戻る

 恋ふたたび
新装版「幽霊殺し」より  (平岩弓枝著:文芸春秋刊)
先月の「女難剣難」にご参加くださいました皆様、ありがとうございました。さすがに源さんが主役のお話となると、贔屓の方々の筆も出足も好調でしたね。また妖艶な初春の季語にあわせて、熱〜いお句もいっぱい届けていただきました!

さて、今月は「恋ふたたび」を選びました。

これは以前、ストップしていた連載が再開された折りの、最初のお話でしたね。
明治編再開の今と違って、違和感なくとけこめる再スタートだったことがうかがえます。また明治編では番頭さん見習いとして登場した「彼」が、初登場したお話でした♪ (お母さんは、今では狸穴の神林家に仕えているのでは?と私は思っているのですが…)

ところで、この「恋ふたたび」というタイトル、いったい何をさしているのかと度々話題になってきましたが、今回取り上げることで何か見えてきますでしょうか。

さあ、今月はどんな五七五になりましたでしょう。
(平成十九年二月)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今月のお題ですがあの二人が初登場するお話なので、
なんとしても提出したいと頑張ったのですが、申し訳ありませんが
今回は欠席させていただきたくご連絡させていただきました。
来月は何をおいても参加させていただきますので…
よろしくお願い致しますm(__)m
(みちころんろんさん)
すみません〜、今回欠席でお願いします!
(花みずきさん)
さっそく拝見させていただきました。本当に力作ぞろいで思わず唸ってしまいました。
みなさん、発想が豊かでしかも言葉がとっても巧みです。
自分も参加したかったなぁ…。
ところで宗匠、難しい字には読み方と説明をして頂いているのに
まだ他にも読めない字がたくさんあって(恥)どうしましょう。
  ↓
(ということで、質問は作品の近くに載せました ↓)
(茜雲さん)
俳句のように、五七五しかないからこそ、
語を大切にしようと思うのですね。
とても考えられた、そしてとっても美しい響きの言葉が多く、
本当に勉強になります。 来月は頑張ります。
(って宣言して大丈夫か、自分)
(茜雲さん)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇





 TERAIさんの五七五 

正吉君初登場のときは5歳ですか。もう「君」などとは言えませんね。「明治編」に出て来て嬉しく頼もしく感じました。
(TERAIさんの談)

「それで、わたしも改めてお内儀さんの様子をみたんだが、たしかに髪はほつれているし、化粧っ気のないまっ青な顔はしている。しかしね、子供が行方知れずで一夜があけたんだ。それが当り前じゃないのかね」
「恋ふたたび」より
   
わが子よと乱れ髪にて駆け出でし母のこころよあはれなるかな
   




「少々、厄介な話がありまして、その件で、これからかわせみまで行きますが……」
と顔を出したのは、もう夕暮で、東吾は早速、稽古道具をはずしはじめた。
「いいところに、いいことをいってくれるじゃないか、源さん、ちょうど今夜あたり、るいの顔を見に行きたいと思っていたところなんだ」
「恋ふたたび」より
   
るいのとこ行きたいときに野暮が来る
   
面倒見よい同門の巻羽織
   

「るいのとこ〜」るいさんといいカンジなとこを邪魔するのもお得意だし〜ホント、いつも絶妙なタイミングで現れますよね〜(^。^)
(麦わらぼうしさん)



   
お役目が来たぞと亭主が逢いにくる
   

周りにバレバレでも、東吾さんにすれば堂々とかわせみの座敷へ通り易いのですね♪ るいさんの嬉しいしぐさにいっそう愛しさを感じてしまうのでしょう。二人の若さを眩しく感じます。
(すみれさん)



   
とりかぶと子の知恵借りし悪だくみ
   

幼い正吉の心を利用して、自分の思いを遂げようとする屈折したやり方、本当に許せませんね。でも正吉ちゃんはそうした苦労の一つひとつが無駄にならずに、頼もしい青年に育ちましたね。
(こでまり)



 すみれさんの五七五 

「恋ふたたび」何故この題名? お話しの内容から付けられたと考えると??になります。宗匠のコメントから、このお話しが休載の後に再開された初めのお話とすると合点が行きます。この「恋」は作者のお話への恋、読者のお話への恋、登場人物への恋、だから「恋ふたたび」の題名が付いたと考えると腑に落ちます。
 (UP後に)
タイトルの謎解きには全然参加できないままでしたが、近頃は他力頼み路線まっしぐら(恥)、期待どおりに皆様の深い読みで、色々な「恋ふたたび」があることを教えてもらいました。
(すみれさんの談)

星はまだ頭上にいくつもきらめいているが、大川のむこうの空は白くなりはじめていて、川面には薄く靄が立ちこめている。
「恋ふたたび」より
冒頭の場面は先月に続き、素敵な情景です。本物を見る機会はなかなか訪れませんが、写真や古地図でイメージしてみました。
   
残り星大川に溶け春隣
   

とてもステキな情景ですね。おるいさんの父上の忠実な下僕だった嘉助さんが「残り星」なのかも。
(はなはなさん)



お吉が帯に結んであった守袋の中から折りたたんだのを取り出して、開いてみると、
  日本橋本町三丁目
    中村屋伊兵衛宅
       正吉 五歳
と女の筆跡で書いてある。
「恋ふたたび」より
迷子札の書き方におとせさんの賢さや境遇や心情が巧みに表現されていると思います。所書きに「中村屋伊兵衛宅」と書くところ、自分の家ではなくて寄宿しているように感じられる書き方の中に母子の立場が凝縮されているように思いました。一時は準レギュラーとしてお話に登場していたおとせ母子が時を経てまた出てきてくれました。久しく遭えなかった親戚みたいな気持ちになっています。
   
すきま風守り札にも夫婦にも
   

いつも「独占ポイント探し」を楽しみにしているのですが、すみれさんが目をつけられた「守り袋の中の迷子札」も鋭かったですよね。確かに実の子ならば「中村屋伊兵衛長男」とか「次男」とか書くのでしょうが、それが「宅」となっているところに一抹の悲哀が感じられますね。
(たまこさん)
“宅”には気づきませんでした〜!コメントもなるほど〜だし、お句もうま〜い!
(麦わらぼうしさん)



主人の伊兵衛は捕まる悪事はしていないけれど、今回の悪の根源でしょう。男女、どちらもOKは卑怯だ!番頭の長左衛門の方が悪いながらも心情には頷けますが、薬屋が毒を飲ませては救いがないでしょう。今期放映中のドラマ(妻妾同居とか悪い医者とか)昔も今も悪い奴らは時代を問わないってことか…
   
本業を悪用するや鬼は内
   

「鬼は内」が効いていますね。誰しも心の内に多かれ少なかれ「鬼」を抱えているものですが、外にはいい顔をふりまきながら、隠れて「内なる鬼」を振りかざすような振る舞いは、いつか必ず表に表れるものですね。
(こでまり)
「鬼は内」もとても気になる御作です。私の中にも「鬼」がたくさん棲んでいます。それを忘れないように生きていくことで長左衛門にはならずにすむような気がするのです。
(はなはなさん)



源さんはこのお話の中でも、東吾さんとるいさんの恋への援護射撃的な動きもスマートだし、おとせ母子の扱いにも気配りが行き届いていますね。
   
義と情け朱房に編んで復の春(またのはる)
   

源さんの良さがタップリ表現されている素敵なお句ですね。
(麦わらぼうしさん)



