戻る

 横浜から出て来た男
「清姫おりょう」より  (平岩弓枝著:文芸春秋刊)
先月の「八朔の雪」にご参加くださいました皆様、またご覧下さいました皆様、本当にありがとうございました。「遊女系のお話」ゆえか、ググッとお話に入り込んだ作品の数々を、じっくりと楽しませていただきました。

さて、今月は「横浜から出て来た男」を選びました。

お話は、東吾さんとるいさんが庄司家の菩提寺へ、お墓参りに行くところから始まります。寺で出会った男は、その後お客として「かわせみ」にやって来たのですが…。
先月ほどではありませんが、まだ千春ちゃんもいなくて、新婚さんぽい雰囲気のふたりです。それにしても、今月も「お染さん」が出てきたわ〜。

さあ、今月はどんな五七五になりましたでしょう。
(平成十九年九月)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今月はお休みさせてもらいます!
なんだかバタバタして出来そうにないので
早めにお休み宣言を。
(あっちの管理人さん)
宗匠、今月お休みさせてもらいます(*--*)
(のばらさん)
今回のお題、何度も読んでは頭をひねり、
ひねっては考えていたのですが、
今回はどうにもまとまらず、
今月はギブアップ…お手上げ状態です。
(みちころんろんさん)
ごめんなさい!今回は欠席させて下さい。
(花みずきさん)
先月ようやく又はいくりんぐに参加できたあ!わー い!!と
喜んだのもつかの間、今月はどうも駄目なようです、うーん…。
残念無念なんですが、今月は欠席届を送らせて頂きます。
できれば来月こそ参加できることを期待しつつ、
皆様の作品を拝見させて頂くのを楽しみにしています。
(じゃからんださん)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



 浅黄裏さんの五七五 

今月のポイントはどこでしょうか。考えてもわからないので、いつものごとく勝手に好きなポイントを詠んでみました(笑)。
それにしても柏屋与七も詰めが甘いのぅ〜と突っ込んでしまいました。「なりすまし」及び「なりすましの仕込み」で肝心なのは、絶対に本物とかち合ってはいけないということです。この場合は、おみつさん(=お染さん)の所在の確認とかち合う可能性の消去です。墓のある寺もわかっているのに偽者を仕立てる前になぜ本物がどうなっているのか寺に問い合わせなかったのか。その上で江戸にいないならそれでよし、江戸で出会ってしまいそうなら本物をどうにかしないともしもの可能性を残すことになりますよね。
…とここまで考えてきてハッとしました。寺に問い合わせても前の住職は亡くなっており、新しい住職ではわからなかったから柏屋与七も安心してしまったのかもしれませんね。ましてや四十年前もの事では、他に知るものもいまいと思ったのでしょうか。ということは、住職は交代していて、執事は事情を知っていたが出張中だった…という二段構えまでも平岩先生の「仕込み」だったのかもしれません。柏屋与七も詰めが甘かったが、私も読みが甘かったということでしょうか。
(浅黄裏さんの談)

七、八年前に、浄念寺の門前町に子供相手の玩具などの小店を出したお染という女が、歿ったおはまの知り合いということで、
「春秋の彼岸や命日なんかに線香をあげているそうで、あの朝にも墓地へ入って行く姿をみたと申しますから、大方、そのお染ってのが供えたんだと思います」
「横浜から出て来た男」より
おみのさんは、きっと心がけのいい人だったのでしょうね。身を落とすこともなく、小さいながらも門前に店を構えることができて。そのことはきっと自身にもわかっていて、これも亡き母のおかげと毎日お墓まいりをしている気持ちだったのではないでしょうか。
   
門前に千代紙そなう墓まいり
   




立ち上って東吾が居間へ入り、お吉は雨戸を閉めながら夜空をのぞいた。月はないが、白く天の川が流れて、風がひんやりと肌寒い。
たて続けに大きなくしゃみをして、お吉は慌しく雨戸を押した。
「横浜から出て来た男」より
晴天の日に太陽を見るとくしゃみがで出ませんか。晴れた夜空を見てもくしゃみが出るのだとお吉さんを見て知りました。
   
