以前の話に戻る

平成21年
  6月のおしゃべりを見てみましょう。
  (掲示板を見逃してたら、ごめんなさい。)

ご本家=「御宿かわせみの世界」さん
S.ファロウ=「Straight Furrow」さん
の略です

提供者 サイト 五七五話
紫陽花さん ご本家
2009/6/30
棚卸し7時閉店水無月尽
近所のスーパーがいつもは8時閉店のところ今日は棚卸しのため7時に閉店するということで早めに半額シールが貼られていました。
今年ももう半分終りですね。12時過ぎちゃった。でも投稿しよう。
はなはなさん ご本家
2009/6/30
雨避けて酒買いに出て水無月尽
危ないところでした、今日は月末でしたね〜。このところ書き込みもご無沙汰していましたが、ここは忘れてはいけませんでしたね♪
今夜は我慢しようと思ったんですが、やはりちょっとは欲しい「みずとり」。さっき雨が上がったようだったので買いに行ったのですが、また雨音がしています。空梅雨かと思えば降り続いて、お天道様も不安定ですね。 さて、もう少しがんばったらぬるめのお湯に浸かってのんびり一杯やりましょうかね。
千姫さん ご本家
2009/6/30
梅雨らしく雨降り〆る水無月尽♪
入梅してから雨が降らず真夏のような暑さが続いていたら、漸く昨日から梅雨らしい雨になりました。庭木に水遣りをしないですむのは良いけれど、雨のお陰で草がよく伸びてイキイキしてますワ。
宗匠、同窓会の「幹事さん」とサイト運営、お疲れさまでした。「しろ」とは言わないけれど(笑)煙草屋のUPも楽しみに待ってまーす♪
ゆきどりさん ご本家
2009/6/30
雨予報 晴れてもつらい 水無月尽
梅雨時の雨予報なんて簡単そうに思えるのに、何故か時たま天気予報が外れますね。昨日の関東地方は前日夜までは雨マークだったのに、朝になったら真夏のような晴天でした。
雨でなくて嬉しい反面、あまりにも暑くなるとそれはそれでシンドイ。体がついていかず、バテ気味です。 そして今日はまた梅雨空へ逆戻り。本当に足して割って欲しい天候続きですね。
お天気に リクエスト出す 水無月尽
私としましては、北からの涼しい風の入った乾いた晴天、というお天気が希望です(笑)
こでまり ご本家
2009/6/30
板を閉じサイトも閉じて水無月尽
今月母校の同窓会があったのですが、私たちの学年が幹事を務めました。
スタートからほぼ2年(最初は人集めから)、活動が活発になってきた昨秋からはサイトを開き、やったことのない掲示板の管理までやることに。どうにか楽しく無事に終わりましたので、先ほどサイトと掲示板を閉じました。掲示板の管理って、大変です!管理人さんにもたまこさんにも、改めて感謝です。
でもこれでホッとひと息〜〜って、そんなサイトより「煙草屋」を早くUPしろという声がぁぁ。すみません。
すみれさん ご本家
2009/6/30
水無月尽想い残して流れ星
マイケルはスターのままで消えていきましたね。この後も色々な謎解きが続きそうです。凡人は暮らしに追われてあたふたと日々を過ごしております。
六月尽ちくわに饅頭先取りす
明日は当地は「氷室の日」…近所の人気のお店は明日は大混雑なので、 美味しく食べるのが生きている証ですもの(爆)
再びの抱卵しつつ水無月尽
生きている証といえば、当家の親つばめも元気です。 4羽の雛を上手に育てて巣立ちさせ、休むまもなく 2度目に挑戦のようです。小さな身体に溢れるエネルギーに脱帽
ぐりさん ご本家
2009/6/30
雨降れば足元寒し水無月尽
どんなにかっと照っている日でもひとたび雨降れば肌寒い特に外へ出て濡れた時などブルっとくるくらいですそんな時はちょっとほの温かい炬燵に足を入れるとほっとするので未だに炬燵がしまえませんでも明日から7月さすがに2〜3日中には片付けようと思っています(;一_一)