 たまこさんの五七五 

「恋ふたたび」という題名の謎、今回のお題で解明されるかな〜。「ふたたび」というからには、やっぱり東吾さんとるいさんの恋だろうと思いますけど…連載の再開にあたっての作者の意気込みのようなものが感じられますよね。この再開がなかったら、かわせみシリーズは、文庫本4冊で終わってしまった可能性もあるのかと思うと感無量です。
 (UP後に)
「恋ふたたび」の由来だけでも、目からウロコないろんな解釈があり、とても面白いです。作品のほうは、もう一度じっくり読み直して、少しでも感想が送れたらいいなと思っていますが、まずは今月もたくさんの素晴らしい巻羽織句・源さん句を有難うございました!
(たまこさんの談)

「嘉助さんの朝」は、この前も競作ポイントになりましたよね。「凍霞(いてがすみ)」は、前に、はなはなさんがご紹介くださった角川書店の「吟行句会必携」で見つけた語で、*マークがついていたから、季語らしいのですが、「凍てる」は冬、「霞」は春でどちらの季語なのかわかりません(汗)。「冬の霞」と同じなのかな。どなたか教えてくだされ〜〜
   
凍霞解けゆく川の朝の色
   

「凍」がつく季語の多く(凍滝・凍星=凍+名詞?)は冬季のようですが、(凍解け・凍ゆるむ=凍+動詞?)などは春季のようですね。この場合(季語+季語)なのでどちらの意味がより強いかで判断するのかなあとも思いますが、「凍霞」が「解け」なので、「凍解」に近い春季ととらえることもできそうですね。
(こでまり@へ理屈)
宗匠@へ理屈の解説で季節(季語)の微妙さの勉強になりました。自分も挑戦してみましたが、大川をいつも直に見ておられるたまこ様のはいくは、味わい深さに格段の違いを感じます@脱帽。
(すみれさん)
わわっ、へ理屈なので、誰か助けて〜〜。
(こでまり)
季語とか専門的な事はわかりませんが、この場面にぴったりで情景が見えるようで素敵なお句だなと思いました。
(麦わらぼうしさん)
こでまりさんの解説(へ理屈)で“凍蝶”という言葉を思い出しました。こちらで覚えた言葉なんですが、なるほどと思いました。でもこの“凍蝶”いつ誰がどこの場面を詠んだのかは覚えていません…
(紫陽花さん)



大根の千六本の味噌汁はもう何度かあたため直したので味噌の香がとんでしまっていたが、梅漬けの紫蘇の葉を細かく刻んで炊きたての飯にまぶした「かわせみ」自慢の朝飯は嘉助の大好物で、年をとって来てからは腹八分目を心掛けているのに、つい三杯目をお吉によそってもらうことになる。煎りたての白胡麻を飯の上にふりかけながら、嘉助は柔和にみえる眼の奥を光らせた。
「恋ふたたび」より
続いてまた嘉助さんです。
「ぜんぶ漢字句」というのをやってみたかったんですが、1文字だけひらがなが入ってしまった。明治になってもなお矍鑠(かくしゃく)としている嘉助さんにあやかりたい…
   
矍鑠の秘訣紫蘇胡麻飯三杯
   

今月は確かに難しい漢字が多かったですね。たまこさまの「矍鑠」なんて解説が無ければ絶対よめなかったです。全部漢字のお句にまた是非チャレンジしてくださいね。
(コシキブさん)



情の厚い男で、自分が手札を渡している、いわゆる岡っ引き連中の面倒をよくみるし、どんな市井の些事でも相談されると億劫がらずに出かけて行くので、仲間内には融通のきかない無駄骨折りなどとかげぐちを叩かれることもあるが、東吾とは学問も剣の修行も同門で、子供の時から親友と呼ぶにふさわしい仲であった。
「恋ふたたび」より
一度中断した連載が再開されたということで、レギュラー陣のキャラが改めて説明されている所も多いですね。おとせさんは狸穴に行ってから、なんとなく、るいさんのライバル的存在になっちゃうみたいですが、おとせさんのような苦労人は、源さんのほうに惚れるんじゃないか?という気もするんですがね〜。まぁ源さんは忙しいから、あんまり狸穴に顔も出さないし、正吉くんと遊ぶこともないからね。
西洋でも cool head and warm heart というフレーズがあるそうで。
   
仕事では切れて情けは厚いひと 顔じゃないのさ男の値打ち
   

源さんといえば!のたまこさまの「仕事では切れて」の御歌、思わず拍手でした。嬉しかったです♪
(じゃからんださん)
自分も似たような雰囲気で五七五を詠んでみましたが、cool head and warm heart は万国共通 ですか@納得。
(すみれさん)



天袋に隠されていた風呂敷包みの中身を見て、おるいさんが「何か変」と思ったことから、事件は急転直下解決を見ることに… 確かに、高級品の紅白粉なら男でも、女房に土産といって買うのは、とくにおかしくありませんが、刷毛や紅筆のような小物を男性が買うのは、ちょっと違和感ありますよね。さすが作家はうまいところに目をつけるなぁと、一度読んだ時から印象に残っていて、100円ショップで化粧品グッズを見るたびにこのシーンを思い出します(笑)。
   
女の眼小物グッズで謎を解き
   

まったくたまこさまのコメント通りで。なんか私もこれから100円ショップ行くたびに笑っちゃいそう〜
(麦わらぼうしさん)



源さんと東吾さんの連携プレーで成立した、おとせ親子の狸穴就職、二人にとっても方月館にとっても、またとないハッピーな結果になったわけですが、これを書かれた時の平岩先生は20年後の正吉くんの就職先までは、まだ考えておられなかったでしょうね…
   
狸穴へおいでおいでと春の月
   

たまこさまのはどの御作もにやり♪特に源さんを描いては天下一品、さすが姐さんです。他の御作は皆様が言い尽くしておられますが、「おいでおいで」というのがとても心に残って何度も口のなかで転がしてみています。このフレーズ、ちあきなおみさんの歌にもありますが(こないだ特集番組で感動しました、やっぱり好き♪)あたたかな狸穴でおとせさん親子ははじめてのびのびと暮らすことができたのでしょうね。
(はなはなさん)



【おたまねえさんの現場検証 日本橋】
ずらりと並んだ店の大方が薬種問屋で「薬種」と書いた大看板や、安産膏、天女丸、中風中気第一の薬、烏犀丹だの、家秘・朝鮮人参丹だの、小児万病・琥珀丸、疱瘡安全湯などさまざまのその店の家伝秘伝の妙薬の看板が目白押しになっている。
「恋ふたたび」より
『日本橋』
「お江戸日本橋七つ立ち」と言われるように、日本橋は、品川へ向かう東海道を始め、千住へ向かう日光街道・奥州街道、板橋宿へ向かう中仙道、内藤新宿へ向かう甲州街道の五街道のすべての起点で、今でも国道1号線を始め多数の幹線道路が日本橋を起点として計測されています。またビジネス街の中心地として、大店の暖簾が並んでいたのも日本橋です。

その日本橋の中で本町三丁目は薬種問屋街、この事件の舞台となった「中村屋」を始めたくさんの薬種問屋があったわけですが、現在でも、この地域は、薬品会社のビルがずらりと並んでいます。本町三丁目は、JR新日本橋駅と首都高速に挟まれた一角で、「浮世小路の女」でご紹介した、べったら市の行われる日本橋室町と隣接しています。

写真は(暗い上にボケていてすみません)新日本橋駅(地下)の入り口、左のビルは「コルゲンコーワ」でおなじみの興和薬品のビル。


『日本橋本町三丁目』
通りを歩きながら目につく薬品会社をパチリしていくと、こんなに… (実は、三丁目ばかりでなく、二丁目も少し入っているんですが)
アステラス製薬というのは、2005年春に山之内製薬と藤沢薬品工業が合併して出来た会社です。
今年春からの新入社員の研修なのか、それとも早くも3年生の会社訪問なのか、黒スーツの若い男女の一団がビルから出てくるのを見かけました。




