以前の話に戻る

平成17年
  5月のおしゃべりを見てみましょう。
  (掲示板を見逃してたら、ごめんなさい。)

ご本家=「御宿かわせみの世界」さん
S.ファロウ=「Straight Furrow」さん
ヒロチャン=「ヒロチャン's magazine」さん
の略です

提供者 サイト 五七五話
はなはなさん ご本家
2005/6/1
颯々と風わたる頃皐月尽
また間に合わなかった〜。仕事場でロムしていて「しまった、朝書き込まなくちゃ恒例尽句に遅れる〜」と思っていました〜。このところ名古屋はさわやかな風が吹いています。そう暑くもなく、雨も時々降って、今年の夏は猛暑じゃなさそうだと思ったりして。でもはずれるかな〜。ともあれ6月ですね〜。
のばらさん ご本家
2005/5/31
暮れなずむ屋根から薔薇見る皐月尽
もうひとつ「すき焼きの鍋を買ったぞ皐月尽」
つるバラを植えて6、7年。上の方ばっかりしげって切るときは屋根の上から。今日も暮れなずむ屋根の軒先のほうに座るとバラにかこまれていい香り♪日常のあわただしさを忘れる ひとときでした。学校に行き始めると親もいそがしんですよね。うちはあとすこし、親子べったりのラブラブ期間です(^-^;)
フィリピンの森の奥も気になります…。
のばらさん ご本家
2005/5/31
何度でも読んで恋して皐月尽
(この朝「源三郎祝言」を読み「源さんに恋をした」と書いたさっとさんに)いえいえ「何を今さら」なんてとんでもない♪なんどでも話題に喰らいつく猛者ぞろいですから〜(爆) 興奮分かりますよ〜。レギュラー陣の節目節目のお話はどれも本当にグッと来ちゃいます。どうぞどうぞお楽しみに〜〜。たまこさまのストレート・ファロウでは「源さん名セリフアンケート」など楽しいコンテンツもいっぱいですよ(^-^)
小式部さん ご本家
2005/5/31
傘忘れ来た道戻る皐月尽
こんにちは!まだこんな時間(16時46分)なのにもうこんなに沢山出揃ってる〜。みなさま、早い、スゴイ!
昨日、今日と東京は雨。今はあがって陽がさしてます。洗濯物をやっと外に干せます♪昨日から何度も傘を置き忘れそうになりました。お店の中では濡れた傘用のビニールに入れて持ち歩いていても、商品選びや会計の時は邪魔でついその辺にひっかけてしまうんですよね。後でとりにいく照れくささ・・。
麦さま、ななかまどさま、全くもって同感です。我が家も二週連続で子供の運動会でした。4,5月はほんとに学校行事多かった〜。6月は宿泊行事が始まるので送り出すまでがまたちょっと忙しいかな。どこの親もおんなじ思いをしてるんですネ。
みちこ
ろんろんさん
ご本家
2005/5/31
雨あがり緑輝く皐月尽
昨日からの雨がようやくあがり、おひさまが出てきました。窓の外の桜並木の緑がきらきらエメラルドのように輝いてます。初尽句です。お恥ずかしい限り…(*^_^*)麦わらぼうし様の尽句をみたら参加したくなりました。学校行事まだまだですぅ!今週末には体育祭(>_<)!!!
ななかまどさん ご本家
2005/5/31
親子遠足残ってる皐月尽
>麦様  同感同感!4・5月って、「また学校?」というほど、学校へ行く機会が多いですものねー。うちはまだ、幼稚園の親子遠足と懇談が残ってます。うひゃー。
>こでまり様  「尽句」の歴史は、まだ浅かったのですね。私がお邪魔するよりも、何年も前からあったように錯覚していました。
こでまり ご本家
2005/5/31
鮎の骨気をつけ召しませ皐月尽
先日来「S.ファロウ」でご心配をおかけした「半額鮎の小骨」騒動、無事に抜けて安堵の五月末日です。ご心配くださった皆様、どうもありがとうございました。そしてこの夏、店先で「鮎」を見かけた皆様は、「か弱い女性のか細いノドにはこんな小骨も引っかかるのね〜」ということだけ思い出して注意し、「こでまりの奴は半額に目がくらんで痛い目にあったんだよな、うひひ」なんてことは忘れてください!
