以前の話に戻る

平成17年
  4月のおしゃべりを見てみましょう。
  (掲示板を見逃してたら、ごめんなさい。)

ご本家=「御宿かわせみの世界」さん
S・ファロウ=「Straight Furrow」さん
ヒロチャン=「ヒロチャン's magazine」さん
の略です

提供者 サイト 五七五話
はなはなさん ご本家
2005/5/1
出遅れて泣く泣く詠むる卯月尽
昨日は留守していたので全くネットをのぞけませんでした〜。目に青葉、そろそろ初鰹の声も聞かれそうです。一昨日お向かいのお家の角のこでまりがあんまり綺麗で真夜中にこっそり一枝いただいてしまいました。ちょっとだけ、春をお部屋に欲しかったのです〜。すぐに初夏なのですけれどね。半袖が恋しい毎日です。
のばらさん ご本家
2005/4/30
移りゆく季節おいかけ卯月尽
今日も暑かったです(>_<)!ばてそう〜〜。季節が駆け足で移っていって、置いていかれそうです。もともと早春が好きなので例年4月の終わり、チューリップ が終わっちゃう頃が淋しくて淋しくて苦手なのですが、管理人さんのお句、かっこいい〜〜!!粋〜〜!これからだっていい季節よね〜〜♪といっぺんに気持ちがパッと晴れました。今日、こでまり?!と思ったら「おおでまり」を見ました♪お花が次々咲いていくのも楽しみですね。すみれさまのお句もしんみりしすぎない面白みがなんとも味わい深い感じです。もう「青葉」という感じの山の色ですね。「菊桜」はTERAIさまに伺って初めて知りました。兼六園も一度行ってみたいです。たまこさん!「老」夫婦は早すぎ〜(^▽^)でもそのひとことにお孫さんがかわいくて「じじばば」を楽しんでおられるような感じもこもってるような気がします〜。(考えすぎ?)皆さま今月の尽句もふるってます。おいていかないで〜〜。
蛍さん S.ファロウ
2005/4/30
上野山 恐竜闊歩 卯月尽
昨日からお江戸に行ってまいりました〜。本当に久しぶり〜のお江戸です〜。連休初日とあって上野のお山も物凄い人手でした。桜はすでに散ってしまっていましたから花見とは行きませんでしたが、不忍池の周りを散策したりと少しお江戸の気分に浸って参りました。今回の目的は、有名な「スー」に会いたいと思い切って出かけました。博物館の前の行列を見たときには一瞬ヒビッテしまい、「やめようかな…」と迷いながらそれでも「スー」の迫力には圧倒されました。恐竜、大好きなのですよ〜。この地球を恐竜たちが支配していたと思うと、出きるならタイムマシンに乗って行って見たいです〜。でも食べられるのは嫌ですが…。(笑)
たまこさん ご本家
2005/4/30
異国より嬉しい便り卯月尽
あっちの管理人さんのオープンカーのお話は以前にもちょっと伺っていましたが、日本ではまだオープンカーで走るって珍しいですよね?すご〜くリッチな感じがする〜〜それも今日のような日に、緑の道をひた走るなんて映画みたいですね!兼六園の菊桜も見たいなぁ。私達老夫婦は孫のお守で近所の徒歩3分の公園だったけどそれなりに青葉若葉を満喫しました。の嬉しいお便りとは?拙宅掲示板をご覧下さい♪
たまこさん S.ファロウ
2005/4/30
冬ざれて音は籠もれり土の中
ご本家を始めこちらにも「はいくりんぐ」にもご常連の浅黄裏さんがしばらくご無沙汰で、どうされていらっしゃるかと思ってらっしゃったと思いますが、実はこの4月より、台湾台北市へご主人の転勤に伴い、転居されておりました。ネット環境が整うまでしばらくかかるので、代わりにお伝えくださいという事でしたので、私よりご報告申し上げます。早く台北からのアクセスが出来て生の声が聞けるといいのですが… そして、はなはなさん、のばらさん、こでまりさんに続き、浅黄裏さんも三重県の「音の一句」に、佳作入選されていたのでした!!
というわけで、皆さんからのお祝いメッセージを含めた「音の一句」はこちらから
ぐりさん ご本家
2005/4/30
桜散り 後祭り来て 卯月尽
きょうは、半袖でいいくらいの陽気です 昨日は地区のお祭りだったので さっき玄関をにぎわせて清めていってくれました GWもどこへも出かける予定はないのですが この陽気、ついどこかへと出かけたくなります
こでまり ご本家
2005/4/30
こでまりの便りちらほら卯月尽
本州の桜は東北方面に届き、北海道でも間もなくですね。「花みずき」「木蓮」などとともに「こでまり」も咲き始めて、まだまだ花は楽しめそうです。
すみれさん ご本家
2005/4/30
目に青葉お経唱えて卯月尽
TERAI様、管理人様の綺麗な尽句のあとに野暮な句になりました。トホホ。お寺さんの七日参りにお坊さんが「ご唱和を・・」、俄か信者はお経も知らず、経本のしるしを頼りに「南無阿弥陀仏・・」回を重ねる毎に馴染んできましたよ。明日は満中陰の法事、さて、上手くご唱和できるかな?
