戻る

 夕涼みの女
新装版「鬼の面」より  (平岩弓枝著:文芸春秋刊)
先月は「源三郎子守歌」にご参加くださいまして、ありがとうございました。
お千絵さん、おいねさんの女心や江戸を守る人の心など、多くの競作ポイントがありましたが、詠み手による微妙な違いも面白かったですね。

さて、今月は「夕涼みの女」を選びました。

ここ三月ばかり、身内が亡くなる女の人の話が続きましたので、ここらでパーッと明るい「お化け話」を。(わはは) お化けは出てくるのですが、どこか笑えるお話です。
また、久々に宗太郎さんも活躍し、先月と大きく変わって、源太郎ちゃんもちょっとだけ登場します。

さあ、今月はどんな五七五になりましたでしょう。
(平成十八年八月)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



 TERAIさんの五七五 

なかなか面白いお話なのですが、句の方はさっぱりでした。
 (UP後に)
今月はお話は面白いのに句が出来なくて苦吟したのですが、皆様のお句やお歌を拝見して目からウロコです。「麦わらぼうしさんの談」それに「すみれさんの談」に納得です。住めば都なんですがねえ。日本海側の住人としては複雑な気持ちです。それにすみれさまのおっしゃる「伴侶への愛情」のなさなんですかねえ。
(TERAIさんの談)

土間のほうで、おくらが叫んだ。
「そりゃ伊之助さん、幽霊だ、おすみが幽霊になって、伊之助さんに会いに出て来たんだよ」
「夕涼みの女」より
   
恋人を見かけ咄嗟の幽霊芝居
   

とっさに幽霊話にしてしまうなんてやはり芝居にかかわっている人じゃないと出来ませんね
(ぐりさん)
本当に、打ち合わせ無しで咄嗟にこんなお芝居ができるなんて見事としかいいようがないですね。
(コシキブさん)



   
幽霊がるいなら抱くと見栄を張り
   

私は{幽霊でもかまわない}という視点で詠みましたが、それは{見栄}という視点になるほど、と思いました。
(麦わらぼうしさん)
麦さまと同じくかわせみ以外で恐縮ですが、映画「異人たちの夏」で風間杜夫さんの主人公が名取裕子さん扮する幽霊と愛を交わす毎に精気を吸い取られてどんどん老いやつれていく場面を思い出してしまいました。東吾さんだったら、相手がるいさんなら最後まで付き合ったかなぁ。
(すみれさん)



   
源ちゃんを風呂に入れてる巻羽織
   

お句は源太郎ちゃんのことですが、源さんが赤ちゃんの時も、お父上の源吾さんがこうしていたんだろうなあと思いました。
源さんの風呂入れシーン、案外な競作ポイントでしたね。宗匠コメントは実に目からウロコ。我が家も(そして今は長男宅が)そうでしたが、小さい赤ん坊は夜中でも授乳やオムツ替えが必要なので、そのタイミングを利用してのお風呂with父親は、はずせない父親との触れ合いポイントになりますね。毎日やってるうちに、お父さんのほうが上手になる家も多いみたいで…畝家はどうだったんでしょう(笑)
(たまこさん)
「源ちゃん」は、競作ポイントに見事にはまっていましたね。簡潔に源三郎の溺愛ぶりが表現されてますね〜。(はなはなさん)



「ずっと、あたしの部屋へ寝かしているんですけど、夜中に何度もとび起きて……幽霊の夢ばっかりみるのですって……」
「夕涼みの女」より
   
幽霊にうんうんうなされお吉さん
   




 麦わらぼうしさんの五七五 

今月のお話、おすみちゃんの「越後は遠すぎるし、雪も深いから嫁に行きたくない」という言葉。越後人としては気になりましたねぇ〜。「住めばいい所なんですよ、あなたが縫ってる縮だって、雪が深いからこそ出来るモノなんだから」と言いたくなる麦でした。まあ、当時江戸から越後へ嫁に行くというのは、現代の感覚でいえば、アフリカに嫁に行く、っていうよりも遠い感じでしょうかね。今回のお話と対照的だなと思ったのが「錦秋中仙道」。こちらも江戸から遠く離れた雪深い地にお嫁に行く話ですが(しかも今回が、長屋暮らしの娘が大店の嫁に、という玉の輿なのに対して、「錦秋〜」は大店のお嬢さんが、取引先の職人の嫁にと、条件的には今回の方がいいんですよね)、結局はおすみちゃんの気持ちがそこまでのものでなかったって事ですよね。おしまさんはいろいろな悪条件も平気な程、新助さんを愛していたんですね。
 (UP後に)
すみれさま、ぐりさま、TERAIさまと同じような感想を持ったというのは、やはり雪国在住同士という事でしょうかね。まあ自分のコメントでも書いているように、おすみちゃんが{遠い、雪が多い、という理由でヤメた}というのはしかたないかな、と思うのです。すみれさまもお書きのように、現代でもそれらが理由になるくらいですから。結婚は一生の事ですから{ホレた}だけで簡単に決めないでいろいろ考えたあげく、ヤメたおすみちゃんは賢明だったかもしれません。
でもやっぱり断るなら、こういう風に騙すのでなく、ちゃんと断ってほしかったなと思いました。その時はお互いイヤな思いするかもしれないけど、のちのちの事考えれば、キッパリ断ったほうがお互いのタメだと思うのですが。だいたいいつかバレるんじゃないですかね〜伊之助さんの店と近江屋さんの取引は続くわけだし。真実を知った時、伊之助さんはどう思うでしょう。それならばハッキリ断ってほしかった、と思うのではないでしょうか。すみません、どうも同じ越後人同士なせいか、伊之助さんびいきの感想になってしまいます。
(麦わらぼうしさんの談)

「陰陽師」で、死んだ奥さんに会いたいと思いつめていると、奥さんの幽霊が現れて、その幽霊を夜な夜な抱く、というお話がありましたが、もし愛する者が死んでしまったら、こんな気持ちになるのでしょうか…
   
会えぬより まぼろしでいい 抱いてたい…
   

私にはちょっと女々しく感じられる伊之助さんですが、「まぼろしでいい」とはやはりよほど好きだったんでしょうね。おくらと吉三の言葉を信じないで「おすみ、どこだ」と家捜ししたら意外とあの時、押入れの中にでもおすみは隠れていたんじゃないかと(笑) 詰めの甘いあたり、大店の若旦那っぷりでしょうかね〜。ま〜、おくら・吉三の芝居が真に迫っていたんでしょう♪
(はなはなさん)
TERAI様は男性の目線で、麦さまは女性の目線で詠まれていてどちらも味わいがありますね。「陰陽師」のお話ではこのご主人は奥様の幽霊を愛したあとどうなったのでしょう?
(すみれさん)
実はこれ、東吾さんの「もし、るいが幽霊になって〜」発言について詠んだのですが、なるほど、伊之助さんとしても読めますね。読む人によっていろんな解釈が出来る楽しさ、本当に五七五は奥が深いですね(^^♪わ〜!陰陽師」読み返してみたら、死んだのが旦那さんで会いたいと願ったのが奥さんでした。しかも‘抱く’までは至ってなかった…でもTV版だと‘夜な夜な抱く’場面があったような…記憶があいまいでごちゃまぜになってました、すみませんでしたm(__)m ラストは陰陽師{安部晴明}のおかげで一件落着。興味のある方は「陰陽師〜付喪神ノ巻」の中の「迷神」読んでみて下さい。
(麦わらぼうしさん)
打ちひしがれた伊之助は多分こんな思いだったのでしょうね。若い時の恋は一途ですから。おすみちゃんの真の思いなんて微塵も気がつかなかったんだろうなあ。
(コシキブさん)



「嫁に来てくれないかといわれた時は、行ってもいいような気分だったんですけど、あとでよくよく考えてみたら、長岡というのは雪の深い土地で、江戸へ出て来るのに大変な道中をしなければならない。 (略)」
「夕涼みの女」より
確かに、嫁ぐっていうのは一生の事ですから、{愛してる}だけじゃ決められないですよね。おすみちゃんには{雪}も大きな障害だったようで。
   
