以前の話に戻る

平成20年
  9月のおしゃべりを見てみましょう。
  (掲示板を見逃してたら、ごめんなさい。)

ご本家=「御宿かわせみの世界」さん
S.ファロウ=「Straight Furrow」さん
の略です

提供者 サイト 五七五話
緑茶桜さん S.ファロウ
2008/10/1
皆様、ありがとうございます。ちょっと気恥かしいです(#^.^#) 由来だなんて…読み方はそのまま「りょくちゃざくら」でございます。桜の花が大好きで、そして…紫陽花さま、ピンポンです!何を隠そう(隠すことは何もないのですが…)緑茶が大好き!大好きなものを重ねてみたのでございます。
“湯のみ”くん達に歓迎して?もらえてとても光栄です♪うれしいなぁ♪
皆様、これからもよろしくお願い致しますm(__)m
紫陽花さん S.ファロウ
2008/9/30
「緑茶桜」さん「緑茶」ときいて“湯のみ”が仲間かと喜んでいます。
浅黄裏さん S.ファロウ
2008/9/30
「りょくちゃおう」様か「りょくちゃざくら」様か…。是非是非、解説をお願いいたしますね♪
たまこさん S.ファロウ
2008/9/30
緑茶桜さま〜、改めまして、よろしくお願いいたします。個性的かつ美しいハンドルネームですね。
私はまず「緑茶+桜餅」を想像してしまったのですが…ご本家で話題になっていた「十月桜」や、薄緑の桜(確か麻布のあたりのお寺にあったのを見た記憶が)も連想しました。
よろしかったら新しいHNを思いつかれたきっかけなどもお聞かせくださいね。
尽句の中で、菊のおひたしも話題になっていましたが、数年前にも掲示板で話題になり、「畝家の食卓」に頂いたことを思い出しました。黄色と薄紫の菊、ふりかけなどもあったんでしたよね。食欲の秋♪芸術の秋♪
茜雲さん ご本家
2008/9/30
折り返し気持ち新たに長月尽
ここ数日で朝のコーヒーがアイスからホットに変わりました。秋は一気にやってきますね。
年度の切り換えでは折り返しの今日。明日から主人は異動があり、上は本格的活動の開始、下も後期が開始、私は一足先に後期に入っていますがそれぞれに気を引き締めていかなくてはと思っています。
緑茶桜さん、改めましてよろしくお願いします。花の名のつくHN、とても素敵ですね。
十月桜も今の時期なのですね。このところの寒さは桜にとっては本当に冬のように感じられるのでしょうね。 (当地の思川桜は十月桜の突然変異なのですが残念ながら春にしか咲きません。)
ゆきどりさん ご本家
2008/9/30
秋雨に 冬桜咲く 長月尽
今日、とあるところで「十月桜」という桜を見ました。「これは冬桜とも呼ばれます」と説明を見て「あぁ、『冬の桜』というタイトルのお話がかわせみにあったなぁ」と思い出しました。なんとなく『冬の桜』は本当に冬のお話のような気がしていましたが、今の季節のお話だったのですね。
この一週間で一気に季節が秋本番になってしまい、衣替えが間に合いません。 ごたぶんに漏れず気を抜くと風邪をひきそうな具合です。暖かい飲み物が本当に美味しい季節になりましたね。珈琲や紅茶のホットが美味しいです。
庭の金木犀もそろそろ黄色い花をつけ始めました。今日は我が家の金木犀ではないのですが、街中で香りをかぐことが出来ました。
皆さん、芸術の秋を思う存分楽しみましょう。
コシキブさん ご本家
2008/9/30
先週はクーラーいれてた長月尽
あまりに情感の無い句ですみません(^_^;) 本当に急に寒くなってしまって対応が追いつかない感じです。気をつけてたのに、私も少し鼻がグスグス。。ティッシュの 箱の所に行くことが多いです。たまこ様のアドバイスをしかと守って、元気に秋の風情を探しにいこっと!