天の川白く流れて二度くしゃみ
   

太陽を見るとくしゃみが出そうになります!夜空を見てくしゃみが出たことはないですが、夜空なのに雲が浮いているのが見えて不思議な気分になることもあります。(↑の「仕込み」の件、私は全く思いもしない甘々ですわ)
(こでまり)



長吉とおみのの再会のその一瞬に二人の声も見守る人の声も青く高い空に吸い込まれてしまったようだ…ということを詠みたかったのですが、ちょっと消化不良気味ですね。
   
さやけくて声音だに無き江戸の空
   

「声が青く高い空に吸い込まれて」……素敵な発想ですね。ちょっと「卯の花匂う」の仇討場面の静けさを思い出しましたが、あちらは命のやり取りの息を詰めるような静けさだったのに対し、こちらはどこまでも広がる温かさが満ち溢れているようです。
(こでまり)



 千姫さんの五七五 

「横浜から出て来た男」は物語はよっく覚えているのに、題名からはまったく思い出せませんでした。五七五を練っている間も、なぜ題名が「横浜から出て来た男」なのだろう?どうして「横浜」なのかな?なんて。(これが五七五の不作の言い訳になるかしら(^^)v)
(千姫さんの談)

それにしても何故「横浜から出てきた男」なのか、何故「横浜」なのか、全然気がつい てませんでした(^_^;)言われてみればそうですね。
(コシキブさん)
千姫さんの「なぜ横浜なのか?」にはハッとしました。本当にそうですよね。何故横浜だったのでしょうね。江戸末期、鎖国の中、外の世界と繋がる都市の一つとしてその繁栄は著しかったと思います。不幸な生い立ちから大店の主人にまで出世した利兵衛を描く一つの象徴だったのでしょうか。
(あっちの管理人さん)


墓の前に、たった今、供えたばかりのような線香と花があるのをみた。
「墓参をして下さるからには、親にはゆかりのあるお方……もし、お目にかかれるものならと……慌ててとび出しましたのですが……」
「横浜から出て来た男」より
利兵衛さんが自分以外に墓へ参っている人が居ると知った驚きと、誰とも分からず、行き違ってしまった事を悔やむ心を、五七五にしたいと随分苦しみました。言いたい事を表わせるいい言葉が思いつきませんでした。
   
行き違い 胸の早鐘 香華跡
   

お千ちゃんは優しいから、この部分を読んだだけで、自分の胸も早鐘を打ったんじゃないかなあ。
(こでまり)



自分の立場は仕方なくても、二人の子供達にはいい教育を残していたのだなぁ、と思います。
   
秋空に 垂れる頭を 説いた母
   

このお句、うまく言えませんがとても好きです。姉弟の生き様を見れば、母の教えがわかるような気がしますね。
(こでまり)



庄司家の墓は昨日、嘉助とお吉が一日早くお詣りに来て、すっかり掃除をして行ったから雑草一本生えて居らず、東吾とるいはきれいに洗い清められている墓石に新しい水を汲みかけ、花を供え、香をたむけて合掌した。
「横浜から出て来た男」より
正月・彼岸・盆、全て親戚が参ってくれる前に、墓そうじを兼ねて墓参りをしています。同じような人が結構います。同じ立場なのだなぁ、と親しみを感じて軽く会釈をしています。
   
墓参り 草ぬきにゆく 彼岸前
   

まず印象に残ったのは、お千さんの「嘉助・お吉の一足先のお墓参り&掃除」と同じ習慣がおありということ、そしてそういうお仲間もあって、なんとなく心を通じさせているという話。すごく感動しました。
(たまこさん)



 はなはなさんの五七五 

今月はあまりお話に入り込めなくて、お芝居を見ているような感覚で平岩先生の腕の冴えを今さらながらに感じます。人情あふれるかわせみの、典型的なお話で、見どころ・詠みどころも満載、東吾さんの冷静な判断が印象的です。
(はなはなさんの談)