あっちの
管理人さん
ご本家
2005/4/30
駈けぬける緑の道よ卯月尽
すっかりGWモードの管理人ですが、みなさんはどんな休日を過されているのかな。「菊桜」初めて知りました。ネットで検索して見ましたが菊の花にも似た華麗な桜ですね。我が家から車で5分も走るとまるで箱根かどこかにいるようなドライブに絶好の場所があります。休みの日に車の幌を上げてオープンで走ると青空と樹々の緑が一体となってとーっても気持がいいんですよ。この空気を吸ったら、都会の空気は吸えないなって思っちゃうんですよ〜
TERAIさん ご本家
2005/4/30
菊桜咲いて迎える卯月尽
兼六園の「菊桜」は4月下旬〜GWが見頃とのことで、先日見に行ったら見事に咲いていました。
ぐりさん S.ファロウ
2005/4/30
看板フイルムって言うところが又素敵ですね それに春灯の句とボワーッとしたところが良くあっていると思いました
たまこさま お孫さんとの楽しい忙しい一日うらやましいです でもこの歳になるとお孫さんとの一日も疲れそうですね
のばらさん S.ファロウ
2005/4/29
春灯しハードな一日癒しけり
すみれさまのお句、華やかでそして面白くてクスッと笑えて素敵です♪「春灯」の季語がぴったりですね。喜んでくださってよかったです♪雷蔵さんが好きで、ちょうどBSで映画産業華やかかりし頃の時代劇の映画をお昼に見てまして、その影響もあるんでしょうか。「花御堂」のお話はその頃の映画になってもよさそうな、動きのある派手なお話だなあ〜と思いましてフィルム風のデザインにしてみました。
たまこさま 楽しい疲労感のある一日だったご様子ですね〜。お孫ちゃんもドンドン大きくなれて、ますます楽しい&もうたいへ〜〜ん(>▽<)!と言ったところでしょうか(^-^) うちは今日夫のお友達(会社の同期の方)が来られてて、妻ぶってお料理しましたさ〜。わたしももう何度もあったことのある方で、緊張することもないし楽しかったです。でもやっぱり普段よりはがんばって掃除したり、ちょっとハードな一日でした〜。
たまこさん S.ファロウ
2005/4/29
昨夜、寝る前に看板アップだけして、今日お知らせをと思っていたら、すっかり遅くなってしまいました。今日は、息子夫婦がもう少し広い家を探して不動産屋巡りをするというので、昼前から孫を一泊で預かり、先ほどようやく寝かしつけるまで幸福かつハードな日を送っておりました。
今回は「花御堂」に多数いただいた巻羽織句の中から、すみれさんの「春灯」の御句をお借りして、そしてそれに本当にぴったりな素敵な看板を、のばらさんが速攻作ってくださいました。看板全体が映画フィルムのイメージになっているそうです。すみれさんも早速喜んでくださって嬉しいです。
すみれさん S.ファロウ
2005/4/29
桜と若葉が朧な夜にふわぁーっと浮かび上がってるようですね。春灯をこんな素敵な看板にしていただきました。嬉しいな♪♪たまこ様、お忙しい中、ありがとうございます。大型連休入りの日は春雨ではじまりました。雨で洗われて木々の若葉がいっそう色鮮やかで正にみどりの日♪来年からは昭和の日になるかもーーみどりの日は5月4日になるとか??
はなはなさん S.ファロウ
2005/4/29
蛍さま「瑠璃の空」なんてステキな御作でしょう♪すぐ色彩が浮かんで嬉しくなりました。山吹句会、私も拝見しましたよ〜。「犬ふぐりの星座」は私もはっとしました。大好きな野のお花なんですが、「空」に「星」なんて名前がちょっと(笑)なお花でも愛らしい風情が皆さんに愛されるのでしょうね。他にもステキな御作がおおいですよね〜。「残る雪ザクザクと」の春を待つ気持ちがいとおしいです。もうひとつ「卒業の歌全身で聞く」というのも…。万感せまる御作だなぁ。。。
「看板」も変わりましたね♪幻燈を見ているようでうっとりの図柄ですね。「春灯」って甘い感じの言葉ですよね。ロマンチック系源さん、おたま姐さんにお千さんとアヤシイ夢をごらんになって〜(←妄想)何となくぽわ〜っとしてるのかな。
蛍さん S.ファロウ
2005/4/29
巻羽織句が
すみれさん作に
春灯もてて妬かせて巻羽織
続けて済みません。投稿したら看板がパッと変わりました〜。\(^o^)/ えっと、すみれさまのお句でしょうか…。ぼんやりとともっているのは、本当に春灯のようですね。ほゎぁ〜とした色合いがお句の雰囲気と凄くマッチしています。焼餅はるいさんの専売特許のようなものですが、お千絵さんにも要らぬ心配をさせて、源さんも罪なひとですね〜。(笑)
蛍さん S.ファロウ
2005/4/29
瑠璃の空 こぼれ落ちきて 犬ふぐり
山吹会拝見致しました。印象に残ったお句は、『落日を…』のお句です〜。ゆったりとした春の海の雰囲気がとても好きです。
最近の散歩のときに作ったものですけれど、生意気で申し訳なのですが、題材が同 じだったので嬉しくなりました。とてもとても比べものにならないお恥ずかしい句ですが、今田んぼにいっぱい咲いていて、とても可愛いです〜。
たまこさん S.ファロウ
2005/4/28
