以前の話に戻る

平成15年
  8月のおしゃべりを見てみましょう。
  (掲示板を見逃してたら、ごめんなさい。)

ご本家=「御宿かわせみの世界」さん
S.ファロウ=「Straight Furrow」さん
ヒロチャン=「ヒロチャン's magazine」さん
の略です

提供者 サイト 五七五話
たまこさん メールで
2003/8/31
秋団扇 語らいの日を 懐かしむ
(こでまりが8/23のことをまとめた「大川のお散歩」に添えた五七五について)
私はも〜すっかり頭から飛んでいました。飾ってあったお花くらい、覚えておいたらよかった〜
こでまり はいくりんぐ
2003/8/28
「大川のお散歩」
こちらから

街中の 秋暑忘れし 出会いの日
鈍色(にびいろ)に 光る大川 秋暑し
時満ちて 叶ひし出会い 秋日傘
8月23日東京のホテルオークラ「平安の間」で、平岩先生の講演会がありました。この講演会をきっかけに、あっちの管理人さん、たまこさんと初めてお会いしました。この夏一番暑い日でした。
橘さん ご本家
2003/8/28
秋の風 日の短さよ 寂しさよ
残暑厳しい日が続いていましたが、今日は涼しい一日でした。夕焼空と涼風に初秋の訪れを感じました。明日は再び残暑が厳しくなるそうです。それでも日差しに真夏の強さはなくて、本格的な秋の訪れが近いことを実感 します。
なっckyさん ご本家
2003/8/28
八朔に 涼しさ求め 白登城
吉原に 雪の降れるか 八朔日
きょうは、旧暦の八朔ですね。本当なら、暑くて、というところなのでしょうが、でも、我が家の周辺では、早くもツクツクボウシが鳴き始めてしまいました。
秋告げる 法師ぜみの 声一つ
例年なら、まだまだ暑い日が10日や15日は続いて、いつになったら涼しくなるんだろうと思っているでしょうに、今年は、夏も終わってしまった!という気がします。
たまこさん ご本家
2003/8/28
ひとつ家に遊女も寝たり萩と月
(ご本家掲示板のイラストが変わったことについて)(芭蕉)を、まず思い浮かべてしまったです。萩じゃないのかな?とっても風情があって、いいですね〜。管理人さん、ほんとに素材みつけるのがお上手!朝の散歩、早くいこうと呼んでるので後でまた!
たまこさん S.ファロウ
2003/8/27
秋風と競いてゆくか巻羽織
S.ファロウ掲示板の看板、秋バージョンです。
のばらさん ご本家
2003/8/25
会い初めて 心華やぐ 江戸の夏
(8/23あっちの管理人さん、たまこさん、こでまりが初めてお会いして、平岩先生の講演会に行ったことについて)
管理人様こでまり様たまこ様、皆さんの書きこみ、出会いの瞬間のドキドキが伝わってきます〜。まさに「期が熟した」タイミングでもあったのでしょうね。三巨頭(はなはな様の表現頂きま〜す)の初の出会いに心をこめて駄句を(^_^;)   
なっckyさん ご本家
2003/8/23
ゆく夏を 惜しむる如く 蝉しぐれ
子供にチャンネルを取られてしまい、「蝉しぐれ」を見損ねてしまった!録画することも忘れていた!!ぐっすん!始まる15分くらい前までは、覚えていたのに…悲しい気持ちで
寝ぬる児は まだ遊べるか 友を呼び
でも、お昼寝している子供はかわいいものです。
ヒロチャン ご本家
2003/8/23
ゆく夏の 名残を惜しむか 赤トンボ
E/F様、明け方まで屋台で飲んでたらあかんよ^^vなんて?うふふ。
あっちの
管理人さん
ご本家
2003/8/22
赤とんぼ 夏の初めに 乱れとび
なんだかすごいツアーに参加されていたようで。パワー全開、大いに盛り上がって来たようですね!管理人、世情に疎いのか小田さんの歌ってあまり知らないのですが、「恋のチカラ」の主題歌「キラキラ」でしたっけ?この間までメールの着メロにしてました(*^.^*)エヘッ
E/Fさん ご本家
2003/8/22
赤トンボ 飛ぶには早い 西日かな
おひさっ!!でごじゃります。皆様お元気でいらっしゃいましたでしょうか?夏休みのシーズンイン!&個人的旅行(金沢&福岡)へ行って参りまして。。。遠ざかっておりましたm(_ _)m 読み専門でした(笑)
のばらさん ご本家
2003/8/21
言葉遊びの句といえば有名な「ふたつもじ〜」の句も好きです。(誰でしたっけ?「玉の緒よ」の内親王さんでしたか??)
