これまでの「五・七・五」を、月ごとにまとめてみました。




平成24年11月〜平成25年10月
1月
「びいどろ正月」
2月
「目籠ことはじめ」
7月
「息子」
 



平成23年11月〜平成24年10月
1月
「初春弁才船」
2月
「梅の咲く日」
5月
「女同士」
10月
「紅葉散る」
 



平成22年11月〜平成23年10月
12月
「猫絵師勝太郎」
4月
「菜の花月夜」
 7月
「代々木野の
金魚まつり」
 10月
「月夜の雁」



平成21年11月〜平成22年10月
11月
「忠三郎転生」
4月
「浅妻船さわぎ」
6月
「水郷から来た女」
8月
「手妻師千糸大夫」



平成20年11月〜平成21年10月
11月
お気に入りアンケート
2月
「柿の木の下」
5月
「煙草屋小町」
9月
「残月」
   「それからのおうの」 by すみれさん



平成19年11月〜平成20年10月
11月
白鷺城の月
2月
「福の湯」
5月
「青江屋の若旦那」
8月
「秋の蛍」
12月
お気に入りアンケート
3月
「花の雨」
6月
「野老沢の
肝っ玉おっ母あ」

9月
「虫の音」
1月
「月と狸」
4月
「清姫おりょう」
7月
「虹のおもかげ」

10月
「浦島の妙薬」
   「春風上野」 by たまこさん
   「お気に入りアンケート」結果発表!



平成18年11月〜平成19年10月
11月
お気に入りアンケート

2月
「恋ふたたび」

5月
女師匠

8月
「八朔の雪」

12月
「神かくし」

3月
「美男の医者」

6月
「三日月紋の印籠」

9月
「横浜から
出て来た男」

1月
「女難剣難」

4月
「鯉魚の仇討」

7月
「花世の冒険」

10月
「おたぬきさん」
   紫陽花さん「佳作」に!
   「お気に入りアンケート」結果発表! 



平成17年11月〜平成18年10月
11月
酉の市の殺人
2月
浅草天文台の怪
5月
夜鴉おきん
8月
夕涼みの女
12月
お気に入りアンケート
3月
藍染川
6月
百千鳥の琴
9月
名月や
1月
麻生家の正月
4月
ぼてふり安
7月
源三郎子守歌
10月
能役者、清大夫
   「新蕎麦人情」 by たまこさん
   「おいねの独り言」 by すみれさん
   「木の一句」
   「初恋蔵前(一)・(二)・(三)」 by たまこさん
   「お気に入りアンケート」結果発表!
   「忠三郎転生・ラストシーン」(妄想編) by たまこさん



平成16年11月〜平成17年10月
11月
阿蘭陀正月
2月
秘曲
5月
幽霊殺し
8月
三婆
12月
幼なじみ
3月
花冷え
6月
人は見かけに
9月
浮世小路の女
1月
江戸の初春
4月
花御堂の決闘
7月
玉菊燈籠の女
10月
源三郎祝言
   「自分で添削2005 あの頃私は青かった」
   「彼らの歴史」  拙宅に住み着いた彼らの生い立ち(?)
   「音の一句」
   「花月の行方」  by こでまり



平成15年11月〜平成16年10月
11月
橋づくし
2月
千鳥が啼いた
5月
わかれ橋
8月
女がひとり
12月
長助の女房
3月
狐の嫁入り
6月
白藤検校の娘
9月
千手観音の謎
1月
初春の客
4月
江戸の子守唄
7月
お役者松
10月
錦秋中仙道
   「お気に入りアンケート」結果発表!
   「るいさんの見た綾錦木」  by 蛍さん
   「源さんは何故話題を変えたのか」  by 蛍さん
   「ミニオフin彦根」
   「大川の舟遊び」
   「もう一つの江戸の子守唄」  by 蛍さん
   「続く!のばらさんの快進撃」
   「春の企画 大川端で独楽吟」
   「風の一句」
   「狐の嫁入り」番外編  by たまこさん&紫陽花さん
   「東吾・るいの再会の場面」  by たまこさん



平成14年11月〜平成15年10月
11月
山茶花は見た
2月
梅一輪
5月
卯の花匂う
8月
夏の夜ばなし
12月
師走の客
3月
岸和田の姫
6月
源三郎の恋
9月
白萩屋敷の月
1月
雪の朝
4月
ドラマで五七五
7月
七夕の客
10月
三つ橋渡った
   「お気に入りアンケート」結果発表!
   「たまこさんの俳句王国デビュー」
   「伊勢の御について」  by のばらさん
   「大川のお散歩」
   「七夕について」
   「真名先生の古文講座T」  by 真名さん
   「卯の花について」  by ゆいさん
   おるい様の五七五