義母の句集(というほどのものではないんですよ〜単にエクセルに入力してプリントアウトしただけ)、娘が製本すると言っていたのですが、連休前半に高校時代の友人の結婚式があって忙しい(先輩じゃなく同級生なのに…早すぎる?!)とかで成り行きが怪しくなっています。洋服を買いにいったり二次会を計画したりで忙しいのかと思ったら、まず部屋の掃除をして招待状を見つけ出すことから始めるというのだからマッタク!!そのくせ「色つきの短冊という発想がださい」とか言うことだけはエラそげなので頭にきています。
こでまり S.ファロウ
2005/4/27
たまこ様〜、お義母様の「句集」、だいぶ仕上がりましたか?たまこさんのことだから、きっといろんな工夫がされているのでしょうが、来週お集まりになられる皆様にとっては、何よりの一冊になるでしょうね。できればいつか、拝見したいものです。
はなはなさん S.ファロウ
2005/4/25
BS俳句スペシャルはとてもよかったようですね〜。題詠でしょうか、「はいくりんぐ」だと「今月のお題」ですね〜。句会も大物ぞろいで見ごたえが合ったのではないでしょうか。サイトへのアップも楽しみですね〜。
拙作へのお言葉も嬉しい〜♪あとで読んでみて「ちょっとうっとおしいかも…」と思い始めていたところだったので〜。
こでまり S.ファロウ
2005/4/25
BS−俳句スペシャル、見ました。季題は金子兜太さんから「子猫」、稲畑汀子さんから「麗か(うららかに、うららかや、春うららなどもOK)」そして鷹羽狩行さんから「入学(入学式、入学児、一年生もOK)」の三題が提出されました。金子先生のお話で面白いと思ったのは、最近は栄養がよくなって秋にも子猫が生まれるけれど、もとは春先のさかりの時期を経て今頃になると子猫が生まれてくるので、やはり「子猫」は春らしい季題だと思うと話されたことです。あと、地方会場からは松山会場が「夏めく(夏めきて)」宇治会場が「遅桜」函館会場が「風光る」の季題が出されました。
「俳諧味」の鷹羽先生のお話、私も興味深く聞きました。先生は「大きさは誰にもまけぬ一年生(だったかな?)という句を選ばれていたと思います。本当にふふふと笑いが出てしまう、でもあたたかな句ですよね。
今回は30回記念ということで、ナント上記の先生方に宇多喜代子さん、そしてゲストの小沢昭一さんと大山のぶ代さんの6人で特別句会がありました!以前にも書きましたが、毎回選句をしながらの金子VS稲畑のトークバトルが面白く(どちらも引かない)、なのでこんなメンバーで句会をすることはこれまでなかったそうです。もちろん句も感想もとても面白く勉強になりました。選ばれた99句と特選については、この後BSのサイトの方で発表されるそうですよ。関心のある方は、ご覧になってみてください。
歳時記も拝見しました。はなはなさんの作品からは、「春愁」という言葉が立ち上ってくるようです。のばらさんのイラスト、こちらは今を盛りと咲く花々に目が行きがちな中で、ひっそりと咲いている風情が、はなはなさんのお句とピッタリな雰囲気で素敵ですね。
のばらさん S.ファロウ
2005/4/24
はなはなさまのお句には情感がいっぱいで、つたないイラストは申し訳ない〜〜と思いつつ皆様の温かいお言葉に甘えてそれこそ懲りずにかいてます。
すみれさまと同じ心境です〜〜。毎月皆さまの句にうなって、「ああ、もうひとがんばりだあ(>_<)」って思ってそれでも懲りずに作ってます。「はいくりんぐ」だから、と皆さんがおられるから続いてるんだろうなあ、と思います。
ぐりさん S.ファロウ
2005/4/24
私も終わりのほう少し見ました「子猫」「遅桜」「入学」 の三つが題だったと思います 猫の句は好きなのたくさんありました「目が合って〜」私も好きでした『老犬〜」もいい情景の句と思っていました「ハエと一緒に〜」もほのぼのとした句ですね、村が牛を飼っているので蝿がたくさんいるのだと言う話でした。飛び飛びにしか見ていないのであまり分からないのですが、かなり長い時間の番組だったようですね。BSはこういうところがいいですね、以前にも桜の特集を見たことがありますがとても良かったです もっとゆっくり見たかったと思いました
歳時記とても良かったです はなはな様の春の句いつもながら素敵です、春欄の素朴な(他のランに比べて)感じがとても好きです
はなはなさん S.ファロウ
2005/4/24
歳時記アップの、たまこさま、のばらさま、ありがとうございます。 しっとりしていて美しいページになっていて…はなはなの乱暴な(笑、だってあっちこっちへ視点が飛び、五七七だわ字余りだわ)拙作が恥ずかしいぐらいです。
のばらさまのイラストは、長い葉が風になびいているようで、微妙なグリーンの使い分けや細い線の表情がたまらないですね。春蘭のしとやかさが際立つようです。のばらさまが「春蘭」を描かれたというのはちょっと前に聞いていたので、季語はあまり派手なものは使いたくないなぁと思っていました。
そのものズバリのビジュアルが浮かぶより「春の物憂さ、けだるさ、愁い」のようなものをイメージとして詠みたいなぁと思っていたので、もしそう読み取っていただけたらとても嬉しいです。もう少し長持ちする「初夏」の季語も使ってみようかとも企てたのですが、カラダとアタマがまだ「春らんまん」で、「初夏の私」にはとてもなれなかったので安直に「春」で統一してしまいました〜。わはは、ごめんなさいね、がさつで〜♪
「俳諧味」のお話、すごく納得です。ただただ感情に流されたり、叙景だけではだめなんですねぇ、やっぱり。詠まれている状況のビジュアルが浮かぶのもいい句の証拠かもしれませんね。 わたしもBSが見られないので、こういうお話嬉しいです♪
