戻る

 源三郎祝言
新装版「閻魔まいり」より  (平岩弓枝著:文芸春秋刊)
先月の「浮世小路の女」へのたくさんのご参加、ありがとうございました。皆様も大好きなお話だったとみえて、早々と届けて下さいましたね。しかもたくさんの「オマケ」付き!本当にありがとうございました。

さて今月は、「源三郎祝言」を選びました。

「今月は町内会が…」「学校行事が…」「仕事が…」「旅行が…」と逃げ腰のあなたも、思わず参加したくなるお話でしょ、うひひ。
言わずと知れた初期の名作の一つで、このお話もドラマ化の際には必ず取り上げられていますね。
そして今月もまた、「肝心な時の鈍感」ぶりを露呈してしまった東吾さんですが、最後は何度読んでも胸がいっぱいになるお話です。

さあ、今月はどんな五七五になりましたでしょう。
(平成十七年十月)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



 TERAIさんの五七五 

これは大切なお話なので巻羽織句のひとつも詠みたかったのですが、出来ませんでした。たまこさますみません。
 (UP後に)
とりあえずざ〜っと拝見して来ました。宿題は出せずじまいでした(まだ今月中はよいのか…)。今月は(もか)月初めに提出したのが正解だったみたいで、中旬はなにかとバタバタして(ネットを覗く余裕くらいはあったのですが)、もう少しましなのが出来たら「訂正」として送ろうかとか考えてもいたのですが、結局それもできずじまい。一番添削しなければならないのは今月の分かも知れません。
(TERAIさんの談)

「次男の分際で、よくも、ぬけぬけと育ちすぎたな」
と兄の通之進が冗談をいうほどだが、お千絵はその東吾と並んで、ほんの僅かしか違わない。下手をすると高島田を結っている分だけ、むこうのほうが大きく感じる。
「源三郎祝言」より
   
背が高い それは東吾も同じだよ
   




   
いざという 時に出て来る お兄さま
   

笠原家とのことに決着をつけるまでは気を張ったことと思いますが、お千絵さんに白無垢を着せてからは、むしろワクワクしていたみたいですね。今回は通之進さんが大活躍でした。
通之進様どのお話も一番良いところで登場、全部かっさらっていかれますね 貫禄でしょうか?
(朝霧さん)



「源さんは、失恋しかけていたのですか」
相手の気持もたしかめることが出来ず、やけくそで、笠原長左衛門の娘を嫁にしようとした。
「やけくそではあるまい。あの男のことだ、惚れた女と夫婦になれないのならば、誰を妻にしても同じだと考えたのであろうよ」
「源三郎祝言」より
   
嫁もらうどうせ好かない女子なら
   

これ、ちょっとドキリとしました。こういう男性心理ってあるんでしょうか。通之進さまも言ってるから確かなんでしょうね…。
(コシキブさん)



これは第二章の最終話で宍戸源さんが草刈お兄様の手を握ってるあそこです。録画を撮ってないのでうろ覚えですが…。
   
手を握る ああ勘違い恥ずかしい
   
笠原と 宍戸源さん 父子(おやこ)共演
   

改めて原作を読むと、この名作をあのように演出されてしてしまったことは、残念でした。
そうなんです。ここをこう演出されたのは残念ですよね。山口源さんでは映像化されていないので、どうしてもあの(第2章の)イメージが頭にこびりついてしまいます。
(TERAIさん)
残念ながら私も直ぐに思い出したのですよ。素敵な場面はたくさん在ったはずなのに何故?専門家のTERAI様にこの心理を伺いたいです(笑い)
(すみれさん)



 千姫さんの五七五 

ジャジャジャジャ〜ン もう五七五が出来ました!!
(千姫さんの談)

父の死でも、他人の前では泣くまいとしていたしっかり者のお千絵が、知らせを受けて町廻りの途中から通夜にかけつけて来た源三郎をみた時だけ、ほろほろと涙をこぼしたという。
「源三郎祝言」より
ここが詠みたかった!!
   
その刹那 心がすがり 雨月かな
   

ここを詠みたかった人が、他にもた〜くさん、いらっしゃいましたよ。「ほろほろと涙をこぼす」お千絵さんを「雨月」とたとえたのが、お上手だと思いました。
私も雨月、素敵な表現と思います。
(TERAIさん)
師匠の解説でその良さがよく判りました。
(七歩さん)



「それはわかりました。ですが、源さんとあの娘が……」
「お前は気づかなかったのか」
「一向に……」
「源三郎祝言」より
もし、祝言の前にお千絵を帰していたら…(この物語では最初から、最後までいつもの東吾じゃなくて、言う事、すること全て三枚目になっていて、珍しい東吾の姿ですね)
   