なっckyさん ご本家
2003/8/21
熱風を 行くあきつあかねの 涼し顔
ヒグラシの 疑問符降らす 逢魔時
私は25年来の阪神ファンなのですが、巨人の川相選手の地味だけれども偉大な記録には、とても感動いたしました。これから、まだまだ記録を伸ばしていかれるのでしょうね。昨日は、サッカーで、日本がナイジェリアに3対0で勝ったし、高校野球では、地元ともではいきませんでしたが、島根県の江の川高校が先ほど準決勝に進出しましたし…今日は、とても気分のいい日になりそうです。
浅黄裏さん S.ファロウ
2003/8/20
すご〜い!!!はなはな様
季語、不思議ですよね。 「お花畑」はてっきり春の季語かと思ったら「夏」でした。高山のお花畑と聞いて納得しました。私が歳時記を読んでいて、ウケタのは「胡瓜もみ」です。岡山の義母がその料理?を胡瓜もみというのに違和感があったのですが、今はすっきり。私の中では「胡瓜の塩もみ」のほうが普通だったので。
はなはなさん S.ファロウ
2003/8/20
夏がゆく 二科展への道 まだとおく
「高校野球」「二科展」どちらも季語になっているんですよ。 「高校野球」はなんだかよくわかるんですが…「二科展」は…当事者として結構不思議。 私にとっては「夏」なんですが「秋」の季語なのです。
こでまり S.ファロウ
2003/8/20
殿のレス よりも嬉しい 友のレス
昨日小野寺さんのサイトの「しりとり川柳」に「殿のレスほしい昨日は誕生日」と書いておいたのを、zmzmさんが見つけて下さったようですね。 惑惑組の階段を、一段上りました。
(たくさんのお祝いメッセージを頂きました。ありがとうございました。)
浅黄裏さん S.ファロウ
2003/8/20
帰省の間に 木槿の花落つ 百あまり
今夏は家を空ける事が多かったので、木槿の花もあまり見てやれずに終ってしまいました。
はなはなさん S.ファロウ
2003/8/20
にいにいと 蝉鳴きしぐる 木陰かな
東海地方はやっと夏らしいお天気、暑くてもやっぱりこうでなくっちゃ。
蛍さん S.ファロウ
2003/8/20
俳句甲子園と言う高校生の俳句の大会の事を初めて知りました。それぞれ俳句を出し合い、批評やら感想やらもし合って、それも判定の基準になるのだそうで、ものすごい真剣でした。若い人の発想は柔軟で新鮮ですね。
こでまり S.ファロウ
2003/8/19
岸田さん・富士さん・吉行さんの三人は実生活でも仲良しで、皆さん俳号も持っていらっしゃいますね。ビデオを撮っておけばよかったかな。
zmzmさん、こんにちは。今日は俳句の日なんですね。知りませんでした、ありがとうございます。
なっckyさん ご本家
2003/8/19
秋立つと 聞きて暑さの あわて来る
8月になってようやく夏らしさが来たなって思ったら、あっという間に立秋が来てしまい、今や、8月も中旬の終わり…
そうめんの 氷透明 処暑近し
そしてもうすぐ処暑ですね。
風鈴に 暑さ寂しき 秋の風
立秋が過ぎてしまったと聞くと藤原敏行の「秋来ぬと…」の歌のように風の音さえ違っているような気がするのは、今年だけなのでしょうか?   ♪
たまこさん S.ファロウ
2003/8/19
「めっちゃオバサン!」と娘にバカにされながら、後半だけ見ました(笑)。前半は娘が他の番組を見ていたので、俳句は富士真奈美さんが大野林火の句をパクった所しか気がつかなかった残念。でも氷川きよし君は最後の最後にちょこっと出てきただけだったけど(?)