愛だけじゃ 越えては行けぬ 雪のみち
   

麦わらぼうし様のコメントにそうなんです私も伊之助さんがかわいそうと思ってしまうのは 同じような思いがあるからかもしれないですね
雪の中の生活は大変ですものね
(ぐりさん)



「さあ、入りましょう。医者のいうことです。安心して私について来て下さい」
「夕涼みの女」より
<オマケ>
も〜♪宗太郎さんにこんな風に言われたらついて行きますよ〜お化け屋敷だろうが、夜の墓場だろうが〜(^^♪
   
はい!先生、ついて行きます どこまでも!(by麦わらぼうし)
   

あはは〜宗太郎さんファンの麦わらぼうしさん、ここにあり!ってお句ですね。聞いたことないけど、お声まで聞えてくるようです。
麦さま〜〜!わたしも宗太郎さんに言われてみたい!座布団5枚です〜〜。わたしもこういう風に読みたかったです〜〜。付いて行きますよね、墓場でも(^-^)!お吉さんいいなあ、役得でしたね〜〜。
(のばらさん)
私もついて行きますよ♪宗太郎先生大好き♪
(すみれさん)



 bf109さんの五七五 

今月もよろしくお願い致します。
(bf109さんの談)

   
「暇」という 「かわせみ」にでるものよりは お化けだろうと幽霊だろと
   




「おすみを、どこでみたって……」
「この家の前ですよ。縁台に腰をかけて……浴衣を着て……後向きだったが、ちゃんとおすみちゃんだとわかったんです」
「夕涼みの女」より
   
夕涼み 出たり消えたり 幽霊も 縁台のうえ 演題のなか
   

もしも見てしまったら、ゾ〜ッと寒くなると思う幽霊ですが、ここに出てきた幽霊は、汗だくで出たり消えたりしていたみたいですね。
縁台と演題をうまくかけて見えますね
(ぐりさん)
私も縁台と演題がうまいなぁと思いました。
(麦わらぼうしさん)
掛け言葉をいつも見事に使いこなしておられるのに感服してしまいます。
(すみれさん)
こういう掛けことばはbfさんの独壇場ですね。粋ですねー。
(コシキブさん)



「あの人は、みかけによらず力があるんですねえ。見世物小屋でしがみつかれた痕がこの通りです」
「夕涼みの女」より
   
細腕も みかけによらず力持ち あちらにもあざ こちらにもあざ
   

お吉さん治らなくってはと必死だったんですよね
(ぐりさん)
お吉と宗太郎さんに注目するのはさすがですね。宗太郎先生であろうがなんであろうが「むんず」と力いっぱい腕を掴む、お吉の何にでも一生懸命な感じが伝わってきます。お吉も江戸っ子だなぁ〜。
(はなはなさん)



 すみれさんの五七五 

このケースの話は今でも当地であるので、江戸っ子の時代の笑い話ですまないのが残念です。県庁所在地といえ、都会の女性から見たら、当地での生活は馴染めないらしいです。太平洋側と日本海側の気候の違いも重要な原因らしくて、特に冬の鉛色の空と時雨と雷の多さに嫌気がさして、太平洋側の実家へ帰ってしまう嫁の話はあちこちで聞きます。今も昔も伴侶への愛情が足りないことが一番の原因には違いありません。
 (UP後に)
身びいきなのか、雪国勢のおしゃべりが多くなってしまいました。お江戸の落語話としてに陽気に楽しめば良かったかなぁ。
(すみれさんの談)

蒸し暑い江戸の夏のこと、往来には縁台が出され、浴衣姿の人々がしきりに団扇を使っていたし、子供は線香花火に興じている。
大川にかかっている永代橋の上も夕涼みの人々で賑わっていた。
「夕涼みの女」より
江戸の夏の暑さは現代ほどでないにしても、下町の狭い家々では風通しも少なくて蒸し暑い感じがします。
   
うちわ影そぞろ歩きや橋の上
   

永代橋の情景が浮かんでくるような江戸の御句ですね〜。大好きです。
(はなはなさん)
すみれさま、原作の風景をよくご自分の表現でお句になさったと思います。夕涼みの情景が影絵のように浮かぶお句ですね。
(コシキブさん)



源三郎さんが源太郎ちゃんをお風呂に入れて喜んでいる場面、和みます。お千絵さんにしたら、自分の方が上手に出来るとわかっていても、忙しい父と息子の触れ合いの時間を作ってあるのでしょう。壊れ物を扱うような手つきで、源太郎ちゃんをお風呂に入れている絵が見えるようです。
   
抱くほどに目もと口もと我は父
   

この時の源さん、意外にも手ばなしで楽しんでいますよね。コメントにあるお千絵さんの心遣いは目からウロコでしたが、それで真夜中の入浴の意味もよくわかりました。
お千絵さんは本当にいい奥さんでいいお母さんなんですね 私も目からうろこです
(ぐりさん)
源太郎ちゃんのお風呂のシーンなど皆様と同じ目線で五七五が読めて嬉しくなりました。
(すみれさん)



天野宗太郎が長助と「かわせみ」へやって来た時、東吾はるいの部屋で、お吉に好物のくずもちを食べさせていた。
「夕涼みの女」より
いつも威勢のよいお吉さんも幽霊には弱いところが憎めないです。まわりの皆が心配してくれるのがかわせみの優しさで、「蛍沢の怨霊」でも似たような事があり、好物のくず菓子で元気をつけるのも一緒で微笑ましいです。
   
くず餅やつるりつるりと厄払い
   

そういえば『蛍沢の怨霊」というお話もありましたね
かわせみは奉公人思いでお吉さん幸せですね
(ぐりさん)
お菓子で厄払いなんてお吉さんらしくていいですね。つるりつるりという響きもいいですね。
そうそう、平成版は伊之助さんに同情的なお話で、おすみちゃんにちょっとガツンとくらわせたところがありましたよね。原作にはいまいち釈然としないモノを感じていたので結構好きでした。
(麦わらぼうしさん)



「そりゃあ、はたでみていても気の毒なくらい、しょんぼりして……みんなで、そんなに悲しむとおすみさんが成仏出来ないからってなぐさめたんですけどねえ」
「夕涼みの女」より
江戸っ子の猿芝居にまんまと騙されて長岡へ帰っていった初心な伊之助さんのことをちょっと可哀想に思ってしまうのは、自分も日本海側の住人だからでしょう。伊之助さんはこの後、江戸へ出て来なくなったのか?
   
面影は花火とともに闇の中
   
茶番劇おりて越後路風の盆
   

風の盆は9月でしたか? あの胡弓の音は独特ですね、もの悲しいような 見に行ったことはないんですが
(ぐりさん)




伊之助の親夫婦の会話
「お江戸で惚れあった娘が急死したって、えらく落ち込んで帰ってきて、大丈夫かなあいつ?」
「部屋にこもったままで、ちょっと可哀そうですけれどねぇ、わたしはこれで良かったって思いますよ」
「お前もか!実はわしもほっとしたよ〜 お江戸の町娘が長岡へ嫁にきても本当のところ務まるかどうか怪しいものだしなぁ〜田舎暮らしと冬の雪の多さに愛想をつかすのがおちだろうて」
「そうですとも。嫁にもらってからごたごたするより余程ましですよ。なぁに、しばらくしたら、名主様にお願いしてだれか可愛くて気立ての良い娘さんを探してもらうことにしましょう〜それに江戸の用事はしばらくの間、旦那さまか大番頭がすることにしたらどうでしょうねぇ」
「そうだな!当分は江戸へ行かない方がよいだろうなぁ。越後にも美人はいっぱい居るのだから、そのうち伊之助に良い嫁をもらってやろう」
「それが良いですよ。そうだ!いただき物の旨いお酒があるから、伊之助もここへ呼んで、一緒に飲んだらどうです?あのこの好物の肴も用意してきましょうね」
「おぅ!そうしておくれ。」