いろいろと 気が利いた君は 間が抜ける
   

東吾様はるいさん一筋他の方の恋心にはうといところが、それが魅力か?
(朝霧さん)
ご自分の世界を持っていらして、毎回、的確に詠まれている事が、よくわかりました。君シリーズも千姫様の十八番、ますます楽しみです。
(すみれさん)



 bf109さんの五七五 

ここぞという文章、場面ばかりで本当に印象に残るお話です。なんとも源三郎らしい祝言までの成り行きだなとおもいます。季語とかは、どうかご勘弁を。その場面を読むのが精一杯です。
 (UP後に)
参加者も増えるばかりで益々のご繁栄を期待できそうですね。それにしても、詠みたい所ばかりなのに同じ場面でも発想の違いが良くわかります。いろいろな人の発想を読んで、頭をやわらかくしたいと思います。これから感想・感想…。
(bf109さんの談)

お千絵さんの源さんへの思いがひしひしと感じられます。本当はすがりついて泣きたいのだと思いますが、それもできない…。
   
かけつけた 君をみつめて 涙する すがりたくとも すがりたくとも
   

リズミカルな短歌で繰り返しがあったり、同音で知恵と千絵があったり、技が巧みで素敵です。
(すみれさん)
強く心を惹かれて「はいくりんぐ」を読む度、この五七五に釘付けになっていました。涙が出そうになり、こんな句を詠めるbf109さんってどんな恋をした人だろうって考えていました。
(千姫さん)



本当は裃を着せられて部屋に一人でいるとき、何を考えていたのでしょうか。
   
裃を 着せられひとり なにおもう
   




「お千絵か」
通之進の声は、この上もなく優しかった。
「畝源三郎が恥をかくか、かかぬかの瀬戸際である。そなた、力を貸してくれぬか」
「源三郎祝言」より
兄上が祝言のごたごたを解決する様子を詠んでみました。なんだか短歌、俳句というよりも川柳みたいですね。勉強します。
   
恋がらみ 裁くは与力通之進 知恵をだしたり 千絵をだしたり
   

通之進さんが部下としても人としても、どれほど源さんのことを思っているかがよくわかるお話ですね。「知恵」と「千絵」はホント、その通り!
なんとシャレの利いた私には絶対読めない句
(朝霧さん)
「知恵をだしたり 千絵をだしたり」はさすがですね。
(TERAIさん)



静かに、花嫁行列はつつがなく畝家の門を入った。
本多仙右衛門の妻女が花嫁の手をひいて、金屏風の前の畝源三郎と向い合った席にすわらせる。
「源三郎祝言」より
三々九度で赤くなった顔が屏風にも映って金色があかねいろに見えてきたような気がして、いい祝言だったのだろうと想像できます。
   
盃かさね 金の屏風も あかねいろ
   

「盃」「金」「屏風」とおめでたづくしで、お祝いムード満点ですね。結婚式のスピーチで披露できそうなお句です。
(コシキブさん)



 たまこさんの五七五 

源さんファン、いや一般のかわせみファンにとっても、東吾さんとるいさんの祝言と同様にはずせないお話だと思いますが、これもすっかり「初期のお話」になってしまいましたねぇ。例によって中ヌキで、始めと終わりのシーンだけになってしまいましたが、気を張って涙も見せずに突然の悲劇に耐えていたお千絵さんが、源さんを見て初めてほろほろと涙をこぼす、という場面は、いつ読んでも胸に迫るものがあります。
 (UP後に)
はいくりんぐ史上最高の参加者の「源三郎祝言」、源さんファンとしては大満足です。
(たまこさんの談)

「お千絵さんがしっかりしていて、どんなに口惜しく、悲しい思いだったでしょうに、涙をこらえて、皆さんに挨拶をなすっていて、みていて本当にお気の毒でした」
「源三郎祝言」より
「その人の顔を見ると、構えた気分がほぐれて、素の自分に戻れる」という存在、とても貴重ですよね。今のかわせみシリーズではいつも、明るいしっかり者の奥さんという立場で出てくるお千絵さんですが、この時のことは、一生忘れない思い出として、心の底に秘められていると思います。
   
張りつめた心を解かす顔と声
   
露しぐれ濡らすがままに巻羽織
   

泣いているお千絵さんを受けとめたいのに、ためらって苦悩している源さんの様子が「濡らすがままに」から伝わってくるように思いました。
情緒的な巻羽織句、さすが!!元締めにはかなわない
(朝霧さん)
露しぐれって綺麗な言葉ですね。源さんがお千絵さんの悲しみを受けとめている様子がこんな綺麗な巻羽織句で詠めるんですね。さすが、名人!
(コシキブさん)
巻羽織拙句ですが、「濡らすがままに」とするか「濡れるがままに」とするか、迷いました(今でも迷ってます)。「露しぐれ」は、角川の入門歳時記にあったのですが、このシーンに合った季語はないかなと探していて「あっこれがいい!」と、後のページはもう見なかったというくらい、私にしては思い切りよく選べたものですが(雑・手抜きともいう)。競作ポイントになるだろうなという予想どおり、いろいろな視点からいろいろな表現が楽しめました。私的にはこでまりさんの『心は 堰を切り』というのが、う〜〜負けた!と思いました。