zmzmさん S.ファロウ
2003/8/19
考えど腰の傷みに負けにけり
8・19(はいく)ということで、今日は俳句の日だそうです。あ、これは川柳ですね。昨日も、氷川きよし追っかけ殺人事件(氷川きよしにひかれてつい見てしまった) は、もじりの俳句がいっぱい出てきました。
ヒロチャン ヒロチャン
2003/8/16
日記から
母の姿をひとめ見ん ひとめ見んとぞただに急げる
斉藤茂吉
大文字ふと懐かしく 祖母のにほひを 思いだし
今日は大文字の送り火。祖母とは数回しか一緒に大文字を見ることはありませんでした。祖母は流転の生涯をかの地で終えました。ですので、斉藤茂吉の句が忘れられないのです。
母と叔父は祖母が40を超えたときの子供たちです。今の自分の母を思うと、今のじじばばはなんて若いのでしょう?ですから、祖母は私の小学生の時に亡くなりました。祖父母と呼べるのはそのひと一人だけでしたので、ずっと心に残っているのです。 きっと送り火にのってまた来年ねと帰っていったことでしょう。
蛍さん S.ファロウ
2003/8/16
精霊と ともに送りし 彼のひとを
降り始めるとキリがなく降りますね。頭の中までカビが生えてしまいそうです。精霊棚を片付けました。信仰心は全く持ち合わせてはいませんが、何となくもの寂しいです。
朝霧さん メールで
2003/8/11
団地街 祭囃子の こだまする
練馬の大きな団地の近くにいます
行き違う 車に負けぬ 蝉の声
風鈴の 音も遠くの 腕枕
船を待つ 親子はつらつ 夏休み
お台場で海を見ながらお昼を食べるそうで
この頃寮に入っている長男がメールで俳句を送ってくるようになりました。親子で俳句のやりとりです。長男の句、親ばかと笑って下さい。
(息子さんと俳句入りのメールができるなんて、素敵ですね。…こでまり)
蛍さん S.ファロウ
2003/8/8
暑い夏 心も熱く 悔いはなし
ヒロちゃん様、お疲れさまでした。 精一杯頑張った息子さん達にエール〜。
こでまり S.ファロウ
2003/8/8
母と子の 心にかける 金メダル
たまこさん、情報ありがとうごさいました。 ヒロチャ〜ン、お疲れ様でした。今日はゆっくり休んでね〜。
たまこさん S.ファロウ
2003/8/8
勝つ笑顔 負けるも笑顔 秋立ちぬ
ヒロチャン掲示板での情報によると、決勝トーナメント初戦、皆がんばりましたが、惜しくも敗退ということです。こちらでも皆様書かれていたように、力を出し切って悔いのない結果だったと思います。ヒロチャン・息子さん・皆々様、台風の中本当にお疲れ様でした。元気なただいまの声をお待ちしてます!
こでまり S.ファロウ
2003/8/8
17文字という限られた中に思いを込めるのは難しいですね。ホント、いろいろ言いたくなるんですが、自分なりにコレという言葉に出会った時は嬉しいですね。(あくまで自分なりですが)漢字というものの貢献度も見逃せません。それにつけても語彙を増やさねば。
蛍さん S.ファロウ
2003/8/8
知ればこそ 知るほど深し 俳句かな
私も全くの初心者の心境です。季語の重なり、季語と言うものを知らない頃は何でもなかったのに、入門書などで季語の存在を知ってから、かえってややこしい。でも、反面季節を実感出来たりします。少ない字数に感動を込めるのは本当に難しいです。先だって読んだ入門書に「あれもこれもと欲張らずに、たったひとつに思いをこめる」 というような箇所がありました。その、たったひとつが難しい。色々言いたくて、どれがそのたったひとつなのか苦心しています。
なっckyさん ご本家
2003/8/8
夕暮れに やまの端近く 秋立ちぬ
秋立つと 聞きて今なお 日陰(かげ)をゆく
10日から、一週間ほど旦那と私の共通の古里へ、帰省して参ります。
あっちの
管理人さん
メールで
2003/8/7