麦わらぼうし
さん
ご本家
2005/5/31
ようやくに一息つける皐月尽
みなさまの風情あふれる尽句の中に、の句はなんじゃ?お子さんが学校行かれている方々には、共感していただけるのではないかと… 4月から5月にかけて、入学式や始業式、授業参観に役員決め、PTA総会や歓送迎会、運動会と、なにかとあわただしく… 毎年、行事が一段落するのが5月の下旬なんですよね。うちの子の小学校も、先週運動会が無事終わり、やっと普通の日々がやってきて一息ついている今日この頃。夏休みに向けて短縮授業になる7月半ばまでの約一ヵ月半、のんびりできるぞ〜
浅黄裏さま、台湾は6月が卒業の季節なのですか。では、生活のサイクルがまた違うのでしょうね〜
ななかまどさん ご本家
2005/5/31
陽光を貯めておきたし皐月尽
夏至に向かって日が長くなっています。夜は9時間弱しかありません。
台湾は、今が卒業シーズンなのですね。入学や就職シーズンは9月頃でしょうか。欧米型ですね。
浅黄裏さん ご本家
2005/5/31
謝師會の賑わい始む皐月尽
台湾では6月が卒業の季節なので、今週の初め位から「謝師會(謝恩会)」の看板があちこちのお店の前に出ています。
すみれ様の「扇情的ではなく慈しみの目線で」の言葉、感じ入りました。
すみれさん ご本家
2005/5/31
角界も諸行無常か皐月尽
病気療養中だった二子山親方が逝去されましたね。口腔底癌とのこと、55歳の若さ(わたしと同年齢)で さぞご無念だったことでしょう。あのご家族の栄枯盛衰(?)日本中の注目の的ですし、ご葬儀に関しても新聞、雑誌関係が手ぐすね引いて書きまくることになるのでしょう。関心事には違いないけど、扇情的ではなく慈しみの目線で見守ってあげて欲しいと思います。
ぐりさん S.ファロウ
2005/5/31
バラの園 むせ返るような 皐月尽
皆さん早いですね 今日は雨になってしまいましたが、花や野菜たちには恵みの雨生き返りそうです
あっちの
管理人さん
ご本家
2005/5/31
窓叩く近づく梅雨か皐月尽
外は久々の雨、朝からずっと降り続いています。6月といえば梅雨の季節。風爽やかな皐月も今日で終り、本格的な雨の季節が始まりますね。
たまこさん ご本家
2005/5/31
密林の影まぼろしか皐月尽
フィリピンの旧日本兵はどうなったんでしょうね。思えば、私たちの結婚した年はちょうど横井庄一さんが グアム島から帰還のときで、大きな話題になっていました。あの当時ならまだ、親兄弟や親戚とも再会を喜びあえたわけですが、今はご本人たちも80歳を過ぎていてどうなるんでしょう?