こちらでも飲み会などで集まるたび出るのが嫁に来たときの話 岐阜からこちらに来る途中こんな山の中に人が住んでいるんだろうかととても不安になったとおっしゃいます でもそういわれる方たちももう10年も20年もこちらの生活になじみ住み着いていらっしゃる方々なので『ようこんなところに来たね」なんてことで笑い話になるんですが 冬の雪はたいしたことないですけど寒さが厳しくいやになって帰ったなんて話もあるかもしれません でも以外に住みやすいところだといわれるんです 
私はすみれ様の親の話しに凄く納得しました 長岡で可愛いお嫁さん見つけてほしいです 伊之助さん頼りないといわれますが知らないお江戸でどうしょうもなかったんではないでしょうか?うぶだから死んだっていわれればすぐ信じて仕舞ったのでしょうし おすみちゃんはチョット今で言う現代的なんでしょうか? でも賢明な判断だったかもしれないですね 親にすれば遠くへはやりたくないですよね そういえば平成版は伊之助さんに同情的でしたよね
(ぐりさん)
伊之助両親の会話にホノボノ(^-^) 「江戸で恋人に死なれた傷心の若旦那」ってそそられるというか(おいおい)、地元ではなおモテるかも!地元で気の合う娘さんとめでたく結ばれてるといいですね(^-^)。
(のばらさん)
雪国勢のコメントにはどうしても力が入りますね。麦さま、ぐりさま、他人事に思えなくなりますものね♪感想を有難うございます。
(すみれさん)
「伴侶への愛が足りない」むむーん、名言です。私も北陸の閉じ込められるような冬の中で生まれて大人になり、太平洋岸の生活も北陸時代とちょうど同じだけになりました。過ごしてみて思うのですがこんなに気候のいいところで育っていたら、あの雪国の生活は好きな人でもいなければ、閉ざされた冬をとても耐えられないだろうと思うのです。それだけ毎日の生活というのは大変なのだろうと思います。冬に備えて支度をし、身をちぢ込めるようにして厳しい自然にただ耐えるしかない生活と、その日暮らしで十分生きていける江戸っ子、その価値観の違いに気づいたおすみは案外利口者だったのかもしれません。すみれさまの書かれた伊之助の親夫婦の会話を読むほどに「これでよかったんじゃないか」と思います。ところで越後にも「風の盆」ってあるんですか〜?「越中風の盆」は有名でしたが…♪
(はなはなさん)
はなはな様、風の盆はやはり八尾だけの登録商標でしょうかね(^_^;) 言葉の並びが気に入って使ってしまいました。全くいい加減なのです(>_<) 長岡は今だったら、大花火大会ですものね。
(すみれさん)



 ななかまどさんの五七五 

お盆が終われば、子供の2学期。今、必死で宿題を手伝ってます。「お化けより 宿題こわい 夏休み」
(ななかまどさんの談)

恋を花氷に例えてみました。
   
花氷 解けて流れて 一つ橋
   

季語選びが巧みだなぁと感心します。とけない様に守っていくには一人だけではどうにもなりませんからねぇ。
(すみれさん)



宗太郎が、すっかり顔色のよくなったお吉の肩を叩いていった。
「どうだ、幽霊の正体みたり、枯れ尾花ってのがよくわかったろう」
  (略)
「狸の化けた幽霊だって、もう少しまともなもんじゃありませんかね、可笑しくって馬鹿馬鹿しくってお腹の皮がよじれちまいましたよ」
「夕涼みの女」より
お吉さんは、鰻屋さんでお礼に出てくれた幽霊を見る力もあったのに〜
   
病癒え 霊力失せる 惜しさかな
   

あはは、確かに「出る」としても「見えない」とわかっていれば、怖さはずっと減るからそれもいいような気がします。
そういえば逍遙亭のときはお吉さん幽霊ときずいていなかったんですね なんともなかったですよね
(ぐりさん)
お吉の幽霊嫌いは気づかないうちは発症しないものと思われます♪逍遥亭の時のも幽霊だとわかったらもうたぶん大騒ぎだったでしょうね〜。幽霊は見えないほうがいいと思うんですけどぉ〜(怖がりな私)
(はなはなさん)



 千姫さんの五七五 




つい、伊之助は花火に見とれた。が、それも僅かな間で、改めて伊之助はおすみの家のほうへ向き直って歩き出した。
「夕涼みの女」より
もしあの時、花火が上がらなかったら…、花火に見とれていなければ…。気の毒な伊之助さんです
   
夢ともに 開いた花火も 散りにけり
   

あの時花火に見とれて振り向かなければ どうなっていたかな〜私も思いました
(ぐりさん)
そうですよね、あの時花火が上がらなかったら、おすみ一家もこんな芝居をやるヒマもなく…ちゃんと説明して断っていたのでしょうか。この花火が悲劇(というか喜劇というか…)のモトだったわけですね。
(麦わらぼうしさん)
「夢ともに」同じところが詠めて嬉しいです♪ 伊之助にとっては本当に江戸の花火はつかの間の美しさだったんでしょうね〜。
(はなはなさん)



文庫「鬼の面」を手にとって、最後まで読みました。「おお…雪の夜ばなし」題が頭から離れません…。
   
気をあわせ 夏の夜ばなし 大団円
   

わかります、わかります。
雪の夜ばなしー宗太郎さんと七重さんの祝言の部分は大好きなんですが後半は読みたくない認めたくないです
(ぐりさん)
長屋の住人の団結の凄さもこのお話の大事な要因でしたね。ちょいとぼけながら、親子を上手に庇っていて、こんな風に助け合って暮らしていた時代だったのですね。
(すみれさん)



「みんな長助親分とそちらの先生のおっしゃる通りにしたんでございます」
「夕涼みの女」より
幽霊なんて信じない三人の男。(源さん派だからねぇ!たまこさんとカブルかな〜)
   
出番なく 巻羽織ぬいで 団扇風
   

そう言えば今回は新米パパぶりを見せつけただけで、あまり出番はなかったのでしたね。
今回はあまりで番なかったですね 団扇風がいいですね
(ぐりさん)
幽霊を信じない「かわせみイイオトコ」三人衆♪ 源さんだけはいいパパぶりでしたね。
(はなはなさん)



 紫陽花さんの五七五 




「冗談じゃありませんよ。わたしはたった今、そこでおすみさんをみたんです。あんまり変なことをいって、おどかさないで下さい」
「夕涼みの女」より
おすみちゃんが位牌に!馬鹿な…とショックを受ける伊之助さん。かわいいわが子を一つ目小僧に…仕方がないかと吉三おくら
百千鳥のときも「姿変え」の句を作っているのでやめたかったけど他に出来ないんだもん。参加しないよりいいかと開き直っています。
   
いとおしき江戸の娘は姿変え
   

「姿変え」うっふっふ、こっちもぴったりはまった御句でステキ。なんだか笑えます〜。
(はなはなさん)
最初、おすみちゃんが変わりはてた姿になってしまって悲しみに沈む伊之助さんの事を詠んだんだなと思って、よくよく読んでみると{かわいいわが子を一つ目小僧に…}な〜るほど、ふたとおりに読めるのですね、悲しいけど楽しいお句ですね。うまいなぁ〜
(麦わらぼうしさん)



最初にみえたのは提灯が柳の木にぶら下っているので、その下に棺桶から亡者が首を出している人形が飾ってある。
  (略)
その先には、からかさのお化けが立っている。
「夕涼みの女」より
ちょっと大きいかな。大きすぎるようでしたら一人二人減らして小さくします。わけのわからないのもいますが、「これは何?」という突っ込みはしないでください。