(8/1のお句に意味深な五七五で、ちょっと 気になっちゃう。と感想を書いたところ)あ、そういえばこの間の「夏の宵 人目忍んで 夕涼み」、あれ、東吾さんとるいさんのつもりで書いたんです。そんな色っぽい意味はなかったんですよー
(こりゃまた、失礼…こでまり)
こでまり ご本家
2003/8/7
コバケンに酔う夏の夜の幻想曲
(浅黄裏さんが福島県いわき市のご出身という話題から)コバケンは世界に誇る指揮者の小林研一郎さん。いわきのご出身ですね。実は春から忙しかった自分へのボーナスとして、先月8日に コンサートに行きました。そして、その日は忘れられない夜になりました。特にベルリオーズの幻想交響曲、素晴らしかったですぅぅ。
のばらさん S.ファロウ
2003/8/7
「山吹俳句会」前からこっそり?拝見しています〜。「句会での話題」の所も読ませて頂いて、「ああ、なるほど〜!!」と納得出来ました。
じゃあなぜ聞くんだ!といえば、ついつい「見たまんま」読んでしまうわたし、庭のトマトに蝉のカラがあったので詠んだのがなのです。
歳時記を最近買って、うれしくて読んでいたら「トマト」も、もちろん「空蝉」も 季語と知って、「山吹俳句会」の「句会での話題」のお話も頭にあり、「なんか違う植物に引っ付けてみよう」といろんな植物をとっかえひっかえしてピンと来ず、気持ちだけ同じで違う言いまわし、と思いはじめると、こんがらがり…。「ど〜〜しても季語重なりはだめか?」「では、ど〜〜してもその言葉でないとだめか?」 自問自答したり…。
初心者ながら欲がでてきたって所でしょうか(^_^;) 身の回りには五七五仲間がおりませんので、迷ったときなど 「ここはこうした方が・・・」などなどありましたらよろしくお願いしますm(_ _)m
たまこさん S.ファロウ
2003/8/7
芋の葉の脇を隊列走りゆく
近所に日大文理学部と陸上部の宿舎があるのですが、来年の箱根駅伝に向けての学生さんたちの練習風景です(早朝散歩に行くとすれ違うのです)。
のばらさん、私もいつも「何とかまとまった」と思うと季語重なりでガッカリということが多いです。歳時記も薄いのだけしか持っていないので、自分で気づいていない季語重なりもあると思いますが・・・やっぱり自分の表現になってなくて借り物の言葉を探しているからなんでしょうねぇ。難しいものです(当然だけど)
こでまり S.ファロウ
2003/8/7
季重なりは、絶対ダメというわけではなさそうです。俳句は17文字の文学なので、その中に同じ意味のことが重なったりすることがもったいないということらしいのです。でもその言葉が季語として使われるか、物や事象をあらわすことかというのは文脈によるでしょうし、一概にダメとは言えないようです。確か鷹羽先生もそんな風におっしゃっていたと思います。
「山吹俳句会」のほうに、「句会での話題」というコーナーがあり、その中に季重なりについて書いたことがあります。初心者の私の、ビックリの羅列ですが、よかったら読んでみてください。
のばらさん S.ファロウ
2003/8/7
トマト葉に空蝉雄々し午後ならん 
季語重なりってど〜〜〜してもだめなんですか? けっこう、重なってしまいます…むつかしいところです。(・・;)
河鹿鳴く今日も一日暮れてゆき
もうひとつ、毎日、早朝と夕方とすぐ裏の山から河鹿蛙の涼しげで少し淋しげな声が、聞こえてきます。「いとあわれ」な響きの声です。
ヒロチャン S.ファロウ
2003/8/6
サウナあと露天で愛でる半月かな
夕方の露天で見上げる半月の
     乱視の御陰で満月とおもふ
今は昔寂れすぎた温泉場
温泉も日帰り足湯とはやされし
     浴衣に下駄は今いずこ
(この日息子さんの野球チームが勝利!)なんだか野球よりも気になる温泉場昨今!感じたままつづりました、おやすみなさい!