TERAIさん ご本家
2005/5/31
若葉萌え風さわやかに皐月尽
5月ももう終わりですか。 風さわやかに、というか昨日などは暑いくらいでしたね〜。
TERAIさん S.ファロウ
2005/5/26
肉球を 作るお吉の 技ありき
NHK総合の「生活ほっとモーニング」に結城美栄子さんが出ていましたね。スタジオで粘土で老猫を作る実演をしていました。近年は犬や猫をモチーフにすることが多いとか。猫の置物にはちゃんと肉球がありました。
はなはなさん S.ファロウ
2005/5/25
面白〜い。まるで打ち合わせたかのようにぴったり息の合ったおふたりの御作ですね〜♪たまこさまの名編集、さすが♪「巻羽織」シリーズもずいぶんバックナンバーが増えていてすっごい贅沢な感じがします。最初のころのたまこさまの「出来るだけ長く保たせなくっちゃ〜」って、今から考えられないくらいの大盛況ですね。
たまこさん S.ファロウ
2005/5/25
コシキブさん、麦わらぼうしさん、早速「はいくりんぐ」への御作を拝借させていただきました。五七五の二重奏(?)という試みは初めてなんですが、お二人とも看板デビューの上に、ちょうど同じシーンを詠んでいらっしゃるのが何ともぴったりで、ちょっと狭苦しいのですが、ご一緒に入れさせて頂いてしまいました。東吾さんと源さんの息の合ったやりとりにも思えていいですね〜。それにしても、お二人とも、巻羽織句初めてだったっけ?という感じです。こでまり宗匠の看板デビュー「狐の嫁入り」は三部作だったので覚えていたんですが、二回目は実はすっかり忘れていて(汗)HP(↓)に行って確認しました。改めてサイクルが速くなっているのも確認しました〜なんとゼイタク〜〜
のばらさん S.ファロウ
2005/5/24
看板いいですね!「なんて贅沢なんだ〜うしし」といいながら作られたのかも♪
麦わらぼうしさん S.ファロウ
2005/5/24
キャ〜♪たまこさま、ありがとうございます!まさしく今、天にものぼるほど舞い上がっております!小式部さま、ご一緒できて嬉しいです(*^。^*)よろしくお願いします♪
花みずきさん S.ファロウ
2005/5/24
看板、いいですね〜こういうのもいい感じですね。ますます、「巻羽織」のお句が増えますね、楽しみ〜 私もと思いつつなかなか出来ない「巻羽織」です。
すみれさん S.ファロウ
2005/5/24
たまこ様、早わざですね♪二枚看板もまたイケてます。
小式部様、麦様、初看板おめでとうございます♪私もはじめて載せていただけた時は、天にものぼるほど舞い上がった事を思い出します。たまこ様やこでまり宗匠の乗せ上手にちゃっかりと乗ってしまいましょう。(~o~)
こでまり S.ファロウ
2005/5/24
巻羽織初挑戦のお二人のお句、早速のUPですね!コシキブさん、麦さん、おめでとうございます♪私も初めての時は嬉しかった〜(もちろん二度目でも嬉しかったけど) 新人さんにピッタリな雰囲気の看板で、とっても素敵です。最近架け替えのペースがますます速くなって、たまこさんちの看板、すごく増えましたね。
コシキブさん S.ファロウ
2005/5/24
わあ、うれしい たまこ様、私の拙い作品を採用してくださってありがとうございます!麦様と肩を組んで喜びを分かち合いたいでーす。いやあ、励みになるものですねえ。またまたがんばろうと思いました。
浅黄裏さん S.ファロウ
2005/5/24
巻羽織句が
コシキブさん
麦わらぼうしさん
作に
面やつれ?精悍と言え巻羽織  コシキブさん
病み上がりそれもまたよし巻羽織  麦さん
おおっ♪看板が変わりましたね。お二人の競作になってて素敵。こういうの初めての試みですよね?日々進化する巻羽織句。
すみれさん S.ファロウ
2005/5/21
小満や花を訪ねる散歩道
