以前の話に戻る

平成16年
  8月のおしゃべりを見てみましょう。
  (掲示板を見逃してたら、ごめんなさい。)

ご本家=「御宿かわせみの世界」さん
S.ファロウ=「Straight Furrow」さん
ヒロチャン=「ヒロチャン's magazine」さん
の略です

提供者 サイト 五七五話
あっちの
管理人さん
ご本家
2004/9/1

ここまで一連の
お話ということで
8月にUPしました。
こでまり宗匠もびっくりの「葉月尽」五七五でしたね。こういう遊びって大好き!昨日の宗匠の書き込みにたまこさんが返していたので、ぜひ私もと早速書いたら、今度ははなはなさんが…ということでこんなに沢山の「葉月尽」が集まりましたね。このノリの良さが当掲示板ご常連の嬉しいところですね。
さ、宗匠今日はいっぱいお持ち帰りですね(笑)
こでまり ご本家
2004/9/1
一夜空けたら「葉月尽五七五」が並んでる〜!今月はPC不調につき「みんな大好き」も少なめだったのですが、(すみません)最後にこんなに盛りだくさん!ありがとうございます。
七歩さん ご本家
2004/9/1
葉月尽飛行機雲にとび乗りたし
今月の五七五、頑張らなくちゃあ!これから本を探しに行きます。
浅黄裏さん ご本家
2004/9/1
夜も明けて昨日となりし葉月尽
小式部さま〜お久しぶりです。こちらでもお目にかかれて嬉しいです。食蟲飯店で小式部さまを発見すると「おおっ♪」と思ってしまいます。うちも昨日通信簿に押印してました。
小式部さん ご本家
2004/9/1
日常に帰る準備の葉月尽
もう葉月も終わってしまいましたね!いやー、ここ数日のいそがしかったこと!子供達には「宿題やれ!」ってどなってたのに、母たる自分はなんにもしてなくて、あわてて通信簿の返信欄を書き込んだり、それこそ買ってきた雑巾にヒモを縫い付けたりしてましたよ。おんなじですねえ。
たまこさん メールで
2004/8/31
彦根鮎食い尽くしたり葉月尽
今日、彦根の鮎は最後のを食べちゃった(結局炊きこみご飯が好評で雑炊はせずご飯ばっかり)のですが、綾部からも「鮎飯の素」というのが届きました。これは油あげや野菜など他の具も一緒になっているいわゆる「五目飯の素」で、鮎の開きになったのが2尾ついていました。食べ比べてみるのも一興です。(彦根鮎は彦根オフで見つけた鮎の干物のようなもので、とっても美味でした!)
蛍さん ご本家
2004/8/31
線香の香りくゆらし葉月尽
おっと…、しばらく考え込んでいました。辛気臭くて済みません。「九月のお話」拝見しました。今月は頑張らねば〜と思っているのですが…。ほのぼのとしたシーンが大好きなお話です。
のばらさん ご本家
2004/8/31
風すぎて虫の声聞く葉月尽
昨日の台風は本当にすごい風で怖かったです。書き込みしようとしてしばらく「葉月尽…」と考えこんでしまいました〜。やっぱり乗っかりたくて(^-^)
浅黄裏さん ご本家
2004/8/31
雑巾を求める影や葉月尽
今日、日も暮れようとする頃、雑巾を買いに自転車で走ってました、笑。 あると思っていた買い置きがなくて、少々焦りました。雑巾は前はミシンで縫っていたのですが、針には引っかかるし、面倒くさいしで今は買っています。名前を書けるようになっていて、かつ安いんです。古タオルで作ると「その汚れ!ちゃんと洗ったのか」と先生から チェックも入りそうですし。たまこ様、何気なくヒーローものの「お名前タグ」などを縫いつけると お孫さん呼び寄せの強力な武器になるかもしれません。
はなはなさん ご本家
2004/8/31
昼下がり陽おとろえて葉月尽
9月のお話、なかなかに曲者かも♪でも香苗さんのおろおろぶりに義弟・東吾さんのおとぼけも好ましいいいお話ですよね〜。重陽の節句、着せ綿した菊酒なんて飲んでみたいなぁ〜。
あっちの
管理人さん
ご本家
2004/8/31
朝夕に秋を感じる葉月尽
たまこさん、お孫さんを手なずける策をあれこれと考えているようで、源さんならぬお孫さんに鼻の下を伸ばしてるばーばですね〜
重陽の節句、「今日のひとこと」用にしっかり準備してます!