どの薬品会社だったか、向かいは演芸場でした。
今回も現場検証を、ありがとうございました。江戸時代には「○□屋」だった大店ですが、今では横文字の社名も増えているんでしょうね。それにしてもたくさんありますね。そんな中に演芸場もあるというのが不思議な取り合わせ。「笑いは心の薬」ってことでしょうか。
(こでまり)
たまこさまの現場検証も充実してますね。以前の現場検証や自分で歩いた日本橋と私の頭の中ではカチカチッと音を立てて符合していきます。嬉しい体験です。
(はなはなさん)
なるほど!日本橋3丁目は昔も今も薬屋関連の場所なのですね。昔は丁稚姿で今はリクルートファッション、時代は変化しても勤める新人達の緊張は同じでしょうか?いつも丁寧な検証をしていただき、ありがとうございます。
(すみれさん)



 麦わらぼうしさんの五七五 

いやぁ〜難しかったです〜!大好きなお話なんですけど〜詠みたい所もいっぱいあったんですけどね… これ以上出来そうにないので思い切って送ります。今月もよろしくお願いします。
 (UP後に)
男ふたりの「恋ふたたび」、私は目からウロコでしたが何人もの方が詠まれていますね、みなさますごいなぁ〜 もしかしたら特定の人の事でなく、東吾さんとるいさん、おとせさん、男ふたり…等々、いろんな人たちの「恋ふたたび」なのかも、と今月の五七五を拝見して思いました。
(麦わらぼうしさんの談)

そのるいの部屋には、いつ、東吾が来てもいいように炬燵があたたまっていて、男二人がすわり込むのと同時に、お吉が徳利と酒の肴を運んでくる。長火鉢にはちんちん湯が沸いていて、酒の燗の出来る前に、るいが熱い茶を一杯、香ばしい匂いと一緒にさし出した。
「成程、これでは東吾さんがかわせみに入りびたりなのも無理はありませんな」
「恋ふたたび」より
かわせみはどの部屋でも真心のこもったおもてなしをしていると思いますが、るいさんの部屋にはかないませんよね、なんたってるいさんの“愛”であふれていますから(^^♪
   
かわせみのVIPルームはるいの居間
   




これはおとせさんの事です。おとせさんの夢とは「正吉の幸せ」ではないかと。たぶん中村屋伊兵衛の事は最初からあんまり好きじゃなかったような気がします。でも正吉の事を考えて、中村屋という大店ならと、自分の気持ちは抑えて再婚を決めたのでは。そして一件落着して東吾さんたちと出会えた事で、恋はふたたび夢はみたび輝きはじめたと。な〜んていうのはこじつけで最初に「恋ふたたび夢みたび」というフレーズがぱっ!と浮かんで、以上の事は後から考えたのでした…(^_^;) おとせさん=冬鳥、というイメージがしたので。
   
冬鳥の恋よふたたび夢みたび
   

「恋ふたたび」はおとせさんのことで、さらに「夢」も開けたという明るい感じなんですね。なるほど〜。
(こでまり)
おとせさん=冬鳥、確かに、この頃のおとせさんは苦労続きでしたね。再婚して綺麗に着飾っていても心は冬の木枯らしが吹きぬけている状態だったかも知れません。
(すみれさん)
かわせみにも同じタイトルのお話がありましたが兄妹の悲しい恋でした。私もずっと「恋ふたたび」は「おとせさんの恋」だと思っていたのです。「夢みたび」と言葉もリズムもステキですね。
(はなはなさん)



 千姫さんの五七五 



最初の五七五は「早起きの帳尻合わせて午睡かな」でした。これをもっと忠義者の嘉助にふさわしくしたいと、一週間推敲しました。早起きの嘉助が気持ち良くうとうとしてしまうって、どんな時なのだろうと考えて…みました。(ちなみに私は昼寝をする時、近所の子供達が遊ぶ声を遠く、近くに聞きながらうとうとし始めるのが、平和だなぁって思って安心してよく眠れます)
   
帳場にすわり心地よく午睡かな
   

午睡は そのまま「ごすい」でよろしいのですよね。つい「ひるね」と読んでしまいます。
(茜雲さんと一緒に学ぼう−1)
宿屋の仕事が一段落して、るいさんの部屋で始まるお吉のおしゃべりの声を聞きながら〜なんてね(^^♪
(麦わらぼうしさん)
茜雲さ〜ん、返事が遅くなっていて、すみません!!午睡は「ごすい」で壁影は「かべかげ」と読んで作りました。最近普段の生活の中に、こでまりさんの陰謀が入り込み、移りゆく季節や、自然の美しさを見ると何とか五七五にしようとしています。だから、普段使う言葉通りなんです。って午睡を何故普段に使うのかと言うと、毎日昼寝をしていた私は怠け者と思われるのを避ける為「昼寝してたねん」を「午睡してて」って言い換えて使っていたんです、あはは。
(千姫さん)
『午睡」『壁影」普段から言葉に気をつけていらっしゃるのですね、『昼寝」よりずっと響きがいいですよね
(ぐりさん)
千姫さん わざわざお答えいただいてありがとうございます。五七五を通してまだまだ知らない味わいのある言葉がたくさんあることを 教えていただいています。それに嘉助さんにはやはり昼寝より午睡が合いますよね。昼寝だとががーっと寝ちゃうイメージですけど、午睡だとウトウトって感じがすごく出ますね。鞠の宗匠がせっかく[茜雲と一緒に学ぼう講座]を開設して下さったので これからも恥を恐れず聞いていきますのでみなさんよろしく。
(茜雲さん)
こでまりさんの陰謀が入り込」んでいると思う感覚、よ〜くわかりますよ、ふふふ。誰にご褒美をもらえるわけでもないのに取り組んじゃってる私って??と思うこともあります。でも五七五が生活の中にあるって楽しいですよね。
(浅黄裏さん)
「一緒に学ぼう講座」こちらこそ、よろしくお願いします。 疑問をそのままにしておかず、一つ一つ学んでいこうという姿勢、ほんとに大事だなと思います。私なんか、わかって読んでいるわけじゃないんです〜〜「あ〜これ何だろう」「何だっけ」と思いながら「後で調べてみよう」と思ってそのまま…ということばかりなので、この前の「はいくりんぐ」も、茜雲さんの質問ですごく有難かったのに、その御礼もすっかり書きそびれてまして。どうぞ今後ともよろしくお願いしますね。 と、いいつつ、自分の無知を棚に上げ、人の事をつっこみたがる悪い癖。毬門の宗匠の「マリ」は「毬」つまり「イガ」の意味のほうのマリで…そのうちイガが取れて、なめし革のようになったら「鞠」の宗匠になるのか。なんちゃって。うししし。
(たまこさん)
茜雲さん、勝手に「講座」まがいにしてしまって、すみません。でも姐さんが言ってるように、私もありがたかったです。またよろしくお願います。
(こでまり)



大川端の小さな旅籠屋「かわせみ」で、このところ、一番早くに床を離れるのは、老番頭の嘉助であった。
「恋ふたたび」より
これは今月始めの月の綺麗だった時、電気をつけなくても鍵穴がわかるくらいの明るさと、隣の建物が影になっているコントラストの見事さが美しく、是非はいくりんぐで詠もうと決めていたのです。下の句を「冬の月」と考えていたんですが、夜を朝に替えて嘉助さんに捧げます♪(私はまだ若いので早起きは苦手ですぅ) きっと嘉助が起き出す頃は、まだ月も星も出ているんでしょうね。空気も澄んでいて、懐かしい匂いがしていたんでしょうね
   
壁影も 鮮やかなりて 夜明け前
   

「壁影」は初めて見た言葉ですが、白壁に隣や向かいの家の黒々とした影が写っている情景がパッと思い浮かびました。月の光って、本当に明るいですよね。
(こでまり)
壁影は 「かべかげ、へきえい?」
(茜雲さんと一緒に学ぼう−2)
壁影は千姫さんに教えてもらわなければなりませが、私は「かべかげ」と読んでいました。でも人の名前でも何でも、判らないときには「音読み」で読めば失礼にはあたらないと、子どもの頃に聞いたこともあります。
(こでまり)



大川の上に、もう春を思わせる月が上っている。
「恋ふたたび」より
「恋ふたたび」を読み終わって一番最初に出来た五七五です。17文字だ、だけなんですが「これも一句でええやん!」 それにしてもこの「恋ふたたび」って題は、誰の恋がふたたびなんでしょうか?
   