このイラストがアニメーションだとわかるまでには、ちょっと時間がかかるよぉぉ〜〜ひゅ〜どろどろ〜。
イラストもキャステイングが豊富でおどろおどろしくってなかなかいいですね〜。
(TERAIさん)
「アニメ」じーっと眺めていたら…やっとわかりました。可愛いじょ〜(笑) 「妖怪大集合」はすごいです〜よく思いつきますよね〜。たまこさまじゃないけど、このままお化け屋敷の宣伝ポスターに使えそう。
(はなはなさん)
イラスト満載で怖くないです楽しいー私もアレーと思ったんですけど宗匠のコメント詠んでやっぱり〜幽霊もこうにぎやかに出られると怖くないですね トリオはどこかさがしてしまいました
(ぐりさん)
「おどろおどろしく」なんて書きましたが、ぐりさまのコメントを読んでもう一度見てみるとあまり怖くない可愛い感じですね。
(TERAIさん)
宗匠のコメントを読んで「いつ首が伸び縮みするのか?」と見つめてしまいました(笑)ほんと紫陽花さんのセンスって最高。花やしきの宣伝部に推薦したい。
(たまこさん)
もののけ君たちも、仲間が一杯で楽しいなあ。思わず「いつもの狐火くん(ちゃん?)はどれ!?」と目を凝らしてしまいました。
(じゃからんださん)
紫陽花さんの幽霊アニメ、宗匠のコメントがあったのでジーッと見てるんだけどわからない・・・動くのをぜひ見たい!それにしてもこんなに幽霊を可愛く描けちゃう紫陽花さんてステキ♪
(あっちの管理人さん)
幽霊動いているって言ってもちょっとです。小さく2箇所 (細かく言うと3箇所だけど)なので気がつかないかも。
(紫陽花さん)
何がどう動くんだろう、イヤ、動くべきものじゃなく何かがほんとに見えたりしたらどうしよう?!なんて思いながら動くの待ちましたよ〜。怖いのにかわいいです(^-^)
(のばらさん)
イラスト、アニメ?懸命に見ていたら一つは発見できました(嬉) 恐い妖怪ばかりのはずなのに、可愛く見えてしまうのはトリオくん達もいるから? いつも楽しませてもらっています。
(すみれさん)
紫陽花さんのアニメは、先日放送された映画「妖怪大戦争」みたい!日本の妖怪ってどこ となくキモカワイイというか憎めないんですよね。
(コシキブさん)



 浅黄裏さんの五七五 

今月のお題は落語みたいだと思ったのですが、伊之助さんの気持ちを考えると複雑です。そうは言っても伊之助さん自身におすみちゃんを強く引っ張るだけの魅力が足りなかったのも事実でしょうね。だから周りもおすみちゃんの背を強く押してやることもせず逆に幽霊騒ぎを手伝ってやったような気がします。
(浅黄裏さんの談)

「死んだんじゃなかったんですか」
一つ目小僧が、ぴょこんとお辞儀をした。
「すいません。いろいろと御迷惑をかけまして……」
「夕涼みの女」より
おすみちゃんのあっけらかんとした技にやられた〜という感が強くて詠んでみました。
   
江戸っ娘のうっちゃり決まる夕まぐれ
   

本当に見事にウッチやりましたね こういう風に詠まれると憎めないですね
(ぐりさん)
たしかにうっちゃりですよね!下手すると自分も家族もただではすみませんからね。うまい表現と思います。
(コシキブさん)



これは近江屋の大番頭さんです。せっかく若い者のことを考えて取りなしてやったのに今度は事の顛末を説明旁々詫び状をしたためることになっただろうと思います。
   
肝冷えて汗手拭で書くお詫び
   

これだからいまどきの若い者はと思いながら書いたんでしょうね
(ぐりさん)
あ、なるほど、近江屋の番頭さんは事の顛末を知って、それをちゃんと伊之助さんのお店まで知らせたと。真相を知って、しらんぷりは出来なかったんですね。いつかはバレると思ってましたが、こういうキチンとした形で知らされるのが一番いいのかもしれません。
(麦わらぼうしさん)
近江屋の大番頭さんにまで目配りしてらっしゃるとはさすが!こういう話は間に人が入ったほうがこじれなくって良いんですが、「汗手拭」のお役目はほんとうに骨が折れますよね〜。しみじみ「お疲れ様」と言いたくなりました。
(はなはなさん)
ここまで想像が及びませんでした。いつもお話への読みが深くて広いのに脱帽です。番頭さんが狂言のことまで越後へ知らせたとなると、この後はどうなったのでしょう?
(すみれさん)



「この節の娘っ子は、算盤勘定が達者というか、可愛気がないったらありゃあしません」
「夕涼みの女」より
周囲を巻き込んでまで自分の気持ちを正直に通したおすみちゃんですが、ふとした時に嫁ぐのをやめた遠国に未練の視線を向ける事がありはしないでしょうか。
   
ともかくも嫁かずに済んで冷やしあめ
   

今のおすみちゃん親子は「嫁かなくていいんだ〜」っていう解放感でいっぱいですね。でもコメントのような「未練の視線」にも、一理あるような気がします。
今は親子3人そろって幸せででも長い人生のうちには そう思うことがあると思いますね
(ぐりさん)



 たまこさんの五七五 

はいくりんぐ主宰のこでまりさんを始め、加賀・越前・越後・飛騨と、ご常連の中には江戸から遠い雪国の方々がたくさんいらっしゃいます。その方々にとっては、「娘を越後に嫁にやりたくないための江戸っ子たちの狂言」というこのお話は、あまり愉快なものではないのではないか、とちょっと気を回したくなったのですが、男女を逆にすれば、いくら花の都でも娘を遠国にはやりたくない…と、雪女の狂言を演じて江戸の男を震え上がらせる、という話も、もしかしたら考えられますね。いずれにしても、ちょっと身勝手かもしれないけれど、クスっと笑える親心、以前読んだ時よりも、ますます「わかるわかる」の年齢になってきました…
 (UP後に)
今月は自分が絶不調だったので、いつもにも増して皆さんのが楽しく面白く…これなら絶不調も悪くないかも(おいおい) 本筋のお話については、やっぱり私もちょっと心配したとおりの反応があったみたいですが、そのおかげで、「あの世からシリーズ」が「この世からシリーズ」に発展\(~o~)/ 結局、「錦秋中仙道」や「狐の嫁入り」と違うのは、おすみちゃんには江戸に自分の居場所がちゃんとあるんだ、って事でしょうかね。そういうとまた「居場所のなくなった娘の逃げ場所か」というお怒りを頂きそうですが、やっぱり知らない所に嫁に行くということは、一人四面楚歌になる危険性がどうしてもある訳で、のばらさんが喝破してらっしゃるように、この彼氏も親切な優しいキャラではあるようですが、ちょっと(かなり)頼りない、結婚後は両親の言いなりで嫁さんの気持ちに鈍感になっちゃうか、あるいは逆に、何でも嫁さん嫁さんで顰蹙を買い、かえって結果的に嫁さんが辛い立場に…?みたいなことを、どこぞの究極の玉の輿(?)話題なども思い出して考えてしまいました。越後の彼も、お江戸の彼女も、自分が今いる場所が幸せなんだったら、できるだけその場所で相手を見つけるにこしたことはないのかも…
(たまこさんの談)

顔中を汗にして嬉しそうに笑っている。
「源さんが宵の口から赤ん坊と風呂に入っているんじゃあ、江戸は天下泰平だな」
「夕涼みの女」より
最近作で活躍している源太郎のイメージが大きくなっていて、「あぁこのお話では、まだ、生まれて間もない赤ちゃんだったんだ」と、訳もなく感動(?)してしまいました。源さんも父親になりたてだったんですよね〜
   
父子(おやこ)風呂流してもまた玉の汗
   

夏ですから風呂に入ってもすぐ汗が出て〜うまいな〜 でも嬉しそうにしているこの場面凄く印象に残りました
(ぐりさん)
源さん親子の御句、おたま姐さんの面目躍如ですね。見てきたような…と孫を見るようなおたま姐さんの視線を感じました♪
(はなはなさん)
流しても流しても出てくる汗は幸せの汗〜嬉しそうな源さんの様子がすごく伝わってきます(^^♪
(麦わらぼうしさん)
源さんのこの場面、私も詠みたかった。玉の汗かきながら源太郎を風呂に入れる源パパの様子が                微笑ましい!
(コシキブさん)



今回、ほんとに絶不調で何にも浮かばず…ただ「深川つながり」というだけで、「長寿庵っていつ頃オープンしたんだろう?」という疑問が突然、浮かびました。長寿庵の話じゃないんですけどねぇ。長助親分のお母さんの「おます」さんですが、「小判商人」で闘病中でしたが、その後どうしたでしょうか、気になります。
   