「畝様は、江原屋さんとは随分、親しくなすっていらしたそうですよ。よく碁を囲みにいらしたりして、江原屋さんも、厄介なことは必ず畝様に、相談なすっていらしたとか、あちらの番頭さんが話していました」
「源三郎祝言」より
江原屋左兵衛】いやぁ思いがけないことで、十年早くこっちに来ることになっちまったが、まさかこんな具合に事が運ぶとは。めでたいめでたい。さぁもう一杯。
【左兵衛の女房】さっきから何回同じ事言ってるんですか。いくらここじゃ身体の心配はないからっていったって飲みすぎですよ。でもまぁ、お千絵のあの幸せそうな顔!ほんとに良かったねぇ。何もかも神林様のおかげでございますよ。
※新走(あらばしり=新酒)
   
天国の父も祝いの新走(あらばしり)
   
秋闌けて終わり良ければすべて良し
   

麦わらぼうしさんの「あの夜、間違えた、あの世からシリーズ」(玉菊燈籠の女)、再びというところでしょうか。
今月もありがとうございます!
おたま姐さんの現場検証はこちらから ⇒ 
露の涙で濡れた源さんの羽織は、さぞかしぐっしょりと濡れていたことでしょう。雰囲気がよく伝わります。
「新走」が新酒のこととは知りませんでした。何故そう言うのでしょうか?師匠、解説を!
(七歩さん)
昔のお酒は新米が収穫されてすぐに仕込みが始められ、新酒となって出回り始めたのが晩秋の頃。醸造期間が短く熟成されきっていないため、飲むと「その性淡薄にしてその気烈しく、ただ頭面に酔を発す」(滑稽雑談)と言われたそうです。今で言うボジョレー・ヌーボーのような味わいなのでしょうか、味わうよりすぐまわる(?)この新酒を「新走り」と言ったそうです。江戸後期以降は冬に集中的に酒造りが行なわれる(寒造り)ようになったので、今では「新走り」は秋よりも冬の季語の方がよいのかもしれませんね。こんなところで、ご勘弁を。
(こでまり)
新酒は新走ともいうのですか。よく言葉をご存知だな〜と思いました。左兵衛と左兵衛の女房のやりとり面白いですね。現場検証もありがとうございました(サイトの方で、蔵前国技館跡地を探したらすぐみつかりました)。
(TERAIさん)
江原屋さんご夫婦の天国での会話、ここだけでは勿体ないから、よみうり屋のお話になりませんか?洒脱な語り口は絶対に真似ができない憧れるところです。現場検証もお決まりになっているようで、遠方の者には嬉しいです。
(すみれさん)
いつもながら、アクセスまでちゃんとわかるいきとどいた現場検証をありがとうございます。浅草の御蔵は時代小説にはほんとによく出てきますよね。今は記念碑がたっているんですね!
(コシキブさん)
麦さまの「あの世からシリーズ」、宗匠のご明察どおり、早速いただいてしまいました〜。
(たまこさん)
拙句にまで感想いただいてありがとうございます。「あの世からシリーズ」、名実ともに「はいくりんぐ」の高弟のたまこさまがいただいて下さって、光栄です〜♪ありがとうございました。
(麦わらぼうしさん)



 みちころんろんさんの五七五 

今月は、源さんの苦悩する姿と対照に東吾さんの鈍感ぶりが際立ってましたよね〜(^_^;) 季語のことではいろいろと皆様にご助言いただき感謝しております。言葉と楽しく戯れていこうと思っております(#^.^#) なので、今月も思い浮かぶままに言葉にしてみました。
 (UP後に)
過去最高の参加者とのこと、やはり、源さんの人柄に皆が黙っていられなかったのでしょうね〜☆♪私の愚作はおいといて(ノ°▽°)ノ ⌒○ポイ!、皆様の御句からは、源さんの祝言ならではの熱き思いが伝わってまいりました。
そして、宿題!どちらが添削前?添削後?と見まごう御句に「うわ〜!すご〜い!うへ〜!(@_@)」などの言葉しか出てこない私…(^_^;) 今回も皆様の御句でお勉強させていただきます〜(#^.^#)
(みちころんろんさんの談)

兄上様からたんまりお小遣いをいただいて源さんを誘う東吾さん。懇意にしていたとはいえ札差の江原屋の為になぜ精進?ってやっぱり考えないのでしょうかね〜☆
それに兄上のお小遣いの意図…どうして東吾さん!って突っ込みたくなります。
   