すみれさん S.ファロウ
2005/4/24
たまこ様、ありがとうございます。この俳句からみるに、お題は動物か生き物だったのですね。俳諧味、ユーモア、ペーソス、etc・・ですか。そうなんですねぇ。感性と表現力がもっと欲しいーとはいつも願っておりますが願うだけで付くものでなし、トホホ。今月の五七五をみてもため息です。と言いながら、懲りずに作っていくのでしょう。(恥)
たまこさん S.ファロウ
2005/4/24
老犬が眼で追ふ路地の子猫かな(小沢昭一特選)
最後のほうをちょこっと見ただけですが、小沢昭一さん選句の紹介の中で「これがいいな〜」と思っていたら、やっぱり特選になったので嬉しかったです。大山のぶ代さん特選の「目が合うてうちの子になる子猫かな」は「子犬かな」だったらまさにE/Fさんですわね〜(大山のぶ代さんたら、NHKでさかんに「どらえもん」の話をしてるんだもん可笑しい〜) どなた選だったか忘れましたが、「分校の蠅といっしょに入学す」だったかな?小さな分校で、新入学の一年生が一人だけで寂しいけど蠅がいっしょだったというのも印象に残りました。
鷹羽狩行先生だったか選者のどなたかがおっしゃっていましたが「俳諧味」ということ、やっぱり俳句は美しいとか良く出来ているというだけじゃなく、ユーモアとかペーソス、しみじみ感というものが必須なんだなと思います。最近すっかり怠けていて、NHK-BSの俳句を見るのも久しぶりだったんですが、見始めると面白くてつい見てしまいますね〜。
すみれさん S.ファロウ
2005/4/24
はなはな様と、のばら様のコラボ相変わらず素敵で、春の余韻 (上手い表現がみつからないーー)を感じます。情感が溢れていますね。♪
今の時間、NHK-BS2で俳句スペシャルを放映中らしいーー 別宅にはBS入ってません、残念!!ご覧になった方、どんな様子か教えてください。
たまこさん S.ファロウ
2005/4/24
そうは問屋がおろさない、その手は桑名のナントカで、真砂屋手代は仮の姿。突然、絵師紫陽花となって作品を発表するのだ(笑)。もちろん、仮の姿の間は、のばらさんがしっかり担当してくれます。一つ一つ交替になるより「今度はどっちかな」というほうが、皆さんもお楽しみですよね(私が一番楽しみ)。
はなはなさんの作者の弁は、とくに伺っていないのですが、やっぱり「春蘭」に合わせて「春」のいろいろを詠んで下さったのだなと思います。よく聞かれるんですが、歳時記の始まった当時は何の絵なのかという事も、まったくお知らせしないままで句を詠んでいただいていました。のばらさんが入ったあたりで、テーマもかなり広がったので「何の絵か」という事だけはごく簡単にお知らせしますが、作品を見るのは、はなはなさんもアップの時が初めてなんですよ〜。(合わないのがある時は、私から知らせて差し替えることになっていますが、今までのところそれはありません。手抜きともいえますが(爆)なぜかいつもピッタリと思うのです。)
紫陽花さん S.ファロウ
2005/4/24
歳時記拝見しましたよ。はなはなさんのお句はどのお句にも“春”の文字が使われていて(意識して使われたのかな?)本当春らしくて素敵。次々とはなはなさんのいろいろな作品が拝見できてわたしは楽しいのですが、忙しいのではないのでしょうか?負担になっているのではと心配です。
のばらさんのイラストは繊細でやさしい感じが好き!わたしにはないものです。はなはなさんの歳時記ともぴったりだし。もう紫陽花のは出てこないので皆さん安心してくださいね(わたしが一番ホッとしている)紫陽花は駿河の真砂屋で手代をしています(笑)
のばらさん S.ファロウ
2005/4/23
アップありがとうございます〜。本当に、はなはなさま怒涛の執筆月間ですね〜〜。今回もはなはなさまらしい雰囲気のあふれる、さすがのお句の数々!柔らかい春の印象でした♪絵のほうは久しぶりにわたくしでございます〜。昨年の頭から紫陽花さんのお忙しいときの穴埋めに〜くらいのつもりでお受けしたのに、結局数回しか描けずかえってご厄介になってしまいましたが、又よろしくお願いいたします♪
春蘭についてのいろいろなことは初耳で面白かったです。「春蘭秋菊倶に廃すべからず」というのも知りませんでした〜〜。数年前に夫と元気だった犬と近所の山歩きをしているときに、自生の春蘭を見まして、その時撮った写真を元に描きました。なんともいえないいい色で、地味なのに春らしい存在感があって印象的でした。
たまこさん S.ファロウ
2005/4/23
はなはな歳時記
のばら画集より
想ふことふたつある春永の部屋
ゆるゆると春の扉はひらきゆく
風吹いて春着の寒さ少し泣く
春朧こころの外に花は散りゆく
揺れてまだ求めて足らぬ春宵の
紫陽花さんの節分草から大分たちましたので、今回はのばらさんにバトンタッチとなりました。はいくりんぐ「花御堂の決闘」と共にお楽しみくださいね。はなはなさんはこの春、「春雷」「雪野」「翡翠京恋桜幻想」と怒涛の大作連打の上、五七五のほうでも相変わらずの実力を発揮されていて、お仕事も忙しい中ですっかりお世話になりました。連休はゆっくりお疲れを休めて頂きたいですが、そうもいかないでしょうか?