「緑茶桜」さま、ステキなHNに変更されましたね!そういう桜があるのかと思いました。オリジナルですよね。
すみれさん ご本家
2008/9/30
虫の音の余韻楽しや長月尽
急に秋本番になって、なかなか体がついていけません。冷房から暖房へ、何も要らない期間がどんどん短くなっていませんか?単に、自分の適応力がどんどん劣ってきているだけか?
虫の鳴き声を聞きながら、今月のお題を味わう、かわせみのならではの楽しみがありますね。
金木犀もそろそろ香り出す頃になりましたね。黄金色が綺麗です♪管理人様やたまこ様のように、秋の夜長を楽しむ元気もなく早々と布団と仲良くしているこの頃です。
《緑茶桜》様、これからもよろしくね。読みはそのまま 《りょくちゃさくら》で良いのでしょうか?
緑茶桜さん ご本家
2008/9/30
雨の中競い戦う長月尽
本日より、[みちころんろん]改め≪緑茶桜≫としてお邪魔させていただきます。皆さま、よろしくお願い致しますm(__)m
昨日は息子の体育祭でした。11月中旬の寒さに加えて朝から雨…中止の連絡はなし!体育祭は総合運動公園の陸上競技場を借り切って行われたのですが、途中で中止になるかと思いきや、冷たい雨の中、端折ることなく〆の競技の騎馬戦まで滞りなく終了!
長そで重ね着でブルブルふるえている母達をよそに、半そで短パン、時には裸足・半裸?で喜々として競技にいそしむ生徒達…男子校って凄すぎ!
浅黄裏さん ご本家
2008/9/30
フリースも早や登場す長月尽
昨日からグッと冷え込んできて、思わずフリースの上着を着込みました。
たまこさんの感想、よくわかります。麦茶の減り方がグッと遅くなり、台所に立つのが暑くて辛かったのが嘘のようです。
金木犀のタイトル、綺麗ですね。こちらでも金木犀はまだです。
ぶらんかさんの菊のおひたし、おいしそうですね。世の中にあることは知っていたのですが、食べたことがないんです。秋の食卓に菊のおひたし、風情がありますね。
ぶらんかさん ご本家
2008/9/30
食菊に故郷を思う長月尽
先日、近所のスーパーで食用菊が大きく陳列してあるのを見ました。故郷では菊のおひたしがこの時期定番のおかずで、母が他のおかずを作っている間に、花びらをむしるのが私の役目だったことを懐かしく思い出しました。
これからが秋本番ですね〜。
こでまり ご本家
2008/9/30
風立ちぬ♪歌なつかしき長月尽
/ こでまり 引用 「風立ちぬ〜♪今は秋〜♪」 今朝の情報番組から、懐かしい聖子ちゃんの歌声が聞えてきました。 皆さんお書きのように、すっかり朝晩は寒くなって、秋らしくなってきましたね。 管理人さんは金木犀の香りと出遭ったそうですが、こちらはまだ、これからのようです。
ぐりさん ご本家
2008/9/30
急に冷え 暖房欲しい 長月尽
ここ2〜3日あまりに寒くてむすこがエアコン入れたのですが室外機のそばに パンジーの苗を置いているのでやめてよといったら花のほうが大事なんだろうってー
そういう問題じゃなくて今は暖房なくても我慢できるパンジーは苗がだめになるからですとぶつぶつ〜
今日は炬燵を入れようと思います もうそんな季節になったのです畝
あっちの
管理人さん
ご本家
2008/9/30
あっ2!たまちゃん、一番のり〜!
この2,3日、ホットのコーヒーが美味しいですよね〜
たまこさん ご本家
2008/9/30
あっ引用 クリックしたら、タイトルが金木犀に変わった!