静かな秋の日の墓参。美しい場面ですね。そこにたたらを踏んで現れる事件の発端。まるで映画の口切のようなあざやかなシーンですね。夫婦2人の墓参にしんとした心に静かに萩が散ってくるような、また、利兵衛の騒ぐ心を表すような、ふたつの萩を詠んでみたいと思いました。
   
心にも萩こぼれ散る寺の垣
   




「長助親分が蕎麦粉を届けに来たんですけど、若先生のお昼がまだなら、蕎麦を打ちましょうって……」
「横浜から出て来た男」より
長助親分はやはり律儀ですね。なにか相談事があると手ぶらでは行けないと蕎麦粉を持ってくる。「打てるのか」と粋なからかいを言う東吾との息もぴったりですね。今回も気の重い相談でしたが。
   
相談は蕎麦粉の重さ長助来る
   




利兵衛が「かわせみ」へ戻って来たのは案外早く、八ツ下り(午後三時頃)であった。
雨はまだやまず、大川の水はかなり増している。
「若先生、どう致しましょう。利兵衛さんが話を聞いて頂きたいっていってますけど……」
「横浜から出て来た男」より
利兵衛は有頂天になっていた一時が過ぎて、さすがにおかしいと思い始めたのでしょうね。長雨がうっとうしく降る日々に気分も鬱々と滅入っていく。信じたいのに、あまりにも見え透いた嘘に気づいて、そのときの気持ちはどんなにやりきれなかったことか。旅の宿の心もとなさもあいまって、判断に迷っていたことでしょう。東吾の言葉にもすがりたい気持ちがあったのでしょうね。
   
秋霖の忍び込む部屋とつおいつ
   

雨の中を不安を募らせながら帰ってきて、「秋霖の忍び込む部屋」に入ったとたんに頂点に達したんでしょうね。それにしても利兵衛という人には、年若い東吾さんの意見でも聞こうとする素直なところがあって、その性格もこれまでの人生を良い方に向わせたのでしょうね。
(こでまり)



「それでは、もしや、門前町の玩具屋のお内儀さんが……」
「左様、お染と申しますのは、養女に行った先で名を変えたので、本名はおみのでございます」
利兵衛がころがるように前へ出た。
「横浜から出て来た男」より
雨が上がった夜に、心を決めて柏屋へ向かおうとした利兵衛に知らされる真実。いくつも掛け違った偶然がやっと繋がった、良いシーンですよね。このときは、やはり世間の暖かさに利兵衛は手をあわせたくなったかもしれませんね。世知辛い世間の根底にもちゃんと救いがあるというのを詠みたかったのです。
   
人の世の光ひそめて雨月かな
   




お染=おみのはここでしか登場しませんが、彼女の過ごしてきた年月に目が向きました。幼いころに別れた弟にやっと会える、その喜びが抑えた表現の中にやどっている気がして、好きなラストシーンです。
   
千代紙と過去を並べて秋の午後
   

私もこの場面で、おみのが弟を待ちながら何度も千代紙を並べていたように思いました。
(こでまり)



 こでまりの五七五 

今月のお話は、凄惨な部分もありましたが、最後は真心が通じ合ったよいお話でしたね。ところで千姫さんも書いていますが、私もなぜこのお話のタイトルが「横浜から出て来た男」なんだろうと思ってしまいました。
(こでまりの談)

その流れが浅草福富町二丁目を抜けたところの東岸に、浄念寺という浄土宗、芝増上寺の末寺がある。
「横浜から出て来た男」より
「秋になると水が澄む」ということを、身近に感じない暮らしをしていますが、猪牙に乗る暮らしをしていると、こういう変化を感じられたのでしょうね。美しい水に乗って、夫とともに菩提寺に向う、とても美しい情景を思い浮かべました。
   
