戻る

 女難剣難
新装版「山茶花は見た」より  (平岩弓枝著:文芸春秋刊)
新しい年が始まりました。日頃の「はいくりんぐ」へのご厚情に感謝申し上げますとともに、本年もご参加くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

先月の「神かくし」にもたくさんご参加くださいまして、ありがとうございました。「明治編」スタート直前のお話として、「江戸のかわせみ」を楽しめて、レギュラーがたくさん出るお話を選んだのですが、期せずしてUPの直後に発売された「明治編」との対比に、胸を詰まらせることとなりました。
しかしお話は始まったばかり。ある意味最悪の状況からのスタートで、今後は良くなるしかないじゃない!と、のん気な私はどこかに希望を持っております。
ともかくも、作者の筆に身を委ねながら、今後の展開を楽しんで行きたいと思っています。

さて、今月は「女難剣難」を選びました。

捕物としての謎解きも面白いのですが、忘れちゃいけないのは源さんの体を張って(?)の大活躍。そして「S.ファロウ」の「源さん名セリフ集」のトップに紹介された、あの「名言」もあります。
ところで新装版になって「大口屋」⇒「板倉屋」となりましたが、新装版初版では両方の名前が混在しているので、ここでの引用は「板倉屋」に統一いたしました。

さあ、今月はどんな五七五になりましたでしょう。
(平成十九年一月)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
すみません〜!今月は源さんのお話だから、
どうしても参加したいと思っていたんですけど、
公私ともバタバタしまくりで、いくら頭をひねっても、
「抜けがけは許さないわよおとよさん 橋の袂に並んでくしゃみ」
なんてふざけたのしかできませんで(涙)、
時間切れで欠席届けを出させて頂きます。
(じゃからんださん)
じゃからんださま 見逃しませんわよ〜♪
源さんファンらしい「並んでくしゃみ」に座布団5枚♪
来月また楽しみにさせていただきますです。
(はなはなさん)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



 TERAIさんの五七五 

「女難剣難」は源さんの活躍する話ですね。大口屋(新装版では板倉屋)は初代ドラマの金田龍之介さんがやはり印象に残っています。初代ドラマの印象で作りました。
 (UP後に)
まだざ〜っと拝見しただけですが、いつにも増して、名作揃いのようですね。私も作りましたが、今月は巻羽織句、牡蠣句がずらり並んでいますね。紫陽花さんのオマケ、たまこさまの現場検証も読み応え(見応え?)たっぷりです。
(TERAIさんの談)

   
姫はじめ紅を散らしたおるいさん
   

季語の中にこの言葉を見つけて、嬉しくなって自分も使ってみましたが、このお句のほうが色っぽいです。情念系は私には難しかった(汗)
(すみれさん)
今月も一番乗りですか〜。お正月のすがすがしい時に句をひねるなんて とっても優雅ですね。とてもとても私には真似できないです。
「姫はじめ」はさらりと情念系でしたね〜。ちがう「紅」を想像した私のほうが色狂いかしら(恥)
(はなはなさん)
紅を散らしたが素敵な言い方ですね 今年もず〜と一日投句でしょうか?
(ぐりさん)



惚れた欲目でいうわけではないが、源三郎より男ぶりからいっても数段、立ちまさっていると思われる東吾がうっかり口をきいて、もしも、その女が源三郎よりも東吾に夢中になるようなことがないとはいえないと、るいは考えている。
「女難剣難」より
   
縁談を取り纏めては惚れられる
   




「どうしたって女にもてる男じゃないんだ。 (略)」
「それは、手前もそう思いました」
東吾の口の悪さに、源三郎はびくともしないで平然と酒を飲む。
「女難剣難」より
巻羽織句が二つになってしまいました。しかも意味がまったく反対ですね(^^;
   
野暮天も女に惚れられ巻羽織
   
野暮天は女にもてぬと巻羽織
   

初代のドラマでは、源さんもおとよも恋心を感じあっているみたいに脚色されていましたが、お句はそれぞれドラマと原作の違いを詠んでいらっしゃるみたいですね。
(こでまり)



お役者松は初代ドラマでは出てきませんでしたね
   
松からの捜査を助ける情報源
   

初代のドラマは、「女難剣難」⇒「お役者松」と、放送の順番が逆でしたね。
(こでまり)



   
銃弾(たま)ふたつ 背中に受けて非業の死ただこのままでは済まさぬ怒り
   

明治編のお歌に胸を衝かれました。次世代の彼らの頑張りに期待したいです。この時点では二月号を手にしていないのですが、どうなっていくのでしょう。(作者と文芸春秋の思うツボにはまって行きそうです)
(すみれさん)
作者と文芸春秋の思う壺にはまっています 3月号も待てずに買いそうです でも図書館で予約をしょうかとおもったり〜 怒りはみんなの思いですね
(ぐりさん)



 たまこさんの五七五 

今月のお題「女難剣難」、そういえばこれも初春のお話でしたね〜 前回の「神かくし」は、神田川の、日本橋に近いあたりでしたが、ちょうどそこから、神田川が大川(隅田川)に流れ込む河口の近くまで散歩の続きになる感じで、現場検証もいつもにも増してやりがいがありました。70年代フォークソングでも有名になった神田川(当時は江戸川とも呼ばれていたとのこと)は水源から河口まで全長26キロ、我が家から20分ほど歩いた所が永福橋という橋なのですが、そのあたりが真中へんではないかと思います。ここから水源の井の頭公園までは何度も散歩していますが、下流のほうはあまり行かず(中野から新宿にかけては川岸を歩けないところも多いので…部分的には桜の名所も多いんですがね) ぜひこれを機会に、神田川散歩も全域にわたってやってみたいと思いました。良いきっかけを与えていただいて、宗匠に感謝です。
 (UP後に)
休日返上のUP、お疲れ様で〜す!(と言いながら、何回かフライングクリックしてました:笑) 大口屋さんは「板倉屋」さんになっていたんですね、ごめんなさい。新装版を買ってないのがバレバレでした〜。これで「源さんもの」は大体、はいくりんぐでもカバーされましたかね〜 思わずネタバレ板じゃないことを忘れてしまったと拝察されるものもありましたが、お気持ちはわかりますわかります(私も危なかった!)
(たまこさんの談)

「粟餅」とか「粟粥」とか、当時は、粟がよく食材に使われたみたいですね。京都の錦小路で一度、粟餅入りのお汁粉を食べたことがありますが (粟ってお米の代用食だと思っていたけど、普通のお汁粉より高かった!)粟粥はまだトライしたことがありません。
   
金時が二人並んで粥喰らう
   




その夜、柳原の土手近くで、第二番目の殺人があった。
「女難剣難」より
柳原土手で二度も起こった殺人事件、柳だけが目撃していたことに なりますが、柳に証言してもらえれば…と源さんたちも悔しかった ことでしょう。現在の「柳原通り」にも、両側に柳の植えられている所はあるのですが、排気ガスのせいか、どうも影が薄いようです。
   
口なき身悔しと悶え土手柳
   

大口屋さんの無念を見ていた柳ですね。現場検証で直にその場に立った人ならではの視点でしょう。たまこ様のお陰で大都会の東京の中にも、お江戸を感じられる場所が多くあることを教えてもらえて、ありがたいことです。
(すみれさん)
私も「大口屋」さんだと思っていました。新装版はめったに手に取らないので…。小さい活字の文庫の微妙な雰囲気が好きなんです。もちろん口調や設定の違和感も含めて好きなんですよね。
どの御作も「うーむ」と唸るような視点の鋭さですよね。「土手柳」はやはり現場検証されていなければ詠めない御作ですね。
(はなはなさん)
柳原の土手はよく事件の起こるところですね 土手はいろいろな事件の真実を見ていたのですね
(ぐりさん)



「お役者松」の再度の登場も、嬉しいですね\(~o~)/考えてみれば、今回最も功労賞を貰うべきは松さんですよね。こでまりさんがどこかで使っておられた「つなぎ」を頂いてしまいました。
   
初春(はる)の松つなぎで救う友の危機
   

これはこれは、ありがとうございます。そうなんです、松の手柄なんですぅ〜♪
(こでまり)
これもひねりが利いていてカッコイイ。
(はなはなさん)



「とにかく、驚いたのは、屋形船へ入ったら、待っていたおとよが立ち上ったんですよ。帯をすっかり解いていて、着物があっという間に肩からすべり落ちて……あの時は眼が眩んで、一瞬どうしようかと思いました」
「女難剣難」より
「眼が眩んで、一瞬どうしようかと思いました」「どうもしません、立っていました」「剣呑だから逃げました」という源さん一連の行動とセリフは、何度読んでも可笑しいです(^O^)
   
毒花の狂い咲きたる舟の中
   
野暮天が進退きわまる舟の中
   

「舟の中」で対となるお句、おとよと源さんの個性がよく詠まれていますね。たまこさんが引いている源さんのセリフも本当に面白くて、源さんも若かったのね〜と、思いますです。
(こでまり)
毒花vs野暮天 水入りで引き分け(ちょっと違う・笑)
(紫陽花さん)
「野暮天が〜」その場の雰囲気がよくわかるようで、進退きわまるが源さんらしくていいですね。普通なら…?
(bf109さん)
毒花と野暮の対比が面白いですね
(ぐりさん)



【おたま姐さんの現場検証 神田川界隈】
今回の現場は、先月の「神かくし」で出てきた岩本町(和泉橋)から神田川に沿って大川までの地域がいろいろ出て来て、ちょうど続きになります。言葉で説明するよりもわかりやすいかと思って、下手クソですがマップを作ってみました。



橋を渡って柳原同朋町を浅草御門のほうへ歩いて行ったと料亭の者はいう。
死体があった柳原の郡代屋敷は、浅草御門を右にみて、ずっと行った先であった。
「女難剣難」より

『郡代屋敷 (1)』
大口屋さんがその裏手で殺害された「郡代屋敷」というのは、関東・東海の天領に関する行政を行っていた役所で、「江戸東京散歩」の絵図でもわかりますが、たいへん広い敷地を持っていたそうです。このあたり現在は下町のお嬢さま学校「バシカン」と親しまれている日本橋女学館中学高校の校舎が川に面して建っています(このご時勢の例にもれず、大学のほうは千葉県柏市に移転しましたが)。校舎のすぐそばに郡代屋敷跡の説明板があります。
周囲はビルが立ち並んでいますが、それほど人通りはなく(正月休みのせいかもしれないけど)、江戸時代は暗くて寂しい場所だったというのも何となくわかるような気がしました。


『郡代屋敷 (2)』
郡代屋敷から、神田川上流のほうに少し歩いていくと、「郡代」という名の居酒屋さんがあるのに気がつきました。GUNDAIというローマ字の看板の横で「郡代」と書かれた大きな提灯が風に揺れています。郡代屋敷跡にちなんで命名されたに違いありません。ひょっとしてオーナーの曽祖父さんとかが郡代屋敷に勤めていたとか?
柳の木も前に1本植えられています。こういうのを見つけるとすごく嬉しいですね♪


『源さん水難現場』
朽縄の仁吉がお縄になった場所、そして源さんとおとよを乗せた屋形船が舫っていた所は「新シ橋と和泉橋の間」。「新シ橋」は現在の「美倉橋」です。(橋が新しく出来ると「新シ橋」と呼ばれるので、江戸中にいくつも「新シ橋」があったそうです)
和泉橋は、前回の「神かくし」で、貧弱な柳の木と、態度のでかい鳩がいっぱいいたあの橋ですが、この写真はその和泉橋から美倉橋(新シ橋)を向こうに見たもので、右手のビルの前にかすかに写っているのが例の貧弱な柳です。


今月もわかりやすい解説とお写真、それに素晴らしいMAPまで作ってくださって、ありがとうございます。MAPは位置関係がすっきりして、とてもわかりやすいです。それに、源さんの落ちた現場まで!悪いけど、笑えました〜〜ははは。
(こでまり)
たまこさけ、じゃなかったたまこさんの現場検証もいつもにも増して凄いです。
(浅黄裏さん)
たまこさんの現場検証、今月は地図付きで事件状況がよ〜くわかりました。いつもありがとうございます!
(あっちの管理人さん)
現場検証の「ここに落ちた」は大爆笑です。源さんを追ってたまこさままで飛び込まないでくださいよ(笑) 労作の地図、とってもわかりやすいです。「郡代」って居酒屋は期待できそう。もしかしてショットバーみたいなスペースもあるのかな。今度神田へ行ったらぜひ歩いてみたいです。
(はなはなさん)
あのショックにもめげずお句を作られたみなさまに賞賛の拍手を送ります〜。
たまこさんの現場検証、地図にしていただくとわかりやすくて方向音痴にはありがたいです。
(春霞さん)
皆様の御作でしっかり楽しませて頂いて、たまこ様の「源さん水難現場」で大笑いして…うーん、やっぱり参加できなくて残念!あ、でも春霞様が仰っているようにきっと「ショックで」できなかったのよね、と自分を慰めたりして(欺瞞だ〜)。来月こそ頑張りたいと思っておりますです。
(じゃからんださん)
今月は地図入りでとても分かりやすくありがたいです 毎月ご苦労様です でも目的あってのウォーキングは又楽しいものですか? 源さんがここへ落ちたがが可笑しかったです
(ぐりさん)



 千姫さんの五七五 

新年が明けたというのに相変わらずバタバタと日々が過ぎています。昨年12月のお題には初投句以来初めての欠席届を出してしまいました。感想が次々にUPされる報告を見るたび「やっぱり参加せん事には半分しか楽しむ事が出来へん!」と臍を噛みながら、その半分を思いっきり楽しみました。どんな句も、感想も丁寧にUPして下さる宗匠に感謝を込めて一句 「初春の日に 拍手打つ哉 ひがし北」 もう一句捻りました、ギュぅ〜〜 「初春の題 松が出て来て 毬笑う」今年もよろしくお願いします♪
(千姫さんの談)

友人の気持がわかるだけに、東吾は事件を知った直後から、出来るだけのことはするつもりであった。
  (略)
そういうところは、常に源三郎と行動していて、お手先連中に顔もきくし、下手な同心顔負けの東吾でもあった。
「女難剣難」より
友をからかって酒を飲んだり、るいとラブラブなところを平気で見せていても、友の為、正義の為には血が騒ぐンだなぁ。
   
吾もまた 八丁堀に 生きる者   by 東吾
   




裸のおとよを見てもその気にならなかったなんて、見上げたもンだ。さすが私の源さん。と云いたいところだけれど、おとよを抱いたまま冬の川に落っこちて風邪ひいちまうなんて、やっばり野暮なんだ、ねぇ。(千吉姐さん談)
   
裸婦見ても 脱がぬ羽織は 巻羽織
   

これは「やられた〜」と思った一句です。初春から秀逸な巻羽織句の誕生に、源さんファンの皆さんの喝采が聞えそう〜。またコメントでの肉…じゃない二句も、ありがとうございました。特にギュぅ〜と捻ってくれた一句がお気に入りです♪
(こでまり)
参りました。同じポイントの巻羽織句で、こう詠めるなんて…
(すみれさん)
千姫さまの「脱がぬ羽織」はお見事ですね〜♪ 脱がないからこそ源さんですよね。川に落ちる「オチ」がやっぱり源さんでしたが。
(はなはなさん)
まさしく源さんならではですね、ぴったりです
(ぐりさん)



「八丁堀づとめがつらいと思いました、今度がはじめてです」
親のように思っていた板倉屋清兵衛を凶刃から救えなかったことが、源三郎を悲しませている。
「女難剣難」より
清兵衛が源三郎の為に百両ものお金を用意した事、逆恨みを受けて亡くなってしまった事、生真面目な源さんには辛かったでしょう…
   
初春の雪 つとめの重さに 口閉ざす
   




 あっちの管理人さんの五七五 

今月もなんとか少しだけ早く提出出来ました〜!「女難剣難」はもうとっくにはいくりんぐでお題になっていると思っていましたが、まだだったんですね! 珍しく源さんが見初められるというこのお話、競作ポイントも色々ありそうで、初春早々楽しいお句が集りそうですね。
 (UP後に)
休日アップお疲れ様でした!早速拝見してきました。いやぁ今月はいつにもまして情念系が多かったですね〜(笑)私もぜひ一句と思ったのですが出来ませんでした・・・情念系全開の皆さんのお句でしっかり楽しませてもらいました。すみれさんのソフト系も素敵でした♪
(あっちの管理人さんの談)

「相手は水戸の豪商の娘だそうですからね、嫁にもらってよし、聟入りしてもよし、案外、町廻りで背中にひびを切らしているより、そのほうがいいかも知れませんな」
東吾が笑うと、源三郎はむきになって手をふった。
「女難剣難」より
まずはるいさんが神林家に年始に出かけ緊張の面持ちでお屠蘇を頂いたところから。字余りになってしまいましたが…
   
友人の婿入り肴に屠蘇祝う
   




そしてなんといっても源さん極めつけの名せりふで一句!(笑)
   
見初められまこと困惑巻羽織
   

源さんの名せりふでも一句作りたかったのですが、こんなふうには浮びませんでした。
(こでまり)
管理人さまとは「困惑巻羽織」でご一緒できて嬉しかったです。私のは字あまりでトホホでしたけど〜。狙ったほど破調のリズムが出なくてがっくりでした。
(はなはなさん)



お役者松から仁吉の片腕でくノ一と仇名のある男が、行方をくらましているときかなければ、東吾も手が出なかった。
「女難剣難」より
友人の恩人の事件解決のため、東吾さんも探索に加わりますが、決め手は松っつぁんがもたらした情報でしたね。久々の嬉しい登場でしたが、ぜひ明治編でもさっそうと登場して欲しいですよね。
   
大手柄手助け一番松のうち
   

「松のうち」で季語もバッチリですね。明治編で消息だけでもわからないかな〜。
(こでまり)
松吉さんの五七五はやはり作りたいですよね♪この後、出てきてくれないのが勿体ないと思います。
(すみれさん)
松吉さん詠みたかったです 松のうちちゃんと季語も入って流石です 私はどうしても浮かびませんでした
(ぐりさん)



初春早々女難剣難の源さんでしたが、おとよさんを抱いたまま神田川にドボン!それならぜひこれも加えないと、ですね。
   
水難もつけ加えたし初春のかぜ
   

これも面白いです♪ 「女難剣難水難」う〜む、タイトルにはちょっと語呂が悪いけど、源さんにとってはまさにこの「三難」のお話でした。
(はなはなさん)
実は意味がイマイチくみ取れていなかったのですが、はなちゃんの解説で大納得。思わず膝を打ちました〜。管理人さん、座布団五枚です。
(こでまり)
あーそうなんですね  源さん三難だったんですね 源さんさんざんでしたね
(ぐりさん)



 麦わらぼうしさんの五七五 

今月のお話、殺人事件があったりして内容的には平穏ではないのですけど、読み終えてそんなに後味が悪くない(気がする)のは、源さんの人柄のせいでしょうか。
 (UP後に)
いつもながらなるほど〜と思えるお句ばかりです。私は詠めなかったけど、やはり源さんを詠んだお句が多くて、それがみんな素敵なお句ばかり。この中からいろんな賞を受賞される方が続出するのも頷けると思いました。
(麦わらぼうしさんの談)

東吾さんを愛する、るいさんの気持ちってこんな感じでしょうか〜
   
世の中の すべての女は 恋がたき
   

るいさんに「女房が妬くほど亭主もてもせず」と返したいところだけれど、東吾さんはほんとにもてるから困ったものですね。
(すみれさん)



それに、江戸の冬はお高祖頭巾をかむって外出する女が多かった。
なによりの寒さよけにもなるし、からっ風から髪を守るにはうってつけである。紫の縮緬が、どことなく色っぽくみえることも、女たちの好むところとなっている。
「女難剣難」より
ひと昔前の『ワンレン・ボディコン』みたいな、このカッコしていればとりあえずイイ女に見えると。(服じゃないけど、『装い』という事でお許しを…)
   
江戸の世の 勝負服なり お高祖頭巾
   

「勝負服」とは、いいとこをついていますね!うま〜い。尼僧の頭巾とかお高祖頭巾は、確かに一度はつけてみたい気がします。
(こでまり)
「頭巾」は、麦さんの解釈が目からウロコでした。
(たまこさん)
麦さま「御高祖頭巾」が勝負服とは〜。私も紫の頭巾にはそそられます、おほほ。私も着けてみたい被り物のひとつです、ちょっとは私もマシに見えるかしら(笑)
(はなはなさん)
勝負服!そうだったのか。
(紫陽花さん)
どこからそういう発想が浮かぶのでしょうか? 凄いです 目からうろこでした
(ぐりさん)



まだ、風邪の治り切っていない友人への心づかいのつもりである。
「かわせみ」の庭に、音もなく雪が降り出しているのに、まだ誰も気がつかなかった。
「女難剣難」より
   
人々の 想い包んで 雪は降る
   




 すみれさんの五七五 

一度も雪に触らない変な冬です。この後の天候がかえって気味悪いです。エルニーニョか?温暖化?石川や福井は雪国で無くなる日も遠くないかも(^_^;)
 (UP後に)
お江戸と明治の頭の切り替えに少し時間が要りましたが、初期のお話がやはり好きな私です。皆様も同じ思いだったように感じて今月の五七五を楽しみました。
(すみれさんの談)

「八丁堀では、神林東吾はいつかわせみへ聟入りするかと楽しみにしているそうだが……」
「女難剣難」より
あの源さんが美女に一目惚れされるなんて!お正月の話に似合いの明るさと賑やかさのある始まりです。兄上ご夫婦のるいさんへのさりげない気遣いも好い場面です。
   
婿入りか?屠蘇が言わせる胸のうち
   




晴れ着のるいさんは輝くほどに艶やかだったでしょうね♪
   
髪飾りそっと外すや姫初め
   

きゃ〜、初春からありがとうございます(あはは) ソフトで美しい情念系ですね〜。
(こでまり)
ステキな情念系ですね。私にはできない美しい情景の御作ですね〜。
(はなはなさん)
かわいい情念系ですね。るいさんのうれしはずかしが伝わってきます。
(紫陽花さん)
そっとはずすが恥らっているるいさんを思わせますね
(ぐりさん)



大口屋さんも良かれと動いた所為で非業に殺されて残念でした。
   
七草や効き目むなしく土手に臥し
   




「実は、どうしても気にかかることがありまして、神林様のお耳に入れてえと思いやして……」
窮屈そうに膝を折ったまま、松吉は早速、話し出した。
「女難剣難」より
久しぶりに松吉さんが登場してくれました♪良い情報をもって来てくれて大助かり。
   
松納どの稼業にも仁義あり
   

季語と松吉の身の上をきちんと抑えていて素晴らしいです。仁義というあたり、掏摸稼業を表していてぴったりですね。
(はなはなさん)



逆恨みの仇と狙われて危機一髪の源さんでしたが、実直さと誠実さはおとよにも伝わっていたようです。でなければ、殺された与力のように一突きにされていたかもね。それにしてもおとよはどうして裸にまでなったのかな?色仕掛けで源さんを油断させようとしたのか?それで、気を失ったのは、言い寄られて困惑した源さんに当て身でも入れられたのかしら?
   
野暮が武器向かう敵なし巻羽織
   

ともかくも、源さんが「その気」にならなかったのが、勝因でしたから、野暮も捨てたものではありませんね。
(こでまり)



 はなはなさんの五七五 

今回も読みどころがたっぷりで競作ポイントが集中するんじゃないか、 と予想されますが、今回は情念系の極め付け(笑)が一つ出来たので満足です♪ 松も出てくるし〜、宗匠、お正月から嬉しいでしょ〜?私もひとつ献呈しますね♪
 (UP後に)
皆様ひねりが利いていて、読んでいて「おおこれは」と目からウロコがぽろぽろ落ちました♪個人的には、やっぱり情念系はソフトなのが美しい(何をいまさら・笑)のを実感したのと、管理人さまとドンピシャの「巻羽織」が詠めて嬉しかったことで〜す♪
(はなはなさんの談)

「おるいさんが、新年の御挨拶に来て下さいましたので……」
香苗が恐縮しているるいを夫に取り次ぎ、
「いつも、東吾が厄介をかけているようだな」
通之進が微醺を帯びて、るいに声をかけた。
「女難剣難」より
「かわせみ」では、おるいさんが何度か神林家へ年末年始の挨拶にでかけますね。テレ朝版で印象に残っているのは「冬の月」で紋付を着ていったおるいさんの淋しげな姿。今回はあれほどの暗さはないのですがやはり緊張したことと思います。
   
春襲心をとおし袖とおし
   

神林家へ挨拶に行くことを思うと、ともすれば弱気になることもあったと思うのですが、「春襲(はるがさね)」に手を通すことで、自らに力を与えている感じがよく出ていますね。
(こでまり)
「はるかさね」って読むんですか。こでまりさんのコメントがないと辞書引くところでした。これもある意味勝負服なんでしょうね。
(紫陽花さん)
宗匠のコメント読むまで読めず意味が分かりませんでした 素敵な言葉です るいさんのどきどきした緊張感が伝わってきます テレ朝版では用人さんがチョット意地悪いっていましたね
(ぐりさん)



やはりこのお話は源さんに集中するでしょうね。これほど源さんの行動パターンや性情をこまやかに書き込んだお話はほかに見当たりませんよね。大好きな源さん、愛すべき源さんの姿です。
   
縁談をまことに困惑巻羽織
   




そんなことを考えている時のるいは、もう東吾に対して焼餅をやいているので、どことなく眼がうるんで、胸が一杯になってしまうのだ。
「女難剣難」より
「姫はじめ」もキャー♪だったのですが、「やきもち」で目を潤ませているおるいさんの色っぽさに私はヤラレてしまいました。で、つい情念系全開でやってしまいました(汗・笑)
   
やきもちはからだすみずみ潤ませて
   

うーむ、焼餅までは詠めたのに、その先までは…。メンバーも増えていますし、今年も情念路線をぜひリードして下さいましね。
(こでまり)
ソフト情念系のお句で、ひらがながるいさんの状態を表現するのに効果的に使われています。なるほどなぁ。
(すみれさん)
拙作「からだすみずみ」はソフト情念系だったのか(笑) 私は「やりすぎた〜」と思っていまして…そのわけは聞かないで(笑)
(はなはなさん)
私と同じところを詠んで見えるんですよね おなじ視点でうれしいです ひらがなで表されているところが情感を感じさせますね 情念系です私には無理ですね
(ぐりさん)



ここはやはり宗匠に一矢報いましょう♪ せっかくこのお話で再登場のボーナス・松吉♪ 鳥総松(とぶさまつ)は門松を抜いたあとの穴に、門松の枝先をちょっと折ってさしておくと山神が宿るのだそうで、この松が根付くと縁起がよいのだそうです。今では全く見られなくなった風習でしょうが、松吉がかわせみを自分の実家のように薮入りに帰ってくる、というのを読んで、松吉が「かわせみに根づいた」と感じました。それだけにこのお話以外に登場しないのが残念ですけれど。松吉の真心を鳥総松に例えてみました。
   
まごころのしるしなりけり鳥総松
   

お正月にふさわしい「松」さんの登場も、皆さん見落とさずに詠んでいらっしゃいましたが、中でもはなはなさんの「鳥総松」ぜんぜん知らなかった言葉ですが、響きといい意味といい、ぴったりですね!
(たまこさん)
「鳥総松」はじめての言葉でした。解説がなければ読めないところです。意味もいいですねぇ。
(紫陽花さん)



最後の快気祝いは心を打ちますね。これぞ「江戸かわせみ」の真髄ですね。東吾さんの友情とわいわいと捕物話に花を咲かせるかわせみの面々、これがいいんですよね。「八丁堀づとめがはじめてつらいと思いました」 源さんのことばは胸に迫ります。でもこれも一時のこと、源さんは無事八丁堀を勤め上げましたものね。
   
卵酒心の風邪もあたためよ
   




 浅黄裏さんの五七五 

今月の句をお送りします。源さんの名セリフが満載のこのお話も大好きです。
(浅黄裏さんの談)

「それで……」
「おとよが近づいて来て……剣呑だから逃げました」
「女難剣難」より
源さんの名セリフとしては『本当なので、まことに困惑しています』もありますが、個人的にはこちらの方が好きです。裸の女性に迫られて『剣呑だから…』とは、なんたるセリフでしょう(笑)。 この淡々とした感じが、なんとも源さんらしいです。
   
寒の川『剣呑だから逃げました』
   

あはは、ホントになんたるセリフでしょうね!その源さんの名セリフをそのまま取り入れた一句、お見事です。
(こでまり)
「剣呑だから逃げました」には脱帽です。セリフをそのまま使って状況がよくわかります。
(はなはなさん)
剣呑だから逃げました こんな詠み方あったんですね うまいです
(ぐりさん)



「飲めよ、源さん……」
友人の肩を叩き、東吾はるいに目くばせして、源三郎の前に卵酒の茶碗をおいた。
「女難剣難」より
元旦あるいは三が日の間に降る雨や雪をお降り(おさがり)と言うそうです。三が日は過ぎていましたが、天の神様が降らせてくれた雪とたまご酒を詠んでみました。
   
お降りの少し遅れてたまご酒
   

好きな御作です。やさしい雰囲気がありますよね。源さんの落ち込みように天も心を遣ったのでしょうか。たまこさまの気持ちも汲んでの「たまご酒」なのでしょうか。ひらがなもいいですね。
(はなはなさん)
「お降り」これもはじめての言葉でした。勉強になります。
(紫陽花さん)



縁談があって喜び、進展しないことにヤキモキし、どうも怪しいらしいと心配し、無事であったことに心から喜ぶ…。かわせみの人々にとって、源さんは身内なのですよね。
   
牡蠣かこむ想いはまろし江戸の夜
   

その源さんを「牡蠣」だの「巻羽織」だのと毎月詠んでいるここの皆さんも、私には身内のように見えますです。
(こでまり)
明治編始まりをふまえての五七五と拝見しました。TERAI様のお歌同様に心にストンと落ちてきます。
(すみれさん)



 紫陽花さんの五七五 

先月は最後になってしまったので今月は少し早めに提出です。
 (UP後に)
遅くなりましたが「女難剣難」の感想です。とりあえず今月中に送れてホッとしています。それから素敵なお祝いのページありがとうございます。うれしいけど言葉遊び程度の俳句しか出来ないわたしはちょっとうろたえてます。もっとがんばろうという努力もしないだろうし(笑) とりあえずこちらのはいくりんぐには毎月欠かさず一句は送ろうと心したところです。
(紫陽花さんの談)

畝源三郎が水戸の豪商の娘に見染められて、その娘が毎日、八丁堀へ源三郎の顔をみにくるという話は、間違いではなかった。
「あの辺りの商家でも、もう知って居ります」
「女難剣難」より
   
初春にめでたき縁談話かな
   

なんでもない情景かもしれませんが、うまく源さんの縁談にすり替えた東吾さんもさるもの。めでたい初春の神林家の風景が彷彿とします。
(はなはなさん)



   
わが君のととのいし顔初笑い
   

うっとりとしているるいさんが浮かびます
(ぐりさん)



   
悲しみも風邪も癒して玉子酒
   

せっかく東吾さんの優しさを詠んでるお句なのに、「源さんを癒したのはたまごじゃなくて、たまこだよ〜」というどなたかさんの声が聞えてきそうです。
(こでまり)



「それも、女掏摸らしいのです」
小柄でお高祖頭巾をかむっているという。
「女難剣難」より
おまけはいつもにまして変で不気味です。

ぐふふ〜、今月の彼らはツボです!はっきり言ってど真ん中です。
ところで改めまして●●大会(←祭りの名がわからないので)での佳作入賞、本当におめでとうございます。あんな王道をいくようなお句と、↑の作者が同じなんて、私たちはとってもゼイタクな気分です。
(こでまり)
おこそ頭巾のトリオたちは確かに不気味だけれど、何をやっても可愛らしいですよ♪このやわらかい発想が俳句作りにも多いに活かされているとお見受けしました。佳作入賞!おめでとうございます。
(すみれさん)
紫陽花さんのも、ホントにツボ!!(それぞれに似合って?いる〜)
(たまこさん)
トリオもはやりにちゃんと乗っているのね ちゃんと茶たくの足が出ているところが面白いです
(ぐりさん)
紫陽花さんのおまけトリオ、宗匠と同じくかなりのツボでした!ほんとにあの薪能の幽玄を詠んだ方と同じ方の発想とは思えないぐらい。でも意外に似合ってたりして。
(あっちの管理人さん)
あいつらは結構流行に敏感のようです(真似っこが好きなだけかもしれません)
(紫陽花さん)
もののけトリオの御高祖頭巾が私もツボです♪ 案外似合うんじゃ?斬新な発想に脱帽です。
(はなはなさん)
紫陽花さま、遅ればせながらご入賞おめでとうございます。日頃のご精進の賜物ですね。
御高祖頭巾のトリオくんもいつものことながら発想が面白いですね。因みに御高祖頭巾ははじめ着物の袖の振りの方から頭を入れ袖口から顔をのぞかせるという使い方をしていたそうで、今お芝居やドラマで見る四角の布を被るのは後のことだそうです。とても風情があって女性を美しくみせるいい被り物ですね。ついでに綿帽子はもともと老婆が防寒用と埃よけに綿を頭に載せていたものだそうですし、角隠しは姉さまかぶりから転じたものとか。
(春霞さん)
春霞様のお陰で初めて知ったのですが、お高祖頭巾って始めはそういう使い方だったんですね!綿帽子も角隠しも、全然知らなかったので面白いです。もちろん今回のトリオくんのお高祖頭巾姿にもウケちゃいました。あの中で一番おとよさんに似ているのは湯呑みくんかな〜、背が高いから(笑)。
(じゃからんださん)



 bf109さんの五七五 

「女難険難」は、山口「源さん」のはにかんだ様な顔と、橋の袂に立つ「小野みゆき」さん(だったと思います) がとても印象に残っています。ちょっと笑いのあるお話でとても好きです。
(bf109さんの談)

   
見染められ まわり騒がす縁談に 本当なのか 本当なので
   

bf109さまもさりげなくセリフをうまく使われていますね。「本当なのか本当なので」なんてリズムもいいし、笑えます。
(はなはなさん)



「……それも、例えば悪い奴にねらわれたのを助けてもらったとか、恩が情にかわったとでもいうなら、まだわかる。ぼんやり町廻りをしている源さんを見染めたというのからして、まず眉唾だと思うだろう」
「女難剣難」より
   
眉唾と 口の悪さもなんのその 「さかな」になれど 口から酒を
   

さかな「肴」になっても水じゃなくて酒なんて、洒落た言い回しで、毎月どんな掛け言葉があるのかと楽しみに拝見しています。
(すみれさん)



それを笑いもせずに、源三郎はいい、女達がころげまわって笑った。
「どうしようかと思ったって、源さん、結局、どうしたんだ」
「どうもしません、立っていました」
「女難剣難」より
   
眼が眩み どうしようかと立ちつくす 転げ話を笑いもせずに
   

そうそう、初代のドラマは小野みゆきさんでしたね。
最後の「転げ話を笑いもせずに」には源さんの天然の面白さが、とても良く出ていると思いました。
(こでまり)
転げ話を笑いもせずに は大口屋さんのこともあるからかななんておもってしまった私でした
(ぐりさん)



 のばらさんの五七五 

よく読み返してみると、おとよのセリフが一つもないのが意外でした。「素人じゃない」ように見えたというのは蓮っ葉な印象がしたということなのでしょうが、おとよの気持ちはどういう方向だったんでしょう。
(のばらさんの談)

「本当ですか、畝様」
その時の源三郎の返事がふるっていて、あとあとまで「かわせみ」の語り草になった。
「本当なので、まことに困惑しています」
「女難剣難」より
板倉屋さん、乳母のおよねさん、江原屋さん。源さんの大切な人で凶行に倒れた方がこんなにも…(涙)源さんの無念さ辛さを思う一編でした。でも冒頭の初春の華やかな感じと「名セリフ」が大好きなお話です。
   
名セリフ語る座敷に初春来たる
   




道で逢ったくらいで男を見染めるような女だから、さぞ惚れっぽい性格に違いないし、 第一、肉感的で色っぽいというのが、どうも気にかかった。
「女難剣難」より
この場面のおるいさん、かわいいですね(^-^) きっと東吾さんが帰って拗ねてるおるいさんを目にしたら、アッツアツ♪ とか妄想…。
   
眉寄せる妻の簪抜いてやり
   

きゃー、こちらも「妄想」をありがとうございます♪さり気なく東吾さんの余裕が詠まれてますね。
(こでまり)
簪を抜く発想までは同じでした♪(嬉しい)勉強になります。
(すみれさん)
いいなぁ〜。東吾さんの優しさがこぼれるような御作ですね〜。わあ〜こんな殿方に抱かれてみたいわぁ(おほほ)
(はなはなさん)
すみれさんとの髪飾りつながり、うれしかったです(^-^)/
(のばらさん)
ここは競作ポイントでしたね 東吾さん優しいですね
(ぐりさん)



「肉感的で色っぽい」ところとかお話しの中の印象から、おとよ=落ち椿を連想しました。仁吉とお金のために凶行を繰り返し、父の仕返しも目論む。でもそれなら源さんに抱きつく隙にブッサリ刺せそうな気も(源さんに防御されたとしても)。殺された板倉屋さん、そして「八丁堀勤めが辛いと思った」源さん、もちろんおとよにも、いろんな人の無念が印象的なお話しだと思って一句。
   
一面に散らせる無念落ち椿
   

そう言えば、おとよのセリフはありませんでしたね。でもその激しい生き方は真っ赤な椿とよく響きあっていますね。「落ち椿」と「無念」でとても印象的になったと思いました。
(こでまり)
「落ち椿」もおとよの姿態を思い浮かべさせてステキです。おとよのセリフがないことには気がつきませんでした。それなのにこんなステキな御作で彼女を表現するのばらさまはすばらしい♪
(はなはなさん)
落ち椿がおとよの崩れた肉感的な印象を表していますね、復習が実らなかったことにもかけて見えるのですよね
(ぐりさん)



 みちころんろんさんの五七五 

今月のお題『女難剣難』、源さんの戸惑う様子がなんともいえない作品ですが、句にするのは難しかったです。何度もこちらに参加させていただいているにもかかわらず、進歩のない私ですが、恥ずかしながら今年も下手の横好き、それのみで参加させていただきますが、よろしく お願い致します。
(みちころんろんさんの談)

「畝様が見染められたんですか」
女中頭のお吉が料理を運んで来て、すっとんきょうな声を出し、「かわせみ」の居間も忽ち、正月気分になった。
「女難剣難」より
これは、みんなが感じることですよね〜!だから、どんな女性に惚れられたのか、興味津々で様子を見に行ったりしたんですよね
   
てぇへんだ! 畝の旦那が 惚れられた〜!
   

好奇心旺盛な八丁堀育ちが「てぇへんだ」とばかりに走り回り、七草までには大方のことが調べ上げられたという雰囲気が、溢れていますね。でもその原因が「惚れられた」からっていうんだから、源さんも複雑でしょうね〜。
(こでまり)
「てぇへんだ〜」はまさに「そうなのよ〜」と座布団進呈させてくださいね♪ 長助もこんな気持ちで居たのではないか、と思ってしまいました。
(はなはなさん)



源さん本人が一番わかっていることですが、でも、本人が思うほど、源さんって悪くないですよね?
   
朴念人 訳が分からず 困惑す
   

悪くないですとも皆さんそう思って見えますよね
(ぐりさん)



「近頃、噂になっている女掏摸の一件でございますが……」
「心当りがあるのか」
「昨夜、吟味方与力の旦那の遠野様という方がやられなすったときいて、はっと気がついたことがございます」
「女難剣難」より
今回のお手柄はやはりお役者松こと松吉さんですよね。
   
律儀者 松が来たりて 謎を解く
   

そうそう私も松吉さんをはいくに作りたいけれど、どう詠めば?と迷ってしまいました。律義者!わたしもこれが言いたかったのです♪
(すみれさん)



源さんの正義感もあの場面では…(^_^;)
   
巻羽織 罠と知りつつ 赴けば ただ茫然と 立ち尽くすのみ
   




 こでまりの五七五 

「明治編」がスタートし、最初はどうなることかと思いましたが、ここに来て送られてくる皆さんの作品を拝見すると、ちゃんと頭を切り換えてその折々のかわせみの世界を楽しんでいらっしゃることに、安堵しました。元々これまでも、いろんな時期を行き来しながら詠んで来たんですものね。これからもよろしくお願いします。
(こでまりの談)

その正月、るいが元旦の挨拶に神林家を訪れた時、奥の方から、かなり賑やかな笑い声がしていた。
「女難剣難」より
新年、恋人の家への挨拶に選ぶ衣装は、裏口で帰ってくるだけのつもりでも、気を張ったことと思います。少しの高揚とかなりの緊張(あはは)で、何度か着替えたかもしれませんね。
   
気を配りそれでも迷ふ着衣始
   

同じ情景に目を付けておられて光栄です。「それでも迷ふ」のことばにおるいさんの逡巡が現れてて好きです。
(はなはなさん)
るいさんのキューとするほどの緊張と気を使っても これでいいだろうかとおもってしまうのですね
(ぐりさん)



珍しく通之進も酔っているし、源三郎も赤い顔をしている。
「かわせみの聟入りよりも、源さんの聟入りのほうが早くはありませんか」
東吾は落ちつき払って、兄へいった。
「女難剣難」より
兄上のひと言をさらりと受け流し、その矛先を源さんに持っていくあたり、東吾さんは大人の対応だわ〜。でも源さんは肴にされてお気の毒なことで。ほほほ。
   
聟入りをあてこすりあい年始酒
   

「あてこすりあい」も好きです〜。東吾さんと源さんならでは、の情景ですね。
(はなはなさん)



新年早々、妄想に近い焼餅のとりこになってるるいさん、本人は真剣なんでしょうが、何だか可愛いですね。
   
焼餅のかたまり包む春著かな
   

やきもちで始まる印象に残る俳句があった筈と探してみたら、こでまり様でした!「やきもちは綿入れにいれ糸かけて」(H15年1月)やきもちの着物も綿入れから晴れ着へと昇格していました♪
(すみれさん)
まあ、すみれさん、かなり前のことなのに覚えていて下さってありがとうございました。懐かしいですぅ。
(こでまり)



さんざん笑わせてもらった後での東吾さんの心配り、ジンとしみますね。
   
友に出す酒宴の締めの卵酒
   




源さんの快気祝いが終った後の薮入り。「かわせみ」でもみんなから誉められたことでしょうが、松のことだからどうってことないって顔をしていたんじゃないかしら。うっふん♪東吾さんの推理に光を当てたのは松なんだから、今回は「主役」って言ってもいいよね〜。松ぅ〜〜〜♪
   
薮入りや陰の主役の松もいて
   

この場面の一句は絶対ありと全員が思いましたよ♪もっともっと登場して欲しい人でしたね。はなはな様の物語があるからもう良いのかな?
(すみれさん)
松はやっぱり詠まれますよね 陰の主役が(本当は松〜が主役ですね)
(ぐりさん)



 ぐりさんの五七五 

源さんにかかわる三大悪女のお話ですね 初代版ではこのお話のとき三味を弾いていたんでしたっけ?
 (UP後に)
わぁ〜皆さんも松の登場をちゃんと詠んで見えますね 私も詠みたいと思ってあせったんですけど詠めなかったですー(>_<) 今月も力作ぞろいですね
(ぐりさんの談)

無骨で女が苦手な源さんが 想像するだけで〜
でもちゃんと見てるところは見ていたんですよね さすが源さんです
   
困惑す 顔も可愛い 巻羽織
   

三味線を弾いていたのは山口源さんでしたね。ぐりさまにかかると源さんも「顔も可愛い巻羽織」となるのですね、さすが♪
(はなはなさん)



『本当なのでまことに困惑しています」 名言第一位ですね
   
名言は 後々までの 語り草
   




「いったい、どちらのお嬢さまで……」
東吾に呼ばれて、酒の相手をしていた番頭の嘉助までが、好奇心を丸出しにする。
それくらい、畝源三郎は「かわせみ」一家の者にとっても、他人でなくなっている証拠であった。
「女難剣難」より
新年だしこのシーンは かわせみになくてはならぬ ほのぼの場面ですね 明治篇はどんな場面がほのぼの場面だろう?
   
初笑い なじみの顔と 肴添え
   

今月のオール読物はすでに発売されたそうですが、明治編でもこういう場所ができるといいですね。
(こでまり)



さあっと首筋まで紅をちらしたようになったるいを抱いて、東吾は「かわせみ」へ聟入りしたような顔である。
「女難剣難」より
るいさんと東吾さんの 熱々シ〜ン 今となると余計詠みたい
   
姫はじめ 抱き上げられて ほほ染めて
   

私もこの季語、ちょっと恥ずかしいけれど、ここで使いたいなぁと頑張ってみたのですが、ぐりさんのお句もソフト情念系で二人のアツアツぶりが伝わってきます。
(すみれさん)



嘉助さん言うところの お嬢さんの可愛い焼餅焼き 初期の頃のお話は二人の熱々ぶりも たっぷりでこれも嬉しいですね
   
牡丹焚き 潤む目の中 こんがりと
   

「牡丹焚く」は初冬の季語だそうですが(初めて知りました)、この時のるいさんの瞳をのぞいたら、確かにメラメラと燃えていそうですね。
(こでまり)