冬の間は家に引きこもって居た義母も最近は外の様子に関心を示します。車椅子で近所をひとまわりするだけですが、家々の玄関先の色々花が咲き揃いだしてとても喜んで見ています。車椅子からの目線だと、プランターや地面から咲いている花が丁度良い具合に見えるのです。義母とわたしの良い気分転換におおいに役立ってくれます。雨の季節になる前に沢山散歩できると いいなあ(*^_^*)
すみれさん S.ファロウ
2005/5/17
空の巣に独りつばめの遊び来て
我が家の駐車場の蛍光灯に何年も前につがいのつばめが作っていた巣が残っています。昔は隣近所の家々につばめの巣があったものですが、田畑がどんどんコンクリートに替わって行きつばめもだんだん来なくなって、さびしいですね。この前、古い巣に未だ独りらしいつばめが偵察に来ていました。でも、この巣は不合格になったようでその後、みあたりません。看板のつばめさん、空高く飛んで気持ち良さそうですね。のばら様の素敵なデザイン、この季節にぴったりです。(*^_^*)
こでまり S.ファロウ
2005/5/16
看板が変わってから、こちらもツバメをよく見かけます。「あっ、巻羽織だ」って思うことも。
紫陽花さん S.ファロウ
2005/5/15
のばらさんの看板も五月ぽくて素敵だし(家にもつばめがきています)
蛍さん メールで
2005/5/13
烏の子 かぼそき脚や 一歩づつ
まだ羽根も生え揃っていないようで、よちよちと歩く烏の子にガンバレ〜と遠くから声をかけたりして、可笑しいですね。もう庭にはいなくなりましたので、きっと自分で空を飛ぶのを覚えたのかも知れないです。
蛇苺 申し訳なさそに 見え隠れ
とっても可愛いのに蛇苺なんて名前で呼ばれて、可愛そうです。真ん丸い苺を葉陰に見つけたときに、とても綺麗でした。
のばらさん S.ファロウ
2005/5/13
早速アップありがとうございます。皆さまあたたかい感想ありがとうございます。TERAIさまのどこか飄々としたお句に似合うようにと考えてみました。小式部さま 「栞に」なんてうれしいです〜〜。もうジャンジャン印刷して使って頂きたいくらい(爆)
たまこさまの「巻羽織の色も感じさせて…」という感想、そういえばそうかも!うれしい発見ありがとうございます〜。
コシキブさん S.ファロウ
2005/5/13
看板さわやかですね。たまこ様プロデュース、TERAI様とのばら様のコラボですね。みなさま眼福をありがとうございます。印刷して栞にして「かわせみ」にはさみたい位です。
はなはなさん S.ファロウ
2005/5/13
一気に初夏に衣替えですね〜。壁紙とすごくマッチしていてステキな看板ですね♪ TERAIさまの茶目っ気ある御作もばっちりです〜。採用おめでとうございます〜。のばらさま、たまこさまお疲れ様です♪
TERAIさん S.ファロウ
2005/5/13
たまこ様、拙句を採用していただいてどうもありがとうございます。 のばら様の看板デザインとても素敵ですね。今日の夜は「花御堂の決闘」ということで、先日もう一度読み返していたところです。
たまこさん S.ファロウ
2005/5/13
巻羽織句が
TERAIさん作に
身の果報女に惚れられ巻羽織
「第三章」第一話「花御堂の決闘」放映記念!ということで、のばらさんの第二弾をさっそくアップです!御句は毎月「初日投句」で有名(?)なTERAIさんの御作でした〜 お二人様ありがとうございます♪♪ 季節も春から夏へということで、のばらさんが燕をデザインしてくださったんですが、燕の羽の黒色が、巻羽織の色も感じさせてお洒落!ですね。
こでまり メールで
2005/5/13
牛蛙のお句、クスリと笑っちゃいました。お散歩中のことだそうですが、ヤマトくんの反応はどうだったのでしょう。目が合ったらビックリして、ジャンプしたかもしれませんね。あっ、ジャンプするのは猫かな。ヤマトくんなら吠えちゃうかな。球根のお句からは、お母様のウキウキとした様子が伝わってきます。その後おかげんはよろしいのでしょうか。お大事になさってくださいね。