ウインクをしたようなきさらぎの月
   

千姫さんの「ウインク」の御句ですが、かわせみの面々がどれだけウインクしているかというコンテンツがご本家にたしかありましたよね。私もどの話だったか忘れましたが「ウインク」の句を詠んだことがあるので嬉しかったです。
(TERAIさん)
お月さまが謎かけをしているように感じました。意味深くて、きさらぎの月はまだ寒いでしょうが、どこか温かみをこのお句から感じます。おとせ母子を見守ってくれているようです。
(すみれさん)
未だに上弦と下弦の月に迷うのですが、先日夜空に笑った口のような月がかかっているのを見て、口許にも見えるしウィンクの閉じた瞼のようにも見えて、このお句もそんな風景を詠まれたのかな〜と思いました。
(こでまり)
千姫さまの「きさらぎの月」、去年もどこかで拝見しました♪気になる言葉ってあるのですよね。今年のは茶目っ気たっぷり、空からかわせみを眺めているお月様の様子が目に浮かびました♪
(はなはなさん)



 あっちの管理人さんの五七五 

今月のお題ということで早速「恋ふたたび」を読み返そうと出だしを読んであれ?と思ったのは冒頭の嘉助さんの描写がつい最近も読んだ気がして。12月のお題だった「神かくし」も嘉助さんの描写から始まりましたね。
平岩先生はこの「恋ふたたび」という題名にどんな意味を込められたのか、おとせさんのこれからを暗示しているのか、東吾さんるいさんに関係しているのかはっきりしないところですが、今回のお題でみなさんのいろいろな「恋ふたたび」が伺えるのを楽しみにしています。
(あっちの管理人さんの談)

嘉助さん、本当に大川からの眺めが好きなんですね。厳しい捕方だった昔から、今ではすっかり番頭姿も板に付いた嘉助さんだけど、源さんや東吾さんが持ち込んで来る事件には相変わらず無関心ではいられない。でも今の静かな暮しにも感謝する毎日だと思います。きっと毎朝心穏やかな気持ちで大川を眺めている のでしょうね。
   
大川に来し方重ね春浅し
   




「そう、あけすけにいわれると、独り者はやるせない気分ですな」
ちっとも、やるせないような顔ではなく笑って、源三郎は東吾の着がえを待っている。
「恋ふたたび」より
まだ忍ぶ仲だった東吾さんとるいさんの良き理解者で良き協力者でもあった源さん。八丁堀の家を出にくい東吾さんを何かと理由をつけて「かわせみ」へ連れて行ってくれたものでした。そんな源さんに東吾さんはいっつものろけまくりで、きっと源さんこう思っていたんでしょうね!
   
あけすけな友ののろけにいつかみろ!
   

のちに見事にのろけ返していますからね、ふっふっふ〜♪
(麦わらぼうしさん)



「お嬢さん、東吾様がおみえになりました」
と呼ぶ声がまだ終わりもしない中に、台所で客の膳の指図をしていたらしいるいが、いそいそと小走りにやってくる。
「恋ふたたび」より
そんな東吾さんをるいさんはいつ来てもいいように仕度をして迎えていました。
   
玄関の訪う声に春爛漫 (ウフフ)
   

訪う声は 「たずのうこえ?」
(茜雲さんと一緒に学ぼう−3)
読めない字って私の字も入ってたんですね、ごめんなさい!「お訪う」は「おとなう」とか「おとのう」で使ってみました。
(あっちの管理人さん)
あっちの管理人さん、ありがとうございました。「たずのう」よりも、「おとなう、おとのう」の方がずっと響きがいいですね。
(茜雲さん)
TERAI様のお句と呼応している感じですね。るいさん目線で詠むと(ウフフ)が入るのはごく自然、ウフフ。
(すみれさん)
るいさんの弾むような幸せ気分がよく伝わってきます〜なんとなく文字の色がピンクに見てきました〜(^^♪
(麦わらぼうしさん)
最後の(ウフフ)がいいなぁ。東吾さんの訪問を喜ぶるいさんを覗き見(笑)するご本家の管理人さんの声かと思いました。るいさんの心の声だったのね(笑)
(紫陽花さん)



我が子のために再婚先での辛い仕打ちにも耐えてきたおとせさん。そして今度こそ我が子のために離縁をとって婚家を出て行く時、中空の月が優しく二人を見守っていただろうなと。
   
母と子の行く道照らす春の月
   

心は晴々として明るいうちに出たように思っていましたが、たしなみとして人目のない夜に家を出たのかもしれませんね。明るい母子二人ですが、控えめなおとせさんには「月」もよく似合っていると思いました。
(こでまり)
こちらは千姫様のお句と呼応している感じですね。嫌な事件を経て、男に頼る生活と決別する母と子への応援五七五♪
(すみれさん)
私もこんな思いでひとつ詠ませていただいたので嬉しいです♪優しく照らす春の月はどこまでも明るくて二人を見守っているのでしょうね。
(はなはなさん)



 こでまりの五七五 

今回は「恋ふたたび」というタイトルの謎?というか意味を知りたいと思ったのですが、自分ではこれまで話題になった以外のことは思いつきませんでした。ぐやじい〜。それはそれとして、このお話も面白かったです。自分の句の方も、けっこうお気に入りかも〜。(←ハードル低っ!)
(こでまりの談)

まだまだ元気いっぱいの嘉助さん、足取りも軽く、あっという間に朝靄の中に消えていったように思いました。
   
健脚の音春暁の靄の中
   




帯を解くこともないまま、まんじりともせず、寒い夜を明かしたのでしょう。
   
春霜の夜の長さやほつれ髪
   

子供の行方が一晩もわからないなんて、どんな気持ちだった事か。髪だってほつれますよね、それを中村屋ときたら…
(麦わらぼうしさん)
お句だけ見たときは情念系かと思っちゃった。「夜の長さ」に「ほつれ髪」だもの…だんだん感化されてきているようです。
(紫陽花さん)



「母上は弱っていて、もう口もきけなかったんだ。それでも俺は、母上が自分の死んで行くのを知っていて、俺達にいつまでも仲よく、助け合っていってくれと念じて、二人の手を握りしめているのだとすぐわかった」
「恋ふたたび」より
東吾さんたちの母上を、お好きだったという水仙花にたとえてみました。
   
水仙花朽ちても香り残しけり
   

(ご本家の「今日のお話」が「春の寺」に変って)今月の私の「水仙花」は、このお話を思い出して作ったのでちょっと嬉しいです。このあとの場面もラブラブで♪
(こでまり)
懐かしいラブラブシーン。こんな時もありましたよね〜(笑) 宗匠の「水仙花」、きっとこのお話から作られたんだろうなぁと思ってました!3人でお墓参りにいくシーン、TV化されたことはないのにそのシーンが初代「かわせみ」メンバーで鮮明に浮んで来るんです。
(あっちの管理人さん)
母上の事が語られる貴重な場面に相応しい清々しさを感じます。お顔の面影は兄上を見よと言われていても、時々切なくなることもあるでしょうね。
(すみれさん)
宗匠の御作はどれも情景が際立って浮かんできます。それだけ的確な言葉を使っているということでしょうか。その言葉も上品でステキです。「水仙花」に詠まれたシーンはとても大好きで、このお話の中ではひときわ光るような印象です。水仙は宗匠の花だと勝手に決めているし♪春になると一度は部屋に飾る、大好きな花です。
(はなはなさん)