澄む水に運ばれて行く墓参かな
   




「花世ちゃん、お土産ですよ」
るいが嬉しそうに、買って来たばかりの千代紙を高くかざして、花世に振ってみせるのを、近くにもやっていた野菜舟の船頭が驚いた顔で眺めている。
「横浜から出て来た男」より
お土産をもらう子はもちろんでしょうが、あげる側のるいさんも、それをずい分喜んでいますよね。花世ちゃんに向って舟からお土産を高くかざしたということですから、二の腕なんかも見えたんじゃないかと思うのですが、それを気にしないばかりか大きな声まで出して。そんなるいさんが若くて可愛いかったな〜と思いました。
   
手土産をかざして振って秋高し
   




「早速ながら、おはまさんの悴どのにお目にかかりたいが……」
利兵衛が帳場の脇からとび出した。
「手前でございます」
「長吉か」
「横浜から出て来た男」より
お武家じゃないんで、「幼名」というよりは「本名」なんですけどね。このお話に出てくる人で、会ってすぐに「長吉」と呼んでくれたのは、浄念寺の老執事だけでした。自ら名乗る前にそう呼ばれた川崎屋利兵衛は、江戸に戻って来て初めて自分を取り戻したような気持ちを味わったのではないかと思いました。
   
幼な名で呼ばれて安堵ちちろ鳴く
   




この日弟が訪ねてくると、前もって知らせがあったのでしょう。おみのは普段どおりに店を開けながらも、いつものようには仕事が手につかず、何度も何度も千代紙を並べなおしたりしては、その時を待っていたんだろうと思いました。
   
澄む秋や千代紙ばかり並べ替へ
   




最後は良い場面でしたね。この前に一度偽の対面をさせられた利兵衛。きっと嘘がバレないように、偽姉は盛大に泣いたりわめいたりしたんでしょう。それに比べて実姉との対面は、ただただ静かで、でも心の高まりが息遣いで伝わる温かなものでした。精一杯節度ある暮らしをしてきた姉、年を重ねたとはいえ内からにじみ出る心根の良さは、十分美しさとなって弟の目に写ったことと思います。
   
秋の陽や声なく埋まる四十年
   




 コシキブさんの五七五 

気がつけばもう九月。来年のカレンダーが売り出される季節ですね。さて、今月もなんとかお題提出にこぎつけました(^_^;) 感性の枯渇をひしひしと感じる毎月の句作ですが、皆様の素敵なお句を心から堪能するためにも、なんとか自分も参加者の一人でいたいと、無い頭をひねって搾り出しています(トホホ…)
「横浜から出て来た男」は、お芝居にありがちな生き別れ・再会のお話ではありますが、東吾とるいの程よい心配りと手配が爽やかで秋の風景とマッチしたいいお話だったと思います。
(コシキブさんの談)

突然、前を歩いていたるいが小さな悲鳴を上げたのは、墓の間からとび出してきた男がいきなり立ちふさがったからで、東吾は咄嗟にるいの肩を引き、手桶を持った手を相手に突き出すようにして女房をかばった。
「横浜から出て来た男」より
墓地で咄嗟にるいをかばう東吾。武士というより騎士のような振舞いだな、と思いました。早くに父母を亡くしたおるいですが、お吉や嘉助もいるし、何より東吾にこんなに愛されて守られている。ご両親の魂も安心して見守っていることでしょう。
   
盾となる人ある幸や秋彼岸
   

このお句、とっても同感(×100)ですわ〜。私などはへたをすると盾に使われているのでは…と思うことがありますです。
(こでまり)



川崎屋利兵衛さんにとっては本当にタイミングの悪さが重なったあげくの災難でした。そんな中での幸運はやはりかわせみに投宿したこと。利害抜きで話を聞いてあげる東吾の男気もなかなか。柏屋の自滅を見越す判断もよかったですね。
   
身に沁むや江戸の心の明と暗
   




二人は息をはずませるようにして、向い合い、やがてどちらからともなく両頬に涙を流しながら漸く手を取り合った。
浄念寺の境内の銀杏が、ほんの僅か、黄ばみはじめている。
「横浜から出て来た男」より
再会の場面をなんとか一句詠んでみました。ここは皆さんのお句を楽しみにしてます。
   