はなはなさん メールで
2005/4/22
春嵐破りし夢は苦か楽か
さっき、うたた寝の盛大な延長(笑)を、大風に破られました。何だかいい夢だったのか悪い夢だったのか、判断に迷うような、でもずっと見ていたい夢でした。和泉式部には「夢」を題材にした歌が多いと聞きました。
たまこさん S.ファロウ
2005/4/20
行く人の傘華やかに穀雨かな
西日本では風が強かったようですね。こちらは、風はそうでもなかったですが、雨の一日でした。あっちこっちにビニールの傘袋立てが置いてありました。前を歩いていた中年の女性が、服装は全く家で働いていたそのまんまで出てきた〜っていう感じの黒っぽいジャージみたいのだったのですが、傘だけ黒地に白い大きな花がパーっと華やかなのをさして歩いていたのが印象に残りました。
「山吹句会」を拝見すると、春らしいお財布に買い換えたという句がありましたが、お財布のかわりに、たまには春らしいフェミニンな傘でも買ってみようかな〜。いつもビニール傘か、夫のお古の傘のどっちかだからねぇ。でも傘って、男物の大きいのが便利なんですよね。
のばらさん ご本家
2005/4/20
管理人さま出遅れましたが、すごい数ですね〜。おめでとうございます。豊富で深いコンテンツに楽しい掲示板、こんなに充実したサイトですもの〜、賑わうのも大納得♪改めてありがとうございます!はなはなさまキリ番げっとおめでとうございます〜。すみれさまの句も素敵♪♪そういえばトップページの真ん中あたりに扇があるんですよね〜〜。
こでまり ご本家
2005/4/20
管理人さん、いつもありがとうございます。今日は久々の雨模様で名残の花も散りそうですが、すみれさんの素敵なお句のお祝い、はなちゃんも嬉しいと思います♪
すみれさん ご本家
2005/4/20
舞い扇射ぬくきり番はなの雨
管理人様、40万アクセスおめでとうございます。そしてきり番をはなはな様がゲットされた事、大納得♪です。管理人さまのこまめな作業にいつも感謝しながら楽しんで飽きることがありません。このサイトに無くてはならないお方、はなはな様には華麗な才能の一端を披露してもらってなお楽しみをいただいています。
あっちの
管理人さん
ご本家
2005/4/20
この日の未明
ご本家が40万
アクセスを達成
キリ番ゲットははなはなさんでしたか。いつもありがとうございます!そしていつもこんなに沢山の方々にお訪ね頂いて本当に感謝しております。これからも初心忘れず、楽しいHP作りを心がけて行きたい と思っておりますので、お気軽に遊びにいらしてください。だけど開設した当時は40万アクセスなんで想像もしませんでした。なんだか自分でビックリしちゃいます(笑)でも嬉しいな〜!
お祝いメッセージがこの後たくさん!
こでまり S.ファロウ
2005/4/19
蛍さん、「山吹」の方を読んでくださってありがとうございました。「小説の〜」のようなゆったりとした時間を持ちたい方、今は特に多いでしょうね。で、実は今月の句会が都合で1日早くなってしまいました。いつも当日ギリギリに(句数もギリギリ)作っている私には、イタイ1日なんです〜(泣)まいったなあ。
E/Fさん S.ファロウ
2005/4/18
花びらに じゃれてころがる 仔犬かな
ホント捻りなしでごめん!(^^; ハッハッハ。とうとう、仔犬もらい受けちゃったーーー。ハッハッハどーーしよぉーー。まーでも1代目のコが無くなってちょっと気抜けした感じだし。ある新聞に息子さんが高血圧症で、しょっちゅう倒れていたのが、犬を飼いだしてから血圧が平常値で続いているとか書いてあった。ウチの母もそうなんで。少しは「カンフル剤」となってくれるかなー?などと思っておりますが。
でも、前のコも同じくらい小さい時に来たのにもう育て方忘れてまして(^^; まーとりあえずは、離乳犬用ドッグフード+首輪+ペットシート を買いました。さて?どーなるかにゃ〜?(^^;
蛍さん S.ファロウ
2005/4/17
山吹会の皆様のお句、拝見させていただきました。私のような者が感想などはまったく生意気で申し訳ないのですが、皆様の自然への優しい気持ちが、凄く伝わってまいりました。同じような経験をしているのに、皆様のように言葉に表せられないのが情け無いです〜。『小説の…』本当ですね〜。日向ぼっこしながら本の世界に入り込んでいる自分を想像してしまいました。
たまこさん ご本家
2005/4/16
管理人さん「言わせてみたい『春ですな』」拙宅源さん句データベースにしっかり頂きです〜〜来年春はもうこれで決まりだ!