たまこさん ご本家
2008/9/30
熱々のコーヒー嬉し長月尽
急に涼しくなって、9月になってからも、毎日沸かしては冷やしていた麦茶が、急に減らなくなり、代りに熱いお茶やコーヒーがとても美味しく感じられるようになりました。
同時に、周囲で鼻をぐすぐす言わせている人が急に増えました。朝晩の冷えに合わせて、また雨に濡れたあとの、まめな着替えに気をつけましょ畝。
あっちの
管理人さん
ご本家
2008/9/30
めぐり来る季節のにほひ長月尽
会社帰りに駅に降り立ったら、甘〜い匂いが…。いつも突然香り立ってくる気がしませんか?どこに花があるかわからないけど、匂いだけが主張してくる。
金木犀の甘い香りをかぎながら、またこの季節になったんだなと暫し芳香を楽しんで来ました。
たまこさん S.ファロウ
2008/9/21
前に住んでいた千葉県では、空き地にいっぱい自生してましたし、ウォーキングでもよく見かけるのですが、なかなか花の咲いている所にはあたらず、のばらさんの絵で目を楽しませていただいてます。
コシキブさん S.ファロウ
2008/9/19
しばらくバタバタしてまして、なかなか書き込みできませんでした(;_;) NEW歳時記拝見しました。はなはなさん、のばらさん、素敵な作品を見せていただいてあ りがとうございました!
葛の葉、なつかしいです。子供の頃、近所の植え込みにいっぱい生えていて親戚のお姉さんと散歩したとき教えてもらった思い出があります。当時10歳くらいで「くずもち」のくずの事と教えてもらってもピンときませんでした。なんでこんな葉っぱがあのお餅に?と不思議に思ったものです。こんな紫のきれいなお花が咲くんですね〜。
はなはなさんのお句はサラリと表現されていても行間(字間?)が深くて味わいがありますねー。風景も素敵だけれどそれを見つめる女性のきれいな後姿(はなはなさん自身かな)を感じました。
こでまり S.ファロウ
2008/9/19
のばらさん、葛の写真をありがとう♪ これなら見たことがあるかもしれないと思い、通勤の車の中からキョロキョロしています。
紫陽花さんの「葛の海」もすごいなあ。キレイな緑だから、たくさん生えていてもいい眺めでしょうね。
ぐりさん S.ファロウ
2008/9/18
これが葛なのですね 以前には家の回りの原っぱにもたくさんありました
葛とも知らずウサギの餌にしていましたウサギが大好きでした
はなはなさん S.ファロウ
2008/9/18
おお〜白糸の滝風ですか〜。壮観ですね。「葛のカーテン」という感じでしょうか。
のばらさまのお写真にもありましたが、こんもりと繁ったり、びよーんと伸びたり、ホント変幻自在で、好きな質感(笑)の植物です。
空き地の多いところで育ったものですから(田舎、ともいう)葛は気がつけばそこらじゅうにありまして、花もあちこちでよく見かけていました。アメリカへも旺盛な生命力を買われて、肥料や飼料として輸出されており、やはり「Kuzu」と呼ばれているのだとか…ホントかな。
私もくず粉が取れないものかと(笑)思ったこともありましたが…以前吉野葛のドキュメンタリーを見て、あまりの手間のかかり方にびっくりしたことがありました。空き地ぐらいじゃだめなのね〜。
紫陽花さん S.ファロウ
2008/9/17
葛は私の住む地域ではよく見かけますよ。家の近くではまさしく「葛の滝」状態です。道路が山裾を通っているので山が崩れないよう覆ってある部分は100mくらいの白糸の滝風葛の滝です。以前は工場とトラックが入る広い駐車場があったところは「葛の海」状態でわっさわっさしています。車がビュンビュン走る国一バイパスでも道路沿いの空き地にうねっているし柵を乗り越えて道路に伸びようとしています。
これらに風情など全然感じなかったし「葛の滝」なんていう発想はまったくなかったのでのばらさんのイラストとはなはなさんの俳句で「葛」を見る目が変わりそうです(笑)
ただ以前からこの葛からくず粉は出来ないのかかなりの量が取れるのではないかという思いはちょっとありました。歌舞伎や安倍清明お能などは全然思いつきませんでした。さすが私です(笑)
のばらさん S.ファロウ
2008/9/17