十五夜に 亡き人偲び 酌み交わす 辛き思いは 話せぬままに…
   

「口には出せないのだ」でも東吾さんが早くさっしてしまうとお話が変わってしまうかも
(朝霧さん)



盃が花聟に廻った。
源三郎もぶるぶると慄えているのが、東吾にはみえた。彼の目が涙ぐんでいるようである。
「源三郎祝言」より
「…待ちかねた花嫁の到着じゃ。よう、顔をみるがよい」上役であり、親友の兄である通之進様のあまりにも粋なはからいと切羽詰っていた心の内が本当によく描写されている場面ですよね。
   
生真面目な 男がここまで 思い詰め 感極まりて むせび泣くかな
   




突然、身分違いの者の祝言の席に、招かれもしないのにやって来た兄であった。
「本多から、笠原の娘のことを訊いて、ひそかに娘の行状を探らせてみた。父親は気づいていなかったが、やはり、好きな相手がいた」
「源三郎祝言」より
東吾さんの分まで本当によく気の付く通之進様でございます。何事もお見通し!ってところでしょうか(*^-'*)ノ
   
縁談に 潜みし事実 看破して 気持ちを汲みつ 万全の策
   

私は今回源さんの気持ちばかりに目がいって、通之進さんのご活躍を見逃しておりました…。 看破とか万全の策とか力強い言葉で兄上のお仕事ぶりまで表しているような気がします。
(コシキブさん)



いそいそと二人が帰ってから、東吾は兄に訊ねた。
「あの二人は、最初から好き合っていたのですか」
「源三郎祝言」より
本当に東吾さんのこと殴ってやりたくなります
   
鈍感も ここまでくれば 一級品
   
誰しもが 気付く二人の ぎこちなさ 気付かざる者 一人なりけり
   

ここまで気づかないと、かえって可愛いですね。東吾さんにとっては晴天の霹靂のような源さんの祝言でしたが、東吾さんの立場では源さんの気持を察しても、兄上のようなことはできなかったでしょうし、コレでよかったんでしょうね。
東吾さんの鈍感さがよく現れていますね。
(TERAIさん)



さすが源さん!そうこなくちゃ!でも源さんが駆け落ちしたら「かわせみ」のお話はどうなってしまったのかしらん。
   
その時は 手に手をとって 巻羽織
   

花嫁が駆け落ちしなかったら本当はどうしたので しょうね〜。私は、たぶん手に手をとったと思い ます。まじめな人は、最後はそうすると思います。わかるような気がします。
(bf109さん)



 麦わらぼうしさんの五七五 

「源三郎祝言」、かわせみには欠かせないお話ですね〜!さぞかし力作が集まることでしょうね〜 もう、はやく拝見したくて、いつにもましてUPが楽しみです〜(^^♪ え?自分のは、あいかわらずです…
 (UP後に)
さすが人気のあるお話だけに、みなさまの熱い思いが伝わってくるようなお句ばかりですね〜♪宿題の方も拝見しました。提出できなかった私からみれば、添削前も添削後も、どちらもすばらしいと思うのですけど、添えられたみなさまのコメントを読んで、より良くしよう!というその姿勢が大事なんだな、と実感しました。
(麦わらぼうしさんの談)

「蕎麦で酒か」
「今夜は江原屋のためにも、精進にしたいと思いますので……」
「源三郎祝言」より
江原屋についての描写は多く書かれてはいませんが、素朴で堅実な人だったと思いました。その江原屋を偲ぶのに、派手に外に繰り出すよりも、蕎麦と酒で、というのがいかにも源さんらしくて、しんみりとした雰囲気だけど、好きな場面です。
   
蕎麦と酒 碁盤に供え 偲ぶ夜
   

「蕎麦と酒」だけでなく「碁盤に」としたのがとても良かったと思いました。江原屋と源さんの普段の関係を偲ばせて、強く心に迫ってきます。
三つの言葉がいい具合に、何よりの供養に目の付け所がさすが!!
(朝霧さん)
私も「碁盤」がよく利いていると思います。付かず離れずの関係が程よいと感じました。
(七歩さん)
私もこのお句、雰囲気が伝わってきて、いい句だな〜と思いました。
(TERAIさん)
ハッとしました。文面には無くても源さんならきっとそうしたと思います。江原屋さんとのいい関係もわかるお句ですね。
(コシキブさん)