季語って面白くて、「○○」と「○○の子」では別の季節の季語ということもありますし、○○だけじゃ季語にならないのに「の子」がつくと季語になるってこともあって、日本人の敏感な季節感を改めて教えられますね。
蛍さん メールで
2005/5/12
こでまりの 花びら散らす 風むごく
こでまりの花は庭に咲いています。もうそろそろ終わりのようで、ほんの少しの風にも小さな花びらが散ってしまいます。ああ〜もったいない〜と思ってしまいました。
見られてる 背中に気配 牛蛙
球根を 植える母の手 弾むらし
牛蛙は散歩中の出来事です。葦の陰から見つめられていて、 ギョッとしました。見つめてくれるのは牛蛙だけか〜。(笑)
烏の子のことをたまこさまの掲示板で話題にさせていただきました。そこで一句…と頑張ったのですが(笑)、これはリタイアです〜。驚きました、「烏の子」って夏の季語だったのですね〜。改めて歳時記って良く出来ている思いました。
はなはなさん S.ファロウ
2005/5/10
メモを持ち歩く、カッコいい〜♪私は持ち歩かないタイプかな。うーんうーん、とPCの前で毎回唸りながらひねるのが恒例です〜。なかなかかっこよくなれない〜。作品はそれぞれの世界があるもの、自分の持っているものを素直に出すことが大事かなぁと最近特に思います。小式部さまにはコシキブさましか作れない世界がありますし、どんなにのばらさまの世界にあこがれてもはなはなじゃ絶対詠めない句もありますし…。私らしい句ができたら、と思います。
たまこさん S.ファロウ
2005/5/10
蛍さん始め皆様、素敵な母の日だったようですね。うちは息子も娘も親不孝ぞろいですが息子の嫁さんだけはいつもプレゼントを贈ってくれて有難く頂いています。カーネーションが安くなっていたかどうかチェックし忘れましたが(笑)五七五になっていたとは、ななかまどさんに言われるまで全く気がつかなかった!
五七五といえば、皆さんメモ帳を持ち歩くなど、日頃から精進されているのですね〜。私はメールの下書きフォルダに入れてあるだけなので、外で思いついたのを帰ってからPCに入力すると「なんか違ってたかも」ということがよくあります。でも手帳に書くと「落としたら恥ずかしい」とか思ってしまったり。いや単に面倒くさいだけか?
のばらさん S.ファロウ
2005/5/9
小式部さま ヤダ〜〜、全然お気になさることないですよ〜〜とわたしも思います。それにしても佳作には取っていただけましたが、取られなかった他の句でなくて、なんでこの句だったのかよく分からなくて、数打ったのが当たったってことだな〜と思ってます(^-^;)小式部さま自信がないなんて〜。コシキブさまの句にはわたしもうならされてますよ〜。
そして浜藻宗匠の捌き加減の絶妙さにはわたしもホレボレ。(先日やっとアマゾンで「つらつら椿」をゲット♪今読んでます)こでまり宗匠はご謙遜されてますが、昨年のミニオフでお会いしてからますます「宗匠〜〜♪」とお慕いしてしまってます。「ぎゃ〜〜!だからそういう事言うのやめて〜!」と宗匠が叫んでるかも。うひひ。(^m^)
わたしは寝る前のふとんの中でよく考え込んでしまうんですが、そのまま寝ちゃって、翌朝思い出せないんですよ〜。で、「よく出来たと思ったのに!なんだっけ〜〜(>_<)」と思います!なんか傑作だった気がしちゃうんですよね〜(爆)こでまりさまも同じなんだ!ささっとメモをするコシキブさま、きっとかっこイイことでしょう〜〜♪わたしはお気に入りの万年筆があって、子どもが寝た隙にその万年筆片手に句作するとき「フフ、かっこいいかも♪」と一人悦に入ってます(^▽^;)
蛍さん S.ファロウ
2005/5/9