「今しがた、畝の旦那がおみえになりまして、もしも、神林の若様がお出でなすったら、これをごらんに入れるようにと……」
紙に達筆で書いてあるのは、どうやら中村屋伊兵衛の家族や奉公人の身許調べのようである。
「恋ふたたび」より
この頃のたしなみなんでしょうけど、「達筆」というのがカッコいいですね。私はますますPC頼りです。
   
調書書く文字もイケメン巻羽織
   

源さんの「達筆」を見落とし、宗匠に独占ポイントでさらわれてしまったのが悔しいですが、「文字もイケメン」などという表現は自分ではとても思いつかなかっただろうと思います。キャストによっては「文字『は』イケメン」になるときも、なんちゃって(笑)
(たまこさん)



末黒(すぐろ)は、野焼きの後の真っ黒な野のことだそうです。まるで長左衛門のおとせさんに対する嫉妬&羨望を、目の前につきつけられた気がしました。おとせという女性の陰の苦労も努力も見ようともせず、ただただ伊兵衛の隣にいることを恨み大それたことを企てた。そられを隠すように、夜毎紅白粉を塗って通っていたかと思うと、その異様さに心寒くなるような思いがします。
   
刷毛を手に末黒を隠し一夜妻
   

長左衛門の鬼気が伝わってきます。粗略に扱われ、蔭に居るしかない男の狂おしい心根が見事に詠まれていますね@一番の悪は誰だ!
(すみれさん)
長左衛門のゆがんだ人格、恐ろしさを見事に表現されていまね。でも確かに一番悪いのは…?
(麦わらぼうしさん)



 浅黄裏さんの五七五 

かわせみファミリーの準構成員ともいえるふたりが初登場なので好きなお話なのですが、今月は難しかったです。競作ポイントも詠めませんでしたが、みなさんのお句が楽しみです。
(浅黄裏さんの談)

息をひそめるようにして生きてきた母子が、この事件を機にやっとふたりで生きていくことを選び取ったように思います。
   
待ちわびて青を踏む日も児とふたり
   

「青を踏む」は初めて知った季語です。二人の門出にピッタリで爽やかな感じですね。
(こでまり)
お江戸の時代だけに、再婚して直ぐに失敗したと気づいてから、離縁をとるまでの年月は実際の長さよりも長く感じていたと思います。この事件で悲しい思いもあったけれど、母と子の新たな道を切り開くきっかけになって二人の為には良かった。
(すみれさん)
本当に爽やかで、希望にみちたお句ですね。
(麦わらぼうしさん)
「青を踏む」はじめて知りました。歳時記に載ってなくてネットで検索しちゃった。きれいな言葉ですね。
(紫陽花さん)
「青を踏む」すっきりして美しい言葉ですね。春草のイメージがくっきりと浮かびます。おとせ親子がこの先助け合って生きていく、その門出にふさわしい御作ですね。
(はなはなさん)



その夜があけて、「かわせみ」で待っていた東吾のところに、源三郎がすすけた顔をした藤助と一緒にやって来た。
「いや、もう、いけ好かないものをみちまって……」
藤助は吐きそうな顔で、お吉が持って来た梅干でお茶を飲んでいる。
「恋ふたたび」より
親分にはお気の毒でしたが、これもお勤め(笑)。
   
その夜明け茶の梅の香で落とす垢
   

とんだ“垢”でしたね。
(麦わらぼうしさん)



 のばらさんの五七五 

おとせさん、正吉君親子初登場のお話しですね。それと一緒にるいさんのお化粧道具分析シーンも印象に強く残っていたお話しでした。前はただ単に「お化粧道具を乱雑に使う人である」とい う印象を受けただけだったのですが、長左衛門はもしかしたらかつては女装にもお化粧にも興味がなかった、男としての自分のまま中村屋と 関係をもった人だったのか、と思いました。男の人だって、女の人だって、装うことを楽しんでお化粧をしていれば道具もお化粧品も安くてもいいものを丁寧に使うだろうし。今回改めて読んでいろいろ思い、「お化粧のシーン」で句作してみました。
(のばらさんの談)

おまけに、その内儀が嘉助と一緒に正吉を迎えに行きたいといった時、中村屋伊兵衛はこういったという。
「迎えに行くのなら、髪結いを呼んで髪を結い、着物を着かえてから出かけなさい」
「恋ふたたび」より
かわせみに向かうために、着物を整えお化粧をしたであろうおとせさん。鏡に向かいながら「本当に、わたしたち親子の居場所はここでいいのか、ここに来たのは間違いではなかったのか、いや考えるのはやめよう」とか自問自答せずにいられなかったのでは…と思いました。
   
冴え返る鏡の中に顔白し
   

私はすっかり見落としていた、化粧道具に関する皆様の深い洞察には唸りました。特にのばらさまのおとせさんの御句と小式部さまの「薄化粧」は、目からウロコでした。
(じゃからんださん)
正に、おとせさんの心情を詠んでお見事ですね。自分の心を隠して、能面のように鏡に向かっている絵が見えるようです。
(すみれさん)
のばらさまのコメントをよんで、きっとおとせさんの気持ちはそうだったんだろうな、と思いました。そのおとせさんの心中がよく伝わってきます。
(麦わらぼうしさん)



「なんといったらいいのか、荒っぽい使い方だと思います。それに白粉刷毛も紅筆も毛先がこんなに痛んでいるのを、まだ使ってるってことが……」
「恋ふたたび」より
自分は愛されていたはずなのに今は美人の嫁を着飾らせている中村屋。長左衛門に安易に同情する気にはなれませんが「自分こそ愛されたい。何も失いたくない。自分も装えば、お化粧をすれば…」というような執念や狂気が入り混じり、鬼になっていったのかもとも思いました。
   
力込め化粧(けわい)重ねる余寒かな
   

刷毛の使い方が荒いという点、私もすごく気になりました。何か憑かれてでもいるような、そんな感じがしました。
(こでまり)
こちらは、長左衛門の心情が見事に詠まれていて、二つの五七五が鏡を通して対局しているように感じます。
(すみれさん)
お句と、こでまりさまの「何か憑かれてでもいる」というコメントになるほど、と思いました。
(麦わらぼうしさん)
のばらさまの視点は個性的ですね〜♪青ざめた母が心ならずもする化粧。男が化粧をするその異常さ。どちらも化粧という私たちに身近な行為なのにどこか異常性を感じさせて迫力がありますね〜。
(はなはなさん)



 あるみさんの五七五 

「恋ふたたび」で考えたのですが、おとせさんの登場でるいさんが気にかかる人が又増えてしまったなとしか浮かびませんでした。で、ますます東吾さんへの恋心がつのってしまう…というような。う〜ん、違うみたい…。
(あるみさんの談)

火を焚きつけると、これも毎日の習慣で、「かわせみ」の周囲をぐるりと一巡して異状のないのをみて歩く。
「恋ふたたび」より
   
庭歩く背中にオーラを漂わせ
   




   
泣きながら目ぢから強く母守る
   

「目ぢから」がいいですね。小さいながらも体を張って母を守ろうとする姿が浮ぶようです。
(こでまり)
今月のお気に入りです。こでまりさんと同じですが「目ぢから強く」がいいですねー。睨みつけているような雰囲気がよくわかります。お母さんが好きなんでしょうね。
(bf109さん)
「目ぢから」でキムタクを思い浮かべた私(汗) 正吉さんはすくすくと育ってくれましたね。あそこまでイケメンではないほうが正吉さんのキャラかな(笑) 明治編も楽しみですよね。
(はなはなさん)