「祝言ぎりぎりに、二人がかけおちをするのではないかと予想していたからこそ、間違いのおこらぬように、畝家へ出むいたのだ」
  (略)
「東吾らしくもない。あの席にいて、娘の様子と、畝源三郎の様子をみていれば、すぐにわかる……」
「そんな馬鹿な……」
「源三郎祝言」より
今回のお話、一番の功労者は通之進様だと思うのですが。問題が起こりそうなのを予想して、いざ、事が起こったら、その場の状況を的確に判断して、一番いい形で収めたと。東吾さんのニブいのがまた、対照的でおもしろいですよね。
   
名与力 恋の裁きも 見事なり
   




こういう場面は実際、ありませんが、晴れて源さんとお千絵さんが夫婦になれたのも、おいねと市三郎が、かけおちをしてくれたおかげな訳で。かわせみの離れに落ち着いてから、あらためて、感謝の気持ちと幸せを願って、旅立った二人に向かって手を合わせたのではないかな、と思いました。
   
手をあわせ 旅立つ二人の 幸祈る
   

おいねさんは後の「源三郎子守歌」で大きな展開がありますが、この視点は、あっと思いました。お千絵さんの心の中では、やっぱり「本来畝家の花嫁になるはずだった女性」の存在は大きくのしかかっていたと思います。源さんからは、坂倉市三郎に「よくぞおいねを連れて逃げてくれた」と礼を言いたいっていう所かな。
(たまこさん)



 すみれさんの五七五 

東吾さんと女性の付き合い方で対極にいる源三郎さんの祝言での感動的な顛末。通之進兄上の見事な采配。TV化された場面が次々浮かんできました。
 (UP後に)
内容がぎっしり詰まっていて、皆様のこのお話に対する思い入れの深さがよく伝わってきました。登録商標ならぬ登録語?が出来つつありますね。
(すみれさんの談)

店先の突然の狼藉で大事な父を亡くしてしまったお千絵さん。初登場はドラマティックでしたね。
   
ああ父よ…供えて無念花芒
   

私はお千絵さんの恋心にばかり目が行ってしまって、このお句にはハッとしました。「花芒」が悲しみを伝えてきますね。
(ああ父よ…供えて無念花芒)…も効いていて、声に出して読んでも感情のよく伝わってくるお句だなと思いました。
(TERAIさん)



「あいつ、だんだん、気をきかすことをおぼえたのかな」
るいとさしむかいになって、東吾は笑ったが、るいは女の目で、たしかなものを見て来ていた。
「源三郎祝言」より
跡取り娘と跡取り息子、片思いと思い込んで口には出さず…東吾さんとるいさんのカップルとは大違いな初心な二人。恋の先輩のるいさんにはしっかり見えていましたね。
   
待宵の照らす涙や秘めし恋
   




源三郎さんも嫁になる筈のおいねさんも、本当の想いをよそに祝いの準備がどんどん進んでいく時の葛藤は丁度これと同じかな(夏なら鮎の骨?)
   
栗の毬とれないままに佳日かな
   

ギョ!イガなら10個分くらい、鮎の骨なら100本くらいの葛藤かな?
源さんの気持ちを季節のもので表現していてお見事!
(コシキブさん)



たまたま、笠原の娘が好きな男とかけおちしたからいいようなもので、一つ間違えば、一生の恋を、口にも出来ず、闇に葬ることになった。
「源三郎祝言」より
源三郎さんは何もしないまま、おいねさんの駆け落ちと兄上様の粋な采配のお陰で意中の人との祝言ができてしまいました。これも日頃の人徳なのでしょう
   
不器用も究めて華燭夜半の秋
   

晴れて結ばれたからよかったものの一歩間違えたらね……。
(朝霧さん)



 朝霧さんの五七五 

今月のお話は源三郎様の性格を徹底的に解らせてくれる一番のお話ですね。誠実で、純情で、不器用でじれったくなるほど人がよい。かわせみ登場人物がこぞって肩入れしたくなるいい男なのでしょう。そしてこのような事件がおきなかったらお千絵様との祝言も先の話になっていたのではないでしょうか。
(朝霧さんの談)

「東吾様は、うっかりしておいででしょう。今夜はお月見なのですよ」
香苗に笑われて、東吾も苦笑した。
「源三郎祝言」より
   
十五夜も 気づかぬ無粋 東吾さま
   




  
なでしこを 口説けぬ純情 巻羽織
  




「香苗ともども、仮嫁をつれて屋敷へ行くように……」
改めて、笠原長左衛門にいった。
「御息女と畝源三郎との縁組は、なかったことに致したい。御異存はあるまいな」
「源三郎祝言」より
   
月冴えて 至極の裁き 名与力
   
行き違う 道をひとつに 月の宴
   

「行き違う〜」はこの日の祝言をとても上手に表しているお句ですね。通之進さんが「道をひとつに」したおかげで、周囲の多くの人も救われました。
月下の裁きがまるで芝居を見ているように、書割りまでがはっきり見えるような感じがしました。
(七歩さん)
「月冴えて」が効いていますね。
(TERAIさん)
「行き違う〜」二人の状態をズバリと表現していて、そうだそうだとうなづいて読みました。
(すみれさん)
「行き違う〜」源さんとお千絵さんの不器用ですれ違いがちな恋をたった5文字の上の句でうまく表現されていますねー。すごいなあ。
(コシキブさん)