小式部さんもですか〜。実は私も小さいメモ帳を持って歩いているのですよ〜。私は散歩のときに田圃の周りに咲いている花とかを詠む機会が多いものですから散歩グッズのなかに入っています。一刻、携帯にメモしていたのですが、その携帯が壊れてしまって詠みためたものが全部ぱーになってしまってから、やっぱりメモ帳に戻しました。メモしておけば無くなりませんものね〜。
こでまり S.ファロウ
2005/5/9
小式部さん、メモを持ち歩くクセがつきましたか。うふ。いつもは持ち歩いていないのですが、私も俳句用のメモを決めています。私のは「無印良品」の「文庫ノート」です。ちゃんと栞用のひもまでついているので、便利なんです。車を運転している時なんかに「ふっ」と浮かぶことがあって、そんな時に限ってノートを持っていない、で、そんな時に限って傑作のような錯覚をする!の繰り返しです。一応公民館用とりんぐ用に2冊使っています。
ところで、小式部さんが水をさしたなんて思っていませんよ〜。どうもこでまりと宗匠と浜藻様とが△の世界で混乱をまねいているみたいで(汗)、実物のこでまりに会った日には、二度とそんな間違いは起きないはずなんですがね〜。あはは。コシキブさんの言葉選びの巧みさには、いつもうならされている私としては、これからも大いに楽しませていただきたいと思っています。
コシキブさん S.ファロウ
2005/5/9
毬門の「敷居が高くなった」発言は私が最初だったと思います。自分の自信のなさから出たひとことでしたが、かえって皆様のお喜びに水を差すことになってしまい、こでまり宗匠はじめ「音の一句」入選のみなさまにお詫びしたいと思います。「浜藻シリーズ」を読んで感動したのは、連衆仲間ならば身分も職業も超えて親しく交わえる、という点でした。かわせみ△はまさにそういうところだし、はいくりんぐを主宰しているこでまり様もそういうお考えのかた。ご受賞と「毎月の575」を 結びつけて考えるのが間違いでした。ごめんなさい!コシキブは言葉遊び大好きですから、そのノリで責めていきますよ!いつ思いついてもいいようにメモ帳持ち歩くクセがつきました。キャー、そんな自分がかっこイイ!などと一人悦に入ってます…。
ななかまどさん S.ファロウ
2005/5/9
明日からは カーネーションが お買い時
たまこ様 ちゃんと五七五になってますね!すごい!
こでまり S.ファロウ
2005/5/9
ななかまどさんのお嬢ちゃん、愛らしいですね。小さいお子さんの視点や発見って、その時だけのものでしょ。それでみんなが笑えたり、「?」ってなったりというのも、ご家族のいい思い出ですよね。でもそのままにしておくと、いつかうすれてしまうかもしれないけど、こんなふうに五七五で残しておくというのも、とってもよい方法だなって感じました。
「音の一句」以来、なんだか拙宅の「門が狭く」なったり「敷居が高く」なったりと、勘違いさせてしまったようなので、ここは一発、いえいえ一言申し上げたいと思うのですが、拙宅はあくまでもただの遊び場。もし、参加条件があるとすれば「かわせみが好きな方」ということくらいでしょうか。もちろんお仲間内から多くの人に認められる作品が出ることは、やっぱり嬉しいことですが、お互いに認め合いながら少しでも各々が自分らしい表現ができるようになれたらいいなと思っています。これからもどうぞよろしくお願いします。
たまこさん メールで
2005/5/9
山寺の朝雨上がる柿若葉
義母の納骨も無事にすみ(関東と違ってお骨は壺から出して埋めるのですよね。文字通り土に返すというやりかたでした。地域というより宗派の違いなのかなぁ。)
義母の俳句は、全部作ってしまった後で前書きに一つミスプリがみつかり(号泣)ましたが、皆よろこんでくれて、義兄とうちの分と思っていた分も持っていかれてしまいまた作らなければならなくなりました。でも句集が出来たのは、義母の姪(冷し飴を用意する係だったオバサンです:笑)が作品を記録してくれていたおかげなので、私のせいではないのです。
たまこさん S.ファロウ