たまこさん S.ファロウ
2003/8/5
私もご挨拶なしで乱入してしまいましたが、すぐに小式部さんが続けて下さって安心!(「島す」は有名ですが、君⇒公、あきらめる⇒昭める等お約束があるんですよね)はやくこでまり師匠が来ないかなぁ。「書いてね」掲示板をさかのぼってみたら、何かのテレビ番組をヒントに殿がご自分で新設されたそうです(かよちゃんが「はいくりんぐ」を見て殿に提案されたのかと思っていました)。殿も隠れ五七五保菌者だったんですねぇ。真野響子さんと句の共演なんて、どこか企画してくれないかなー。
小式部さん S.ファロウ
2003/8/5
新コーナー参加してきちゃった。旅の恥はかき捨てならぬネットの恥はかき捨てですワ。でも、これ楽しい!私、はまりそうだわ。
かよちゃん S.ファロウ
2003/8/5
新コーナー 見つけし君も 繋ぐ声
たまこさんも、なにか、「書いてネ」!折角、発見したのに(あれだけ宣伝されると分かり易いか?)素通りは、いけません事よ!まってま〜〜〜す。
たまこさん S.ファロウ
2003/8/5
久しぶりに小野寺東吾さまのHPをのぞいてみたら、こちらにも五七五が飛び火してNEWコーナーが出来ていてびっくり!! (小野寺様HPは、ご本家リンクから)
たまこさん S.ファロウ
7/26〜28
うねうね日記より
ふるさとの祭山門のドラム哉
デジカメを花火に向ける子歯の白し
毎年7月の第四土曜日に行われる綾部の「水無月祭り」は、由良川河畔での花火と灯篭流しがよく知られている。
この日を中心に帰省する人が多く、迎えに出ている人たちも含めて駅は賑わっていた。若者たちのロックバンド演奏などもイベントの一つで、お寺の前に楽器が組んである。
夏草と墓の向うに由良の海
寺町に人影なくて百合大輪
三上家より南にあたる一画は、宮津藩主の菩提寺である大頂寺、蕪村が滞在して天橋立を見物したという見性寺など、古い寺院の並ぶ寺町である。
その一つ仏性寺の山門をくぐり、並んでいる墓の間を登っていくと、天橋立までははっきりしないが、紺碧の丹後の海を見ることができた。
たまこさん S.ファロウ
2003/8/5
(はなはなさんに)ご本家で、お江戸散歩ご報告拝見しました。強行軍お疲れさまで〜す!「鐘ひとつ売れぬ日はなし江戸の春」基角は春でしたが、はなはなさんは夏のシオサイトですね。私もお江戸に住んでるくせに出無精で、六本木ヒルズもまだ行ってません。シオサイトは千葉の友人につれてってもらいました(笑)電通ビルの地下?だったか「都路里」の抹茶パフェはとってもリッチで美味しかったですが、私の年代には、町の氷屋さんの小豆や白玉がケチケチと入ってるだけのが懐かしいのが本音。そういえば、うっすら甘いだけの「氷水」ってこの頃ないですねー。あ、また年寄りは文句たれが多くて反省…
はなはなさん S.ファロウ
2003/8/4
新しき街のかがやき 夏さかり
待ちかねし 知らせのありて 足軽く
東京でちょっと五七五。うふふ、六本木ヒルズ・シオサイトも見てきたし、収穫一杯の旅行でした。 さて、あさってからまた出かけます。明日は仕事まみれにならないと出かけられなくなる〜!! 
なっckyさん ご本家
2003/8/4
くらがりの 峠夕暮れ 蝉時雨
急に暑くなって来たんですが、うちに近くでは、 ミンミンゼミと、カナカナが一緒に鳴き出してしまいました。 さすがに、ツクツクボウシはまだですが…
月影の したたり落ちる 萩の花
萩の花 したたり落ちる 月の陰
そしてやがて月が出て、(これと、次ではどっちがましな句でしょう?)
後の月 一六夜(いざよい)も良し 友と酒
そしてもう一句
橘さん ご本家
2003/8/3
端居して 君と並んで 夕涼み
暑中お見舞い申し上げます。やっとこの言葉がふさわしい天気になりましたね。暑いですね〜。でも夏はやはりこのくらい暑くなければ盛り上がりませんね。秋の豊穣な実りのためにも、暑いときはやはり暑くなくてはならないのでしょうね。
たまこさん S.ファロウ
2003/8/3
今日は「歳時記・画集」の向日葵がぴったりの暑い一日でしたね。でもけっこう風があって、しのぎやすかったです。「暑さ集める」という、はなはなさんの表現が素晴らしいと思いました。花火の句、私は「花火」「花」と、重ねてある所がきいていて、元のままのほうがいいような気がしますが・・・
紫陽花さん S.ファロウ
2003/8/3
たまこさん、歳時記の更新ご苦労様でした。 はなはなさん、毎回素敵な俳句ありがとうございます。「ひまわり」はあわせてくれたのかな?偶然かな?うれしいです。
はなはなさん S.ファロウ
2003/8/3
すずやかに 立ち尽くしたり 白桔梗
花火の日 あの人の花も 咲きにけり
こうべ上げ 暑さ集める ひまわりの花
すごく元気のいいヒマワリで、こちらまでうれしくなります。紫陽花さま、いつも本当にありがとうございます。たまこさま、素早くアップ、きれいにレイアウト、ありがとう&お疲れ様です。「あの人の花も」は「いのち」でもよかったなぁ…といまさらながら思います。
この句のモチーフは有元利夫の「花火の日」という絵なんです。私にとってこの人の作品というのは、本当に大きな存在で…。自分ではなかなかこういうおおらかで静謐な絵というのは描けない、かなわない、と思うんです。よく、宮本輝の文庫本の表紙になっている(たとえば「錦繍」)の画家さんです。30代なかばで夭折されたんですが、元は広告マンなんで…そこも魅かれる理由かも。今はもうないのかな、「安井賞」という新人画家の登竜門的な賞も獲っておられた、本当に嘱望されていた方だったんですけどねぇ。
キクモモさん メールで
2003/8/2
潮風に 向かって走る 我が仔らよ
       君らの幸せ 永久に続けし
今朝、ワンコ達と、海で遊んだとき、又、一首できました。いつまでも、この穏やかな生活が、続いて欲しいと切に願っています。
たまこさん S.ファロウ
2003/8/2
お待たせしておりましたが、ようやく全国的梅雨明けも間近、「はなはな歳時記・紫陽花画集」真夏篇の登場です。はなはなさん超多忙のところ、有難うございました。紫陽花さんもお待たせしました!
