以前の話に戻る

平成19年
  9月のおしゃべりを見てみましょう。
  (掲示板を見逃してたら、ごめんなさい。)

ご本家=「御宿かわせみの世界」さん
S.ファロウ=「Straight Furrow」さん
の略です

提供者 サイト 五七五話
みちこ
ろんろんさん
ご本家
2007/9/30
雨眺め衣替えする九月尽
ギリギリ滑り込みです。明日から10月。息子の制服を準備しました。今日、お店にむき栗が…(#^.^#) 栗ご飯に秋刀魚の塩焼き☆秋ですな〜♪
紫陽花さん ご本家
2007/9/30
九月尽さんまも栗も安くなり
秋のもの(特に食品関係)が安くなってきてる感じがします。家でも柿の実がだいぶ赤くなってきていて色づいたものから一つ二つとっては食べています。今年はイチジクがハクビシンに狙われてしまい残る実を赤くなるまで網をかけ守っています。
のばらさん ご本家
2007/9/30
10年をたどりて短か九月尽
お引越しを控えて片付けていて、ここに住んだ10年の いろんなことも思い出しています。ほんとは8月末に引っ越す予定だったので、一ヶ月延びた、と思っていたけどあっという間の一ヶ月。9月も終わってしまいました。来月の尽句は次のおうちから投稿したいです。ほんと1日を大切に過ごしたいです。
宗匠〜、わたしも読んだはずなのに、今、内容は全然思いうかびません(-ロ-;)
こでまり ご本家
2007/9/30
片鱗も思い出せずに九月尽
では、私もこっちのスレッドに。今日は美容室に行ってきました。待ち時間に読む適当な文庫本がないかな〜と思って、久々に隼新八の「江戸の海賊」を持って行ったのですが、読めども読めどもさっぱり内容を思い出せない。ま、初めて読むように面白いからいいのですが。今日が尽句の日だということをウッカリしてたので、思い出せて良かった〜。
浅黄裏さん ご本家
2007/9/30
浴衣子がやぐらに集う九月尽
今日は学校の夏祭りでした。先生も子供たちも保護者も暗くなるまで踊りつづけ、先ほど帰宅しました。明日から十月なんですね。そうしてあっという間に年末かと思うと…。すみれさんがおっしゃるように一日を大切にしなくてはなりませんね。
ミスしても明日になれば先月の事
すみません。うっかり新しく(スレッド)書き込んでしまいました(恥)
茜雲さん ご本家
2007/9/30
半期過ぎ気持ち新たに9月尽
娘達の学校は共に二期制で、明日から後期です。下が受験を控えてこれから半年はちょっと気が抜けなくなります。と同時に、もしかしたら子供と暮す最後の半年かな…と思うとちょっとしんみりとした気持ちになる長月の終わりです。
はなはなさん ご本家
2007/9/30
衣替え帳尻あわせて九月尽
急に涼しくなりましたね。急に長袖も恋しくなりますね。
子の丈(たけ)に合う装束や秋きたる
たまこさまの嘆きも子を持つ親御さんならでは、ウチの姪は昨日菩提寺の落慶祝いでお稚児として行列したのに大喜び、衣裳と化粧が気に入ったとか。まだ他愛ないばかりです(^o^;
たまこさん ご本家
2007/9/30
イノッチに続いてほしい九月尽
V6の井ノ原快彦クンが瀬戸朝香さんと婚約したそうで、ナイスカップルですね。うちの次男と同い年の彼はエッセイとかも面白いので私は大ファン、時代劇にも出てほしいな〜。雰囲気がイノッチ似(顔が、ではない)といわれてる次男も早く何とかなってほしいです!(なんか尽句の中で浮いていてすいません)
ゆきどりさん ご本家
2007/9/30
降る雨が 冬まっしぐら 九月尽
金曜の暑さと、土日の寒さを、足して2で割りたい横浜です。11月下旬の気温と天気予報の人に言われてしまうと、秋は何処?と思わず呟いてしまいます。クローゼット一杯の半そで夏服の山から、なんとか長袖のシャツを出してきて寒さをしのいでいますが、くしゃみが…… 普通に秋の気温を満喫したい今日この頃です。
毎月、月末に所要で外出していて尽句も久しぶりです。来月も参加できると良いのですが。
花みずきさん ご本家
2007/9/30
風涼し日差しは暑し九月尽