たまこさん ご本家
2004/8/31
宗匠の尻馬に乗る葉月尽
今日は「八月尽」というのかなー「葉月尽」というのかなと考えながら帰ってきたら、タイミングぴったりに宗匠が詠まれておられるじゃ〜ないですか(嬉)
白粉花の打ち倒れ居る葉月尽
こちらでは雨はそれほどでもなかったですが、風は今日もかなり 強かったです。今年は酷暑に加えて台風の被害も多く…一日も早い 復旧をお祈りします。
雑巾がパックで売れる葉月尽
どなたかがどこかで「新学期に学校に持っていく雑巾はこだわりで縫う」と書いておられて「どんな縫い方をするんだろう」と思っていたんですが、夏休み最後の日コンビニや100円ショップで雑巾をパック詰にして売ってるのを見て「そうか〜買わないでうちで縫うということね」とようやくわかりました。うしし「学校に持っていく雑巾も縫っておいたから取りにおいで」と夏休みに孫を呼び寄せる策が出来たわい。しかし、私は家で使う雑巾は古タオルを縫わずにそのまま使うんですけどね〜。そのほうが洗って広げて干せるので気持ちいいし、破けてきたら切って使い捨てのボロ布にします。学校でも古タオルを持って来させるのじゃダメなのかなぁ。(あ、 孫呼び寄せ策が使えないか)話題がずれてすみませ〜ん。「今月のお話」(この日発表した九月の御題「千手観音の謎」)これもとってもさわやかな好い話ですよね。そういえば重陽の節句ももうすぐ!
こでまり ご本家
2004/8/31
ただじっと風やり過ごす葉月尽
ゆっくりと進んでいた台風も、やっと通り過ぎてくれました。こんな時は家の周りの物が飛ばないようにするくらいで、やはり無力ですね。こちらも午後から晴れてきました。
TERAIさん ご本家
2004/8/31
風の音も 不気味なるらし 野分の朝
昨晩は 一昨日のオリンピックの夜更かしの反動で大風を気に留めることもなく寝たのですが、現在まだ風が強く、建物が揺れて、風の音が不気味です。
春霞さん S.ファロウ
2004/8/30
肩の手は 蔭での苦労を ねぎらいて
肩の手の 温もり肌に 染みわたり
(春霞さんのお写真には畝の旦那がおたま姐さんの肩に手をかけている後姿が…)たまこさん あちこちコブができてません?一枚の写真がこんなに妄想を掻きたてる材料になるとは思ってもみませんでした。のつもりだったのですが...。   
のせた手が 思わぬ騒動 ひき起こし
たまこさんが畝さまとのツーショットを合成しておられたのを見て、今回画像をお送りするのをいい機会だと肩に手をのせてあげたのです。畝さまファンには余計なお節介でしたかしら。あぶないのにしなくてよかったァ。
七歩さん メールで
2004/8/29
母の墓まつばぼたんは抜かざりき
季はずれの笹鳴きにあう墓参かな
水枯れて葉群れの隙より西瓜縞
PCが回復して良かったですね。待ちわびていましたよ。 またご厄介になります。なんとかひねり出した苦作(?)です。
七歩さん S.ファロウ
2004/8/29
年寄りも火膨れしそう 巻羽織
春霞さまの、お見事というしかない人形の出来栄えにただただ舌を巻いております。このところ、皆様の豊富な知識に彩られた話題についていけず、ロムするだけの傍観者でしたが、こんな立派な作品を見ては黙っていられず、一筆啓上します。それにしても、たまこさまも幸せですね。みんなから慕われて、そのうえ源さんにも優しく肩を抱かれるなんて、napoのような野暮天もヤキモチを焼いています。
春霞さん S.ファロウ
2004/8/28
「秋ですな」と目を細めたる巻羽織
(源さんを囲んでうねうね横丁の住人が勢ぞろいした写真がとともにお句も看板にUP)帰ってきてPC開けたらビックリ!たまこさん早〜い。もうUPされてて、それにたくさんの方からの書き込みもあって嬉しくて疲れが吹っ飛びました。有難うございました。
TERAIさん メールで
2004/8/28
秋風に ビ−ルも苦し 風涼し
マイPCが戻って良かったですね。たまこさん同様、催促するようで心苦しいのですが、いずれ宜しくお願いします。あっご無理なさらないでくださいね。