門前の照葉ひとひら老姉弟
   

この日の再会の静かな雰囲気と、初秋の感じがとても良く出ていると思いました。
(こでまり)



 たまこさんの五七五 

庄司家の菩提寺、浅草の浄念寺と、そこの黄粉餅好きのご住職は「梅屋の兄弟」にも出てきますよね。私はずっと、このご住職が「横浜から出て来た男」のラストシーンで川越から帰って来た暁雲さんだと思っていたのですが、暁雲さんは、住職ではなくて執事さんだったのですね。また、神林家のほうの菩提寺「経王寺」が舞台の「春の寺」で、寺の花屋をしている「おきぬさん」と、「横浜から…」の「おみのさん」も、よくこんがらかってしまいます(^^ゞ
(たまこさんの談)

大川が浅草御蔵と呼ばれる幕府の御米蔵の脇を入って鳥越橋の下をくぐり、御蔵前片町のところをまがって、まっすぐに東本願寺の横から浅草田圃まで続く堀割を、このあたりでは新堀と呼んでいた。
「横浜から出て来た男」より
浄念寺が面していた「新堀」は、今も「新堀通り」の名を残しています。大川端から遡って新堀に入るには、「江戸東京散歩」地図で見ると、「本田中務大輔」邸で左折、浅草御蔵に沿って右折⇒左折して、鳥越橋をくぐってから、さらにまた右折⇒左折して行くようですが、このあたりの水路は今では全く想像もつきません。まだ、秘めた仲だった頃も、東吾さんは、庄司家の墓参りに付き合っていたと思いますが、晴れて夫婦になっての墓参は、おるいさんにとっては格別に嬉しく、舟が右左と曲がるたびに、そっと東吾さんに寄り添っていたのではないでしょうか。
   
秋の陽の右に左に夫婦舟
   

私も「江戸東京散歩」を見てみましたが、入り組んでますよね。車で出かけるよりも猪牙で出かけたら、お句のように揺れて寄り添って〜なんて風情があったんでしょうね。(私もおきぬさんとおみのさん、こんがらがります)
(こでまり)



「柏屋は、ちっときな臭え奴らとつき合いがあるって話です。なるべく、利兵衛さんを一人で出さねえほうがようございます」
なんなら畝の旦那から町役人のほうへ話をして柏屋に釘をさしておいてもらいましょうといい、長助は東吾が蕎麦を食べはじめたのをしおに、そそくさと深川へ帰った。
「横浜から出て来た男」より
源さんの出番の無かったお話ですが、かわせみの客の話とあって、たぶん、長助は長寿庵で蕎麦を勧めながら、詳しくいきさつを話していたでしょうね。また、後の柏屋夫婦殺害事件に関しても、もちろん源さんが捜査にあたったのは間違いないことでしょう。
   
新蕎麦で顛末を聞く巻羽織
   
秋闌けて事件(こと)の始末は巻羽織
   




今月も現場検証があるそうです。
ありがとうございます♪
こちらからどうぞ → 
たまこさんの現場検証、回を重ねるごとに迫力と読み応えが。それにまとまって見やすくなるなんて、すごい貴重なページですね(^-^)/うれしい〜〜。この先楽しみにしてますね〜〜。
(のばらさん)
現場検証、残暑厳しい折にありがとうございます。浄念寺のお墓のあり方に、正直びっくりしました。見てみないと分からないものですねぇ。「ロッカー室のロッカーの間を歩く感じ」まったくその通りで、墓のイメージがぁぁ。「墓石撤去」の貼紙にも、もしかして「庄司家」の墓もこうして無くなってしまったのか、と、御宿かわせみと現実とが混乱してしまいました。>営業的にはかなり頑張っています。お吉なら、こんなに上品な表現ではないだろうなぁ。
(千姫さん)



 bf109さんの五七五 

今月もお願い致します。大きな殺人事件はないお話ですが、なかなか泣けるお話です。
(bf109さんの談)