まだまだ、暑い日が続いている九州でございます。昨日あたりからやっと気温が下がって過ごしやすくなってきました。先日、秋物の服を買ったのですがやっと出番がきそうです。
コシキブさん ご本家
2007/9/30
連日の延期の知らせ九月尽
本当にこの気温の変化に体がついていきませんワ。照りつける夏日の翌日から一転して冷たい雨。娘の運動会 も二日連続で中止になってしまいました。お弁当の準備も二日連続で水のアワ〜(;_;)ま、天候には勝てませんね。
あっちの
管理人さん
ご本家
2007/9/30
セーターの温もり嬉しい九月尽
今日も朝から冷たい雨が降っています。つい一昨日は真夏日だったというのに…昨日長袖シャツ1枚で出かけて、行きつけのお店に行ってウールのカーディガンを試着したら、その暖かさにホッとして思わず「着て帰りま〜す」となりました。これからは一雨毎に秋が深まって行きますね。
ぐりさん ご本家
2007/9/30
読むごとに なじんできたよな 九月尽
暖房が ふんわりまとう 寒露かな
明治篇 読みかけて早10ヶ月だんだんキッズたちの活躍に慣れてきました 一段落ついて後の天開どうなるのか源太郎君これからどうするのかなーとか 気になることはいっぱいまだまだ目が離せませんが今後は図書館利用に移行しようかとか思案中です、でも発売日が近づいてら本屋さんに走ってしまうかも〜
すみれさん ご本家
2007/9/30
続く世も月も満ち欠け九月尽
この一ヶ月は、公私に渡って記憶に残る事柄が多い月でした。喜怒哀楽を感じるのも生きている証拠だなぁと素直に思えるようになったのは、歳を重ねたからなのか?綺麗なお月様を見たからなのか?一日を大切にしよう…との思いを新たにしております。
千姫さん S.ファロウ
2007/9/25
ぐりさんがノートで句を推敲していると知って、宗匠がニンマリしているのでしょうねぇ。…私は広告の裏ですぅ。
ぐりさん S.ファロウ
2007/9/24
みなさん私のノートに反応してくださってありがとうございます、メモ代わりのノートで あの頃はメールの下書きなんて知らなかったですね、メールを打つときは中断すると困るので家族の居ないときに打ったものです、恥ずかしいですでもかわせみの何もかもを本家のアンケートとかも書いてあるので大事にとっておきます
すみれさん S.ファロウ
2007/9/24
たまこ様や麦様と同じく、ぐり様のノートには頭が下がりました。そこらの紙(広告の裏とか)にちょこちょこと書いているだけだも…(汗汗) 「はいくりんぐ」に頼り切りで、他の方のお作を振り返って見ることはあっても、自分のは見ないままでした。これからも多分変わらないと思うし・・(^_^;)
彼岸になって、やっと夏日ではなくなりましたが、日中はまだまだ暑い当地です。明日は中秋の名月、今月のお話を味わいながらお月見する心の余裕を持ちたいものです。
麦わら
ぼうしさん
S.ファロウ
2007/9/24
やっぱり「ぐりさまのノート」に感動! たまこさまに同じく、送信するだけ、見直したい時は「はいくりんぐ」を見ています(^_^;) こういった、「作品作りに対する姿勢」が大事なんですよね。でも、性格的に私には無理だろうなぁ〜きっとこれからも今までどおりのやり方で参加すると思います(^.^)
たまこさん S.ファロウ
2007/9/24
夫パソコンよりアクセスしたら「UPしました」のお知らせ、さっそくざっとですが拝見してきました。
印象に残ったのは、ぐりさんの「はいくりんぐノート」の話です。私は一切はいくりんぐのためのアナログのメモっていうのはしてないので、メールの下書きに入れておいて、完成したら(っていうか、ぎりぎりだ〜しようがないや〜と送信ボタンをクリックするのが毎月のこと)送るだけ、たぶん今回の修理で、毎月送ったメールも無くなってしまうと思うので、自分の前の作品が知りたい時は、ネットで「はいくりんぐ」を見ます(汗)なので、そのうち、前と同じ作品を提出したり、もっと怖いのは、人様の作品と同じ物を送るかもしれない…
こでまり S.ファロウ
2007/9/24
姐さんのPC、心配ですね。そんな中を今月も現場検証をUPしてくださってありがとうございました!PCの無事退院を祈ってます!