ヒロチャン ヒロチャン
2004/8/27
日記から
萩の庭 嘘でもいいから 電話して
父が逝って春が過ぎ、また夏も行こうとしています。実家の庭では、赤い萩の花が咲き出しました。
確実に時間は過ぎているのです。
母が、嘘でも良いからお父さんからおれだよって電話がかかってこないかな〜って思うのよ。そんなことを言っていました。
E/Fさん ご本家
2004/8/27
祭りの音 気づけば 足が音頭取る
お盆を過ぎれば涼しくなるって本当ですねぇ。来月と再来月は「だんじりマウンスリー(って言うのかな?)」でございます。岸和田は平日期間、和泉・泉大津の他、泉州エリアは週末期間に開催。理由が「観客人口を減らす為(by岸和田)」「観客増加させる為(by泉州)」だとか(^^; すでに週末になると囃子の音があちこちで鳴っています。引き回しのイナセなシーンは、岸和田だけではございませんよ。
はなはなさん ご本家
2004/8/27
巻羽織見上げる肩に「秋ですな」
「歳時記」で千姫さまに秋を感じていただけて嬉しかったです。早くお返事しなければ〜と思いつつ一句できるのを待っていました。源さんの横顔っていいかも〜と思って作ってみました♪
蛍さん ご本家
2004/8/27
「秋ですな」体重計が恨めしい
せっかくお千さまがいい雰囲気になっているのにホント、済みません。(~_~メ)でも、秋って何をするにもいい季節ですね。たまこさまも秋を満喫ですね〜。「初音の調度」の響きだけでも、その素晴らしさを感じられるようです〜。綺麗なものに接したときって「至福」〜って思います。
たまこさん ご本家
2004/8/26
わ〜〜「秋ですな」ブームになっていますね。源さん名セリフベストスリーの3番目はこれで決まりかな?
ところで、今日サントリー美術館の「徳川美術館名品展」で初音の調度ほかのいろいろな展示を見てまいりました。まさに眼福…貝合せ・蒔絵のお琴・鉄漿の道具などなど「かわせみ」の物語を思い出すものも多く、姫君たち自身の手になる書やパッチワーク(!?)みたいな工芸品も興味深いものでした。尾張家ゆかりの名品展なので千姫関連はありませんでしたがやはり徳川家の姫ということで千姫の本多家へのお輿入れも豪華だったんだろうな〜等と思いました。
のばらさん ご本家
2004/8/26
うまいもの食いたいやっぱり「秋ですな」
千姫さまの秋の物思い、しみじみですね。そして浅黄裏さま、今月の五七五もですがしっとり情念系♪うっとりです〜。「秋ですな」五七五、新たなジャンルでしょうか〜。本当に、お盆のあとから急に涼しくなって夜は虫の声でいっぱい、鹿も鳴いてます。昨日は近所で親子連れの鹿見ました。すっかり「秋ですな」。わたしも「秋ですな」575〜。食い気五七五しか出てこなかった(-ロ-)
こでまり ご本家
2004/8/26
千姫も物思いする「秋ですな」
本当に朝夕に、秋を感じますね。月も美しくなる季節を迎えますね。(嬉)浅黄裏さんの三段活用のようなお句も、楽しいですね。っていうか、かなり「濃い系」〜
浅黄裏さん ご本家
2004/8/26
わたくしも言われてみたい「秋ですな」
 ↓寄り伏せば源さんが言う「秋ですな」
 ↓寄り伏せば涙の目元に「秋ですな」
千姫さま 秋でも濃いですな。って、私が勝手にそう思っているだけでしょうか。バーチャルお泊り会はもう2年前でしょうか。
一番下の一行は五七五になりそうですね。
千姫さん ご本家
2004/8/26
私が今年の秋を感じたのはスト・ファのはなはな歳時記の句を読んだ時でした。「待つ夜も」と「まろび出て」の句が懐かしい若い頃を思い出しまして、なんとなくしんみりした気持ちになって、何故かふっとバーチャルお泊まりした時の、あの月見の絵を思い出したんです。ちょうどあれも秋の事だったなぁ…等と思い出して、久しぶりに訪ねてみたのですが、意外と絵の記憶が違っていまして…。私の記憶では四角い絵だったような?