門前町へ出てから一軒の店へ寄ったのは、そこが子供の玩具や駄菓子を売っていて、るいは寺詣りのたびにここで千代紙や独楽などを買う。
  (略)
「五十になって、老いてからはせめて親の墓の近くに暮らしたいと、門前町の店を買って玩具屋をはじめたのじゃが、弟の長吉の行方については、どれほど心を痛めていたことか」
「横浜から出て来た男」より
千代紙と独楽を二人の姉弟にしてみました。やはり姉弟の情念は強いのかな…。
   
じょうねん寺 売られ買われる千代と独楽
折られ回されめぐり合う人
   

お互いに同じような心で思っていたんですね。それがよくわかる再会でした。
(こでまり)



 すみれさんの五七五 

まるで芝居の一幕を観ているような雰囲気のあるお話です。終りの場面は余韻を残して幕が下りていく…拍手がパチパチ…本物のお芝居を見たくなりました。
(すみれさんの談)

「不躾ながら、ものをお訊ね申します。こちら様は只今、この道でどなたかに行き違いはなさいませんでしたか」
そういいながらも、目はせわしなげに、墓地の中を見廻している。
「横浜から出て来た男」より
利兵衛さんは登場場面から、慌てまくりでしたが、姉に会いたいとの想いの強さは、充分に伝わってきます。
   
秋彼岸まぶたの姉はすぐそこに
   

最初はちょっと「アブナイ人」っぽい登場でしたよね。最後までわからなかった姉の居場所、わかった時は感動でした。
(こでまり)



「若先生、どうして、利兵衛を柏屋へ連れて行き、むこうの化けの皮をはいでやらなかったんですか」
  (略)
「素人を下手に巻き込むものではない。放っておいても、柏屋は自滅するさ」
「横浜から出て来た男」より
今回の東吾さんは、まるで兄上みたいな雰囲気があったように感じます。冷静さを失いそうになる利兵衛を出しゃばらずに見守り、助言して、導いてくれましたね。最後の「素人を巻き込むものではない」とお吉さんを諭すところなどは、まるで通之進様でした。
   
カウンセラー聴いて鎮めて身に入むや
   

今回は白黒つけずに、東吾さんらしくない?と思えるような決着のつけかたでしたが、言われてみれば本当に兄上様のようでしたね。(ところで、単行本ではお吉さんが「利兵衛」って言ってるんですけど、呼び捨てるかなあ?文庫ではどうですか?)
(こでまり)
お吉さんがなぜ『利兵衛』と呼び捨てしたか私も気になっていました、めぐり会えたラストがよかったですね
(ぐりさん)
すみれさんの深い読みがなかったら、いつもの東吾らしくない決着のつけ方すら気付かずにいたでしょう。ここはすっかり見落としていました。私も柏屋に乗り込んで化けの皮を剥いでほしいのが本音だけど「東吾ちゃんも、お兄ちゃんにおなりなすったねぇ」と遠い目…状態です。ちなみに文庫でも、お吉は「利兵衛」と言っています。
(千姫さん)



このお話しでは、源三郎さんの出番がありませんでしたね。町廻りで忙しかったのでしょうか?長助さんへの情報は源さんから入っていたのかもしれませんね。利兵衛さんはかわせみに宿替えをして、本当に良かったですね。浄念寺の仏さまのお導きだったのでしょう。
   
姉と我れ四十年の想い満つうれし涙に黄の公孫樹
   




 紫陽花さんの五七五 




縁側へ出て、るいと夜空を眺めていた東吾が苦笑した。
「横浜から出て来た男」より
今の時代だったらテレビを見たりパソコンしたりする時間だろうなと今を生きる私は想像してしまいました。
   
星空をともに見上げる時も好き
   

今を生きる私も、テレビを見たりパソコンをしたりすることが多いです〜。おるいさん、幸せそうですね。
(こでまり)



先月は覗きで今月は窃盗!。しょうがない奴らだ。
   
   