 コシキブさんの五七五 

今月のお題「源三郎祝言」は、既にお題になっているような気がしてました。お千絵さんも初登場でいきなり源さんと結婚、というあわただしいお披露目でしたが、違和感なくかわせみレギュラーの仲間入りしましたよね。源さんが選ぶに相応しい女性です。五七五のほうはありきたりでひねりの無い句ばかりになってしまいました。
 (UP後に)
今回は過去最多だったんですか。宿題も拝見しました。でも私からみると、添削前も添削後も両方いいじゃないの、と思ったり。たまこ様のコメントの「五七五は情報がいっぱい詰まってればいいわけじゃない」、には目からウロコでした。
(コシキブさんの談)

「江原屋は一人娘か」
「いずれ、お聟さんをと思っておいでだったようですけれど、いいお相手がみつからなくて……まだ……」
「源三郎祝言」より
日々、江戸の治安を守ってきた源さんですが、ついにその手で守りたいただ一人の人にめぐり合ったんですね。お役目を終えた夜、ふとお千絵さんを思う源さんを想像してみました。
   
守りたきひとりのおんな星月夜
   

確かコシキブさんは、モデルさん並みにすらりとした身長でしたよね。お千絵さんと重ねてしまいます。
「星月夜」が効いていると思います。
(TERAIさん)



「源さんの好みじゃないという口ぶりだな」
「とんでもない。分不相応だと思っています」
この友人にしては、最後まで、つかみどころがなかった。
  (略)
「源さんが所帯持ちになると、今までのようには行かなくなるな」
それが、ちょっと寂しかった。
「源三郎祝言」より
東吾と源さんの盛り上がらない月見酒の場面。源さんの心中は追いつめられていたことでしょう。義理のある縁談が進んで断れないでいるのですから。東吾が源さんの悩みに気がつかなかったのは、親友が結婚する寂しさを東吾自身が感じていたからではないでしょうか。
   
月見酒こころの中の霧晴れず
   

源さんの祝言を控えた東吾さんの一抹の寂しさを、私も詠みたいと思いましたが、五七五になりませんでした。



今回の主役である源さんとお千絵さん、東吾さんとるいさん、そして駆け落ちしたアノふたりも、言ってみれば愛を貫き通したんですよね。ひとまずはめでたしめでたし。
   
それぞれの愛をまもりて閨の月
   




今月は巻羽織句が多いだろうな、とくにこういうのが…と思いながら作りました(笑)
   
新妻の手が着せ掛ける巻羽織
   

綿入れの野暮ったいものでもこの後源さまは目尻を下げて着るのですよね。
(朝霧さん)



「あいつらに、負けちゃいられないな」
るいの耳朶にささやいて、東吾はさっさと布団にもぐり込んだ。
大川端の宿は、どこもひっそりと更けているようであった。
「源三郎祝言」より
ハハ、初めての情念系です。東吾さんが最後であんまり張りきっていたので。かわせみの庭からおるいさんの寝室に届く秋の虫の声です。
   
腕の中かすかに聞こゆ虫時雨
   

あはは、確かに東吾さんは張りきってましたね。ソフトな情念系で良かった、いきなり濃いのは困りますぅ〜。(それとも、虫時雨がかすかにしか聞えないくらい、濃いってこと?キャ)



 浅黄裏さんの五七五 

これも大好きなお話です。今まで、とっくにお題になっていたものと勘違いしていました。このお話は源さんの名(迷)セリフ満載のお話ですね。きっとその辺が競作ポイントかなと思いましたが、出来ず(涙)。で、今月は季語もなく(強いて言えば「牡蠣」ですが、これは冬です)、お遊びの牡蠣尽くし三句を詠んでみました。
(浅黄裏さんの談)

これはお千絵さんです。それまでも心は通っていると思った瞬間はあったでしょうが、はっきりとは言えず言ってももらえず、通夜の晩にこぼれてしまったんですね。相手はなにせ牡蠣ですから…。
   
ほろほろと心こぼれて牡蠣を見つ
   

お千ちゃんの「君シリーズ」のような「牡蠣シリーズ」ができるのかしら?
浅黄裏様、私あの”牡蠣”句が大好きなんです。いかにも源さんらしくて最高!
(じゃからんださん)
心と読まれたとこがにくい!源さん すっかり牡蠣になりですね。
(朝霧さん)
「ほろほろと心こぼれて…」という表現が新鮮で、かつぐっと迫るものを感じました。
(七歩さん)