あっちの
管理人さん
ご本家
2005/4/16
源さんに言わせてみたい「春ですな」
(大阪・造幣局の桜の話題から)私も先日TVニュースで造幣局の通り抜けの桜を見ました。綺麗ですね〜こちらは先週末がちょうど見頃で、もうすっかり終ってしまいましたが、まだまだこれから綺麗な桜が見られる所が沢山ありますよね、日本列島を桜前線が通り抜けている最中ですものね。皆さんどこでどんな桜をご覧になったかな。
すみれさん S.ファロウ
2005/4/13
嵐山はな幻に集いきて
       一夜の夢や酔うあや錦
(4/12はなはなさんのうねうね新作「翡翠京恋桜幻想」がUPされ、頭の中に桜の花びらが舞った人多数)はなはな様、なんて豪華絢爛な!大勢の配役を見事に仕切って、まるで自分も美人女優(ここら辺から幻覚だぁー)になって見事な衣装に身を包み、舞台にでている心持になって一気に読み通してしまいました。未だにお話にたぶらかされ続けております。(うとっり) はなはな様お見立てのすみれ色のお着物、ほんとに着てみたいなぁー (自分の容姿はすっかりとんでしまっているぅーー) 加賀の国からはるばる京へ上ってきてほんとに良い思いをしました。
こでまり S.ファロウ
2005/4/12
昨日家に帰りましたら、郵便受けに三重県の文字。はなはなさん、のばらさんと同じく佳作のお知らせが届いておりました。のばらさんもだったのね〜。おめでとうございます♪
去年ものばらさん入選のお知らせがあり、皆さんから盛大にお祝いメッセージが届いた後に自宅に帰ったら家にも届いていたという、間の悪さの再現です。でも、またご一緒に選んでいただけて嬉しさもひとしおです。それもこれも、何が(多忙な仕事・思わぬ災害など)あろうと「五七五」を搾り取ろうとする油断も隙もない管理人のせいではなく、ひとえに参加者各位の自主的な成長の賜物です。
のばらさん S.ファロウ
2005/4/11
はなはなさま音の一句おめでとうございます♪♪改めていいお句ですね〜〜。芯から冷えるさむうい日のキーンとした静けさを思い浮かべました。毎月のお句にも歳時記にも貫禄すら感じますからやっぱりなあ〜〜って感じです!
それからえへへ(*^-^*)うちにも今日三重県から封筒がきました♪わたしも佳作に取っていただけました。去年は4月1日に来たので、しばらく郵便受けが気になってたのですが、もう今年はダメね(T_T) とガッカリだったのでうれしいところに、はなはなさまもご一緒でうれしさ倍増です!「はいくりんぐ」ばんざ〜い♪
こでまり S.ファロウ
2005/4/11
ちょっと掲示板からご無沙汰しておりました、皆様お久しぶりでございます。ご無沙汰していた間に、こちらもご本家もどんどん回っていたようですが、いきなり自分の話題に引っ張り込むマイペースです。
で、何が嬉しい報告かっつうと、はなはなさんからメールで、三重県の「音の一句」佳作にはいられたそうでございますぅぅ♪おめでとうございます♪♪ 実は最近私も、それとなく郵便受けを気にしていたのですが(がはは)、どうも今年はダメみたいです。でもお仲間からまた入選者が出られて、本当に嬉しいです!! なんと、あのはなはなさんが恥らっておいでなので(わはは)、ここは私が口火を切らせて頂きましたが、お句についてはいずれご本人から紹介していただきましょうね。本当におめでとうございました〜。
すみれさん S.ファロウ
2005/4/9
お母様の俳句をまとめる作業、ほんとに良いご供養になりますね。ご主人公認でPCに取り付いていられるからなお良いじゃないですか?ウフフ たまこさまのことだから、素材サイトなどあれこれ工夫なさって素敵なものが出来上がることでしょう。ご主人のお許しがもらえたらこちらでも拝見させてくださいね。
たまこさん S.ファロウ
2005/4/8
ヒロチャン有難うございます。お寄せいただいた御歌に御句、本当にそのとおりの気持ちです。千姫さんも、桜の季節にお兄様を亡くされたと伺いました。私も実家の父は、もう35年も前ですが4月下旬の八重桜の満開のとき、そして今回義母は咲き初めた桜と共に逝き、感慨深いものがあります。
ヒロチャン S.ファロウ
2005/4/8
さまざまの事を おもひ出す 桜かな
私のところのブログで桜を書いたときにコメントをいただいた中からお持ちしてしまいました…桜を見て思い出すことをかいたのですが…千住物語のjusinさんからは 芭蕉さんの句を
ゆくそらに はるのさくらが あればいい
井戸端会議へようこそのえむりんさんから三波春雄の辞世の句を
旅立ちは 桜に送られ 渡る橋
あは〜、この駄作は私ですが…そうですねぇ、桜を見るたびに思い出すのことのつらさせつなさはありますが、必ず思い出すので、これも残されたものへの伝言と受け止めることにします。たまこさんもまたほかの皆様もきっとそうであると思うので……
あっちの
管理人さん
S.ファロウ
2005/4/8
ヒロチャンのお歌、とても素敵です。この季節、桜の花を見るたびに思い出すことが供養なのかも知れませんね。