2005/5/8
ななかまどさん、五七五創作パワー満開ですね〜。「柏餅」の御句、まさに我が家もその路線ですわ。明日からはカーネーションがお買い時って(笑)
ななかまどさん S.ファロウ
2005/5/7
五日過ぎ たんと買い込む 柏餅
皆様、温かいお言葉、ありがとうございます。これからも、いろいろあるでしょうが、でんと構えて暮らしていきます。わたくし、今回の件でますますオバサンくさくなったし、もともと少なかった品性がいっそう減るし、句を推敲する時間も激減したし…、このまま毬門の末席を汚していていいでしょうか。最近、レベルが上がっているのに。といいつつ、居座るつもりですが。
かわせみを 「かいけつゾロリ」に 攫われる
今、子どもの世界でブレイクしている「かいけつゾロリ」。ここ数ヶ月我が子らも子どもながらにがんばってくれたので、ご褒美に買ったのですが、私の「かわせみ」購入は当分、先延ばしに…。
兜とは ごんべさんかと 娘は訊ね
下の娘の質問ですが、質問の意味がわかるまで苦労しました。締められている兜の緒と、ごんべさんの手拭いの結び目が、オーバーラップしたようです。幼児の視点は謎です。
すみれさん ご本家
2005/5/6
ゆらりんと花をささえて藤の棚
連休の後の雨、こちらは静かな春雨です。西のほうは降ってるようですね。近くの公園、桜が終わって躑躅がきれいに咲きだしました。ここには他にも藤棚があってちょうど満開、淡い藤色の花がたわわに咲きそろって見事です。子供の頃にはこの下でよく遊んだものです。今は幹を守るために 通路以外は通れなくしてあるけど、藤の上品な花や香りは十分楽しめます。
この花、やはり、るいさんを連想してしまいます。来週からは第三章の ドラマも放映開始、ご常連のチェックが厳しくなるのでしょうね。
はなはなさん S.ファロウ
2005/5/5
ななかまどさま どうなさったのかなぁと思っておりました。大変だったのですね、今もきっとご心労は続いているかもしれませんが、ご家族皆さまで乗り越えられたご様子が何よりでした。いろいろなことをくぐりぬけて詠まれる御作はまた格別の味わいがありますね、長い冬をようやく越えられたというか…深いですね。
ぐりさん S.ファロウ
2005/5/5
ず〜とお見かけしないので、どうされたのだろうと思っていました 大変だったのですね、ご心痛だったでしょうね、でも乗り越えられて良かったですね 早速の句に ななかまど様らしさを感じます(他にも励ましの声多数)
ななかまどさん S.ファロウ
2005/5/4
姐さまの こころくばりに 励まされ
久しぶりにやってきましたら、拙句が畝様人形句に!!嬉しいです〜〜☆以下の事情で、ますます、じーーんとしました。
我が家の年度替わりは、「夫、危うく失業か?」という結婚以来の大ピンチでした。さいわい、勤め先は何とか危機を乗り切り、夫も同僚も首がつながって、一安心です。お給料大幅減額は痛いですが、家族一同おまんまに事欠くことはなく、感謝感謝でございます。というか、やっとそういう気持ちになってきました。
解け残る 雪が真北を 示しけり
やどりぎの 主より早き 芽吹きかな
変化(へんげ)して 大海めざす 雪娘
これ春よ 逸るでないと 坐禅草
浅黄裏様が行かれた台湾からは、冬場にいっぱい観光客がみえます。雪や氷が珍しいからですよね。花みずき様が行かれた九州は、私が子供時代を過ごした地です。もうほとんど覚えていないのですが…。
こでまり S.ファロウ
2005/5/4
紫陽花さん、こちらこそすみません。そりゃ〜私だって紫陽花さんの涙には弱いわよ(>たまこさん)
前回のイラストは独り占めさせていただいたのですが、今回のは我慢できなかったぁ。それにぐりさんのようなネコ好きな方にもぜひ見せてあげたいなんて思ってしまったし。でもせめて、先にお断りしておくべきでした。ごめんなさ〜い。
千姫さん S.ファロウ
2005/5/3