歳時記アップお世話になりました。今回はお二方をお待たせしてしまって提出したら速攻の編集とはなはなさんの追加の「葛」のお句が素敵で 「うわ♪」って感じでした♪
葛は結構身近なところに隙あらば生えていると思うので皆さん目にされたことがあるかもしれませんよ〜。たとえば線路脇で、あるいは道路脇で。放置された工事現場にも。いたるところで勝手に茂ってます。
一枚一枚の葉っぱが手の平くらいでモフモフッと細かく毛が生えたような質感 なんですよ。
写真貼ってみますね。これは道端で地面近くにこんもり茂っているところです。
花が咲く前の「葛」の写真を貼ってくださいました。
はなはなさん S.ファロウ
2008/9/17
仕事のあと、出かけていて遅くなりました〜。歳時記アップ&皆様の感想、ありがとうございましたm(__)m 皆様のお気持ちに添うように読んでいただければいいなぁ〜と思います。
今回は先に4句仕上げてお送りしておいたところへ、のばらさまのイラストが出来上がり、おたま姐さんが編集してくださったのを拝見。「詰めればもう一句イケます」とのことだったので、優雅な曲線を描いて垂れる葛のイラストが素敵だったので詠んでみました。紫と緑の取り合わせは普段から好きなので、とてもお気に入りのページになりました。ありがとうございます。
今回は「鬼灯(ほおずき)」といい、「夢の夜」といい、ほとんど見たまま体験したままを詠みました(今でも玄関には、鬼灯がころんとふたつ飾ってあります)。精霊流しを思い浮かべた「流燈」と、旺盛な生命力の「葛」を、気持ちを込めてどう描くかは楽しい苦しみでした♪ 「夕蝉」は、先月のお題「秋の蛍」のお話の中にそのものズバリのシーンがありますので、探していただくと嬉しいです。
ぐりさん S.ファロウ
2008/9/16
私も拝見して来ました。葛は私も見たこと内容に思っていますが見過ごしているかもに一票です葛のほうは大好きですけど葛の花と葉の濃淡が心憎い色使いですね
私は「よりそいころんとよこたわり」にピンコが側へきてコロンと横たわるのを想像してしまいました情緒のない想像でごめんなさい
水底は初めチョット水底へ連れて行かれるなんて怖いと想像してしまいました(汗) 他の句も素敵だと思いました
麦わら
ぼうしさん
S.ファロウ
2008/9/16
歳時記拝見してきました。本当に秋らしくて素敵!
こでまりさまに同じく、「葛」に思い当たらない…私も見過ごしているような気がする…
こでまり S.ファロウ
2008/9/16
新しい歳時記、私も拝見して来ました。私もまず、のばらさんのイラストに目が行きました。秋らしい色合いで、心がしっとりと落ち着きますね。
お二人とも身近に「葛」を見ていらっしゃるようですが、私は思い当らないです。(見過ごしている可能性は大) 葛の花って、こんなふうに立ち上っていくように咲くんですね。
私は月の句が好き。つい先日こんな夜を過したので……。
浅黄裏さん S.ファロウ
2008/9/16
新しい歳時記、出ましたね。早速拝見しました。こちらの掲示板を直接にではなく、トップを「お気に入り」にいれてあるので、「NEW」があるとすぐにわかって嬉しい♪
のばらさんの絵のこういう色使い、大好きです。秋の繊細さとしぶとさとが混在してる感じがしますね。色紙の二枚重ね風になっているのも素敵。以前のブルーベリーの時もこうでしたよね。
はなはなさんのお句もゆったりとした感じがしますね。季節は、秋のど真ん中というよりは、秋の鳥羽口という感じでしょうか。
私は「水底」のお句が一番好きです。(←毎回、勝手に好きのどうのと言っておりますが、他のお句も好きですよ)
たまこさん S.ファロウ
2008/9/16
はなはな歳時記・
のばら画集更新
蔓引いて花引き寄せて葛の滝
夕蝉のかしましきかな雨さそふ
夢の夜よ雲間に月のほの見ゆる
流燈よ心連れ行け水底のくに
鬼灯のよりそひころんとよこたわり
今年の歳時記は真夏をはさんで初夏編と初秋編でお送りいたします〜〜ということで、紫陽花さんの「おおでまり」に替わり、今度はのばらさんの新作をお楽しみくださいませ〜
いつもながら、はなはなさんの、それぞれに趣きの違う御句を一つ一つ味わう贅沢さも。
お二人ともお忙しい中、御作をお送りいただき有難うございました。