以前の話に戻る

平成21年
  2月のおしゃべりを見てみましょう。
  (掲示板を見逃してたら、ごめんなさい。)

ご本家=「御宿かわせみの世界」さん
S・ファロウ=「Straight Furrow」さん
の略です

提供者 サイト 五七五話
茜雲さん S.ファロウ
2009/2/28
私が使っているのは「実用俳句歳時記 辻桃子編」という成美堂出版というところのものです。
8月尽の方にちょっと説明があり「本来は、春、秋を惜しむ弥生尽、葉月尽しかなかったが近年の暑さのようよう終わる様子が詠まれている」とありました。
尽句では2月と8月と書いたのですが、ちゃんと見たらまだ他にもあって葉月尽は載っておらず9月尽があり、こちらは「旧暦9月の晦日。秋の終わり。近代では新暦の9月の終わりを詠むことが多い」とあり、また弥生尽(=3月尽、4月尽)は載っていて「旧暦の3月の終わりの日で、春の終わりを感じさせる。」とありました。
2月尽には厳しい寒さが終わる…とあったので、現代との暦のずれで生まれた季語なのかも知れませんね。 それにしても歳時記を眺めても、お題浮かばずです。
たまこさん S.ファロウ
2009/2/28
ご本家は尽句の日ですが、茜雲さんの歳時記では、「二月尽と八月尽」なんですね。
私の持っている角川の「ハンディ版入門歳時記」(大野林火監修)では、「尽」のつく季語は三月と九月(「弥生尽」「長月尽」ではないようで)になっていて、「ただ何月尽とすれば季語となると解してはならない」と書いてあるんです。でも「三月尽」「九月尽」はそれぞれ、春と秋を惜しむ気持ちだということなので、趣旨は、茜雲さんの本と同じなのでしょうね。
ゆきどりさん ご本家
2009/2/28
ことぶきの ニュース舞い込む 如月尽
二月は逃げる、でしたっけ。本当にあっという間に今月も終わりですね。ついこの間お正月を迎えたような気がしているのに、早すぎです。
春の陽気に覆われたと思ったら、みぞれ雪。本当にこの時期の気候は定まりませんね。でも、我が家では沈丁花が咲き始め、確実に春はそこまで来ています。春は楽しみですが、時間はできればゆっくり進んで欲しいと思うのは、年寄りになった証拠でしょうか。
春の便りとともに、年若い知人の寿ニュースなども飛び込んできて、ほんのり甘酸っぱい二月の終わりです。
ぶらんかさん ご本家
2009/2/28
顔も剃り 脂肪も剃りたい 如月尽
皆様こんばんは。専業主婦になって2年あまり、そして元来のものぐさもあって、よっぽどのことでもない限り化粧をしない生活になりました…近くの買い物もすっぴんで行く生活です。
そんななか、3か月に1回ぐらいですが、床屋さん(といってもカフェのような、女性も入りやすいお店)で顔剃りをしてもらっています。もともと私の通っているヘアサロンが理容師さん運営のお店なのです。
顔剃りをしてもらうと、産毛とともに古い角質も取れて、驚くほどつるつるになります。先日も顔剃りをしてもらい、無料クーポンがあったのでエステもしてもらいました。ささやかな贅沢で気分も上向きです。
あんなふうにお腹の脂肪も取れて、内臓がつるつるになってくれないかなぁ。
茜雲さん ご本家
2009/2/28
冬OR春 はっきりしてよと如月尽
春のような暖かというより暑い日があったと思えば霙交じりの寒い日があったりと、体調も思わず狂ってしまう今日この頃です。ガタのきた体には堪えて久々のぎっくり腰。そんな訳で丁度宗匠の後でゴマをする訳ではないのですが、ベッドの上で真面目にお題考えていました。それが証拠にほら
  見つけたぞ 季語辞典の中 2月尽
2月と8月だけは寒さ暑さの区切りで季語として載っていました。
えっ お題? うーん。
こでまり ご本家
2009/2/28
のどもとに風邪の住み着く如月尽
ニュースで騒がれていたインフルエンザもなんのそので、元気に冬を終えられそうだったのに、つい二、三日まえからのどがイガラッぽくてウガイなどを繰り返しています。すみれさんも書いてるいるように、三寒四温の毎日で、少し調子が狂ったかも。今日と明日で直さなきゃ。
すみれさんのお孫ちゃんは一歳になられたそうで、おめでとうございます♪春本番になるとますます動きが活発になって、目も離せなくなるでしょうね。
むふふ、それにしても尽句を拝見すると、なんと生真面目なご常連ばかり。期待していますよ〜「柿の木」!