「なんだ、源さん、こんな所にいたのか」
東吾に声をかけられて、源三郎は間が悪そうに苦笑した。
「どこにも落ちついていられる場所がありませんので……」
「源三郎祝言」より
こちらは源さんです。お千絵さんでなければ後は誰でも同じことと心がどこかに行ってしまっている源さんでした。
   
つくねんと牡蠣の殻のみ座りおり
   

「つくねんと」と「牡蠣の殻」が妙に合ってますね。
千姫様が「君」なら、こちらは「牡蠣」ですね。硬い殻の中にとろける中身を持っている牡蠣って源三郎さんの良さを喩えて見事です。これからも続きを待ってます。
(すみれさん)
どれも思わずニヤリとしてしまいます。牡蠣シリーズは絶好調ですね!
(コシキブさん)



月はすでに西に傾いている。
畝源三郎のことだから、軽はずみはするまいと思いながら、東吾はその夜、寝そびれた。
「源三郎祝言」より
すいません。秋なので芭蕉の句をパクッてしまいました。
   
ひとつ家に新妻も寝たり牡蠣と月
   

浅黄裏さんの「牡蠣3連打」も超ウケ〜〜
(たまこさん)
「牡蠣」シリーズここまで徹底すると何も言えません(笑)。素晴らしいの一言です。
(TERAIさん)



 七歩さんの五七五 

今月の話も俳句作りが難しく、詠むポイントに苦労しました。そこで、生真面目で、働き者の、まるで私のような(?)ーな訳ないか、源さんの喜びにポイントを絞りました。お千絵さんとの祝言にこんなドラマがあったことは全く知らなかった私としては、源さんの嬉しい気持ちに簡単に同化してしまいました。まるで「ことば遊び」のような句になってしまいました。師匠の厳しい批評が目に見えるようです。
 (UP後に)
私も使った「知恵」と「千絵」の掛詞がたまこさんと重なったり、その他競作ポイントが重なったりと、見所たっぷりのりんぐだったと思います。
(七歩さんの談)

   
年の功千絵はたらかせ愛むすぶ
   

何時もシャレの利いた句で頭の中をのぞいてみたい
(朝霧さん)



そして、花嫁のうつむいた頬にも涙が幾筋も、燭台の灯影に光っている。
「源三郎祝言」より
   
秘かなる愛の涙を角かくし
   

七歩さん、↑「厳しい批評」だなんて人聞きの悪いことを〜!このお話、いいお話でしょ。男性が読むとまた違った感慨があるのではないでしょうか。
(本当は綿帽子なんだけど、「涙をかくす」ので⇒「角かくし」にされたのかしら…深読み?)
「角かくし」と「綿帽子」の違いも意識の中にありませんでした。師匠の言うとおり、「かくす」という言葉だけに囚われていました。
(七歩さん)



「畝様御夫婦は、はなれにお泊りです。もう、おやすみですから、お邪魔をなさいませんように……」
るいにいわれて、東吾は庭のむこうの離れ家を眺めた。
「源三郎祝言」より
   
丈たかき楓色づき燃える夜
   
秋の夜のどんでん返しの熱き床
   

「どんでん返し」と来られましたか。確かにどんでん返しでしたよね〜。
(TERAIさん)
短歌にますます磨きをかけられているようです。どんでん返しの熱き床…情熱的なのはスペイン生活のおかげもあるのでしょうか。
(すみれさん)



「そうありたいと、二人とも思っていたようじゃな」
二人が体をちぢめるようにしてお辞儀をした。
「それでよい、めでたいな、東吾」
「源三郎祝言」より
   
うろこ落ちおめで東吾も目に涙
   

七歩さまの洒落の効いたお句、楽しかったです。遊び心のある垢抜けた雰囲気が「七歩流」ですね。
(コシキブさん)



 ぐりさんの五七五 

△文化祭!秋にふさわしい展開ですね12月まで悩ましいけど楽しみです 今月のお話いいお話ですね源さんがついに祝言を読みどころいっぱい だと思うのですが悲しいかな言葉が浮かびません 気丈だったお千絵さんが源さんを見てほろりと涙をこぼすところあ お見通しだった兄上のことなど詠んでみたかったです
 (UP後に)
今日は20日だ!ひょっとしてと思い来てみたら やっぱり!さっと拝見しました 皆様凄いですね!私の読めなかったところをあっさり詠んでいらっしゃる うらやましいです
(ぐりさんの談)

花嫁の失踪を告げ、仮の花嫁になってくれないかという通之進の言葉を、お千絵は頭を垂れて聞いていたが、返事はすみやかであった。
「畝様のお役に立ちますことなら、喜んで……」
「源三郎祝言」より
   