のばらさん S.ファロウ
2003/8/2
蛍様の今日の句もいいですね〜。夏の駅、想像しています。
蛍さん S.ファロウ
2003/8/2
券売機 行き先さがす 手が迷い
つり銭に 気づいた時は 身ははるか
旅の空 汽車のゆりかご 身をまかせ
降り立ちて 我行き先を 思案なり
二日続きに母の代理の用事で、近距離列車に揺られて参りました。いつも車で出かけてしまいますし、それもひとりで汽車に乗るのはほ〜んとに久しぶり。でも、車と違い窓からキョロキョロ、色々な人にも出会い、たまには電車に揺られるのもいいものですね。
蛍さん ご本家
2003/8/2
お日様に 出会えてうれし 向日葵の花
梅雨明けと同時にやっと夏らしくなりました。とは言え、急な変化について行けないのは年のせい?
キクモモさん メールで
2003/8/2
心地よき 夏の夜風に 身を預け
       愛犬と歩く 鎌倉の谷戸
(ご本家掲示板でキクモモさんに呼びかけたら、お返事を頂きました)一応、一日に一度は、ざーっとですが、ご本家は覘かせてもらっていたのですが、書き込むまでは、読んでいませんでした。今、キクモモの名前をみつけ、ビックリしました。
私も、わんこ2頭、にゃんこ2匹と、いつも一緒です。犬と猫、可愛さは、それぞれ違いますが、命の重みは一緒ですね。本当に私にとっての、宝物です。
あっちの
管理人さん
ご本家
2003/8/1
夏の宵 人目忍んで 夕涼み
今月のお話、夏にぴったり!と言いたいところなんですが、パッと晴れないこの天気。せめて「はいくりんぐ」今月のお話ですっきりスカッと夏を感じましょう!もう何ヶ月か欠席なので、今月こそは参加したい〜
はなはなさん S.ファロウ
2003/8/1
和菓子俳句は笹の露 葛桜の二つ。やっぱり「夏には夏の私」でしか詠めなくて…。
こでまり S.ファロウ
2003/8/1
たまこさん、和菓子俳句、私はたった一句で、「いちご餅」です。
たまこさん S.ファロウ
2003/7/31
和菓子俳句は「賞品発送をもって発表に代える」そうですが、HPに児童の部は昨年の入賞作品が出ていますね。私は数うっても当たりそうにないですが、いちおう3句で(作品そのものはちょっとハズカシイので秘密)「若鮎」「葛絞り」「栗饅頭」です。皆さん、どんなお菓子詠まれたのかな?
はなはなさん S.ファロウ
2003/7/31
和菓子俳句は2通応募してきました。いつごろ結果が出るのでしょうね。
はなはなさん S.ファロウ
2003/7/31
おお、そうだ、和菓子俳句も送らねば。後で銀行へ行くついでに(吟行、と変換したわ〜)出してきます。
たまこさん S.ファロウ
2003/7/31
当日消印有効ですから、皆さんまだ大丈夫ですよ! こでまりさん5万円商品券の場合もお写真お願いいたします〜
こでまり S.ファロウ
2003/7/31
話題が続くので、8月にもUPしました
今日は6月にふみきりさんがご紹介して下さった「和菓子の俳句」の締め切りなのです。 もしも水羊羹が送られてきたらデジカメに写真とって、皆さんにも見ていただきましょう。(うひゃひゃひゃ)
・・・この後も応募した「たまこ・はなはな・こでまり」の3人組は、賞品談義に花が咲くのでした…