千姫さん ご本家
2009/2/28
はらはらと梅の散る頃如月尽♪
おっとー!!尽句がなければ、今日が月末だとも気付かなかったくらいあっという間の二月でした。浅黄裏さんの尽句に座布団10枚です!!
今日は、先週ずっと雨続きで地面が柔らかくなってきたのを幸いに、増えすぎて花の咲が悪くなってきた水仙の球根を起こしました。途中うっかり当たった梅の枝から花びらが舞い落ちて、あぁ冬も終わりだな…って思ったら、はいくりんぐの締め切りを思い出しちゃった\(-o-)/
すみれさん ご本家
2009/2/28
湯けむりに手足のばして如月尽
二月は、三寒四温、春と冬が複雑に交差するような天候でしたね。関東方面にはなごり雪が降ったようですが、北陸の当地にも春の気配が色濃くなってきました。冬ごもりもお終い♪にして、お気に入りのスーパー銭湯へ久しぶりに出かけました♪ 露天湯にゆったり浸かって心身リラックス…まったりした温泉の感触に大満足してポカポカになりました。
立っちした♪あんよは何歩♪如月尽
たまこさま、ぐりさま、孫へのお祝いのお言葉、ありがとうございます。お陰様で、満一歳。当日は神社へお礼参りをしてきました。
浮かれてばかりいないで、お題に取り掛からねば…(汗汗)
ぐりさん ご本家
2009/2/28
久しぶりの晴れ何かと忙し如月尽
こちらは何日も雨でぐずつきやっと今日は晴れました。また来週からぐずつくようなので晴れ間のうちにと思っています、でも仕事のほうもあるし何かと忙しい月末です
すみれさんのところはお誕生祝いですかかわいい盛りでにぎやかに過ごされたでしょうねおめでとうございます
浅黄裏さん ご本家
2009/2/28
尽きかたの足らぬ気のして如月尽
あと何日かある気がしていましたが、もう尽句。本当に早いですね。
東京の降雪の様子をテレビで見ましたが、積もらなかったのですね。彦根の桜の樹も真冬よりみずみずしくなってきた気がします。季刊はいくりんぐの〆切り後、アップされる頃には咲くかもしれません。
はなはなさん ご本家
2009/2/28
髪染めて鏡の冴ゆる如月尽
まだ未明ともなると寒い〜。でももう3月になっちゃうし、2月はどたばた続きで面倒なことは先送りしてきた分、頑張らなきゃいけなくなってるし。
まずは髪だけでもちゃんとしないと(^^;)(;^^)さて明日からがんばろう〜(*^^*)もちろんお題も(^^)d
たまこさん ご本家
2009/2/28
江戸の雪積もらず消えて如月尽
いっときバカ陽気に浮かれた日があったためか、冷え込みがいちだんと厳しく感じられた今日でした。でも、みぞれ雪は地面に落ちると同時に消えてゆき、気づいた頃にはもう雨になっていました。ほんの2、3日の差とはいえ、二月は「あれっ、もう終りだ」といつも月末あせります。去年は29日まであったけど…
お題発表の時、私も「今月中に考えて余裕の三月を迎えよう」と思っていたのに、全然です(滝汗)
すみれ様のところは初のお誕生祝いで賑やかに過ごされたことでしょうね。
あっちの
管理人さん
ご本家
2009/2/28
まだ余裕、あっという間の如月尽
はいくりんぐが季刊になり2月早々に宗匠から春のお題の発表がありましたが、締切りは3月10日。1月以上あるし季刊はやっぱり余裕があるなぁと思っていたら。。。今日はもう尽句。おっとっと、まだお題を読み返しただけで全然出来てません!時間があるからじっくり取り組めるぞ〜なんて思ってるだけじゃダメですね。早いとこ真面目に取り組まないとまた締切りギリギリ滑り込みセーフなんてことになっちゃいそうですトホホ…ということで宗匠、もう少々お待ち下さい。
はなはなさん S.ファロウ
2009/2/18
コシキブさまの雛の御作を拝見しつつ、「えーっもう雛祭り」とあわてて雛人形を飾りました♪懐かしい御作に再会できて嬉しいです。コシキブ様、たまこ様、ありがとうございます。
「藍染川」もお題になったのは、もうそんな前になりましたか。ちょうど平成版で放映されていた頃ではなかったかな。
コシキブさん S.ファロウ
2009/2/18
たまこさま、採用してくださってありがとうございました!いつも直接掲示板に入ってしまうので、人形句のことは書き込みを拝見して知りました。「コシキブ」という文字が見えたのでドキッとしてしまいました。
「藍染川」がお題になったのは平成18年ですか。自分でもなつかしいです。
たまこさん S.ファロウ
2009/2/17
「藍染川」も、明治編の進んだ今は、本当に初期のお話になりました。「はいくりんぐ」のお題になったのも、もう3年前なんですね〜 バレンタインも終わったので、コシキブさんのお作を頂きました。これは源さんも参加した祝い酒ということで、源さん句でもあるんですが(UP当時見逃していました)、広い範囲でこれからも探していこうと思っております!