朝、夕は少し涼しくなってきましたが、まだまだ暑いですね
私も源さんに言われてみたい「秋ですな」その横でちょっぴり涙ぐんでみたい
すみれさん S.ファロウ
2004/8/23
処暑すぎも金銀メダルなほあつし
毎日のオリンピック、日本の勢いがすごいですね♪今までは深夜のライブ放送は敬遠したましたが、昨夜は女子マラソンを初めは寝ぼけまなこで、だんだんと、野口がんばれーーとなり、ヌレデバさんの追い込みにはらはらしながら、金メダル獲得に大喝采、大喜びして、あとは寝そびれました。(~_~;) メダルを取れた人もそうでない人も人一倍、十倍、百倍の練習をこなしてきての結果なわけで、ご苦労様ですの言葉しかでません。m(__)m
春霞さん S.ファロウ
2004/8/18
衣縫う手 ほうしの声で ひと休み
たまこさんが御本家で紹介されていました「姫君の華麗なる日々」を観てきました。衣装や装身具、押し絵、書などはじっくりと見てきました。中でも古代縮緬の御所解文小袖の前では釘づけになってました。あれだけの教養と武芸まで身につけねばならないとなると、お姫様も決して楽ではなさそうです。華やかさに取り囲まれていても、本当にお幸せであったろうかと遠き時代に思いを馳せました。
たまこさん S.ファロウ
2004/8/15
今月の新人さんってどなたでしょうか?もしかして○○さん(名前2文字の方?)新メンバーが増えると刺激があっていいですね(な〜んて、いかにも古参って感じの発言!自分も参加して1年ちょっとなのに)
蛍さん S.ファロウ
2004/8/15
「山吹俳句会」拝見致しました。知らずに季語重なりや季語が入っていないって事、あるのですね〜。先日「黛まどか」さんをテレビで拝見しました。新季語の設定とか(うら覚えで済みません)のお話だったと思います。時代によって季節を表す言葉も変って来ますから、季語として使う言葉を増やす運動と言うのでしょうか、なさっているそうです。でも、俳句初心者としては季語が多すぎると季語重なりばかりになってしまいそうでそれも困ります〜。言葉をしらないのも問題なのですが…。今月の五七五がひとっつも出来ていなくて…。これも困りました〜。
すみれさん ご本家
2004/8/15
かえる人くる人うれし盆の月
管理人様は帰る方、私は迎える方でした。それも午前中で終り、いつもの日常(パソコンにむかえる)が戻ってきました。(~o~) 少し疲れましたーーやはり歳には克てません。明日は一日だけの休養日にして、体を休めなくてはーー(~_~;) お盆に合わせて雨も降り、朝晩は涼しくなってほっとしますね。  
たまこさん S.ファロウ
2004/8/9
新涼や小鉢を前に巻羽織
はなはなさん、お写真(長浜で「水茎焼」に挑戦。その時できた小皿など)が到着次第、看板にさせていただきますのでよろしく♪
はなはなさん ご本家
2004/8/8
雷や夜裂きて鳴る秋初め
こちらもすごい雷雨でした。傘差してその中をあるのかちょっと怖かったですが、さっき帰ってきたときにはからっとあがっていて、アスファルトも乾いてました。風も少しあってちょっとは気温も下がったみたい。とりいそぎ皆様に「残暑お見舞い申し上げます」
たまこさん S.ファロウ
2004/8/8
浅黄裏さま、帰省中にもかかわらず書きこみ嬉しいです!御句は、はなはなさんと同様、昨年の「夏の夜ばなし」から頂きました。最初、畝様人形と一緒に使える句は結構少ないと思っていたので、なるべく一つの句を長く使おうと思ってたんですが、よく見ると結構みなさま「源さん句」を詠んでいらっしゃる♪ので、そんなら湯水のごとく使っちゃえ〜(わっはっは)今後は「狙った」作品も集まるかもしれないし、うししです。
すみれ様の五七五は来年の立秋にぜひ!
紫陽花さん S.ファロウ
2004/8/7
浅黄裏様 立秋記念(?)俳句素敵ですね。
蛍さん S.ファロウ
2004/8/7
源さんの名言ですね〜。源さんが言うと何かしみじみ〜という気がしますね〜。すみれさまのお句もまったくですワ〜。思わずうなずいてしまいました。
すみれさん S.ファロウ
2004/8/7
「秋ですな」言いたいけれどこの暑さ
たまこ様、プチ更新、最近わたしも楽しみにしてるんですよ。
浅黄裏さん S.ファロウ
2004/8/7
毎日拝見してはいたのですが、それだけで電池が切れるのが携帯の悲しいところです。さて、たまこ様、拙句を使っていただいたそうでありがとうございます。でもなんの句かがわからない…。実は掲示板しか覗けないんです。ご本家にも行けないし…。なので中途半端に参加できずROMだけでおりました。情けない私。
たまこさん S.ファロウ
2004/8/6
連れ立ちて涼風運ぶ使者たらん
はなはな様の御句、リズムも良くさわやかでとてもいい感じ!口ずさみたくなるようですね。
浅黄裏さんの御句は、例によって、はいくりんぐからの無断借用ですが、今帰省されている所ということで…携帯からご覧になれるといいけど。
歳時記のほうも、夏から秋への材料はもう頂いているのですが、もうちょっとお待ちくださいませ。
はなはなさん S.ファロウ
2004/8/6
秋立ちぬ白き道にも影落ちぬ
トップページの五七五が浅黄裏さんのさわやかな御作に変わりましたね。東吾さんと源さんの姿が目に浮かぶような涼やかさ、明日は立秋ですね。
蛍さん S.ファロウ
2004/8/6
白き花 なれど名づけて 百日紅 (自嘲 汗汗)
皆様に温かい感想をいただきまして嬉しいのですが、照れますワ〜。もう夏も終わりですから夏の季語を使えるのも今うち〜と作ってみました。白百合はお散歩の途中で雑草の中に一輪だけ咲いていたのが、凄く寂しそうな気がしたもので…。
調子に乗って、失礼しました〜。
千姫さん S.ファロウ
2004/8/6
蛍さんの白百合の句、竹下夢路の絵が浮かぶような、懐かしい気持ちになるいいお句ですね。私は風景や匂いが感じられるこのような句、大好きです。
はなはなさん S.ファロウ
2004/8/5
蛍さま ステキな御作ですね。ぼうっと闇に浮かぶ白い花や葉の陰に隠れた合歓の花を思い浮かべて、なんだか暑さが遠のくような気がしました。
たまこさん S.ファロウ
2004/8/5
蛍さん、こちらはちょっとお久しぶりでしたでしょうか。白百合と合歓の花の御句、すてきですね〜。
蛍さん S.ファロウ
2004/8/5
白百合や 君うつむきて たれそ待つ
ひとつ傘 はにかむ君や 合歓の花