やはり青空を見ると気持ちがからっしますよね
茜雲さん ご本家
2009/6/30
窓越しに梅雨空眺め水無月尽
窓から見える空が真夏を思わせる青空だったりどよーんとした梅雨空だったり、本当に日替わりですね。
暑くてたまらない夏ですが、やはり青空がいいですね。
浅黄裏さん ご本家
2009/6/30
割って足す融通もなし水無月尽
管理人さんのおっしゃるとおり毎日極端から極端へと変わる暑さにはまいりますね。足して割ってくれたらどんなにいいかと思います。
水無月尽今日を境に夏ピザへ
宅配ピザ屋さんのメニューも今日を境に夏ピザに変わります。パインをあしらったり、いつもよりスパイシーだったり。
あっちの
管理人さん
ご本家
2009/6/30
雨傘と日傘交互に水無月尽
梅雨まっ盛りの水無月尽、「梅雨」と言えばしとしとと降る雨が毎日続き、梅雨終り頃に大雨が降る、というような感じだったと思うのですが、今年は大雨が降ったかと思えば翌日はカーっと真夏のような陽が照りつける、そんな男性的な梅雨のような気がします。
どちらにしても毎日バッグに傘一本。今日は雨傘の出番です。
たまこさん ご本家
2009/6/30
水無月尽人生百年五十年
今月は太宰治の生誕百年、ということで、桜桃忌も多くの人が集まり、映像でも展示でも、いろいろな企画がされているようですね。太宰が老年期まで生きていたら、作風なども変わっていったのかどうか…知る由もありませんが、お爺さんになった太宰治ってちょっと想像がつかないですよね。
そしてやはりお爺さんになった時の想像がつかない、マイケル・ジャクソンがちょうど50歳での衝撃の死のニュース。ちょうど一年の真中で、生と死を考えさせられた今月末でした。
ぐりさん S.ファロウ
2009/6/23
こでまり宗匠人形句おめでとうございます、宗匠が虎が雨の句を作られたのは覚えていました(どのお話でどんな句かは覚えていませんでしたがー汗)
昨日は一日雨ぱその前に座って帳簿に入力していると眠くて仕方ありませんでした
今日は一転晴れの天気でもすわ庭仕事と思ったものの白カブらをもらったので格闘して4種類の漬物を漬けました
こでまり S.ファロウ
2009/6/22
たまこさん、拙句を人形句にとってくださってありがとうございました。歳時記を読んでいて見つけた未知の季語を使ってみた句だったので、覚えていてくださって嬉しいです。この時だから使えた季語だったなあ〜と懐かしく読み返しました。
浅黄裏さんと同じく、昨日の朝は強い雨が降りましたが、昼からは暑いくらいの天気。でも今日はまた、すっかり梅雨モードです。
浅黄裏さん S.ファロウ
2009/6/21
こちら彦根では、今日の明け方に思わず目が覚めるほどの土砂降りとなり、今も小雨が降っています。まさに虎が雨ですね。号泣のあとの忍び泣きでしょうか。
「はいくりんぐ」をチェックしたのですが、H17年だったのですね、「百千鳥の琴」は。去年くらいに思っていたので、ちょっとびっくりです。句やそれに関してのみなさんとのやりとりも懐かしく拝見しました。
たまこさん S.ファロウ
2009/6/21
畝様人形句が
こでまり作に
人の世の闇にひた降る虎が雨
今日は(すみませんもうすぐ明日だ…)旧暦5月28日、この日に降る雨を「虎が雨」「虎ケ雨」というそうで、宗匠の御句を頂いて人形句更新だ!と狙っておりました。もっとも今日は関東では雨は降らなかったのですが、時節柄降った所もあるのではないでしょうか? 「虎が雨」の由来については、はいくりんぐ「百千鳥の琴」をご覧下さいね〜