浅黄裏さん S.ファロウ
2009/2/17
コシキブさん、おめでとうございます!
雛のお句、懐かしいですね。あの「藍染川」はH18年でしたか。ほんの少し前だと思っていましたが、もうそんななんですね。こうして、日々の過ぎる速さに気持ちが追い付かずにあっという間に「りんぐ」の締め切り日を目の前に焦るのかもしれません(汗)。
こでまり S.ファロウ
2009/2/17
畝様人形句が
コシキブさん作に
雛の酒過して今朝は風光る
畝様人形句がまた、更新されていましたね。姐さん、今年は源さんのお句に限らず、宣言(?)どおりにどんどんUP♪
調べてみたら、平成18年「藍染川」からのコシキブさんのお句でしたね。おめでとうございまーす!
りんぐを少し読んでいたら、いろいろ思い出してきてしまい、また「藍染川」を読みたくなってしまいました。
春霞さん S.ファロウ
2009/2/4
千姫さんのすてきなお句とのコラボ、ありがとうございます。文庫本が出るのはまだまだ先のことでしょうから待ちきれなかったたまこさんのお気持ちがわかるような気がします。
このツーショットは先見の明というより、いい加減永い春にピリオドを打ってほしいという願いのようなものがありました。しかし先々月号での急転直下の展開にびっくり!!したものです。これからは人形句も「源太郎句」になっていくのでしょうか?
節分の豆は歳の数だけ食べたらお腹をこわしそうなので相当割り引いていただきました。
千姫さん S.ファロウ
2009/2/4
人形句に取って下さってありがとうございます♪アンケートの自選に選んだくらい好きな句だったから、とっても嬉しいです。
ご本家で話題になった時、新刊まで待ちきれなくて図書館で読んでいたので、たまこさんの悩み分かりますぅ。春霞さんに先を越されて先生が慌ててちょっぴり早めてくれたような○○でしたね(ネタバレの妄想一直線)
今季のお題が発表されましたね。時間に余裕が出来た分よりよい句ができるといいなぁ、なんてまだ人事みたいな気でいて、また締め切りギリギリの駆け込み投稿にならないようにしなくちゃと、今は思っているのですが。
たまこさん S.ファロウ
2009/2/4
「はいくりんぐ」お題アップもですが、はなはなさんも書いておられるように、「みんな大好き」も更新されていて、昔の「尽句」など、つい次々と見てしまいました。年末には「ババ馬鹿」で盛り上がってたのも思い出しましたが、新宿区でやっている勉強会の中でも、孫持ち3人で「ババ馬鹿3人組」でつるんでいたところ、先週、新たに初孫に恵まれたルーキーが入団、4人組になりました。この新人ババの彼女はどう見ても今どきの「アラフォー」にしか見えない、若々しい美女で、最近の若いおばあちゃまたちに慣れた目で見ても、本当に孫がいるなんて信じられない人なんです。私も最初の孫が生まれた頃は、お世辞でも「お孫さんがいるようには見えませんね」なんて言ってもらったりしたこともありましたが、こういう手合いが出てきた日にゃとても勝負になりません。シルバーシートでフテ寝です。
はなはなさん S.ファロウ
2009/2/4
ふむふむ、立春を期して…なのね。そうかぁ〜千春ちゃんの誕生日と一緒にお祝いできていいかも(そういう問題か?)