   
色と欲おとこの顔に般若面
   

“おとこの顔に般若面”が長左衛門にぴったりでうまいなぁと思いました。
(麦わらぼうしさん)



「かわせみをあてにしても駄目だぞ、源さん、るいってのは、案外、やきもちやきなんだ」
「恋ふたたび」より
   
また1つやきもちの種蒔かれたり
   

そうですね。この後、るいさんは「案外」ではなく「お見通し」のやきもちを沢山妬きましたものね(笑い)
(すみれさん)
」“また一つ”というのがいいですね、すでにたくさんやきもちの種はありますからね。
(麦わらぼうしさん)



 はなはなさんの五七五 

「恋ふたたび」今回も名作でうっとり読みふけってしまい、なかなかお題ができませんでした(T-T) 一旦休載ののちの再開らしく、それぞれのキャラクターをくっきりと書き込んであったり、私たちがこよなく愛するかわせみ独特の雰囲気を濃厚に表現されていて、「これぞかわせみ」という作品だと思います。人物や状況の設定もこの作品で改めて統一されようとした意思がうかがわれます。平岩先生も腕によりをかけておられたのですね♪ それだけに詠みどころもいっぱいあったのですが、腐女子の私としては(笑)長左衛門のあわれさに心が動くのでございます(^^;ゞ 今回ばかりは情念系も影を潜めて、ひたすら「薔薇の恋」に心を傾けてしまいました(笑)
 (UP後に)
今回の「恋ふたたび」いい御作ばかりで堪能させていただきました。感想は書かなかったけど、他の皆様のコメントで十分言い尽くされているものも多くて…。本当に読み応えがありました。
(はなはなさんの談)

おとせの登場は意外でしたが、かわせみの奥行きを出すにはもってこいのキャラクターですね。薄倖でありながらけなげに生きていく、キャラクターはおるいさんに通じるものがありますが、おるいさんが陽であればおとせは陰、それでいて存在感のあるキャラクターですね。子持ち・バツ2ということでこちらのほうが薄倖ですが(笑) 中村屋での彼女の生き様は涙をさそいます。彼女の芯の強さを感じます。薄氷は「うすらい」と読みます。
   
児を抱きて薄氷の道あゆみけり
   

夫と父を不慮の事故で亡くしてからこれまで、母と子はまさに薄氷(はくひょう)を踏む思いで生きてきたのでしょう。でも薄氷(うすらい)となるのも春が近いからこそ。一読すると過去の二人、再読すれば未来に希望をもって歩みだす二人と読むことが出来る、ステキなお句ですね。
(こでまり)
“おるいさんが陽であればおとせは陰”に同感です。おとせさんは派手ではないけど、芯の強い人、というイメージがあります。読みを変えると二通りの意味になるなんてすごい高度です、さすがはなはなさま!
(麦わらぼうしさん)



東吾にしても、少々、酔えない感じのその夜の酒だったが、更けて、るいと枕を並べてしまえば、そこは他人の家のことで、とりかぶとも生さぬ仲も知ったことではなく、久しぶりの逢瀬にどちらも我を忘れた。
「恋ふたたび」より
「恋ふたたび」のタイトルについては私も疑問でしたが、以前の書き込みにあった、「かわせみ再開」とともにおるいさんと東吾さんの恋が還ってくる、という意味だという説に納得しました。それを踏まえてのらぶらぶなおるいさんの居間の風景とこのお話では耐える恋の苦しみや悲しみには言及されていない、東吾さんの愛に包まれて幸せなおるいさんの恋をそれぞれなるべく情念系にならないように(笑)詠んでみました。
   
待つ春の蕾は光に抱かれけり
   
引き寄せて恋ふたたびの居間の春
   




それでも、二人の仲はひそかに続いていて、とうとう、長左衛門のほうは女房も持たず、実直で忠義者の番頭として今日まで世間体をとりつくろって来た。
「やっぱり、不自然なことですから、気持がおかしくなったんでございましょうね」
「恋ふたたび」より
中村屋の主人・伊兵衛と長左衛門、若いときの過ちをそのまま引きずってしまったようで長左衛門にあわれみを感じます。長左衛門にとっては一度きりの恋であったにもかかわらず、主人の伊兵衛は女に手を出し、世間体を取り繕いながら長左衛門との関係を続けるあたり、おとせを見せびらかしたり、正吉の無事を知って飛び出そうとするおとせを叱ったりすることにも通じる表面的な、心の冷たい人物を思わせます。長左衛門は伊兵衛の冷たさを知っていたことでしょう。それでもつなぎとめたかった、若かりしころの恋を取り戻したかった。歳を取ればお店や金ももちろん欲しかったことでしょうが (伊兵衛のほかには頼るものがないのですから…) かわせみの面々と同じように同情してしまいました。 もしかしたら、長左衛門の心根を思って、 頼るのは東吾さんだけという自分の境遇におるいさんも思いをいたしたかもしれません。
斑雪は「はだれゆき」と読みます。点々と雪の解け残る様子をいう季語だそうです。江戸時代は男同士の恋はそれほど禁忌ではなかったのですが、普通の恋にくらべれば冬のように厳しいものだったのでしょうね。それでも真っ白な一面の雪であれば、主人の愛に満たされていれば、幸せであったことでしょう。でも今は斑な雪、主人の世間体を取り繕う合い間を縫っての愛を、長左衛門はどう考えていたでしょうか。これもまた「恋ふたたび」のタイトル根拠のひとつの答えとさせていただきます♪ (長くなってしまってごめんなさい)
   
ふたたびと願ひし恋は斑雪
   

「恋ふたたび」の由来、私が思ったような事をはなはなさまも詠んでらっしゃると知ってうれしくなりました。あっちの管理人さまもコメントに書かれていますし、まるっきり見当違いじゃなかったんだ、と安心しました。
(麦わらぼうしさん)
「恋ふたたび」恋の上級者ならではの深い詠みに納得です。日陰の薔薇の恋、成就できないが故に悪魔のささやきに負けてしまった男の悲しさが伝わってきます。
(すみれさん)



もうひとつ「恋ふたたび」の根拠を。おとせも一度目の結婚が不幸にも婿と父の死で終わり、再縁したとはいえ正吉を守らねばなりませんでした。心はかたく、恋などもう二度とすまい、ととじていたのかもしれません。試練はあっても正吉と2人で生きて行く決心をしたおとせは心をもう一度自由に解き放てたのではないでしょうか。このあと、東吾さんに対して淡い思いを抱いているように描かれるおとせ、その萌芽はここにあったかもしれません。実は私はこちらがタイトルの根拠だと長い間信じていました。
   
下萌のふたたび青くいきづけり
   

おとせさんは正吉さんと二人で男に頼らない人生を選びました。母であるのを第一としていますが、女性の心は失くさずに暮らしていたと思います。自分の中でときめくだけの慎ましい恋心はずっと持っていたのではないかしら?
(すみれさん)



 bf109さんの五七五 

まだ間に合いますか? 今月なかなか難しかったです。
(bf109さんの談)

「手前は、おとせが下手人と思っているわけではありません」
あの家に、おとせ母子をおくのは危いと考えたからだという。
「犯人(ほし)は誰なんだ」
「恋ふたたび」より
恋ふたたびは、伊兵衛と長左衛門のことなんでしょうねー。
   
