください(今すぐ来いという意味)」とのこと。結局いつもより1時間出勤時間が遅くなっただけでした。
雨はだいぶ小さくなっていたんですが、風がつよく、通勤に使っているバイパスが海岸沿いなので波が防波堤を越えしぶきになって車にかかりワイパーを動かすとフロントガラスが潮で真っ白になりました。川の河口をわたる橋の上から見る海は波が高く見ごたえのある風景でした。
ニュースでは全国各地で大変な被害があったとか。都内の交通機関もだいぶ乱れたようですね。みなさんご無事でしたか。
たまこさん S.ファロウ
2009/10/8
英一蝶、昔の大河ドラマでは確か、片岡鶴太郎さんが演じていましたよね?「浅妻船さわぎ」ともう一つは、「源三郎子守歌」が出ている文庫の中のお話ですよね♪
今、高島平の板橋区立美術館で英一蝶展をやっているらしいので、NHKの番組はそれがらみかな?もし、行けたらご報告しますね。番組も見逃さないようにしなきゃ〜
投稿してみたら、ぐりさんから先に正解出ていましたね〜(^^ゞ これも結構、気になる話で覚えているのです。一人一人では悪事をするほど気の強くない人間たちが集団になると凶暴になってしまう恐ろしさとか、人生半ばまで苦労知らずで来ると、自分の失敗に面と向き合えずに他人のせいにしたくなるのかなぁとか・・・しかし有斎が「やばい」と感じながら、なぜ逃げ出さなかったのだろう?というのが謎です。99%自分の思いすごしで、下手に騒いだら恥をかくと思っていたのかもしれないけど。
ぐりさん S.ファロウ
2009/10/8
二十六夜待ちでしたか これも掛軸が出てくるお話だったような〜でも確かめたわけではないので違っているかもしれません違っていたらごめんなさい
台風はこちらは全然風も大したことなくすみました被害のひどいロころもあったようですが皆さんのところはどうだったでしょうかご無事を祈っています
はなはなさん S.ファロウ
2009/10/8
これから関東・東北へと台風が向かっていますね。皆様大丈夫でしょうか。 付けっぱなしのテレビからご常連の皆様ゆかりの地名が聞こえてくるたびに、何事もなければいいのに、と思います。
10日夜8時からNHK教育の「新日曜美術館」で、かわせみでも何度か名前が登場する絵師「英一蝶」を特集します。島送りになったり、幇間になったり、なかなかの粋人だったようですよ。この放送は、先週日曜の朝9時から本放送でしたが、一週遅れで再放送するのがありがたいです。
かわせみでは、「英一蝶」が確か2つのお話で事件の重要な役割を果たしました。ひとつは「浅妻船さわぎ」、さてもうひとつは?
たまこさん S.ファロウ
2009/10/2
いや〜面白かったですね、「ブラタモリ」。タモリさんが「人生は妄想だ〜」と言っていたのにはビックリでした。なんかタモリさんってこちらのご常連たちとメンタリティが似てるんじゃないかしら。
花時に神田川沿いに並べられる川柳も散歩の楽しみの一つですし、椿山荘の隣の胸突き坂もけっこうおなじみなので、すごく楽しめました。サークルの仲間の一人は、昔あのへんに住んでいて「幼稚園の子供の送り迎えに、あの坂を毎日二回ずつ上り下りしていた」そうです(!) CGの巧みな使い方も楽しいですね。毎週ばっちり録画して見なくちゃ〜(来週は上野ですよ♪)
実は、UP前に仲秋の人形句として考えていたのもあったのですけど、それはまたのお楽しみということで、さっそくこでまりさんのを頂いて来てしまったという訳です。
はなはなさん S.ファロウ
2009/10/1
宗匠の黄八丈の御作、ステキだなぁ、と思っていたのですが、さすが姐さんは見逃さないですねぇ。物語が生まれるってことはこういうことなのかも。宗匠お見事です。
「ブラタモリ」、先日「白洲次郎」の最終回のあとの再放送で今日のレギュラー化を予告していたんですよね♪昨年本放送の時から楽しみにしていたので、思わず「ヤッタ♪」って言っちゃいました。これから楽しみに見ます。
こでまり S.ファロウ
2009/10/1
たまこさん、今月の拙句を人形句にとってくださってありがとうございます。源さん本人も巻羽織も出てこないので想定外、でもその分嬉しいです!春霞さんのお人形のお陰だわ。
また編集についても過分なお褒めの言葉をいただいて、ちょっと落着かないくらいです。(←小心者) ありがとうございました。
あ、今夜からNHKで「ブラタモリ」っていう番組が始まるみたいですね。「古地図が好きなタモリと東京の街をブラブラ散歩する」という内容らしいので、散歩好き&東京好きな皆さんにもハマる番組になりそうですね。
はなはなさん ご本家
2009/10/1
月末も忘却の彼方矢の如し
私もお仲間です、ぐりさま(涙)
もう10月なんて信じられません〜。
ぐりさん ご本家
2009/10/1
2ヵ月も 出遅れてかなし 月はじめ
先月も今月もなぜ〜甚句の日に限って〜別家はのぞいたのにな〜(汗)
浅黄裏さん S.ファロウ
2009/9/30
畝様人形句が
こでまり作に
夜なべして当代に織る黄八丈
新しい人形句もこでまりさんのお句ですね。さっそく新句をかっさらって行く…じゃなかった、採用されるとは、たまこさんの素早さにも驚きです。