拝見の栄に喜ぶ弟子がおり♪
紫陽花さん、泣き止んで。これを受け取った人だけで楽しんでいるちゅ〜のは、罪ですワ。私はたまこさんの味方をさせて貰います、たまこさん、これからもよろしく〜。(他にもイラストに癒されてます等々の声多数)
[毬/玉]は猫の名前か問う子あり
…お粗末でした
のばらさん S.ファロウ
2005/5/3
花みずきさまもお引越し、九州ですか!すごいなあ〜〜。方言とか食べ物とか風物とか、いろいろ面白い話題聞かせてくださいね♪575もまた是非ご一緒に♪本当にお引越しの方もたくさんおられて、生活が変わってもまた今までどおりお話できてネットや掲示板がありがたいです。浅黄裏さまの「台湾で575」も面白そう!(と勝手に期待♪)
たまこさん S.ファロウ
2005/5/3
紫陽花の涙に弱き[毬/玉]なれど
(紫陽花さんがオマケに送ってくださった白猫ちゃんのイラストを嬉しさのあまりここでUPしたら、S.ファロウにもUPされていて、紫陽花さんを「しくしく」と泣かせてしまいました)「ぎゃ〜」はいいけど泣かれると弱い私です〜(「毬」のほうは知らないけど)でも、紫陽花さん自分でも言ってるとおり、「こっそり」で始まったのが呼び物になるケースは多い、いやそれが正常なパターン(?)になっているので、今回も許してちょうだいね(だって可愛すぎるんだも〜〜ん)。
たまこさん S.ファロウ
2005/5/3
(しばらくご無沙汰だった花みずきさんが、実は九州に引っ越されたことがわかり)かわせみでは九州といえば、琴江さんと麻太郎くんがしばらく生活していた所でもありましたね。これで北海道から九州、いや台湾までの「かわせみ」ファンつながり嬉しいな〜。お忙しい毎日と思いますが、九州からのお便り・投句お待ちしてますね♪
こでまり S.ファロウ
2005/5/2
「人形句」の方もいいですね。「馬鈴薯=源さん」と思えばまさに源さんを詠んだ一句。先日の「俳句スペシャル」の会場の一つが函館でしたが、あちらも春らしい様子が画面から伝わってきて、連休には桜が咲くというお話を聞きながら、ななかまどさんを思いました。
たまこさん S.ファロウ
2005/5/2
ご本家の掲示板は、素敵な鉄線の花になっていますね。昨年、のばらさんに歳時記にも描いていただきましたが、鉄線は大好きな花の一つです。
拙宅掲示板のほうは、北海道の桜が散るまで、もう少しこのままにしておこうかなと思っています。「春灯」看板ともよく合っているしね〜〜そして、北海道といえば、「源さんの花は馬鈴薯の花!」とおっしゃったのは、ななかまどさんですよ〜
昨年9月にこちらの仲間入りされたななかまどさん「じゃがいもの花は、マリー・アントワネットの髪を飾った花でもあります。食糧難の時代、じゃがいもをPRするために、王妃の髪に花を挿したそうです。宮廷の恋と源さんの恋、フランス革命と日本の幕末がオーバーラップして、私にとっては、源さんの花は、絶対にじゃがいもなのです〜。」とのことだったですね。俳句クイズに馬鈴薯の花が出たり、かわせみ登場人物を植物に例えると…みたいな話が出たり、ベルバラ話題で盛り上がったりしていたと思いますが、じゃがいもの花の季節となり、しばらくトップページはこれでいこうかなと思っております。ななかまどさんお元気でお忙しいことと思います、北海道はきっと各種の花がいっせいに咲いている連休でしょうね。
はなはなさん S.ファロウ
2005/5/2
畝様人形句が
ななかまどさん作に
馬鈴薯に苦あり楽あり花もあり
トップページの御作が替わっていますね〜。
季節もさわやかな5月らしい御作、北海道は桜はまだのようですが、お花はいっせいに咲くのだそうですね。馬鈴薯もそうなのでしょうか。白くて目立たない、でもちょっと紫がかって花芯が黄色くて、可愛らしいお花ですよね〜。
ところでたまこさまの「源さん」って野菜に例えるともしかして「馬鈴薯」なの〜?(笑)