たまこさんはお義母様の句集を作成されるということで、きっとご家族にとって素晴らしい思い出になることと思います。いつもの歳時記の編集センスからして、とっても素敵な句集になりそうですね。
ヒロチャン S.ファロウ
2005/4/8
いつの日も 時を忘れず咲く花は
           ときに誰かを共にいく
白寿を前に逝かれたお話。それは 皆様にとっても心残りのこととお察し申し上げます。でも、桜の花を待っての旅立ちにその潔さも伝わってくるような気もいたします。
はなはなさん S.ファロウ
2005/4/7
たまこさま 奮闘中ですか〜。きっとステキな句集になることでしょうね♪いいご供養だと思います。私の知り合いもなくなったご友人の句集を作りました。思い出や人柄を偲ぶのにとてもいいアイデアだと思います。
のばらさん S.ファロウ
2005/4/7
たまこさま素敵な俳句集がんばってくださいね(^-^)「適当に」というのがムツカシイのよ〜といいながら奮闘なさってるたまこさまが目に浮かびます。
たまこさん S.ファロウ
2005/4/7
皆様、義母の旅立ちにお心のこもったお言葉を本当に有難うございます。ホームでまとめてくれた句のほかにも、親戚がメモしておいてくれたものがかなりあって、三十五日までにパソコンを使って適当にまとめられないかと夫が言うので、ついうっかり(?)「歳時記」をクリックして「こんな感じ?」と言ったら「そうそう、そんな感じでやってくれ!」ということになってしまいました。ありゃりゃりゃですけど、結婚以来、何も出来なかった親不孝ヨメのせめてもの恩返しになればと頑張ってみることにしました。またまた種々の更新が後回しになりそうですが、何とぞお許しのほどを。
千姫さん S.ファロウ
2005/4/7
お悔やみ申し上げます。私は親戚が皆近くにいますので、急な知らせを受けた時の色々な支度を考えると大変なんだろうなぁ、と思います。いざ、という時は気が張っているけれどどうぞ、お疲れの出ませんように。「生かされて日々有難し花こぶし」今ちょうど、こぶしの花が満開です…
のばらさん S.ファロウ
2005/4/6
謹んでお悔やみ申し上げます。遠いところを大変だったと思いますがお義母様のお人柄がしのばれる和やかな雰囲気のご葬儀だったのですね。俳句の短冊も何よりのお形見ですね。
ぐりさん S.ファロウ
2005/4/6
まだ蕾も ほころびぬ春に 逝きたもう
お悔やみ申し上げます本等に身内を送るときはただただあわただしい中に過ぎてしまいますね。
葬式とか、法事と言うのは日頃疎遠な方にも会うことが出来て。。。。な一面もありますね、これもなくなった方のご縁で合わせてもらえるんですね
はなはなさん S.ファロウ
2005/4/6
花咲いて永の旅路を見送りぬ
お悔やみ申し上げます。お身内を見送るのはどんなときでもあわただしくて、何やら夢中のままに過ぎて行くものではないでしょうか。どうぞじゅうぶんお疲れを癒していただければ、と思います。お義母さまの御作、お人柄と予感を感じさせて感慨深いものですね。及ばずながら心ばかりお見送りをさせていただきます。
コシキブさん S.ファロウ
2005/4/6
お義母さまのこと、お悔やみ申し上げます。タイトルの俳句を拝見してもお人柄が偲ばれるようです。俳句のお形見なんて素敵ですね。俳句がわかるたまこ様の手元に残ってよかった。お義母さまもそう思っていらっしゃるのでは…。
たまこさん S.ファロウ
2005/4/6
生かされて日々有難し花こぶし
突然、留守にしまして失礼しましたが、皆様お心のこもったお言葉ほんとうに有難うございました。何度か危ないと言われて持ち直していた義母ですが、今回はさすがに年が明けて数えの百歳ということで本人ももういいと思ったのかどうか、5月の満の白寿を待たずして逝き、通夜と告別式、その後すでに初七日の法要まで済ませて、昨夜遅くとりあえずこちらに戻りました。
義母は若くして夫を亡くして、苦労も多かったようですが、多数の甥姪にも慕われ地元のつきあいも広く、最後まで地元で過ごして、最後は4人の孫息子に棺を運ばれ、山川を見晴らす寺の墓地で眠って幸せかなと思います。
老人ホームに入ってから、ホームの俳句の会で句の楽しみを覚えたようで、きれいに短冊に書いて綴じて頂き「お棺に入れてあげてください」と渡されたのですが、焼いてしまうのはあまりに勿体ないので形見に取っておくことにしました。タイトルの句はその中の一つで、まぁどの程度本人の作品といえるのかは疑問なのですが、私の見た中では一番おばぁちゃんらしいかなと思ったものです。葬式といっても、歳が歳ですし、久しぶりに集まった親族一同の宴会みたいで、曾孫達は走り回るし、笑えること続出の明るい葬儀で写真の義母も笑っているようでした。あ、お経のあと冷やし飴は出なかったです(笑)けど、私が勝手に一人で帰る前に飲んできました(東京では手に入らないので) 皆様のあたたかいお言葉、携帯からも読ませていただいて、感謝しておりました。