仮嫁でも あなたの傍に 添えるなら
   

仮嫁という発想が私には抜けていました。素敵な御作です。あるみさまのもそうですが…。
(TERAIさん)
千絵さん、この時はどんな気持ちだったんでしょうか。まさかの展開だったんでしょうか。でも仮にでもうれしかったんでしょうねー、という気持ちがよく伝わってきます。
(bf109さん)



   
無骨な手 粛々と さかづきを
   




翌朝、通之進の出仕前に、畝源三郎がやって来た。お千絵が一緒である。
「改めて、お礼やらお願いを申し上げに参りました」
お千絵を正式に妻にしたいと、源三郎がいい、東吾は仰天した。
「源三郎祝言」より
   
一夜明け まことの夫婦 水引草
   

「水引草」は、おめでたいこの朝にピッタリの季語ですね。
水引草が二人をこのうえなく祝福 ほっとさせられますね…。
(朝霧さん)
「水引草」がぴったりですね。それにしてもお千絵さんがお手伝いに行ったまま源さんに嫁ぐことになって江原屋さんの人達は驚いたでしょうねえ…。
(コシキブさん)



   
こちこちも 解けて流れて 秋麗
   

「こちこち」は「花御堂の決闘」の時にお詠みになりましたね。あのお話は、お千絵さんが焼きもちを焼いて心配したんでしたっけ。



   
妻めとり なおひび切らせ 町回り
   

【ぐりさんのひと口メモ】
同心の年俸は30俵 お米一俵は60Kなので 1K400円とすると 60X30X400=720,000 が年収と言うことになるようです はしりの鰹が2両もするということは以下にべらぼうで〔1両は大体80,000と聞いたことがあります) 同心の年俸はいかに安いかということになるのでしょうか でも実質100石の暮らしができると言うことは 1石が150Kなので 150X100X400=6,000,000 与力にいたっては 150X1000X400=60,000,000 八丁堀の暮らしは結構豊かだったようですね ふと気になってかってなことを調べてみました 失礼致しました でもいつも男女のことには鋭い東吾さんが今回に限って なぜ鈍かったのか不思議です
具体的な数字をあげて下さって、わかりやすかったです。ありがとうございました。
(麦わらぼうしさん)
「ひと口メモ」参考になりました。
(TERAIさん)



 花みずきさんの五七五 

 (UP後に)
「はいくりんぐ」見てきました、さすが源さんですね、大盛況!こでまりさん、ご苦労様でした、また見てこよう〜っと。
(花みずきさん)

「早く着がえて、深川あたりへくり出そうじゃないか」
と東吾がいったが、源三郎は浮かない顔で、
「酒なら充分、ありますから、拙宅で飲みませんか。長助が持って来た蕎麦をうでさせますので……」
「源三郎祝言」より
   
十五夜に男がふたり茶碗酒
   




源三郎は、どこにいるのかと探してみると、いつもは小者の寝泊りする裏の小部屋に裃を着せられて、つくねんとすわっている。
「源三郎祝言」より
懲りずに「巻羽織句」を作ってしまいました〜
   
巻羽織今宵限りは裃なり
   

お句を読んで、なるほどと思いました。源さんだとつい祝言の時まで巻羽織のような気がする〜。
上五に「巻羽織」がつくのですね。2作目?とは思えません。
(TERAIさん)



 じゃからんださんの五七五 

毎月楽しくロムをさせて頂いているじゃからんだと申します。以前S.ファロウの「源さん名セリフアンケート」に参加させて頂きました。唐突に申し訳ないのですが、実は私は源さん大好き!なかわせみファンで、今月のお題がなんと「源三郎祝言」!!居ても立ってもいられなくなり、やったこともない五七五(七七、になりましたが)についつい手を出してしまいました。一応お話の流れにそって、お千絵さん→源さん→お千絵さん→源さん→二人(いやこれもどっちかと言えば源さんかも…)、というつもりで作りました。
 (UP後に)
今月のはいくりんぐにいきなり乱入した狼藉者(?)のじゃからんだと申します。ロム派が何をやっている、と後で冷静になった時に自分にツッコんだのですが、何せ源さんファンなので、このお話だけは見逃せない!と勢いでこでまり宗匠に送りつけてしまいました。皆様の素晴らしい作品と一緒に並んでいるのを見た時には大穴を掘りたくなりましたが、お陰様でいい思い出ができました。
(じゃからんださんの談)

   
黒色の波間の中の巻羽織せつなの安らぎ乱るる心
   

じゃからんださん、ようこそ「はいくりくんぐ」へ!
「源さん名セリフアンケート」からご無沙汰していましたが、いつも拙宅にまで目を通してくださっていたそうで、ありがとうございます。今月は思う存分「源さん」の五七五をお楽しみくださいね。
一句目を好き、とおっしