以前の話に戻る

平成21年
  9月のおしゃべりを見てみましょう。
  (掲示板を見逃してたら、ごめんなさい。)

ご本家=「御宿かわせみの世界」さん
S.ファロウ=「Straight Furrow」さん
の略です

提供者 サイト 五七五話
ゆきどりさん ご本家
2009/9/30
秋深く 夏景色去り 長月尽
今年の長月は、祖母の風邪に始まる入院騒動に明け暮れていました。幸い、無事に退院できて一安心なのですが、ふと気がつけばすっかり周囲は秋景色。夏の名残を感じる暇もなく、秋本番を迎えようとしています。
シルバーウィークという言葉もすっかり定着したようで、どうせなら、毎年このくらいの連休にして欲しいと思ったりしています。
しかし、本当にあっという間に長月尽。 明日からは10月。あと三ヶ月で今年も終わりかと思うと、なんて早いんでしょうね。月日が三倍速くらいの速さで流れている気がします。
茜雲さん ご本家
2009/9/30
シルバーが遥か昔か長月尽
シルバーウィークからわずか10日ですが、結構いろいろ慌ただしく、もうずっと前に思えます。
といいながら毎日が飛ぶように過ぎる。つまりは単に年をとっただけかも知れません。
浅黄裏さん ご本家
2009/9/30
振り幅に右往左往の長月尽
おとといは半袖一枚、今日は長袖の重ね着、そして明日は今日より6度も上がるそうで、半袖必至です。
ジェルネイル、素敵ですね。見た目が素敵なのは承知していましたが、そういう実用部分でも優れものだと聞くと試してみたくなります。
こでまり ご本家
2009/9/30
前髪のカールする牛九月尽
近くに小さな牛舎があって(知っていたけど行ったことはなかった)、初めて通りかかりました。
車を止めて牛を見ていたら、牛もじっとこっちを見てる〜。よく見るとおでこの上に前髪が!しかもちょっとカールしているし。牛に前髪があるなんて知らなかったです。
すみれさん ご本家
2009/9/30
鮮やかな画面に見入り長月尽
ネイルにも、旅行にもとんとご無沙汰のわたし…連休中にドーンと買っちゃいましたよ!大型テレビ(ウヒ♪)
ぶらぶらと家族で近場のお店をウィンドショッピングのつもりが、「今だけの大特価!」「エコポイント何万点!」、の文句に買い替えは来年かアナログ終了間際でいいか…が心変わりして、ようやく我が家も地デジデビューとなりました。
画面が、今までの倍近い大きさになり、20年以上前のブラウン管とは鮮明度も倍UP(大げさか?)、景色などはとっても綺麗ですね。
美女はより美女に、そうでない人は……夜長を楽しめそうです。
たまこさん ご本家
2009/9/30
小江戸から子亀の朝へ九月尽
NHKの朝ドラが「つばさ」から「うぇるかめ」に替わりましたね。この半年間、西武線の「川越川越」のうるさかったこと〜〜(笑)新宿じゃ小田急や京王線のほうまでやって来て連呼してましたからねぇ。そりゃあの「河越夜戦」の舞台であり徳川家光のトイレが移築されている「喜多院」(あっ移築されているのはトイレだけじゃないですが)ほか見どころの多い所だから、宣伝するのはいいですが、ちょっと舞い上がりすぎ?っていうか普段から少しずつ宣伝しろよ〜。
朝ドラの舞台って、これまで特に意識していなかったのですが、今回の徳島の海岸沿いは、今年の春に行ったばかりで、薬王寺の厄落としの階段ものぼってきたばかり、ドラマの中に出てくるお遍路さんたちの様子も全くあのままで、夫と「見たよね〜」「いたよね〜」と言いながら楽しみに見ています。
実は「薬王寺」と「海ガメ館」は、どちらかを選ぶツアーになっていて、お寺は無料だけど海ガメのほうは¥600入館料がいるので、階段がきついというお年寄りとかを除いてほとんどは薬王寺のほうへ行ったのです。テレビで見ると海ガメのほうも行けばよかったなぁと思ってしまいます(館長さんの役を温水洋一さんがやってますが、ほんものの館長さんもあんな感じなのか?)。
この前拙宅でご披露した龍馬像・桂浜もその時で、四国を一日一県のわりで駆け廻る安〜いツアーだったのですが、四国はとても好い所でまたぜひ行きたいです!