徒歩旅行や自転車旅行はよく聞きますが、「竹馬で歩く」にはびっくり!竹馬で歩くって何メートル単位の話だと思っていましたが、何キロも、それも奥の細道とは、芭蕉もびっくりですよね〜 それをリアルで目撃するのもすごい♪
こでまり S.ファロウ
2009/6/10
ヒロチャン、こんにちは〜。ご紹介して下さったのは、ヒロチャンちのご常連さんのサイトですよね。以前拝見したことがありますよ。
奥の細道で思い出したことがあります。連休が明けた頃だったと思うのですが、信号待ちをしていた私の目の前を、竹馬に乗った人がすーっと歩いていくではありませんか。それを見てその少し前の新聞を思い出し、改めて記事を読み直してみました。そうしたら、その人は竹馬で日本中を歩いている人だそうで、今回は「奥の細道を竹馬で歩く」がテーマなのだそうです。思いがけずそういう人を見送ることができて、ちょっとワクワクしました。
ヒロチャン S.ファロウ
2009/6/9
千住大橋?が出てきていたので、サイトのご紹介を…。千住物語というサイトですが、友人が運営しております。千住大橋のこと、芭蕉さんのこと、奥の細道のこと色々ありまして 迷子になるかと思いますが…
たまこさん S.ファロウ
2009/6/6
6月10日っていえば「時の記念日」でしょう?そういえば最近聞かないなぁぁ近頃の小学校じゃ教えないのかな。私たちの頃は「天智天皇の御代、日本最初の時計が出来た日」と教わり、時計メーカーの新商品の広告が出たりしたもんだけど、そういえば「スイスの時計」も「セイコー」も「シチズン」も昭和の遺物になっちゃったなぁ。
6・10で「無糖の日」!!爆ウケです、確かにイマドキこっちのほうがいいかも!!カロリーゼロ商品が割引になります…とか。
でもって、肝心の「10日締切」ですが、珍しくも今月はすでに提出済み!わっはっは〜なたまこ@強気でありました(^O^)
浅黄裏さん S.ファロウ
2009/6/6
わぁ〜、最初の橋は千住大橋でしたか。なんか意外ですね。だって、はずれの方にありますもんね。こでまりさんのおっしゃるとおり町中が先だとばかり思っていました。
さて、気がつけばもう6日ですね。4日は虫歯の日でしたが、10日はなんでしょう。無糖の日?じゃなくて締切の日ですね。←少しだけ現実逃避してみました…。
こでまり S.ファロウ
2009/6/5
あらーっ、惜しかったわ私。と言ってもあてずっぽうでしたけどね。千住大橋が最初だったなんて、本当に意外でした。何となく江戸の町中が先と思っていたので、永代橋が4番目だったのも意外でした。
たまこさん S.ファロウ
2009/6/4
初雪やかけかかりたる橋の上
わわわ、ぐずぐずしているうちに、月が替ってしまいました〜(汗) 橋クイズ(↓を参照)の答えですが、両国橋(武蔵国と下総国を結ぶ)は、明暦の大火がきっかけで架けられた「隅田川第二の橋」なのです。では、第一の橋は何だったのか?これが盲点でしたね〜実は私も今回初めて知ったのですが、最初は千住大橋だったのです!
新大橋は、広重の夕立の図で有名ですが、当時深川に住んでいた芭蕉もという句を詠んでいるそうです。この時代ころになってようやく、橋もどんどん作られるようになったらしく、続いて永代橋が元禄11年(1698年)に作られました。五代将軍徳川綱吉の50歳を祝し徳川家が「永代」続くようにと願って架けられたとのことです。 というわけで、皆さまのお答、惜しかった!ですね。
う〜む、明日はもう5日、そろそろ、「催促されないうちに」お題を考えねば…
橋クイズ:新大橋は大川にかけられた3番目の橋だったということです。では、永代橋・両国橋・清洲橋・千住大橋を新大橋の前後に、古い順に正しく配置してみましょう!(5月28日)