 コシキブさんの五七五 

「明治編」のショックが覚めやらぬ状態で年が明けました。江戸編を開けば、いつもと何ら変わらぬ東吾さんや源さんがいるのに、読んでいてももう前のように無邪気にお話に浸れず、余計な感情が湧いてしまって。困ったものです。「女難剣難」はもちろん印象に強く残っているお話でしたが、新年のお話だったとは今回初めて気がつきました。
(コシキブさんの談)

「源三郎さんだけなのですよ、大層、面白いお話の最中ですから、あなたもちょっときいてお出でなさったら……」
裏口で挨拶だけして帰ろうとするるいを香苗が制めて、手をとるようにして奥へ連れて来た。
「女難剣難」より
おるいさんの驚愕と緊張が伝わる場面です。でも香苗さんの慈母のような振る舞いがどれだけ場を和ませ、且つお正月らしい華やかさを醸し出しているか想像がつきますね。
   
柔らかき微笑みと手に淑気かな
   

「淑気」と香苗さんの取り合わせが、とてもピッタリしていますね。それまでこんなに「接近」することもなかったでしょうから、るいさんも緊張したと思います。
(こでまり)
香苗さんのほんわかした上品さが巧みに表現されています。正月の晴れ着の香苗さんもさぞ品格のある艶やかさだったことでしょう。
(すみれさん)
淑気が上品でけがれない香苗さんを感じさせますね
(ぐりさん)



毎朝、橋の袂にお高祖頭巾をかむって、お供の手代らしいのがついた娘が、立っていて、町廻りに出かける畝源三郎を熱っぽい眼で見送っているという。
「女難剣難」より
御高祖頭巾という小道具が印象的に使われていたお話でした。おとよさんの正体がどんなものだったのせよ、冬の橋という寂しい光景に色を添えていたのでは、と思いました。
   
紫の影立ちすくむ冬の橋
   

かなりインパクトのある「お高祖頭巾」ですが、私も含めてあまり詠まれなかったですね。「紫の影」という言い方が好きです。
(こでまり)
御高祖頭巾を「紫の影」とはステキです。おとよの恨みを込めた怪しい立ち姿が現れていますね。思わず私の好きな「鳴門秘帖」を思い浮かべました。あのドラマでは御高祖頭巾がとても効果的だったのです♪
(はなはなさん)
「紫の影」きれいな表現ですね。御高祖頭巾は紫色って決まっているんでしょうか?ドラマで見たとき皆同じ色形だったのですごく変に思えました。
(紫陽花さん)



 茜雲さんの五七五 

考える時間がなかなか取れなかったのですが、初期の頃の大好きな話なので、どうしても参加したく、とりあえず浮かんだ一句だけ…
(茜雲さんの談)

「畝様のお気持はどうなんでしょうね」
「かわせみ」の女達のもっとも知りたいのは、結局、その点だったが、肝腎の畝源三郎は、毎日、黙々と町廻りを続けているだけで、橋の袂の娘との仲は一向に進みそうもない。
「女難剣難」より
この話全体なんですが、妙に源さん男前で格好よく思えてしまうのです。
   
江戸の初春(はる) 野暮な男が生粋に見え
   

茜雲さんには「野暮」というより「クール」に思えたのかしら。初春から源さんもこっそりと喜んでいることでしょう。
(こでまり)
野暮な男の良さ(違いのわかる)女性がここにはいっぱい居ますものね。
(すみれさん)
野暮でも何でも源さんのよさは私たちが一番知っていますよね♪ どんな女にもなびかない源さんの「粋」はまさに男伊達ですよね〜。
(はななはさん)



 花みずきさんの五七五 

今回のお題ですが、ポイントがたくさんあってお話の中をウロウロしてしました。結局どこも中途半端になってしまいました。
(花みずきさんの談)

この場面でのミチ通之進さんっておちゃめですよね〜るいさん顔あげられなかっただろうな…。
   
年酒と義兄の言葉にほほを染め
   




「お屋敷へお帰りなさいませんと、兄上様に叱られますでしょう」
「馬鹿いうな、今夜は姫はじめだぞ」
「女難剣難」より
ラブラブの場面はいいですね〜ほんわかします。
   
姫椿散らせし婿の夜は更ける
   

わぁ、とても綺麗なお句ですね〜。今年も情念路線を期待していまーす♪
(こでまり)
ソフトで素敵な情念系ですね。こんな風に詠めるようになりたいです。
(すみれさん)
姫椿がいい言葉ですね 散らせし〜。。。。。。系ですね
(ぐりさん)



源三郎の床あげのすんだ夜に、「かわせみ」でささやかな快気祝いを名目に、源三郎を肴にする宴がひらかれて、お吉も嘉助も、宿屋稼業はそっちのけで、話の仲間入りをした。
「女難剣難」より
源さんっていじられキャラですよね〜。
   
巻羽織宴の肴になりにけり
   

「いじられキャラ」ですか〜。毎月追加される「巻羽織句」の数が、それを証明していますね。
(こでまり)
かわせみでのいじられキャラ、とは恐れ入りました(笑) 確かに源さんほど愛されているキャラはいませんよね〜。
(はなはなさん)
巻羽織句も人形句も、どっちゃりと確保できて嬉しいです〜!!
(たまこさん)



 あるみさんの五七五 

宗匠、まだゴールで両手を広げていらっしゃいますか?きっと私がビリです。
(茜雲さんの談)

冗談のように笑われて、るいは真赤になって手を突いたきり声も出なくなった。
「るいに盃を……」
通之進は、そんなるいを眺めて、香苗に屠蘇を運ばせた。
「女難剣難」より
   
初春に嬉し恥ずかし義兄の居間
   

あるみさん、もちろん両手を広げてましたよ♪
こじつけるわけではないけれど、新年の挨拶に来たるいさんを、兄上も香苗さんも心の中ではそんな気持で迎えてくれてたことと思いますね。
(こでまり)



ここは絶対よみたかったんです!
   
生真面目な男が言える迷文句
   

笑わそうとして言った言葉でないのに、大受けでした。これだから源三郎さんは人気がいっそう上がるのです。
(すみれさん)
ここが東吾さんと違う源さんのよさですね 対照的なところが気が合うところなのでしょうか?
(ぐりさん)



「かわせみ」には、これも珍しい客が待っていた。
「女難剣難」より
   
手がかりを持って登場!お役者松
   

↓の「右往左往」といえば、東吾さんも同じくらい右往左往していましたね。やっぱり「松」の手がかりがあったればこそですね。
(こでまり)



   
目が眩み右往左往の巻羽織
   

さすがの源さんも狭い船の中で右往左往しておとよを避けたことでしょう。眼に浮かぶようです。他の御作もポイントを外さず、「お役者松」のズバリ言い切りもキレがいいですね。
(はななはさん)