世は移り変われど人情深川の
   

人様の絶不調を喜んでいいのかどうかわかりませんが、そのおかげで今月はオマケが二つでございます〜。
こちらからどうぞ



【おたま姐さんの現場検証 江戸・東京のお化け屋敷】
絵看板をみるまでもなく、それは幽霊の見世物小屋で、獄門首だの、土左衛門だのの変死人の人形を並べたり、井戸の中から逆さ吊りの女が怨めしやと出てくるといったものである。
「夕涼みの女」より
今月のお題、現場検証はもう、浅草のお化け屋敷っきゃないな、と思っていたんですが、入場料¥900をケチって外から撮ったらすご〜くヘボいのしか撮れなくて… もっとも、中に入っても良い写真がとれたかどうかわかんないですけどね〜

興行としてのお化け屋敷の始まりは、天災・飢饉など社会不安が増大した天保年間にさかのぼります。「大森の化け物茶屋」や両国回向院の死人人形細工などが有名だったそうですが、これらはアトラクションというよりも、かなり悪趣味な見世物という感が強かったようです。現在のネットのフリークサイトのようなものでしょうか…。
浅草の「花やしき」は、日本最古の遊園地として知られ、開園は1853年(嘉永6年)といいますから大したものです。もっとも、江戸期は茶人、俳人の集会の場や大奥の女中たちの憩いの場という高級リゾート(?)として運営されていたそうで、かわせみメンバーが訪れたお化け屋敷は、ここではなく、浅草寺境内の掛小屋と書かれていますね。

明治期の花やしきは、遊園地というよりも動物園として賑わいましたが、関東大震災の際、多くの動物を薬殺せざるをえないという事態になってしまいました。
戦後、1953年にローラーコースターが建てられるなど、遊園地として有名になり、今に至ります。

現在、お化け屋敷は、江戸情緒豊かなお化け屋敷と、西洋風のゴーストの館があり、いずれも花やしきの目玉として賑わっています。お化け屋敷には、大震災で無念の最期をとげた動物たちの幽霊が出る?と言われ、屋敷前に鳥獣供養碑の賽銭箱が設置されています。

今月も現場検証を、ありがとうございました。「花やしき」といえばローラーコースターをまず思い浮かべます。スピード感とは別の怖さが有名みたいですね。それにしても江戸期から長く愛されているとは知りませんでした。当時の「高級リゾートか?」というのも興味深いです。
お化け屋敷は今もあるんですね 高級リゾート地ですか? いつも丁寧な検証ありがとうございます いながらにして楽しめます
(ぐりさん)
現場検証、またまたお疲れさまでした〜。お化け屋敷の案内、レトロであんまり怖くなさそうで笑えます、いい味出してますね。江戸時代からのレジャーランドだったなんて目からウロコです〜。
(はなはなさん)
現場検証が花やしきで、ここでは今でもお化け屋敷のしかけがあるのも面白く拝見しました。
(すみれさん)



 こでまりの五七五 

雪とは縁が切れない土地に住んでいながら、そのことを理由に嫁入りを拒むおすみちゃんに、全然違和感を感じなかった私。改めて皆さんのコメントを読みながら、頭をコンと叩かれた気がしました〜。
 (UP後に)
あら〜私雪国のはみ出しっ子だわ。ぜーんぜん麦さんやすみれさんみたいには思わなかったんだもん。私としては「そりゃ嫌だよねぇ〜、私だって雪は嫌だよぉ」くらいのもので。でも「越後」じゃなくて「越前」とピンポイントで書かれたら心穏やかじゃないかもね〜というか、小説の中でさえ「越後」「加賀」に比べて「越前」の認知度の低さを改めて感じました。
(こでまりの談)

暗い中に長屋が並んでいる。形ばかりの竹の垣に朝顔の蔓の絡んでいる少し先に、やはり縁台が出ていて、白っぽい浴衣を着た女が、むこうむきに腰をかけている。
「夕涼みの女」より
昔母から「昼間の浴衣は濃い色で、夜の浴衣は白地」って聞いたことがあったように思うのですが、うろ覚え。でも夏の夜の浴衣姿は涼やかですよね。ましてそれが好きな人の姿となれば…。
   
宵の路地見きわめるその白浴衣
   




恋しい人に死なれ、しかもその幽霊まで見てしまった伊之助さん。食べ過ぎると「物忘れ」すると言われる茗荷をたっぷりと食べさせて、嫌なことを忘れさせてあげたいものです。
   
傷心の朝餉に添えて茗荷汁
   

伊之助さんは早く元気になってほしいですね 宗匠優しいですね
(ぐりさん)



問診は正しい治療のためにも医者との信頼関係を作るためにも大切だと思いますが、宗太郎さんはちゃんと話を聴くことのできる、良いお医者様のようですね。どうも「東吾さんは女心がわかる」というのは、怪しくなってきたなぁ。
   
蜩や女心も診る名医
   

宗太郎さんは本当に名医ですよね 東吾さん事件だとよく分かるみたいですけど 身近な人のときは疎いことありますね
(ぐりさん)
「(UP後に)を読んで」そ〜なんですよ、やっぱりこうはっきりと{雪が多くて遠くてイヤだ!}と書かれると、そこに住んでいる者としていい気持ちはしませんね〜「かわせみ」に越後が登場するのってほとんど無くて、このお話ぐらいだったと思うのですが、その唯一のお話がこんな書かれ方かぁ〜、と、お題になる前からちょっと気になっていたお話だったもんで…なのでどうしても伊之助さんびいきの感想が多くなってしまいますがお許しくださいね。
話を聞いただけで事件の全容を理解した宗太郎さん、さすがだなぁ〜♪(←宗太郎さんバカ)
(麦わらぼうしさん)
宗太郎さんは身体も心も診たてが行き届いていますよね。観察眼と洞察力がずば抜けていて、七重さんでなくてもだれもが好きになりますよ。
(すみれさん)



「お前、伊之助が好きだったんじゃなかったのか」
「最初は嫌いじゃなかったんですけど……」
「夕涼みの女」より
職人の娘⇒大店の若女将は一見幸せそうに見えますが、伊之助さんは親よりも魅力ある人ではなかったみたいですね。
   
縮より木綿浴衣がよい娘
   

其れはそれでいい選択ですよね うまいたとえですねー参りました
(ぐりさん)
本当にうまいたとえですね!ステーキよりもコロッケがいいとか(←いや、このたとえは違う気がする…)
(麦わらぼうしさん)
うひゃひゃ、私はステーキもコロッケも好きだ〜っ!
おすみちゃんの心は、↑引用文が全て物語っている気がします。「嫌いじゃなかった」で「好きだった」とは言っていないことに尽きると思うのよね。雪が深いや遠いは二の次で、江戸の男だったとしても、うまくいかなかったんじゃないかな。
(こでまり)
感想がたくさんUPされていて、もう一度楽しませていただいてます。皆さんの感想も合わせて読んでみると、「雪国問題」よりもむしろ、「玉の輿プレッシャー」のほうが大きかったのかな〜という気もします。裏長屋の生活は決して豊かではないけれど、芝居の道具作りというやりがいのある仕事を中心に家族仲良く楽しく暮らしていて、食うにも困るという訳ではなし、今更、行儀作法や人間関係に気を遣いながら裕福な商家の嫁づとめをするメリットはほとんどなかったということでしょうね〜。伊之助さんが越後の人でも、貧乏な家の生まれで、江戸に出てきて呉服のかつぎ売りか何かやってるような人だったら、ちょっと頼りなくても所帯を持って、おすみちゃんのお尻に敷かれながら幸せに暮らすことになっていたかも…
(たまこさん)
こでまりさまのコメントになるほど!です。そうか〜「嫌いじゃないけど好きだった訳でない」のですね。遠いや雪は言い訳だったんですね。面と向かって「好きではない」って確かに言いにくいですけど「条件や環境」を理由に断る方がまだ気が楽ですもんね。(言われる方の気持ちはまた別だろうけど)
(麦わらぼうしさん)
ほんとうにいい喩えですね。おすみは縮の仕事はしていても、自分では一着ももって無かったでしょうし、伊之助さんともいわば「仕事上の付き合い」で愛想良くしていたらいつのまにか気に入られて嫁入り話に発展してしまった、とかそういう事情なのでしょうね。おすみは確かに木綿の浴衣が似合う娘、という気がします。
(コシキブさん)