ご本家にお知らせがあった「今季のお題」アップ、拝見しました。う〜む、うねうね横丁の「鰯雲」もあわせて読むとまた味わい深いですね。時間はありそうでなさそうな微妙な〆切!(個人的にも作品制作ラッシュがやってくるので)がんばらなくてはいけませんね。
「みんな大好き五七五」もアップされていましたね。お疲れ様です。こうしてみると一年が過ぎてゆくのはあっという間、その節目節目に尽句を初めとする季節の話題を皆様と楽しめるのは、トライアングルあってこそ、かわせみを媒介とするからこその楽しみですね、いつもありがとうございます。
豆は撒かずにただ食べるだけ、ですが、歳の数の倍以上は食べました。恵方巻も、おしゃべりしつつ、あっちの方向を向いて、切り分けて食べちゃいました。とりあえず、厄払いにはなるのかなぁ(笑)
こでまり S.ファロウ
2009/2/3
何かわかったようなわかっていないような「立春」ですが(詳しくは単行本まで待つとして)、あの二人の方向性だけはわかった気がしますです。そうなんですね〜(しみじみ)
お人形句、千姫さんのお句に変わりましたね。今年から源さんの句でなくても取り上げて下さって、拙宅としてもありがたいです。こちらで拝見すると、また印象が違いますね〜。
すみれさん、豆まきなさったんですね。私はずい分長い間やってないなあ〜。風邪の鬼にも効き目があるといいですね!
すみれさん S.ファロウ
2009/2/3
食べるのは一割負担♪年の豆
立春と言えば、江戸編なら立春大吉…千春ちゃん誕生だし、明治編なら、この二人の記念日になるのですね
たまこ姐さんの「ちょっと困った」ってこの事だったのですね。全然OK♪ ネタバレついでに、陰から見守っていたお千絵さんや宗太郎さんに見せてあげたいわ…これから苦労もあるだろう二人にエールを送りたいです。おめでとう!がんばれ!
千姫さんの俳句も春を待つ心持ちにぴったりです。
節分の厄払い、当家に居座っていた風邪の鬼さんに出て行ってもらいたくて、久しぶりに豆まきをしました!皆さんは豆を年の数を食べますか?私は(爆)
こでまり ご本家
2009/2/3
S.ファロウでも立春の話題が出ていますが、明日から一応(?)春ですね〜。
ということで、拙宅でも今季のお話をUPしました。
久々のお題で、句作に腕がなる〜という人、感覚が鈍ったという人もいらっしゃるかもしれませんが、どうぞまた、一緒に「かわせみ」を詠んで参りましょうね。よろしくお願いいたします。
今夜は冷え込みそうですね。豆をまいた方はいますか?今年はいろんな更新もマメマメしく頑張らねば!
たまこさん S.ファロウ
2009/2/2
ご本家は立春といえば…のあのお話♪ そして、拙宅は、まだ単行本にもなってないし「ネタばれだな〜」と悩んだのですが、まぁ文庫派の皆さんもうすうすわかってらっしゃるようなので、思い切ってフライングしてしまいました(尽句で「悩んでいる」と書いたのは、実はこれでして)
2月といえばバレンタインもあるし、なにしろ、前に頂いていたこのウェディング写真に日の目を見せる機会が(^O^)考えてみれば、春霞さんの先見の明が素晴らしかったですね。それと「かわせみ」を愛するファンの皆様の願望の大きさというところでしょうか。
人形句のほうも悩みに悩みましたが、アンケートでも好評だった千姫さんの御作に決めさせていただきました。立春だと春の季語じゃないといけないかなと思って、ちょっと早めのUPに。雪の後の陽射しのように、若い二人が、苦労に遭いながらも乗り越えて互いの愛をはぐくんでいってほしいと思います。
はなはなさん S.ファロウ
2009/2/2
畝様人形句が
千姫さん作に
冬陽さす軒のしずくや雪のあと
立春を前に人形句もお人形も変わりましたね♪
千姫さまの叙景ながら深いものを秘めた秀作♪いろいろあっても幼い日の恋を成就させた源太郎さんと花世さんへのはなむけでしょうか。まさか本当にこんな日がこようとは…(単行本は読んでいないけど、♪♪♪…ということですよね?)