何となく湯飲みと茶たくが主犯って感じなんだけど、このスポットライトは…、狐火も積極的に参加していたんだ!
(こでまり)
今月のトリオに一言…
「九両にしときなさい。十両盗んだら首が飛ぶよ」
「首はどこだろう…!?」
(脚本:千姫さん)
「九両までなら捕まらないらしいよ」
「がんばろう!」
(脚本:紫陽花さん)
千姫さんのおかげで(?)悪知恵がついちゃったんですね。でも勘違いしてます。「九両までなら捕まらない」んじゃなくて、「捕まるけど打ち首にはならない」だけで、重い罪にはなるんですよ〜。ちゃんと言っといてくださいね、わはは。
だいいち「がんばろう!」って…、頑張りどころを間違えてるし。
(浅黄裏さん)
「何かと入用で…」 と申しております。くだらないオマケにお付き合いくださりありがとうございます。
(紫陽花さん)



 麦わらぼうしさんの五七五 

今月は全然出来なくて欠席届を出そうと思っていたのですが、なんとか一つだけ出来たので送ります、どうぞよろしくお願いします。
(麦わらぼうしさんの談)

嘉助が戸を開けると、ちょうど駕籠からかなり年配の老僧が下りるところであった。
浄念寺の執事、暁雲である。
「横浜から出て来た男」より
危機一髪のところで現れた暁雲、この場面大好きです。神仏が僧の姿を借りて現れたように思えました。実際に暁雲が裁いたわけでないけど、結果的に柏屋に罰が下る事になりましたしね。でも惨殺されたのはちょっと罰が重すぎかな〜とも思いました。
   
舞い降りた神の手悪を打ち据える
   

きっと枯れたような老僧ではないかと思うのですが、「打ち据える」がピッタリ当てはまるような気迫がある執事さんですね!
(こでまり)



 茜雲さんの五七五 

姉弟の情を心地よく描いた作品でしたが、締め切りを延ばしていただいたにも関わらず、やはりいつもと同様五七五はさっぱり浮かばず結局今日の午後うんうん唸ったものの、ろくな言葉が出てきませんでしたが、参加することに意義ありのオリンピック精神でお送りします。
(茜雲さんの談)

利兵衛は今朝出て行った時とは別人のような表情であった。
  (略)
石のように体を固くしたのに、東吾が明るい声で訊いた。
「柏屋から金をよこせといって来たのか」
「横浜から出て来た男」より
   
秋雨に流せぬ不安重なりて
   

ここは私も気になったポイントで、詠んでみたかったけど詠めませんでした。(その1)
(こでまり)



よく晴れた江戸の午後、新堀から舟を上った利兵衛が東吾とるいにうながされて、まっしぐらに浄念寺の門前町へかけ込んで行った。
小さな店の狭い板敷の台に千代紙を並べていた女が待ちかねた視線を表にむける。
「横浜から出て来た男」より
   
再会に 心も空も晴れ渡る
   




共に探し合っている姉弟が、少しのタイミングですれ違う。なんか織姫と彦星のようだわ、なんて思ったので強引に
   
天の川 遅れ七夕演出し
   




「長助に打てるのか」
「かわいそうなことをいわないで下さいよ、あれだって親の代からの蕎麦屋なんですから……」
「横浜から出て来た男」より
「長助に打てるのか」「かわいそうなこと言わないで下さいよ。あれでも…」 の場面が好きでどうしても読みたかったのですが力足らずでタイムアップでやけくそ(笑)
   
新蕎麦は 長助手打ち 格別だ!
   

ここの場面、本当に可笑しいですよね。私も詠んでみましたが、却下しました。(その2)
(こでまり)



 ぐりさんの五七五 

「千手観音のなぞ」から参加させていただいて 一冊のノートを降ろしたのですが其れが一杯になりました、ぐちゃぐちゃと書き乱れた他の人にはわからないだろうノートでもいろいろが詰まっていて使い終わっても宝です これまで続けてこれたなんて嬉しい 来月から新しいノートを降ろします これからも宜しくお願いいたします
(ぐりさんの談)

ぐりさんの「はいくりんぐノート」の話も、なんかすごく感動しました。
私は一切はいくりんぐのためのアナログのメモっていうのはしてないので、メールの下書きに入れておいて、完成したら(っていうか、ぎりぎりだ〜しようがないや〜と送信ボタンをクリックするのが毎月のこと)送るだけ、たぶん今回の修理で、毎月送ったメールも無くなってしまうと思うので、自分の前の作品が知りたい時は、ネットで「はいくりんぐ」を見ます(汗)なので、そのうち、前と同じ作品を提出したり、もっと怖いのは、人様の作品と同じ物を送るかもしれない…
(たまこさん)
私も読み方・詠み方の感想は、もっとじっくり見てからという事で、やっぱり「ぐりさまのノート」に感動! たまこさまに同じく、送信するだけ、見直したい時は「はいくりんぐ」を見ています(^_^;) こういった、「作品作りに対する姿勢」が大事なんですよね。
(麦わらぼうしさん)
たまこ様や麦様と同じく、ぐり様のノートには頭が下がりました。そこらの紙(広告の裏とか)にちょこちょこと書いているだけだもの…(汗汗) 「はいくりんぐ」に頼り切りで、他の方のお作を振り返って見ることはあっても、 自分のは見ないままでした。これからも多分変わらないと思うし…(^_^;)
(すみれさん)
みなさん私のノートに反応してくださってありがとうございます、メモ代わりのノートで あの頃はメールの下書きなんて知らなかったですね、メールを打つときは中断すると困るので家族の居ないときに打ったものです、恥ずかしいですでもかわせみの何もかもを本家のアンケートとかも書いてあるので大事にとっておきます
(ぐりさん)
みなさん、本当にいろいろ考えられて、素敵な言葉を選ばれていていつも感心ばかりしています。 思いついた時に書き留めたり、推敲したり…という事が大切なのですね。
(茜雲さん)
ぐりさんがノートで句を推敲していると知って、宗匠がニンマリしているのでしょうねぇ。…私は広告の裏ですぅ。
(千姫さん)


墓地は本道の北側にあり、すでに香華をたむけられている墓も少くない。
門前町で用意して来た線香と花をるいが持ち、東吾は井戸から汲み上げた水の入った手桶を提げて墓石の並ぶ細道を奥へ向っていた。
「横浜から出て来た男」より
おるいさんのお先祖様の墓参り お父さんも墓の中から「るいよかったなー」 と言っているでしょうね
   
秋彼岸 妻と連れ立ち 墓参り
   




偽の優しさでもすがりたい利兵衛の薄かった肉親の縁利兵衛の肉親への情に浸みたのでしょうね
   
秋渇 肉親への愛 偽とても
   

秋渇(あきがわき)は夏に減った食欲が秋になって増してくることをいう季語だそうです。利兵衛の四十年にわたる寂しい思いが伝わってきますね。
(こでまり)



「あんたのつれていた女がおみのであるわけがない。それを知ったので、こうして旅姿のまま、知らせにかけつけたと申すわけでございますよ」
暁雲の言葉に、利兵衛がまっ赤になった。
「それじゃ、やっぱり、あの女は偽者でしたか」
「横浜から出て来た男」より
悪いことは出来ないものですね 柏屋の悪巧みもついに
   
執事来て 悪事露見の 十三夜
   




渋茶を飲みながらそんな話をしているところへ、汗を拭き拭き長助がやってきた。
「どうも、たまに板場へ入りますと、腰が痛くっていけませんや」
「横浜から出て来た男」より
長助親分蕎麦屋のだんななのに 玉に板場に入ると〜 情けないぞ〜
   
新蕎麦を 打つも久しい 腰痛し
   




ようやくめぐり合い見詰め合う二人 で この後もお染さんは門前町で お店をやっていくと思います 多分養子に入った弟さんの 負担にはなりたくないとおもう人ではないかと
   
星流る 幼く別れ めぐりあう
   

「幼く別れ」が長かった時間を感じさせますね。私もおみのはお店を続けていくと思いますが、これからは利兵衛が墓参りに来る度に会えるのですものね。
(こでまり)