以前の話に戻る

平成17年
  8月のおしゃべりを見てみましょう。
  (掲示板を見逃してたら、ごめんなさい。)

ご本家=「御宿かわせみの世界」さん
S.ファロウ=「Straight Furrow」さん
ヒロチャン=「ヒロチャン's magazine」さん
の略です

提供者 サイト 五七五話
春霞さん ご本家
2005/8/31
蝉しぐれ真夜中に聞き葉月尽
たくさんの尽句が並びましたね。はじめて尽句に参加させていただき ます。しんがりでしょうか。今年は蝉が大発生して早朝からジージー、ミンミンと暑さを一層かき立てるように鳴き、家の中まで飛び込んでくる有り様です。この間の日曜には、午前0時を回っているにも関わらず、蝉しぐれが止まず虫の声との合唱をはじめて聞きました。翌日といっても同じ日の朝は、さすがの蝉も十時過ぎまで鳴かずにいて、とうとう蝉まで夜型になってしまったのかと思いましたが、この珍現象は一日だけのことでした。不思議なこともあるものですね。
ゆきどりさん ご本家
2005/8/31
木立縫う 風さわやかに 葉月尽
あぁ、もう月末ですね。というか、明日から9月か…あっというまに今年も残り少なくなってきましたね。これからは秋の気配も日に日に色濃くなってくるのでしょうね。食欲の秋!読書の秋!を楽しみたいと思っています。
のばらさん ご本家
2005/8/31
心持ち眉太く描き葉月尽
うおお〜今月もずら〜っと並んでいて壮観です♪わたしもこちらで(^-^) この夏は帰省しなかったので、9月に帰省します。本当に今朝は空気がヒンヤリしていました。こでまりさま、初舞台ですか。緊張しそうになったらもののけ君たち思い出したら和めるかも♪ がんばってくださいね。
七歩さん メールで
2005/8/31
菜園の色かわりゆき葉月尽
闇のなか雨音すずしく葉月尽
今年は天候のせいか、今までになく菜園の野菜の出来がよくて、きゅうり、なす、ぴーまん、インゲンなど、始末に困るほどでした。ただし、小玉すいかは肥料を間違えて失敗、わずかに9個しか収穫できませんでした。それらもほとんど枯れてきて菜園も緑を失ってきました。ぼつぼつ秋野菜の準備です。
こでまり ご本家
2005/8/31
初舞台 控えドキドキ 葉月尽
今週末、私が通っているニ胡教室の始めての発表会があるのです。今夜もリハーサルみたいな練習があるのですが、ステージの上に上がったら、頭の中が真っ白になりそうです。
コシキブさん ご本家
2005/8/31
窓開けて深呼吸せり葉月尽
息苦しいほどの陽射しがやっと一段落しましたね。ガンガンつけていたエアコンも今日はお休み。外の空気が気持ちいいです。夏休みはやり過ごしたけれど秋は秋で行事も多いし何かと気ぜわしい予感がします。今のうちに休み中に撮った写真の整理とか夏の服のクリーニングとかやっておかねば! …まずは深呼吸してから。
ぐりさん ご本家
2005/8/31
長袖が 恋しい今朝の 葉月尽
千日紅 色も鮮やか 今朝の秋
私もすみれ様と同じでもう厚い布団が恋しい今朝でした 夕べはじんくを書き込んでから寝るぞーと意気込んでいましたが 眠気には勝てず (私にとってはいいことなんですけど)。。。。 今朝派もうずら〜と並んでいました 皆さん早いですね  
今朝の秋 たんすのそこを ごそごそと
今朝は半そででは寒いくらいです でも長袖切ると日中がうっとおしくて 薄いカーデガン切る期間は短いのですが今からが重宝です
花みずきさん ご本家
2005/8/31
繋がりし 空仰ぎ見る 葉月尽
この夏は初めての帰省をしました、帰省される方のご苦労がわかりました、たいへんな思いをしても帰るのは待ってくれるひとがいるからなんですよね。
あるみさん ご本家
2005/8/31
亡き母の精霊送った葉月尽
母の初盆で精霊船を作ったり、お墓の提灯建てを作ったりとしんみりと送るどころかジタバタ、ドタバタと過ぎていった八月でした。
朝起きてケットぐるぐる葉月尽
すみれ様、今朝の私も同じでした。タオルケットを体に巻きつけていました。
すみれさん ご本家
2005/8/31
夜明け前ふとんひき寄せ葉月尽