たまこさん S.ファロウ
2007/9/23
五七五のほうは「後が怖いので送った組」ですが(笑)、現場検証のほうは、行ってはきたのですがまだまとめてなくて、たぶん宗匠が気を遣ってUPを遅らせて下さってるのだと思いますが…実は、この連休中にパソコンを修理に出すことになってしまいました。
そういう訳で、何とか、明日とり急ぎ現場検証をUPした後に、サポートセンターに持っていきたいと思ってまして、いろいろ素敵なお写真をお寄せくださった皆様へのお礼や、ご本家の話題・新メンバーの方へのご挨拶も失礼してしまうことになり申し訳ないのですが、夫パソコンから、時々掲示板はのぞきたいと思っています。
こでまり S.ファロウ
2007/9/23
今月は片手くらいの参加者かもしれないと思っていたのですが、お話がよかったためか、後が怖いと思ったのか、直前になって参加の方が増えてきて、おかげ様で二桁に届きました。ありがとうございました。只今鋭意作業中です。
ぐりさん S.ファロウ
2007/9/13
多分そのお話ですー信州ではトリカブトが間違われて食べられ死ぬ人があるーと言うような記述だったと思います「別れ橋」は趣向が変わった楽しいお話ですね祝言の前のお話にはふさわしいですね、もう御題になったのですよね残念
こでまり S.ファロウ
2007/9/12
ぐりさんが思っているお話かどうかはわかりませんが、拙宅のお題にした「わかれ橋」に、とりかぶとが出てきましたね。夫に殺されるのではないかと疑う妻…そんな夫婦の楽しい(?)お話でした。こんなに大きな写真を見たのも初めてです。本当に鳥っぽいですね。
はなはなさん S.ファロウ
2007/9/12
トリカブト、綺麗なブルーですね。
毒があるといいますが、色と言い形と言い、そんなふうには見えないところがミソなのかもしれませんね。「鳥兜」は雅楽のかぶりものの形に似ているところから来ているみたいです。「萬歳楽」という曲でかぶる「鳥甲(かぶと)」と似ています。お能の「富士太鼓」にも雅楽の「鳥甲」がちらっと出てきたはずですが…また確かめてみなくては。
ぐりさん S.ファロウ
2007/9/12
(掲示板に写真が貼られていました)かわせみのお話にも時々出てくるトリカブトアルカイド系で鳥の頭に似ている紫色の花で葉は蓬の葉に似ていると描写されていますね、私の中では濃い紫色でもっと厚みのある花か(?)とおもっていたのですが意外や以外はかなげな花でした
こんな綺麗な花に毒がある(綺麗なものには毒 あれはとげでしたっけ) なんだか不思議な怖いような気持ちです 鳥の頭に似たというところも本当に鳥に似ていますね
かわせみのどのお話か分かりませんが野の草と間違えて摘んで食べ人が死ぬことがあると 言う記述が出てきますがトリカブトはニリンソウに似ているのだそうです
千姫さん ご本家
2007/9/9
「重陽の節句」なんて高尚な言葉から、拙句を思い出してもらえて嬉しいです♪浅黄裏さんは返句で「菊綿を返品」したんでしたよね(笑)。
たまこさんの現場検証で、菊綿が想像とまったく違っていたのも印象深いです。あの綿には菊の匂いも移っているだろうし、夏の疲れが出始めた肌の、今でいう「保湿パック」なのかもしれませんね。
料理番組で菊の花(食用)には、ビタミンが豊富に含まれていると説明があったので、それも「菊綿」に関係あるのかなぁって考えたりしていました。今も昔も同じなんだって、書いていて可笑しくなってきました。
ぐりさん ご本家
2007/9/9
懐かしいです
私はこの界から参加させていただいたのでした、千姫様の通販の句覚えています、たまこさまの写真にも驚いたものでした、あれからもう2年もたったのですね
浅黄裏さん ご本家
2007/9/9
私もです。夏には同じく千姫さんの「細身が身上」句を思い出し、秋にはこの「通販」句を思い出します。菊綿も想像していたのとは違っていて驚きましたが、写真で見せていただいてとても嬉しかったです。
「重陽」は、こちら台湾ではまったく話題になっておらず、これからの「中秋節」の話題と便乗(?)セールでもちきりです。
あっちの
管理人さん
ご本家
2007/9/9
朝見た番組で菊の花を前に「重陽の節句」の話をしているのを見て、思わず千姫さんの「菊綿を通販で探す」を思い出してしまいました。2年前の9月の「はいくりんぐ」でこのお千さんの句を拝見して以来、重陽の節句といえばこの一句(笑)しっかり刷り込まれています!
そしてあの時のたまこさんの現場検証で「これが菊綿か!」と初めて見たぼってりとした菊綿にちょっとビックリでした。
たまこさん S.ファロウ
2007/9/7
えっ前科三犯?それ知らなかったなぁ。これは速攻図書館にリクエストしなければ。
こでまりだけなら、前に小手鞠るい(?)さんという作家もありましたし、ハンドルとしても特に珍しいものでもないかもしれませんが「俳句」+「こでまり」ときちゃ見逃せないですよね。それに「ケンカ」というのが(大喜)
う〜む源さんとお近づきになるには、犯罪者になるのが早道…?ますます内容に期待してしまいます。「源」や「松」のつくキャラがぜったい出てそうな気がする。
のばらさん S.ファロウ
2007/9/7
「わたしでもありません」(^▽^)わ〜〜、すっごいタイトル。 ググッたら一ページ読めるところがあって、なんかすごそう(@@) こでまりさん、一体どこに行ってしまうんですかぁぁぁ。あ、違う?! 失礼しました(^▽^;)
こでまり S.ファロウ
2007/9/7
そんな本があったんですか。興味津々。私も谷口桂子さんは初めて知りました。
ちょっと読んできたら「石井こでまり、前科三犯」だって!源ちゃんの孫かなんかに「畝の旦那、またご厄介になります」なんて言ったりして…、ははは妄想気味。
はなはなさん S.ファロウ
2007/9/7
まずは「私ではありませ〜ん」!!(わはは)でも面白そうだなぁ。「俳句で解き明かされる主人公の封印された過去」…東尋坊で二胡を弾いてない?(我田引水)
「おクの細道」…ちっとも面白くない(笑)
「奥の細道」見逃しました(涙)ぜひ来週は見たいです。
ぐりさん S.ファロウ
2007/9/7
谷口桂子さんを検索したら『けんかこでまり」が出ました その書き出しが『今回は〜〜」となっていました と言うことは前からあった本? 読みたくなってしまいました 本当にはいくりんぐのファンだったらいいなー
浅黄裏さん S.ファロウ
2007/9/6
検索して、冒頭の部分を読んできました。雰囲気としては、どこへ行くのか見当がつかない感じです。俳句とどう繋がっていくのか興味があります。
すみれさんが↓のように書いてらっしゃるということは、犯人(失礼!)はすみれさんではないということですね(笑)。
どなたですか〜?正直に名乗り出なさ〜い♪
すみれさん S.ファロウ
2007/9/6
このタイトルにはそそられますぅ!(^^)! 読んでみたくなっちゃいました♪
この作家さんは、「はいくりんぐ」のファンなのかも知れませんね。そうで あったら良いのに…
たまこさん S.ファロウ
2007/9/6
榎木さんの「奥の細道」は、録画したまま見ていませんが、楽しみな企画ですね。
ところで今朝の朝日新聞の書籍広告を見てビックリしたのは、集英社の新刊の広告「俳句エンターテインメント・ケンカこでまり」という小説です\(~o~)/ こりゃてっきり、はなはなさんとかすみれさんとかのばらさんとか、ここのご常連の方が書いたのでは?と思わざるをえないような、出来過ぎなタイトル!!!
著者の谷口桂子さんという方は、女性向けの恋愛小説のかたわら、俳句の本なども出しておられる作家のようですが、年代や経歴などちょっと検索した限りではよくわからないのですが、どなたかご存知でしょうか?
でも、本当にこちらのご常連ではない?(^^ゞ
浅黄裏さん S.ファロウ
2007/9/6
「お句」「お句の」「お句の細道」…どうやっても「お句」になります。どうしても「奥」を出したいときは「奥様」を出してから「様」を削っております。
のばらさんの「エビを狙って早数年」←うけました!今年は「光」でしたね。すっかりうっかりしておりました。昨年は撃沈でしたので、今年は早くからがんばろう!
のばらさん S.ファロウ
2007/9/5
奥の細道…思い切った変な変換が出ないかとワクワクして変換したんですが普通に出ちゃったぁ。なんかつまんないなあ(^▽^;)
今夜ですか、わたしも見てみますね。
エビを狙って早数年…。また今年もこりずにがんばりますね〜。
こでまり S.ファロウ
2007/9/5
奥の細道…最初に変換したら「お句の細道」と出ましたが(わはは)
今夜から(毎週水曜午後10時〜)9回シリーズで、「奥の細道」を訪ねる番組が教育テレビで始まるそうです。出演は俳人の黛まどかさんと浅見シリーズでお馴染の榎木くんです。何でも芭蕉の足跡をたどって歩く人が、最近増えているとか。全部忘れずに見られるかどうかは不安ですが、今夜は見たいと思います。
忘れずにといえば今年の三重県の「光の一句」! 副賞を狙うためには、そろそろ作って送っておかねば…と思うこの頃です。
たまこさん ご本家
2007/9/2
茜雲さん、尽句で「新しい家族」とあって、つい勘違いしちゃったのですが(笑)これも一応「おめで東吾ざいます」でいいのかな?(「お幸せに」かな?)
トンボの校章、かっこいいですね〜。大河ドラマ「風林火山」の板垣信方のロゴ(?)もトンボでしたね。
茜雲さん ご本家
2007/9/2
(今月のお話「横浜から出て来た男」)どんな話かすぐには思い出せなかったのですが、読み返してすっかり思い出しました。今週お休みなので頑張ってみます。尽句では名前の一字を入れていただいたことですし(笑)
でも秋を象徴する赤はいろいろあるのに秋茜で赤とんぼを指すのってちょっと考えたら不思議に思ってしまいました。
でも母校の校章がトンボなのですが、蜻蛉(とんぼ)を蜻蛉(あきつ)と読む事もやはりやはりとんぼから秋を連想するのかしらん。
こでまり ご本家
2007/9/1
私も先月の生まれですが、せいぜい「夜目遠目後姿は三十代後半」くらいを目指しますわ〜。
紫陽花さん ご本家
2007/9/1
大根の種をまこうか長月来る
静岡も涼しい朝で「秋ですな」
昨夜尽句を忘れていて気がついたら22時。あと2時間…出来なかったです。
9月の最初の日曜日に大根の種を蒔くつもりで畑を耕していたんですが、来週は台風がくるのかな。種を蒔いた直後に大雨が降ると種が流れるっていうし、ちょっと迷っているところです。
私も八月生まれ♪