「考えてみると長屋の連中は気を揃えて、あの連中をかばってたんで……」
  (略)
「……あとでばれても当りさわりのねえことばっかし、ぬかしやがって、結局、それで欺されたんですから……」
「夕涼みの女」より
「朝顔」ではすでに名句がいっぱい出ているので、あまり作りたくなかったのですが(あはは)。鉄壁のガードというのでなく、当り障りなく守りあっている近所の関係が、長屋に作られた朝顔棚と重なりました。
   
朝顔や蔓ゆるやかに裏長屋
   

私も知名度が低い越中出でございます(笑) 皆さまいろいろ書いておられますが、おすみのドライさに思わず大笑いしたぐらいで申し訳ないぐらいです。雪国在住の皆様ごめんなさい。でももう越中をでて20年も経っちゃうと「いや〜もう雪はご勘弁ください」ってもう北陸の生活には戻れませんです〜。
「蔓ゆるやかに」は大好きです。当たり障りのない江戸っ子の暮らしぶりがいいなぁ、と思いました。
(はなはなさん)
当地ではその後に「つるべとられてもらい水(by 加賀千代女)」があまりにも有名ですが、このお句も長屋の人たちの心持ちと暮らしが表現されていてとっても風情があると思います。
(すみれさん)



 じゃからんださんの五七五 

今月のお話は賑やかだし、読後感も爽やかで好きなんですが、それで作品を詠めるかというとやっぱり違うんですね。いろいろとポイントがあるのに、結局盛り上がる部分では作れませんでした、残念です。作るのは苦しいですが、それもまた楽しい?(うわ〜)。今月もきっと目からウロコの作品をたくさん拝見できるのですよね、と今からそちらもとても楽しみです。
(じゃからんださんの談)

急ぎ足で近づくつもりで、伊之助が足を止め、背後をふりむいたのは、路地の入口のほうで大歓声が上ったからで、ちょうど仙台河岸の方角に、ぽんぽんという景気のいい音と共に鮮やかな花火が上っている。
「夕涼みの女」より
つくづく伊之助さんの純情が可哀想なお話ですよね〜。でも結局そちらでは詠めず、最初の歌は冒頭の花火の場面からです。(「蜘蛛手に闇を弾く」は芥川龍之介から拝借しました。)
   
我知らず返りて見れば蜘蛛の手に闇弾きゆく夏の火の花
   

「蜘蛛手に闇を弾く」は芥川からですか。江戸の町の暗さは今の比ではないでしょうから、花火もさぞかし美しかったでしょう。ぱっと頭の中に大輪の花火が浮かびました。
蜘蛛手に闇を弾くーは花火の様子を表しているんですか〜
(ぐりさん)
芥川の「蜘蛛手に闇引く」は花火が妖しく表現されていてステキですね。御作にぴったりとはまっていてステキです。江戸時代はまだ丸く広がる花火はまだ技術的には出来なかったそうです。明治時代に「鍵屋」の当主が丸く広がる花火を考案したそうです。それまではしだれのような花火がほとんどだったそうで、これも蜘蛛の手のようです。その情景が浮かんできます。
(はなはなさん)



組屋敷の中でも、畝源三郎の家は、どことなく活気があった。
源三郎は屋敷にいて、
「今、源太郎を風呂に入れたところです」
「夕涼みの女」より
次は源さんで、さりげない場面ですが、帰宅後嬉しそうにまだ赤ん坊の源太郎くんをお風呂に入れている図が好きなんです。
   
町廻り済ませいそいそ巻羽織父親顔で風呂をつかはす
   

「いそいそ巻羽織」はいいですね〜。源さんの親バカぶりが微笑ましい〜♪
(はなはなさん)



そして「この節の娘っ子」(←いつの世も…(笑))おすみちゃんは、まあちゃっかりしているというか、あっさりしているというか…、でもどこか憎めないんですよね。
   
いい人よ嫌いじゃないわ勿論よお江戸の人なら文句はないもの
   

いい人よっていわれたら断り文句だって聞いたことありますが〜
(ぐりさん)
ぐりさまのコメントにも爆笑でしたが、おすみの気持ちがよくわかって リズムもいい御作ですね〜。
(はなはなさん)
おすみちゃんの気持ちを巧みに詠っておられますね。伊之助さんが他国の男じゃなかったら、一緒になっていたのは本当でしょう。
(すみれさん)
‘いい人なんだけどねぇ〜結婚相手となるとねぇ〜’現代でもよく聞くセリフですよね、伊之助さんはそのタイプだったのか〜
(麦わらぼうしさん)



幽霊騒ぎはあちこちで罪つくりなことになりましたが、おすみちゃんがはっきり理由を言って断った方がよかったのか、それとも幽霊が出たとしておいた方が伊之助さんにとってはよかっ たのか、人の心は難しいものです。
   
罪つくりの幽霊の涼消えゆきて風はそろそろ秋の色かも
   




 のばらさんの五七五 

今月は冒頭の夕涼みの場面がすごく風情があって好きなのですが、そこからは出来ませんでした(>_<) 困った親子だなあ、ウソはいかんよ〜と思いましたが、それでも飛び込もう!と思える恋ではなかった、ってことにつきるんでしょうね〜。無理しないほうが先々のお互いのため、これでよかったんでしょうね。軽妙なお話の中にも人情がいっぱいで好きなお話です。
(のばらさんの談)

伊之助のこともだが、もう一つ困っているのは
「お吉が、すっかりふさぎ込んでいるんです。毎晩、怖くて一人じゃねむれないっていうものですから……」
「夕涼みの女」より
ほんとにお気の毒な伊之助さん(^-^;)でもお吉さんもお気の毒…。怪談をそのまま信じて帰っていった伊之助さん、たしかにいい人かも知れないけど、ちょっと頼りないところもありそう(^-^;)
   
うらめしや怪談残し客帰る
   

「うらめしや」はお吉さんの気持ちですね。どうせなら「怪談」も持って行って欲しかったでしょうね。
私も伊之助さんの詰めの甘さが気になりました(笑) いい人なんだけどねぇ〜っておすみじゃないんだから!(笑) お吉さんはいい迷惑でしたね〜。
(はなはなさん)



「おっ母さん、困りますよ。いくら知り合いだからって、そんなところで挨拶されちゃ、お客さんが笑ってなさるじゃありませんか」
「そんなこといったって、おすみ、長助親分に、お化けだぞ、怨めしやってわけにも行かないじゃないか」
「夕涼みの女」より
「お引越し」などで有名なカルガモは渡りをしないでずっといるので「通し鴨」ともいい夏の季語なのだと、今回歳時記めくっていて知りました。鳴き声は「クワワワワワ」とか「ウアワワワワ」とか、なんか楽しく笑ってるように聞こえて、聞くとこっちも笑っちゃうような声です。仲の良さそうに家族でこじんまり暮らすカルガモが、おすみの家族と重なって思えて、詠みました。
   
通し鴨笑う声ある川辺かな
   

おすみさんの家族はカルガモの家族のようにほのぼのとしているんですね
(ぐりさん)
「通し鴨」はおすみ一家のようでもあり、長屋の住人みんなでもあり… 「かわせみ」ワールドでもあるような…。川筋には人情あり、ですね。
(はなはなさん)
さすが、「鳥フェチ」ののばらさん!おすみちゃんの家族をうまいこと表現なさいましたね。この家族はこれからもこうやって互いに肩寄せ合い、江戸の片隅でつつましく、でもにぎやかに生きていくんでしょうね。
(コシキブさん)



お吉さんわたしに替わってほしかった!(何気に575!)といいたいこの場面!!ですが、次回の「大川の河童」で宗太郎さんと七重さんが出会う、序章のような下りも散りばめられた今回のお話なのですね。
   
その腕にすがるべき人次の回
   

のばらさまの(何気に575句)にも同感!やっぱり宗太郎さんファン同士、同じようなところに注目しててうれしい〜♪
(麦わらぼうしさん)
「大川の河童」の予告編にぴったりのお句ですね。二人の出会いは読んでいても微笑ましくて皆で応援したくなりますもの。
(すみれさん)



 ぐりさんの五七五 

お盆も過ぎたのに毎日暑い日が続きます、このお話もそんな頃のことでしょうか 
詠みたいなと思うところがうまく言葉に出来ません 相変わらずな出来ですが宜しくお願いいたします
(ぐりさんの談)

そのあたりが、おすみの家だと思ったとたんに、伊之助は胸が熱くなった。
三月の末に別れて、およそ四ヵ月ぶりである。
「夕涼みの女」より
久しぶりに会うおすみちゃんに
   
揚げ花火 胸には熱き 思い沸き
   




たまさかに源太郎君をお風呂に入れて 嬉しそうにしている源さんお父さんの顔もいいですね
   
桃葉湯(とうようとう) 親子で入り 湯を掛ける
   

桃葉湯って桃の葉を入れたお風呂ですよね!子供のあせもに効くって私も赤ん坊を育ててるとき聞いてやったことありますよ。季語だったんですね。源さん親子がほんのり桃の葉の香りのするお湯に浸かってるところを想像するとたまらなく微笑ましいですね!
(コシキブさん)



十日が過ぎて、東吾が大川端の「かわせみ」の暖簾をくぐると、
「伊之助さん、長岡へ帰りましたよ」
出迎えたるいが真っ先にいった。
「夕涼みの女」より
一人寂しく新潟へ帰って行った伊之助さん
長岡で新しい幸せを得られるといいですね
   
片かげり 心残して 帰りゆく
   

許婚を失い一人長岡へ帰る伊之助さん、「片かげり」が江戸に残していく未練の気持を表しているようですね。
「片かげり」きれいな言葉ですね。伊之助の悲しみが伝わってきそうです。越後でいい人が見つかるといいなぁ〜。
(はなはなさん)
伊之助さんの気持ちを謂い得て妙ですね。恋人に死なれるのとふられるのと、どちらがあきらめがつけ易いかなぁ。
(すみれさん)



江戸を出たことがないおすみちゃん 長岡へ行くことに不安があるのは当然ですね でも伊之助さんが好きだったら行ったのでしょうか? このお話を読んで思い出すのは 木曾へ行った宮腰屋の娘おしまさん、狐の嫁入りの木曾万のおよねさん、深い事情があったとはいえその当時としてはゆうきある行動でしょうか?
宗太郎さんは相変わらず名医です
   
幽霊を あやしで征す 名医かな
   

私も「錦秋中仙道」思い出しました。似たような設定だけど結末は正反対。結局はすみれさまがおっしゃるように{伴侶への愛情}、気持ちなんですね。幽霊をも征す宗太郎さん、やっぱりステキ♪
(麦わらぼうしさん)



お吉さん病気が治って本当によかった
口八丁手八丁がお吉さんらしいですよね
   
青みどろ 井戸よりひらり ろくろ首
   

紫陽花様の画像に添えたらぴったりです!ろくろ首の眼もチカチカ光っていて凄みが増しますね。
(すみれさん)



 あっちの管理人さんの五七五 

今年は結局どこの花火も見なかったけど、ストファで紫陽花さんの素敵な花火アニメを見られたので大満足。またまた締切りギリギリになってしまいましたが、今月のお題をお送りします。
 (UP後に)
昨日ざっと拝見させて頂いて、今日もう一度今度はじっくり拝見してきました。今月も皆さんの力作と充実のオマケで本当に楽しい一時を堪能させてもらいました。源さんが源太郎ちゃんをお風呂に入れるところが競作ポイントでしたけど、朝早くから夜遅くまで江戸の町を歩き回っている源さんが、不器用な手つきですご〜く慎重そうに源太郎ちゃんをお風呂に入れているところを想像すると、何故かすごく幸せな気持ちになります。源さんも一日の疲れなんてすっ飛んでしまう気持ちだったんでしょうねぇ。
(あっちの管理人さんの談)

夏はやっぱり幽霊話?といっても怖いものなしのお吉さんが一番怖いのが幽霊。この話でもお吉さんがお客の伊之助から幽霊話を聞いたことから 始まりましたね。長屋の路地の奥で、ドドーンと聞こえる打上げ花火に、ひょっとしたら音だけの花火見物かも知れないと思っていたら、路地の反対側に花火が上がったんですね。
   
路地で聞く打上げ花火に空見上げ
   




「幽霊を好きだなんて人がありますかしら」
「俺は、もし、るいが幽霊になって出て来たら喜んで抱いてやる」
「夕涼みの女」より
まだ祝言をあげる前の東吾さん、例によって嘉助さんやお吉さんを前にのろけてました(笑)
   
俺のるい幽霊姿も色っぽい by 東吾
   

この「俺のるい」って言い方が、いかにも東吾さんらしくて好きです。
俺のって言い方が東吾さんらしいですね 其れを詠まれた管理人様もやっぱり管理人様らしいですね
(ぐりさん)
「俺のるい」は大ヒットですね〜♪甘えん坊な東吾さんが良く伝わってきます。幽霊でも抱いてやるって、東吾さんならやりかねませんよね(笑)
(はなはなさん)
「俺のるい」やはりそうでしょうね。時々目移りして危なっかしい東吾さんですが、るいさんはかけがえの無い女性です。
(すみれさん)



お吉がいつもの調子で明るくいった。
「江戸っ子は、おすみちゃんを遠国に嫁にやるのが嫌だったんですよ」
「夕涼みの女」より
蓋を開けてみればこういう仕掛けだったのかというオチでしたけど、長屋のみんなが気を揃えての一芝居。やっぱり江戸っ子だけに困っている人を放っておけなかったんでしょうね。さすがの長助親分もタジタジでした。
   
江戸っ子が真夏の夜の一芝居
   

考えてみれば、親分たち=お上の側の人間を騙そうとしたんだからすごい事ですよね、おしおきも覚悟の上?すごい団結力ですよね。
(麦わらぼうしさん)



 花みずきさんの五七五 

今回、秋の季語を使うべきなのでしょうが夏の季語になってしまいました〜よろしくお願いします。
 (UP後に)
拝見してきました〜。いつもながら、ひざを打つようなお句のオンパレードで、オマケもすごい!
(花みずきさんの談)

縁台にすわっていた女が、空を仰ぐようにした。月光が女の顔をぼんやりと照らす。
「夕涼みの女」より
お話の冒頭部分を詠んでみました。もっと違う見方もあったかな?
   
まぼろしを照らしまどわす夏の月
   

私も含めて花火を詠む人が多いなかで、「夏の月」で詠まれたところがすごいと思います。暑さでもやっとした月にも妖しい力があるかもしれません。
(すみれさん)



東吾が慌てた。
「冗談じゃねえ。今夜、俺はどうなるんだ」
「夕涼みの女」より
「今夜、俺はどうなるんだ!」という東吾さんの言葉がおかしくって頭の中に残ってどうしようもありませんでした、で出来たのがこれです。
   
今夜だけ竹婦人抱きふて寝する?
   

このお句の「竹婦人=竹や藤で編まれた籠」の使い方、なんとも絶妙ですね。東吾さんの慌てた様子も思い浮かんで思わずニッと笑ってしまいます。
竹婦人の使い方お見事と思いました
(ぐりさん)
花みずきさんも、何気に情念系の重鎮(笑)の仲間入りしたみたい(羨)
(たまこさん)
情念系…はなはなさんのお作の足元にもおよびませんが、うれしいです。
(花みずきさん)
「竹婦人」にドキ!&ニヤリです!こういう季語ってどう使うんだろう???と首をかしげた事があったのですが、いやあ参りました!
(のばらさん)
「竹婦人」きゃー♪です。本当は涼を求めるためのものだけど、なんだかここではダッチワ○フみたいで「キャー♪」情念系、花みずきさまには脱帽ですぅ〜♪
(はなはなさん)
ホントに東吾さんのこのセリフはおかしかったですね。みんなの迷惑やお吉の苦しみよりもなによりも自分が困る事に頭がいっちゃって…(←はい、アンチ東吾さん発言でございます)
(麦わらぼうしさん)
ここが情念系になるとは…。「竹婦人」はじめて聞きました。そういう言い方するんですね。はなはなさんの感想と花みずきさんのご謙遜の掛け合いがマジで受けました(^O^)
(コシキブさん)



 はなはなさんの五七五 

遅くなって申し訳ないのですが、今回は楽しく詠みたいと思いながらもとんちがちっとも利かない(いつもだけど〜)、こちらもお手上げでした〜。
 (UP後に)
軽いタッチのミステリー仕立てのお話で、こういうのも平岩先生の技の冴える、楽しいお話ですよね。まさか結婚を断るのに幽霊にまでならなくたって良いと思うんですが、その大仰な、そのくせちゃちなお芝居がふっと笑いを誘うんですね。 あたふたする東吾さんが女心を読み違え、宗太郎先生の名医ぶりが際立って大団円、江戸娘の勝手といえば勝手なのでしょうが、その江戸っ子ぶりが私にはいっそ爽快に感じました。花火や浅草の盛り場の情景などともあわせて、「江戸情緒」満載で好きなお話のひとつです。
(はなはなさんの談)

「伊之助さんが富吉町おすみさんの家へ行くと、家の前の縁台におすみさんがすわっていて……声をかけようと思ったら消えちまったんです」
「夕涼みの女」より
書き出しがすでにお芝居めいている「夕涼みの女」 ミステリーっぽくっていいですよね。伊之助とおすみの、それぞれの立場から詠んでみました。
   
江戸の恋花火もろとも消え失せり
   
夕花火上がりて芝居幕あがる
   

一つの花火が、恋の終わりと芝居の始まりの合図になった…、面白い視点ですね。
花火の対比が面白いですね さずがはなはなさまです
(ぐりさん)
みなさまおっしゃるように花火の対比、うまいなぁと思いました。
(麦わらぼうしさん)



お決まりのかわせみのるいの部屋。やはり少々らぶらぶもほしいかなぁと。最後の「つねる」シーンはできなくて(泣) こちらで。
   
夕化粧寄り添う髪のにほひかな
   

今回のお話は、情念派(?)には詠みにくいタイプだったかもしれませんが、なかなかどうしてはなはなさん頑張ってらっしゃいます。
(たまこさん)



お吉は嫌がったが、宗太郎がなだめすかして、結局、るいと東吾がつき添って行くことに決った。
  (略)
参詣がすむと、宗太郎が先に立って境内を第六天のほうへ廻って行った。
「夕涼みの女」より
宗太郎先生はやっぱり名医ですね〜。ここでもやっぱり芝居立てで、茶目っ気のある宗太郎先生のキャラクターがよく出ていていいなぁ♪ 思えば「鬼の面」の巻は宗太郎さんが隠れた主役でしたね♪ ところで第六天は、仏教では欲望の魔物が居るところだとか。第六天を祭る「榊神社」の境内にお化けの見世物小屋があったんですね。
   
偽幽霊第六天の魔も笑い
   




つぎつぎと種明かしされる「おすみ幽霊事件」。かつがれた、とわかっていても、あまりのばかばかしさからかお吉はけろりとしておすみの肩を持つし、るいもいつものおきゃんな一面を見せてくれました。ドライなおすみに都会の女、「江戸の女」を感じました。
   
江戸女いきいきと生き恋もして
   

そうですね。長岡の地名がでたばかりにちょっと入れ込みすぎたかなぁと反省しています。自分に嘘をつかずに人生を楽しむことを認めてあげなくては、とも思います。だから、人にも嘘はついて欲しくなかったですね。
(すみれさん)



 茜雲さんの五七五 

いやぁ、難しいなぁ。ちっとも言葉が出てきません。まあ、参加することに意義ありということで悪しからずです。
(茜雲さんの談)

「おぬし、俺の話を聞いた時から、おすみが伊之助を好いていないと気がついたんだな」
「夕涼みの女」より
今回は完全に宗太郎さんに食われましたね。
   
単身(ひとりみ)の 名医が見抜く夏芝居
   

動き回ったのは長助さんと東吾さんですが、宗太郎さんがいなければ、もっと長引いたでしょうね。話を聞くだけで糸口を見つけ出し、しかも東吾さんにも明かさずに仕掛けたんですから、大したものです。
宗太郎さんの名医振りがうまく表されていますね 単身が効いているように思います
(ぐりさん)
恋人がいる東吾さんにはわからなくて、いない宗太郎さんにはわかった女心。ぐりさまおっしゃるように単身が効いてます!
(麦わらぼうしさん)
宗太郎さんは話を聞いただけで看破したのだから、ほんとうにすごいです。診察に歩く家々で同じような話に出会っていたのかも知れませんね。
(すみれさん)
←↑の話題も面白かったです。確かにおるいさんという相手のいる東吾さんでなく、まだ七重さんと出会っていない独り身の宗太郎さんが真相を見抜く、そして源さんは新米パパ業で忙しくってそれどころじゃない、というのも愉快ですね。
(たまこさん)
確かに、宗太郎さんがすべてのからくりを看破し解決に導いたんですよね。日々患者さんに接して人の気持ちをくむ術を見につけた宗さんはやはり名医ですね。
(コシキブさん)



4ヶ月で夢破れた伊之助さん、なんかちょっと可哀想です。
   
春過ぎて心が移り 夢一夜
   

きっと有頂天だった伊之助さん、本当に江戸の夢で終わってしまった恋でしたね〜。でも遠距離恋愛ってやっぱり難しいんでしょうねぇ〜。
(はなはなさん)



「東吾様」
るいが東吾にすがりついて、暗いのを幸い、東吾はるいをしっかり抱いて足探りに前へ進み出した。
「夕涼みの女」より
今回お化け屋敷で鼻の下伸ばしてる東吾さんがいましたが、つい先日もTDLのホラーハウスに2度も入ったなんて話を聞いたばかりで、いつの時代も変わらないようです。
   
カップルは今も昔も化け屋敷
   

そうか お化け屋敷は暗いからカップルには都合がいいんですね
(ぐりさん)



 コシキブさんの五七五 

「夕涼みの女」なんとか提出にこぎつけました。お笑い系で、かわせみでは異色の部類に入るお話ですがレギュラーそれぞれのキャラクターが際立つ話でもありますね。
 (UP後に)
実は心の隅で「おすみちゃんの家族やお吉さんはよかったけど、伊之助さんの心の傷はしばらく癒えないだろうなー」と思ってたので、みなさまのコメントに同様のご意見をみつけて嬉しく思いました。みなさまの感想も俳句と同じくらい含蓄があって楽しいです。
(コシキブさんの談)

「近づきは致しませんでした。ちょうど花火が上りまして……」
ふりむいて花火をみ、
「おすみちゃんのほうへ行こうとしましたら、もう姿がありませんでした」
「夕涼みの女」より
花火に一瞬見とれた間に消えてしまったおすみ。すべてはその間に仕組まれた芝居だったわけですが、それにしてもさすが芝居を生業にしてる人たちですよね。あ・うんの呼吸でおすみを幽霊にしちゃうんですから!
   
花火散り妻になる娘も露となり
   




犯罪の匂いはなくとも納得いかない話は徹底的に調べないと気がすまない東吾。正義感の為せる業です。それとやっぱり暇なのかも…?いえいえ。
   
炎天下東吾動かす正義の勘
   

結果的にはお吉さんのためになったけど、最初はやっぱり興味本位から始めたみたいで、それも昼といわず夜といわず歩き回り、やっぱり暇なのかしら?…おいおい。
宗匠とのコメントのやり取りに超ウケ♪(いえいえ、おいおい) やっぱり暇なんですよ〜東吾さんって。もぉ〜何にでも首を突っ込んで〜。ま、「赤烏帽子」ですからね、るいさんも。
(はなはなさん)
暇なのか、お節介なのか、正義漢なのか、東吾さんが動かないとお話も進まないですからねぇ。
(すみれさん)



「東吾さんは、伊之助がおすみの幽霊をみたというのが気になったのでしょう」
およそ、幽霊の存在など信じない男たちである。
「夕涼みの女」より
幽霊など歯牙にもかけない親友同士。なにかおかしいという東吾の勘を理解してくれる源三郎の一言にさぞ励まされたことでしょう。
   
言わずとも判ってくれる巻羽織
   

ツーカーで分かり合える東吾さんと源さんいいですね やはりかわせみワールドに惹かれるのは和というかこのよさですよね
(ぐりさん)
コシキブさま、ぐりさまのコメントに同感!この二人の関係はいいですよね〜 (BGM「青春アミーゴ」お〜れたちは昔から二人で一つだぁ〜った)
(麦わらぼうしさん)