もう尽句が並んでいますね。先月は野暮用でもたもたしてる間に乗り遅れました。今朝はの様に朝方の 涼しさに目覚めました。布団を秋ものにしなくては。
はなはなさん ご本家
2005/8/31
指さきの紅うすれけり葉月尽
何となくな気分でした〜。今月は旅も多かったし、浅黄裏さまと同じで懐かしい人にも会ったし、とにかく出来事・ニュースの多い八月でした。その度ごとにうっすら塗るマニキュアももう夏バテしたよう。今日、またすこし塗り足すかな〜。
みちこ
ろんろんさん
ご本家
2005/8/31
雲高く 忍び寄る秋 葉月尽
少しづつ凌ぎやすくなりつつあります。今夏はあまりにもいろいろありすぎ、体調を崩してしまいましたが、悩みながらも前向きに…(#^.^#)
悪あがき もう一息だ 葉月尽
それにしても我が息子、現在最後の宿題に悪戦苦闘中!なんとかもうすぐ眠れそう…(^_^;)  
ホッとした! 明日から自由だ! 葉月尽
夏休みもようやく終了… 子を持つ親はこんなもの…\(^o^)/
浅黄裏さん ご本家
2005/8/31
再びの一会うれしや葉月尽
管理人さん、詩人ですね。この夏は一時帰国して、懐かしい人たちと会う機会に恵まれました。嬉しく、有り難く、また次も是非にと挨拶をしました。0時尽句を狙ってたのに時差のことを忘れていて今になりました。夏休みボケです。
TERAIさん ご本家
2005/8/31
秋来ぬと待ちこがれたる葉月尽
この夏はとにかく暑かったですが、処暑を過ぎようやく少し涼しくなって来ましたね。この暑さで少し体調もおかしくなってしまいました。エアコンもフル稼働、ともにダウンしないうちに本当に秋が来ることを祈ります。
たまこさん ご本家
2005/8/31
手拭の絵柄優しき葉月尽
「倉の中」は印象に残るお話ですが、その表現についてはぜんぜん記憶していませんでした〜。さすがばばたま(笑)、いや管理人さん!(今日のお話のイラストまたまた素敵ですね)
オール読物アンケートで貰った手拭(立春大吉の赤ちゃんの絵が描いてある)ずっと大事にしまいこんでいましたが、この夏、縁を縫ってハンカチ代わりに使い始めました。 タオルと一味違った晒の肌ざわりの良さにハマってます。
あっちの
管理人さん
ご本家
2005/8/31
部屋の隅 秋がひっそり 葉月尽
このくらいの季節になると必ず思い出す「かわせみ」の一節があります。「倉の中」の最後

秋の気配が部屋のすみにひっそりとただよっていた。

暑い暑いと思っていたのに、部屋の隅の暗がりが急にひんやりして来ていつの間にか秋がやってきているんですよね。今年は秋の来るのが早そうですね。
ヒロチャン ヒロチャン
2005/8/30
グラウンドに トンボ群れて 秋の風
紫式部、この木ものすごく成長がいいんですよね…実家にあるんですが、あっちむいたり、こっちむいたり…むべと争って成長がいいんです。でもこれが実になると…秋近しですね。そろそろ萩が咲き始めますね。コスモスも…。
あるみさん メールで
2005/8/29
盆過ぎて合唱始まる虫の声
↑三婆の感想とともに送って下さいました。
麦わら
ぼうしさん
S.ファロウ
2005/8/23
きゃ〜♪トップページに拙句が!春霞さまの素敵な御作に、私なんかのが添えられていていいのかな?とも思うけど、でもやっぱりうれしい〜〜♪たまこさま、春霞さま、ありがとうございます!ちょっと前にたまこさまが、春霞さまの作品はまだあるのよ〜と思わせぶりな書き込みをされていたのは、この事だったのですね。それにしても長助親分、カッコイイですねぇ〜!私は勝手に小柄でやせている、とイメージしていたのですが、実は背が高くて、ものすごくかっこいいのかも。
はなはなさん S.ファロウ
2005/8/23
新涼の宿を立ちいで拾う闇
台風が近付いているそうですが、名古屋も風があってしのぎやすい日でした。蒸し暑くはあるんですが、陽射しもすこし納まっているし。処暑って感じがしみじみ感じられますね〜。朝もずいぶん涼しくなりました。
たまこさん S.ファロウ
2005/8/23
春霞さんの
畝様人形が、
源さん&長助さんに
そして人形句は
麦わらぼうしさん作に
お役目は済みやした、それ! 退散だぁ〜!
23日は処暑、さすがの猛暑も、峠を越しつつあるようですね。まだまだ残暑は厳しいですが、ちょっと日が短くなってきているぶん、しのぎやすいかも… そして新蕎麦の季節を先取りするように春霞さんが送ってくださった新作、深川の長助親分が、こちらにも登場してくれました!畝の旦那とツーショットでの捕り物コンビです。先月の「玉菊燈籠の女」では、源さん句も多数でしたが、その中でぴったりはまった麦わらぼうしさんの五七五も頂いてしまいました〜
たまこさん ご本家
2005/8/22
かわせみレギュラーといえば、やっぱりこの方が登場しなければ!「はいくりんぐ」の小式部さんの 「…届けに冠木門」の御句を思い出しました。
春霞さん ご本家
2005/8/22
作品館に
春霞さんの新作登場
盆の窪 おさえて今日も かわせみに
と長助さんを作ってみました。本職の「長寿庵」の長助さんと二つの姿をお楽しみください。
みちこ
ろんろんさん
ご本家
2005/8/22
「歳時記」…実は持ってません(お恥ずかしい…) パラパラ見ているといろいろ発見できて楽しそうですね。 《はいくりんぐ》の為にも、自分磨き?の為にも本屋さんで探してこようかなぁ(#^.^#)
はなはなさん ご本家
2005/8/21
そうそう、意外な季語が一杯ですもの、歳時記は手放せません よね〜。ぱらぱら拾い読みするのに歳時記はいいものですよね。
E/Fさん ご本家
2005/8/21
そういえば「枝豆」も秋の季語なんですね。 枝豆とビールとくれば「夏」って感じですが(笑)
千姫さん ご本家
2005/8/20
西瓜食う甘くてうまし秋の味
(あっちの管理人さんが素早く「西瓜」が出てくるお話6編を挙げられて)管理人さんのデーターベースには、脱帽ですぅ〜 お陰で「早読み「御宿かわせみ」西瓜編」を楽しむ事が出来ました。今年は西瓜の生り年なのか、甘くて美味しい西瓜を何度も頂いて嬉しい夏でした。俳句にしたらなのかなぁ…あっ、「西瓜と秋」では季語が重複になるんですね
朝霧さん ご本家
2005/8/20
かわせみでおなじみの西瓜秋の季語なんですね。歳時記をおなじく開いてみて昔は盆の頃が旬だったようです。今は品種改良によって糖度もましおいしくなって、るいさんの手をわずらわさなくても良い種無し西瓜がありますよ。でも姉さん女房のるいさんがせっせと種を取り口の周りを手ぬぐいで拭く図はなくてはならない夏のかわせみの縁側ですよね。朝顔も秋、林檎も秋なのですね、林檎は長く出回っているので収穫期?先日はやくもハウスみかんを頂きました。甘くておいしかったです。この頃は旬などおかまいなしですから解ら なくなりそうですね。
こでまり ご本家
2005/8/20
ホトトギス季寄せを開いてみたら西瓜は八月の季語となっていますが、八月は立秋(八日頃)以降を秋とみるので、季節に分けると秋季になるみたいですね。江戸の初期に伝えられたそうですが、赤は嫌われていたんですか。ちなみに東吾さんが好きなまくわ瓜は七月(夏)の季語でした。
moeさん ご本家
2005/8/20
新聞に「西瓜」は俳句では秋の季語だと載っていました。そうなんですか?旧暦の影響でしょうか。東吾さんと源さんがかわせみで冷えた西瓜をぱくつきるいさんがかいがいしく東吾さんのたらした汁を拭いてあげ、それを源さんが照れくさそうに見ながら西瓜を食べている姿が目に浮かびます。がしかし…江戸時代は西瓜の中身の強烈な?赤が忌み嫌われて、あまり食べられてはいなかったそうですね。西瓜が一般的に普及したのは明治になってからだと説明してありました。夏の江戸っ子の風情には西瓜が似合いそうですが、そうではなかったのですね。
はなはなさん ご本家
2005/8/16
金子兜太さんの随筆、昨日の日経の文化欄にも載っていました。同じ内容かどうかはわかりませんが、趣旨は同じであろうと 思われます。どんなときであっても言葉というのは私たちの心に思いとして存在するんだなぁ、と言葉をおろそかにできない気持ちになりました。実感として次の世代に戦争を語り継ぐことは到底できませんが、こうしたお話に反応することができる自分でありたい、胸揺さぶられる世代でよかったと思います。
たまこさん ご本家
2005/8/15
戦後60年、直接戦争を体験していないながらも「戦争を知っている」ほうの世代に入ってしまったこと、きちんと子・孫の世代に伝えるべき事を伝える責任のあることを感じる日々です。今日の朝日新聞の夕刊に、NHK俳句やBS俳句王国でもおなじみの金子兜太さんが、海軍主計大尉として南方の戦地にあったとき、米軍の攻撃にさらされる日々でありながら、その合間に仲間の兵隊さんたちと句会を開き、200句以上の句が詠まれていた記録が、仲間の方の遺品から発見されたという記事がありました。「息の詰まるような生活だったからこそ、自分の中の思いをはき出す必要があった」という金子さんの言葉に深い共感を覚えました。
TERAIさん ご本家
2005/8/13
旧盆やようやくゲットす新装版
この週末は能登の方へでも行きたかったのですが、大雨やお盆で人出が多いためあきらめ本屋へ行って来ました。最近本を置く場所がなく新装版を買うのを控えていたのですが、「白萩屋敷の月」から「鬼の面」までまとめ買いして来ました。やはり蓬田やすひろさんのカバーはいいですね。活字も大きくリフレッシュできそうです。「鬼女の花摘み」は残念ながら置いてなかったのでまたの機会に…。暑いのはまだしも湿度が高いと寝苦しいですね。皆様、残暑お見舞い申し上げます。
みちこ
ろんろんさん
S.ファロウ
2005/8/11
悩みけむ 心なごみて 皆様の
        お声を胸に 日々歩みたり
(体調を崩されたみちころんろんさん)ストレス…って現代病ですよね。人によってあらわれ方が違うけど… 私もこれ以上ひどくならないようにゆったり過ごしていこうと思っています。
のばらさん S.ファロウ
2005/8/8
名句を味わう」コーナーわたしも好きです♪といってもこの雑誌、買ったのは一度きりでいつも立ち読みか図書館のを、たま〜〜に借りてみるくらいなんですが(^▽^;)。添削コーナーもいろいろ「ふんふん、なるほどそうか」と思って読みます。(すぐ忘れちゃうけど…)今日もゆっくり読んでました〜。
こでまり S.ファロウ
2005/8/8
のばらさん、「NHK俳壇」ゲットですか〜。いいなあ。最初の方に鷹羽先生の「名句を味わう」というようなコーナーがありますよね。写真もとっても綺麗で、時々書店でうっとりと眺めています。いいなあ〜。
紫陽花さん S.ファロウ
2005/8/7
源太郎君だぁ〜かわいい!源さんもこうしてみるとパパさんしているなぁ。春霞さん、いつもありがとうございます。すみれさんのお句も「うんうんそのとおりだよ」と思わずうなずいてしまいました。
春霞さん S.ファロウ
2005/8/7
たまこさま、いつも晴れがましいところに展示していただいてありがとう ございます。すみれさまのお句とコラボにしていただいてうれしいです。早いものでかわせみ人形を作り始めてからもうすぐ2年になります。すみれさまがもう20〜30体になるのではと言われて、そんなに作ったろうかと数えてみましたら、未発表のを含めるとやはり30体でした。ここまでに至ったのは一重にあちらの管理人さま、たまこさま、そしてみなさまからの後押しがあったからと感謝しております。
浅黄裏さん S.ファロウ
2005/8/7
たまこさまと違って私の場合は息子がそうなってくれたらなぁ、ですが。←何気なく「まだまだ惑々組」なのを強調!わはは。
たまこさんのお句、三句ともいいですね。特に三句目が笑える…。いえ、笑っちゃいけないんでしょうけどでも爆受けしてしまいました。
朝霧さん S.ファロウ
2005/8/7
二十四節気では今日は立秋なのですね。歳時記の中に「暑さの只中に秋の気配を感じ取ろうとするのが立秋」とありましたがクーラーなどなかった昔の人が、地球温暖化、室外機の変な熱などで悩まされる現代人ほどではないにしてもかなり暑かったことと思います。希望をこめてこの暑い最中が立秋でしょうか。まさにすみれさんの句ぴったりです。
あっちの
管理人さん
S.ファロウ
2005/8/7
まずここに伺ってたまこさんの書き込みを見て焦って表へ伺ったら、いましたいました源太郎君!前髪も可愛らしく、でもお父さん似に凛々しいお姿。いいですねぇ!いつもながら春霞さんのお仕事の細かさに感心します。絣の着物に袴姿、この背丈だとすぐに源さんも追いこされそうですね(笑)(このあとも源太郎ちゃん人形への賛辞が続きました)
すみれさま、トップのお句拝見しました。いくら暦の上とはいえとても秋なんて思えないこの暑さ、源さんの「秋ですな」は当分先になりそうですね。
のばらさん、リサイクルブックフェアーで狙った本がゲット出来たそうで良かったですね。しかも俳句の本とは、のばらさんらしい!これから益々お句に磨きがかかりそう。
たまこさん S.ファロウ
2005/8/7
なんとなく孫に似ている目鼻だち
面・竹刀「金出すから」と嫁に言い
鍛えてね棺桶かつぐ時のため
すみれさんの五七五を拝借した御礼も書かなきゃと思っているうちに先を越されてしまった。一年早いですねぇ。さっそく五七五もお詠みいただき、春霞さんもきっとお喜びでしょう。
「美少年好き」のはなちゃんと違って私はもう祖母バカに走るだけなのが情けない…「やっぱり男の子は剣道習わせるといいんじゃない?」なんて言いたくなったりして。
ところで、春霞さんからのプレゼントは、実はまだあるんですよ〜〜そのうちまた忘れた頃にお披露目があるかも?うしししし。
はなはなさん S.ファロウ
2005/8/7
すみれさまの御作でしたね〜。申し訳ないです、何か書き忘れたと思ったら。の「今朝の秋」もステキ〜。
すみれさん S.ファロウ
2005/8/7
父子鷹ほれぼれしつつ今朝の秋
起きぬけに伺ったら、あら、わたし♪一度に眼が覚めました。昨年『秋ですな』と、皆さんで言いあいっこしていたことをお陰で思い出しました。たまこ様、ありがとうございます。昨年も暑い夏だったけど、今年はなお暑いような気がしますね。
春霞様、畝様人形もキッズ時代へ入りましたか!源太郎さん人形は可愛い、しかも武士の男児のきりっとしたところも表現されていて、いつもながら素晴らしいお仕事に感服しました。
はなはなさん S.ファロウ
2005/8/7
源太郎くんかわいい〜♪前髪のあるうち、というのが異常に好きで〜(美少年大好き♪)「鬼女の花摘み」を読んでも麻太郎くん&源太郎くんコンビが「もうたまらん〜」ぐらいかわいくって。春霞さま、お疲れ様でした〜。やっぱりパパ似のステキな少年剣士、毎度ながら細かいところまで気を遣っていらっしゃるのが素晴らしいです。
たまこさん S.ファロウ
2005/8/7
春霞さんの
畝様人形が
源さん・源太郎に!
人形句は
すみれさん作に!
「秋ですな」言いたいけれどこの暑さ すみれさん
秋立ちて八丁堀の父子鷹 たまこさん
今年は今日が立秋ということですが、暑さは今が盛りという感じですね。それでも甲子園も始まるし、子供たちは暑さをものともせず夏休みを楽しんでいるようです。子供達から少しでもパワーを貰いたいもの…ということで、春霞さんから、待望の「源太郎人形」が届きました!!昨年も、大量の「うねうね横丁綺麗どころ勢揃い人形(?)」を送っていただいたのが夏真っ盛りの頃で、春霞さんのパワーにはただもう脱帽です。回を重ねるごとに、バラエティもきめ細かさもますます増していて、本当に素晴らしいと思います。春霞さん、いつも本当に有難うございます。
のばらさん S.ファロウ
2005/8/6
わたしの今日は(も?)ケチケチ日和でした。図書館で年に一度の「リサイクルブックフェアー」でした。お目当ての「NHK俳壇」9冊ゲットしてきました〜。2002年のだけど(^-^;)この雑誌は閉架にしまってあって、頼んで出してもらう本なので、すごくキレイなんです。昨年は競り負けて涙を飲んだのですが今年は勝った♪
ストレス解消ですが、わたしの場合「もうこれは自分が気にしないようにするしかない」というような時、でも気になる…うう、気分晴れない、という時は、「困ったところで一句!」と思って一句考えてみる(笑)これは結構気分に効きます。ただ出来ないと余計悔しかったりします(^-^;)
朝霧さん ご本家
2005/8/6
初咲きの 紫紺のあさがお すがすがし
管理人様のところに咲いたイラストと同じ色の朝顔が毎朝庭のあちこちで咲き楽しませてくれていて、初咲きのとき詠んだ平凡句
小式部さん ご本家
2005/8/5
時計見て祝言を待つ夏の宵
うちは今年は種をまきそびれ、朝顔市にも行けず、朝顔 なしの夏でした。
すみれさん ご本家
2005/8/5
朝顔も夜まで咲いて時を待ち
(掲示板タイトルのイラストが紫の朝顔に変わり)いよいよ今晩で(NHKドラマ)第3章もおしまい。予告をみると脚本も妄想を膨らませたようで(~_~;) 麻生の父上とるいさんのからみは原作にも祝言前は無かったみたいですからね?楽しみ!
みちこ
ろんろんさん
ご本家
2005/8/5
新旧作 続けとばかりに リクエスト
体調悪い(精神的にかなり落ち込んでます…)のに家族旅行が重なりシンドカッタのですが、ダンナと息子が海に言っている間、ホテルの部屋で「三婆」読んでました(^_^;) 気分転換になるかと思いきや…こでまり様!はっきり言って難しいです。でも、体調悪くても、「かわせみ」から離れられないんですよね〜♪
こでまり ご本家
2005/8/4
四章の 前に期待の 再放送
私からも、暑中お見舞い申し上げます。私は「祝言」が終ったら、またBSで初代ドラマの去年の続きの再放送が始まるんじゃないかしらと、楽しみにしてます。
朝霧さん、ご両親様、お元気そうで何よりですね。朝霧さんの方はPC三昧のようですが、目が疲れませんように。拙作も読んでくださったそうで、ありがとうございます。あれは「春先の妄想」でしたが現実はやはり違うようで、本当に今後の行方が気になりますね。
朝霧さん ご本家
2005/8/4
西日時 妙に寂しき 蝉しぐれ
外はやかましく蝉が鳴いております。今のところ田舎の爺婆が何事もなく過ごしてくれていますので今年は帰省の予定を延ばし、様子をみています。今まで読み残しているところロム頑張ってます。こでまりさま「花月の行方」感激しましたよ。理想の形でお話が進んでいくので、そうだったらいいのにな…と終わった後も麻太郎ちゃんと千春ちゃんのロマンスを発展させて楽 しむことができます。さて平岩先生はどんな展開をされるのでしょう、どんどん時代が進んでゆき、かわせみのメンバーも年を重ねてゆき、原作も早く読みたいとあせりますね。テレビでも第4章を待ち望む声が出ていますね。
朝霧さん ご本家
2005/8/1
三婆の 言葉身に染む 雷様のように
八月のお話UPご苦労様です。きゃはは…の句のごとくどきっ!!
>>すみれさま おなじく身につまされます。「玉菊燈籠」もじっくり読ませていただき、皆様の感想もお勉強になります。ただただ「うーーん」とうなるばかりです。定型の句が好きで「山吹俳句」毎月読ませていただいていますがお勉強になります。自由律とはと思いいま山頭火の俳句を読んでいますがむずかしい。しばらくは「三婆」に悩まされそうです。(笑)
すみれさん ご本家
2005/8/1
三婆の齢を読んで一安心
(拙宅の今月のお題が「三婆」という話題から)今月の「三婆」とは言え、かわせみ△の三婆には違いないぞ…はぁーー身につまされる話だなぁーー(~_~;) 富くじ(宝くじのサマージャンボ)の抽選日も近いらしいし…なんとか五七五に詠めるように励んでみましょうか。