あっちの
管理人さん
ご本家
2009/9/30
指先に光あつめて長月尽
先日ジェルネイルに初挑戦してみました。普通のネイルはたまにしていたのですが、ジェルネイルは初めて。1ヶ月は保つということで、それならとトライしてみたのですが、確かにスゴい!主婦兼会社員としては指先を結構酷使しているのですが普通のネイルだと欠けたりするところが、全然大丈夫!シンプルな薄〜い色にしただけなのに、なんだか気分まで明るくなって、やっぱりオシャレって女性にとって心の栄養なんだなぁ(笑)
はなはなさん S.ファロウ
2009/9/28
今回のはいくりんぐはちゃんと〆切当日に提出できたし(もっと早く提出しろよ〜笑)、安心してアップをお待ちできます(笑) 季節が落ち着いてくると、五七五にも自然に心が向く?のかもしれません。
↓は、「余呉俳句大会」の記事なのですが、たまたま奥琵琶湖の「余呉」という駅で途中下車しまして、1時間ほど歩いてきたのですが、駅の掲示板に貼り出してあったので、改めて調べてみました。11月に現地で俳句大会(吟行のようなものなのかなぁ)があるそうで、予め俳句は募集しているみたいです。平日なのが気になりますが、面白そう。冬になるとワカサギ釣で賑わう、小さな湖です。
わっ、ぶつかったのは宗匠だったのか〜♪アップお疲れ様でした。なになに、登場人物に満遍なく御作やコメントがついているとな♪さっそく拝見してきます。
こでまり S.ファロウ
2009/9/28
今季の「残月」をただ今UPいたしました。今季もご参加くださって、本当にありがとうございました。遅くなりましたが、心からお礼申し上げます。
「残月」にはおきた、おうの、近江屋の隠居、事件の鍵を握るおよねなど、女性の登場人物が多いですね。今回面白かったのは、皆さんの関心がその中の1人に集中せず、お句やコメントでほとんどの人に触れられていたことです。おきたに心寄せる人もいれば、おうのを心配する人もいる、隠居を気遣う人もいれば、およねをバッサリと……などなど、今回も読みどころ満載です。どうぞお楽しみくださいね。
ゆきどりさん ご本家
2009/9/26
菊の庭 笑い声にも 秋の風
私も混ぜてください!今日の横浜は澄み切った青空。そんな空の下でにぎやかに町内会の催しがありました。小さな子供たちの笑い声がにぎやかに響く楽しいひと時でした。
日差しはまだ暑さを感じますが、風はすっかりと秋の風。爽やかな秋風にずっとこの中で過ごしたいと思う今日この頃です。
ぐりさん ご本家
2009/9/26
友来たる 想い出話し 菊の庭
あれ〜今日はじんくと思いました私もはては手と考えて読んでみればしりとり になっているんですね
すみれ様歩くようになったお孫さんと散歩いいですね、我が家のは3歳になります口が達者になってやっぱり男の子遊びがウルトラマンや仮面ライダーそれがいろいろあるらしくてこれは何だってよく覚えているんです―ーこれはもしかして天才―ー―なわかはなくまったくのばばバカー元気に育っているのが何よりうれしいこの頃です、友人と集まると孫の話に年金の話、健康の話まったくのおばさん話題です
こでまり ご本家
2009/9/26
あかね雲映す駅舎や友来たる
うわっ、私もビックリしました。こういう風にすぐにノッてくれる遊び心が、とっても嬉しい&楽しいですね(でも私が鍛えたわけではないよん♪)
夕方友だちが来ることになって、駅まで迎えに行くことになりました。昨年から駅周辺がきれいになり、駅舎もガラスが多く使われています。今は青空を映していると思いますが、そのうち茜色になるかな。
あっちの
管理人さん
ご本家
2009/9/26
ゆき過ぎてふと歩みとめあかね雲
うわぁなんとたまこさんが繋いでくれた尻取り五七五が更に繋がって・・・嬉しい〜♪スラスラっと繋がって詠めるのも「はいくりんぐ」で宗匠に鍛えてもらったおかげ?(笑)
すっかり日の落ちるのが早くなったこの頃、夕焼けが他の季節より更に綺麗な茜色に見える気がするのはやはり秋のせいでしょうか。
はなはなさん ご本家
2009/9/26
秋の風髪を揺らしてゆき過ぎて
「あれ?今日はまだ月末じゃないよね?」と私もあわてました(笑)
当地も昨日今日と夏を思わせるような陽気で汗をかきましたが、夜はさすがに落ち着いています。あっというまに季節は移り変わっていきますねぇ。連休のおかげで、もう週末がやってきました。毎度おなじみですが、明日からお泊りで出張へ行って来ます。
浅黄裏さん ご本家
2009/9/25
児の背中 つなぐ襷に 秋の風
私も「きゃっ、尽句??」と驚いたくちです(笑)
こちらも今日は暑かったです。
気温は夏並みでしたが、やはり風は初秋のものですね。先週・先々週と小・中学校の運動会が続きましたが、来月にも地区の運動会があります。筋肉痛をなだめながらPTAとして走ってきます。
すみれさん ご本家
2009/9/25
赤蜻蛉 あんよ上手の 児の背中
尻取りに続きます。お彼岸は過ぎたけれど、日中は真夏日?なみの暑さを感じる当地でした。
連休は遠出をせずにぶらぶらと過ごしましたが、孫っち(1歳半)と公園で遊ぶ事が出来ました。歩くのも好きだけど、すぐ抱っこをせがみます(笑い)
たまこさん ご本家
2009/9/25
今年また 子供神輿に 赤蜻蛉
一瞬「あれっ、もう尽句?!」とびっくりしましたが、管理人さんの秋の一句でしたね(^O^) 図々しく、尻取り五七五で続けてみました(^^ゞ
「玉川の鵜飼」に甲州街道布田の六所大明神が出てきますが、その末端支店?らしき六所神社がうちのすぐそばにもありまして、秋のお彼岸にお祭りがあり、子供神輿が町内一周します。毎年同じ風景ですが、子供の顔ぶれはどんどん変わっていき、同じマンションの赤ちゃんだとばかり思っていた子が一人前に祭半纏を着てお神輿をかついでいたりします。こちらが歳をとるわけですよね〜
あっちの
管理人さん
ご本家
2009/9/25
降り立ちて 桂花の香り 今年また
今日会社の帰り、自宅のある駅で降りてロータリに出たところ、今年もまた香って来ました。毎年のことですが、またこの花の咲く季節になったんだなぁと甘いかおりと共に一年の早さを実感しました。
昨日は秋分、今日からは昼の時間がどんどん短くなるとのこと。ついこの間まで強い陽ざしに眼を細めていたのが、今は吹く風に長袖が心地いい。秋本番、ですね!
たまこさん S.ファロウ
2009/9/21
千姫さん、地元からの姫路城情報ありがとうございます(^O^) 平岩先生、平成元年に天守に登られていたんですね〜その時の取材を元に「白鷺城の月」が書かれたんですね♪
「不戦・不燃の城」平和日本のシンボルとしても本当に世界遺産にふさわしいものだと改めて思いました。
千姫さん S.ファロウ
2009/9/20
俳句は出来ていて、締切りの日が頭の片隅にチラチラしているのに、まだメールにまとめられないでぐずぐずしていても、姫路城と聞けば出てこなくっちゃ!!残念ながら再放送も見逃してしまいました(^_^;)が、地元の私が知っている情報を。
姫路城の危機は三回あったそうです。
一、鳥羽伏見の戦いの時・・・姫路藩は幕府方で戦いに敗れた後、長州藩が備前藩を先頭に開城を迫られた時。(姫路城は備前藩の祖輝政が築城したという関係から、話し合いで恭順、城の明け渡すということで、大砲は二、三発格好だけ打たれただけで開城し、城は無事だった)
二、明治政府の廃城令・・・明治八年頃入札にかけられ23円50銭で落札された。(城の解体には莫大な経費が掛かることがわかり、断念する。小田原城、萩城は入札で払い下げられた後どちらも壊されたそうです。)
三、第二次世界大戦の空襲の時。(軍事的な色彩が薄かったのでたまたま攻撃が後回しにされたれど、名古屋城、岡山城、広島城、和歌山城などが空襲で焼け落ちた事を考えると運が良かったようです。)
上記は「世界文化遺産・姫路城」の小冊子からの抜粋ですが「姫路城は不戦の城であり、不燃の城だという事が城の神秘性なのかもしれない」と結ばれていました。
その資料の中の姫路城登閣者名簿には、平成元年九月に平岩弓枝先生の名前がありました。
はなはなさん S.ファロウ
2009/9/15
姫路城の番組は惜しくも見逃してしまいましたが、一時は千姫様の居城でもあったお城ですし、鏡花の「天守物語」の舞台としても懐かしく思います〜。美しく、規模も大きいだけに維持するのも大変な苦労だと思いますが、建築的にも高い技術で作られているのだ、と昭和の大修理の時のドキュメンタリーで見た覚えがあります。見に行った時にはそんなことは思いもよらずに見ていたのが悔やまれます。
ううう〜、今週の日曜日が「はいくりんぐ」〆切でしたよね?頑張らなくては(汗) 何となく「こんな感じ?」というのはあるのですが…カタチにするのがむずかしい(涙) 今回こそ「〆切破り」をしないように、気をつけますです。
たまこさん S.ファロウ
2009/9/14
日本の誇り、白鷺の城姫路城ですが、先日NHKの「その時歴史は動いた」の後番組でやっていましたが、気づいたのが番組の始まる直前で掲示板に書き込むのが間に合いませんでした。なんか「あるのが当たり前」な感じになっている姫路城ですが、天守閣を含むあの城郭全体が、維新の動乱と太平洋戦争を経てなお今のように残されているのは、奇跡に近い好運と、歴代の城主たちを始めとする、大変な努力の結果であったことが、初めてわかりました。「はいくりんぐ」の白鷺城の月を読み返したことはもちろんです♪
こでまり S.ファロウ
2009/9/10
はなちゃん、「サライ」は私も今日の朝刊で見ました。以前「銀座」が特集された時に買ったことがあります。大人な感じの雑誌よね。広告の真ん中、●畑先生より先に金●先生の名前が載っていて、なんとなく「大丈夫か?」などと思っていました。
志ん朝の落語は別の広告かと思っていたんだけど、付録だったのね〜〜。これも嬉しいですね。
はなはなさん S.ファロウ
2009/9/10
ななかまどさま お元気そうで何よりです♪ お忙しい合間を縫って、こちらのお仲間を思い出してくださったのが何より嬉しいです。またご都合の良いときにゆっくりおいでになってくださいね♪
そういえば、今日10日発売の「サライ」、特集が「俳句入門」なんですよね。車内吊広告で見かけただけなのですが、なんだか面白そうです。俳句にちなんだ旅も紹介されているようです。それと付録が豪華なんですよ〜。故・志ん朝の落語CDなんだそうで、ちょっと興味があります♪「鳴門秘帖」での味のある「語り」が大好きだったんですよね。
ぐりさん S.ファロウ
2009/9/9
お久しぶりです先日偶然ですけどそういえばななかまどさんはどうして見えるだろうなとふと思ったのです掲示板を見てびっくりしました
ななかまどさんも家族の皆さんもお元気で何よりですまた書き込みを拝見できたら嬉しいですね「雪の結晶」の句好きでした
リンゴは「津軽」でしようか?こちらでも来週あたりから収穫が始まるようです
たまこさん S.ファロウ
2009/9/9
お久しぶりにお元気そうなご様子をお聞かせいただき、とても嬉しいです!ななかまどさんといえば、源さんのイメージとして「馬鈴薯の花」の句を詠んでくださったのが印象に残っていますが、この洞爺湖の御句も、むりやり源さんが蝦夷を訪れたということにして(笑)人形句に頂いてしまいたいくらいです。
ぜひぜひまた、お時間のある時にいらっしゃって下さいね。楽しみにお待ちしております。
麦わら
ぼうしさん
S.ファロウ
2009/9/9
ななかまどさま!麦わらぼうしです、お久しぶりです! お元気そうでよかったです。またこうやって掲示板でお会いする事が出来て嬉しいです。
こでまりさまのおっしゃるように、どうぞご都合の良い時にいらしてくださいね。 またおしゃべり出来るのを楽しみにしています♪
こでまり S.ファロウ
2009/9/9
板友の消息嬉し秋の空
ななかまどさんっ!!お久しぶりです、こでまりです。なんて嬉しいんでしょう。しかも俳句付きの書き込みなんて〜〜♪
ななかまどさんもご家族もお元気だそうで、本当に何よりです。こちら福井県はまだ残暑の日が続いていますが、空の色はようやく秋らしくなってきました。そちらでは林檎も色づいているそうで、しんとした湖畔で目に鮮やかでしょうね。「ななかまど」が色づくのは、もう少し先でしょうか。
たまこさんの掲示板のおかげで、このようにまたななかまどさんの書き込みを拝見できました。ありがとうございます。またご都合の良いときに、ぜひいらしてくださいねっ!
ななかまどさん S.ファロウ
2009/9/9
洞爺湖や 実りの土地の 臍であり
ひとけ無き 湖畔の林檎 赤々と
ものすごくお久しぶりですが、皆様お元気でいらっしゃいますか。
所用で洞爺湖の北湖畔にやってきました(洞爺湖温泉は南側)。北海道も冷夏でしたが、出来秋には胸が弾みます。
私も家族も元気です。
さて、休憩終わり。もうすぐ冬だし、がんばって働きます!
ぐりさん S.ファロウ
2009/9/5
はなはなさん、こでまりさん、浅黄裏さんありがとうございますたまこさまありがとうございます、皆さんのコメント読んで戻ってみてきました、うれしいです
秋ですなになって朝晩とても涼しくなってさみしいくらいです夜外へ出る時長袖を着ていくこともあります、畑の収穫も終わりだんだん夏野菜も取れなくなっていくとなんとなくさみしいような感じがしますこちらは雪に閉ざされた冬だからか(最近は暖冬でそんなこともないですが)秋ってさみしいですねでもそれは気持ちのほうで秋は馬肥ゆる秋でもあるので美味しものがいっぱいありますそれはまた楽しみです
ケロリン懐かしい名前ですね黄色い桶家にもありましたどこへ行ってしまったかどこかにあります内外製薬も懐かしい名前です 募集のお知らせありがとうございます 富山の売薬さんは子供のころとてもお世話になりました
日が変わってもう5日そろそろお題にかからねば〜〜
はなはなさん S.ファロウ
2009/9/4
ぐりさま よかったですね〜。どのお話だったかはとっさには思い出せなかったけど、この名セリフだけは忘れられませんね。白尽くめの吉原、絶景でしょうねぇ。
ケロリン!懐かしい名前です。そうかぁ〜俳句募集なんてしているんですね。確かに、浅黄裏さまがおっしゃるように、おたま姐さんのレイアウトを参考にしているかのようなデザインにちょっと嬉しくなりました。いいかも♪
ちょうど越中おわら風の盆の時期なので、あちこちで富山の話題を耳にします。銭湯の桶が有名ですが、ケロリンや六神丸は富山だったらどの家庭でも売薬さんの赤い箱の中に入っていたのではないでしょうか。私もずいぶんお世話になりましたが♪
ずいぶん涼しくなってきたみたいですね。どうぞ皆様体調には気をつけて♪
たまこさん S.ファロウ
2009/9/3
「秋ですな」は「八朔の雪」ですね〜(お題にもなりましたよ♪「大江戸吉原大門之図」by紫陽花絵師も素晴らしかったですね)
ぐりさんの御作を使わせていただきました。この時は当然ながら「秋ですな」作品がいっぱい集まりましたが、毎年必要なので、ぜひ皆様追加してくださ〜い!
本来は立秋の頃、8月中に載せるべきものでしたが、今年は夏の来る時期もあまりはっきりしなくて、気がついたらもう9月になってしまってました。本当にずいぶん涼しくなりましたね〜。でもまだ、蚊はしつこくて蚊取り線香が欠かせません(笑)
浅黄裏さん S.ファロウ
2009/9/3
ぐりさん、おめでとうございます♪秋といえばこの台詞を出さないわけにはいきませんよね。
ケロリンの俳句募集のお知らせ、ありがとうございます。HPを検索して、行ってきましたが、応募先の住所が富山県富山市と書いてあるのを見て、薬といえば富山なのを改めて思い出しました。
前年度の作品などを拝見したのですが、短冊(?)の中に句が書かれているレイアウトがこちらの歳時記っぽくて、ただずらずらと紹介されているだけなのよりずっと素敵だなと感心しました。
こでまり S.ファロウ
2009/9/3
人形句が
ぐりさん作に
秋ですな友のなぐさめ夏が行く
トップの人形句が変りましたね。ぐりさん、おめでとうございます♪何だかこの季節にピッタリで、しみじみしてしまいます。(でも、何のお話だったか思い出せず……)
昨日一つ俳句コンテストの募集を知ったので、ご紹介しますね。タイトルは「21世紀ケロリン俳句大賞〜いのちの一句を〜」で、富山の内外製薬の主催です。ケロリンは銭湯の黄色い桶で有名ですが、趣旨としては「人間や自然などあらゆる生命(いのち)の美しさ、健やかさ、素晴しさをテーマにした俳句を募集」とのこと。興味のある方は、「ケロリン 俳句」で検索してみてください。