さすがだな 犯人をおとせと母子をとめ 犯人に見たてて犯人を探すは
   

犯人=ホシ、母子=ボシと読むのですね。おとせは、「おとせさん」と「ホシを落せ」かな。源さんの操作術が今月も巧に詠みこまれていますね。「恋ふたたび」がアノ二人のこととは、新説だと思います!
(こでまり)
掛け言葉がいつにも増して冴えてますね♪犯人と母子、おとせと落とせ@右脳に脱帽。
(すみれさん)
そうだったのか〜!こでまりさま、すみれさまのコメントを読んでようやく掛け言葉全部をわかりました(←遅い!)お見事です!
(麦わらぼうしさん)
見事に詠み込まれましたね。私はこういうのが全くできなくて、ただ感心して拝見してます。うーん、源さんファンに贈るステキな御作です。
(はなはなさん)



 紫陽花さんの五七五 

最後かな〜 タイトルの「恋ふたたび」って「恋たびたび」に見えてしょうがないです。私だけだろうなぁ。
(紫陽花さんの談)

足音を決して立てない彼独特の歩き方で、まだ寝静まっている家の中を見廻って廊下の掛行灯の灯を消して行く。
「恋ふたたび」より
   
寝静まる宿を守るは掛行灯
   

う〜、実は「掛行灯」もすごく心ひかれて、作ってみようと思ったんです。でも句になりませんでした〜。
(こでまり)
すごく雰囲気が出てますよね、この場面にぴったりで。
(麦わらぼうしさん)
「掛行灯」は紫陽花さまならではの視点ですね。嘉助さんもかわせみにとって掛行灯みたいになくてはならない存在ですね。
(はなはなさん)



家伝秘伝の妙薬がとても気になる今日この頃
   
トリカブト可憐な花に罪はなく
   




「奥から店のほうへ出るところの天窓からの月あかりで、うちの若いのが、長左衛門の恰好をみたってんですが、女の長襦袢に白粉を塗った顔で……、とんだ田舎芝居のようだったっていってました」
「恋ふたたび」より
おまけ…珍妙

おまけ…絶妙
(こでまり)
紫陽花さまのおまけは…座布団10枚♪
(はなはなさん)
私もアレには座布団10枚
(ぐりさん)
紫陽花さんのお作には、今月も爆ウケさせていただきました。「いけすかないもの」である筈が「ぷっ♪」に変わって、その後に「ニマァ〜♪」となります。こういう発想と言いますか料理の仕方とでもいうものに毎月楽しませていただいています。
(浅黄裏さん)
「オマケ」は、初めてシーンの予想が当たりました!でも絵柄はまったく予想外で、浅黄裏さんもおっしゃっているように、ユーモアでくるまれて「くすっ」と後味よく笑ってしまいます。2人だけじゃなく、狐火もちゃんと参加しているのが笑える(^^♪
(たまこさん)
おまけに爆笑!独りの時で良かった♪ほんとに座布団10枚積みますよ♪ 化粧の仕上がりを気にして、鏡に見入る仕草が何とも受けました♪たまこ姐さんに見通されてたようで、恐れ入谷の鬼子母神…
(すみれさん)
それにしても、もののけトリオ〜先月に続きコスプレ(?)今度は何になってくれるのか 楽しみです。
(花みずきさん)
オマケはバカうけしましたよ〜。紫陽花さん、サイコーです♪
(コシキブさん)
くだらないあいつらに過分なお言葉ありがとございます。どうしらいいのかだんだんわからなくなってきています。たまこさんはどんな予想をしていたのかとちょっと知りたいです。
(紫陽花さん)
トリオくんたちは、軽々座布団10枚ですね〜!いやあ笑った笑った!
(じゃからんださん)
「予想」は、「長襦袢+踊り」だったんですが(ベタすぎ・・・)やっぱり紫陽花さんのヒネリの効いた発想にはかないません。
(たまこさん)
長襦袢+踊り」ですか。なるほど。それは楽しそうだけど描くのは嫌かも(笑)
(紫陽花さん)



 じゃからんださんの五七五 

先月お休みしたし、今月のお題には何とか参加したいと思ってはいたんですが、結局いつものごとく、皆様が順調に次々作品提出されているのにさんざん遅れて、ようやく駆け込みいたし ます〜、ゼエゼエ。おまけにやっぱり詠みたいように詠めず、どうも無理矢理こじつけたような歌にばかりなってしまって、くう〜。皆様の作品を楽しみにしています。
 (UP後に)
読めない/読み違えた漢字が結構ありました。zmzmさま、質問して下さってありがとうございました(来月期待してますよ〜 ^o^)。ほんと、一語一語大事に選び抜かれた言葉の素晴らしいこと。日本語って音の響きが美しいなあ、なんて今さらながらに思います。
(じゃからんださんの談)

朝方強く冷え込んで、水の表面の温度のほうが外気よりも高くなる、今頃の朝にはよくある大川のこうした風景が、嘉助は好きだった。
「恋ふたたび」より
タイトルの「恋ふたたび」の謎はきっと今回の競作ポイントの一つですね(麦さまの予告が楽しみ〜)。私は連載再開でのおるいさんと東吾さんの恋物語、及び中村屋伊兵衛と長左衛門の”ふたたび自分だけを見て”という恋を絡めている、というだけの全然新味のない解釈しか思いつきませんです。ただ明治編での連載再開を経験した今、大川の変わらぬ流れとそのほとりに育まれたおるいさんと東吾さんの恋が限りなく懐かしく思われました。
   
たうたうと川は変はらず流れゆき恋の花今ふたたび開く
   

これまでもそうでしたが、明治編が始まっていっそう思うのは、「かわせみ」の中での「大川」の存在ですね。人や町が変っても、変らない大川の存在は、大きいですね。
(こでまり)
「たうたうと」は「翁」の「とうとうたらりたらりら」という寿ぎの詞章を思い出しました。大川なくしてかわせみはやはり語れませんね。江戸から明治、明治から現代へ、大川だけが変わらず「たうたうと」流れているのですね。
(はなはなさん)



「長左衛門というのも、なかなかしたたかだったが、源さんが小気味のいい啖呵でびしびしと急所を攻めていくもんだから、しまいには返事も出来なくなりゃあがって、遂に恐れ入っちまった」
「恋ふたたび」より
2番目は説明不要ですけど、源さんの取り調べっていいですよ ね〜。普段温厚な源さんがびしびし啖呵をきって、犯人を落とす図ってもろに私のツボでして(笑)、嘉助さんやお吉さんなみにわくわくしちゃいます。平岩先生にもっと詳しく取り調べ場面を描いてもらいたい〜!
   
天下無比畝の旦那の取り調べ悪者たちよ心するべし
   

源さんの取調べの場面って、かわせみのお話しの中でも詳しい描写は少ないですよね。源さんの仕事ぶりをもっと読みたかったですね。
(すみれさん)
わぉ〜!読んでいるだけで、「私が悪うございました、勘弁して下さいまし〜」と謝りたくなるような、源さんの力強さを感じるお句ですね。
(麦わらぼうしさん)



最後はおるいさんや嘉助さんも同情の余地があると言っていた長左衛門さん。この人もそれ以前から抜き差しならぬ思いを抱えていたものの、あの時正吉くんが無邪気に聞いた一言が全ての引き金になったと言えないこともないでしょう。そしてそれを考えると、他人から見ると「なんであんなことで」と思われることでも、ある特別な瞬間には一人の人間に思いもよらぬ影響を及ぼすことがある。後から考えるとそれは偶然ではなく、必然だったとしか言いようがないことが、犯罪如何に関わらず、人生には起きることがある気がします。
   
冥き淵穿つはその時その人の邪気なき言葉そは必然か
   




 ぐりさんの五七五 

このお話を選ばれたのは正吉君再登場したからなのでしょうか?このお話から登場したのですよね タイトルの『恋ふたたび」はいつもどういう意味なんだろう不思議な題だとおもっていましたが 今回お題に選ばれて考えてみたことはこのお話からかわせみが再開されているので東吾さんとるいさんの恋が再び縦糸として始まったということくらいしか思い浮かびませんでした其れから延々30年も続くとは平岩先生もおもっておられなかったでしょうね そして私たち読者はかわせみの発売を待ち焦がれています
(ぐりさんの談)

親代々、八丁堀の同心で、頭は切れるがそれが少しも表に出ない。みかけはもっさりしていて、八丁堀の巻羽織が野暮にみえるのは畝源三郎ぐらいのものだろうといわれている。
「恋ふたたび」より
源さんこのお話では頭は切れるが見かけはもっさりして〜とありますね
   
巻羽織 野暮に見えるは 隠れ蓑
   

“そう、実は俺は切れる男なのさ”という源さんのつぶやきが聞こえてくるようなお句ですね。
(麦わらぼうしさん)



るいさん東吾さんがいつ来てもいいように炬燵を温め火鉢にはお湯が沸き待っていたのですね るいさんの心意気でしょうか
   
冬座敷 仕度ととのい いつでもと
   

「冬座敷」おるいさんのあたたかな心づくしが伝わってきます。このシーンもかわせみにはなくてはならないものですね。
(はなはなさん)



長左衛門の心の中にはいつも〜
   
埋火が くすぶりつづけ 人を手に
   

埋火も「うもれび」ですよね。
(茜雲さんと一緒に学ぼう−4)
「埋火」は「うずみび」「いけび」でいいのかな。
(あっちの管理人さん)
私もの入っていたのですね、あっちの管理人様ありがとうございます埋火(うずみび)でいいです
(ぐりさん)
埋火を「うもれび」と読んでいました〜〜。皆さんのおかげで、いろいろ勉強になりますです。zmzmさん、勇気を出してくださって、ありがとうございました♪
(こでまり)
あっちの管理人さん、ぐりさん、ありがとうございました。「うずみび、いけび」もこれでひくとちゃんと広辞苑にありました。新古今和歌集で使われているという古くから根付いた言葉なのですね。
(茜雲さん)
消えれば犠牲者が無くて済んだのにね。中村屋の伊兵衛は結局、家族全部を失って、反省したのでしょうか?心を入れ替えて精進しなければ、商いも立ち行かなくなるでしょうね。
(すみれさん)
わたしも「うもれび」と読んでいました。「うずみび」でしたか。勉強になります。こうした火は焚き付けを置き風を送ると“ふたたび”燃えるんですよね〜
(紫陽花さん)



乗りかかった舟で、どこかに働き口をさがしてやりたいと思うが、東吾に心当りがないかという。
  (略)
るいが座をはずした時に、東吾はそっとささやいて首をすくめた。
「あてはあるんだ、あとで話す……」
「恋ふたたび」より
るいさんに内緒で面倒見のいい二人は〜
(東吾さんのおとせさんに対する気持ちというのは 母親に対するような気持ちがあったのでしょうか おとせさんに対してはチョット他の女の人と違う気持ちがあったような気がします)
るいさんも気にしながら口には出さないですよね おとせさん私は好きなんです 東吾さんに対して特別な気持ちは持っていたとおもうけど節度を持って対していますね 女としてよりも正吉ちゃんの母として接していた部分が多かったのでしょうか
   
熱燗で あてはあるんだ 狸穴に
   




正義感の強いのは子どものころからだったのですね これからは〜
   
母守る 心で今は かわせみを
   

本当にそうですね。幼い頃ひたむきに母を守ろうとした姿そのままに、今では頼もしい青年になりましたね。
(こでまり)
明治編になって再登場してきた正吉さんの年齢は何歳かな?千春ちゃんを見守る役だけかな?
(すみれさん)



 コシキブさんの五七五 

「恋ふたたび」を読み返すのは何年ぶりだったでしょう。かわせみの中でも特に人間関係の濃いお話なので、なんとなく遠ざかっていたようです。今回は将来のかわせみにとって大事な人材となる正吉くんの初登場話として感慨深く読みました。
(コシキブさんの談)

「神かくし」では嘉助さんの仕事ぶりを詠めなかったので今回は挑戦してみました。きびきびした動きをなんとか表現したかったのですが、やはり難しかったー。
   
早暁の風切る背中梅つぼみ
   

「梅つぼみ」がとても好きです。嘉助さんにはこうした薫り高い花が似合いますね。
(はなはなさん)



正吉という子供のほうは、お吉があたたかいものを食べさせ、行火の入った布団に寝かせると、疲れ切っていたのだろう、すぐねむってしまった。
  (略)
「そりゃあ、ひと晩、人の家の物置にいたのだもの、さぞかし、怖い思いをしただろうから……」
「恋ふたたび」より
わずか五歳にして正吉の背負わされた苦労はあまりにも大きくて過酷です。かわせみで発見されて手厚く世話を焼かれたこの日が今後の運を開くきっかけになったのは言うまでもありません!
   
寒の明け小さき手足の辛抱や
   

かわせみの納屋に隠れた正吉にとって、ここが運命を開いてくれる場所となりました。あの世の父や祖父が導いてくれたのかも知れません。
(すみれさん)
このお句を拝見していると、「正吉、本当によかった!うん、うん、」と何度も頷いてしまいます。
(麦わらぼうしさん)



「おとせさんがどうしてもとのぞんで、中村屋から離縁をとりました。子供と二人、人を頼らずに生きて行きたいと申しまして……」
「恋ふたたび」より
二人の妾を囲い番頭とも通じている中村屋伊兵衛にとって妻は着せ替え人形のような存在だったのでしょう。店を去る日のおとせさんは憑き物が落ちたように心身ともにさっぱりとしていたのでは、と思います。
   
冬萌や決意の朝の薄化粧
   

「薄化粧」がいいですね。伊兵衛好みの濃化粧を落し、自分らしく旅立つ姿を思い浮かべました。
(こでまり)



す、すみません…、肩を並べて歩く二人の情景を詠みたかったのですが、お話の影響でついこんなテイストに。でも源さんが嫁をもらわないのは東吾さんと何かあるからだ、てな噂もどこかにあった記憶が…。
   
俺達は健全だよな〜巻羽織
   


すとんと笑いで落として下さった小式部さま、素晴らしすぎ(笑)です。あれって「源三郎の恋」でしたか??
(じゃからんださん)
じゃからんださん、あんな駄句にコメントいただきありがとうございます(^_^;) いや実は、東吾と源三郎が軽口をたたきながら早足で歩く場面を微笑ましく読んでいたときフっと、むかーしタモリのボキャブラ天国とかいう番組で「竹馬の友」をもじって 「竹馬の●モ」てのがあったのが頭に浮かんでしまったんです…。ストーリーの影響もあるんですが、かわせみから東吾を連れ出す源さんをうらめしく見送るおるいさん、ていう場面が結構あって、まるで東吾の取り合いをしてるみたいな微妙な人間関係がおもしろいな、といつも思ってたので。いえ、間違いなく健全な友情関係なんですが。
(コシキブさん)
掲示板でも以前、そんな話題で盛り上がった事がありましたよね(^.^) 一件落着後、本当にこんな会話してたかも、ですね。
(麦わらぼうしさん)
座布団「あるだけ全部持ってきなさ〜い♪」 男同士の友情ほどうるわしいものはない、と断言する腐れた女子のはなはなです♪ こんなの詠みたかったのにな〜、くぅ〜くやしい。
(はなはなさん)