はなはなさんの素敵な御句も嬉しいです。拙宅の新しい背景と看板を詠んでいただいたと早とちり(爆)しましたが万博会場の風景とのこと、大納得。帰りの新幹線にも、名古屋からはそれらしい親子連れなどがたくさん乗り込んできました。
はなはなさん S.ファロウ
2005/4/5
花さそふ風吹く山はうすみどり
昨日は愛知万博に行って来ました。昼からだけ、それもイベントの下見打ち合わせが目的なので、そうゆっくりはできませんでしたが、それでも昨日は7万人以上も入場していたらしく、結構な人出でした。実はマンモスより見たかったイタリア館の「踊るサテュロス」が見られたのがとても嬉しかったです。
万博会場の東部丘陵はもともと森林公園があったところ。芽吹きを待って春の気配がいっぱいでした。こでまり宗匠もたまこさまもおでかけですが、ちょっと五七五で景気付け♪この陽気で名古屋ももうすぐ花見頃になるのかもしれませんね。
あっちの
管理人さん
ご本家
2005/4/3
千姫さま、今日はお兄様のご法要だったのですね。満開の桜とともに逝かれたお兄様、去年の千姫さまのお句にそんな深い意味がおありだったとは。添えられた紫陽花さんの桜と戯れる湯呑み君と茶たく君には今見ても癒されます。
平岩先生の「花の影」という小説では、一人の女性の一生を桜の花になぞらえて描かれています。華やか故に悲しい、そんな印象の小説ですが、毎年美しく花咲かせる強さもある、桜って私達日本人とって特別な花なのかも知れませんね。
紫陽花さん ご本家
2005/4/3
うれしいお言葉ありがとうございます。なぜそんなにあいつらを可愛がってくれるのか紫陽花には理解できませんが、いてもいいのかなとちょっとほっとしています。
千姫さんの昨年の桜のお句につけさせていただいた時はこんな馬鹿げたものを人様の俳句につけるなんてどうしましょうとおろおろしたんですが、あんな奴らでも役にたったのなら幸いです。今日が法事だったんですか。お疲れ様でした。忙しかったことと思います。ゆっくり休んでくださいね。
千姫さん ご本家
2005/4/3
ぱっと咲き ぱっと散りゆく 桜かな
桜咲く 命短し 嬉々と舞え
散る桜 その姿さえ 美しく
この桜の五七五は去年4月のはいくりんぐのお題「江戸の子守唄」の時に作ったのですが、お題には関係なく去年4月に亡くなった兄の、病気の進行の早さ、命の短さに対して、心の中の怒りから出てきた五七五なんです…。桜が満開の時に兄が亡くなり、もう1年がたちました(今日は兄の法要でした)。あの時、偶然にも紫陽花さんの茶托君とお湯のみ君の絵が私の五七五に添えられていたんです。随分、癒されたんです…
紫陽花さん ご本家
2005/4/3
はいくりんぐのお願いの件も了解しました。わたしはもともと数ができないからといいかと思ったんですが、もしかして「湯飲み茶たく」が邪魔なのかもと心配になりました。スペースとるし、雰囲気は壊れるし…あのお屋敷の茶箪笥にでも片付けましょうか?ということをこちらに書いてもこでまりさんは当分留守でしたね。(この後留守のこでまりに代わり、皆さんから「片づけてはならん!」との声が。感謝!)
はなはなさん S.ファロウ
2005/4/3
千姫さまの御作はイケてますね〜。そうそうそうなのよね〜と納得ですわ♪
千姫さん S.ファロウ
2005/4/3
たまこさんのお義母さん、心配ですね…。しばらく覗く事が出来なかった間に看板がかわっていて、いつもならギャーギャー騒いで喜ぶところなのですが、今日は自粛気味にお礼を申し上げます。背景も春らしくていいですね。
コシキブさん S.ファロウ
2005/4/3
千姫さまの巻羽織句は、語感もよく、源さんの人柄を表していますよね。
麦わら
ぼうしさん
S.ファロウ
2005/4/3
看板、いいですね〜千姫さまのお句、最高です!ホントに源さんにぴったり!のばらさまもおっしゃっていますが、看板と壁紙の色合いもいいですね。看板の緑と花びらと題名の緑と名前のピンクがすごく合ってます♪
のばらさん S.ファロウ
2005/4/3
看板の色合いと壁紙の色合いがいつもながら素敵です。お句のほのぼの度ともぴったりです!
蛍さん S.ファロウ
2005/4/3
看板が変わっています〜。お千さまのお句ですね。源さんそのものってお句に手をうってしまいましたよ〜。お千さんのユーモアたっぷりのお句は、拝見していて楽しいですね〜。どこから生まれるのかな、そのユーモアは…。私も欲しい…。
たまこさん S.ファロウ
2005/4/2
巻羽織句が
千姫さん作に
野暮と言う 野暮に気づかぬ 巻羽織
掲示板看板のほうは、千姫さんが「はいくりんぐ」に寄せられたもので、こちらも春霞さんのお人形写真を拝借しました。ちょっと十手に右手をやって、真正面よりはほんのちょっとずれた角度、このショットすごくいいですよね〜〜えっ、隣に何かヘンなものが見えてる?何でしょう?
(この直後たまこさんのお義母様の容体が変わり、急遽出発されました。皆さんからはお見舞いメッセージが次々と)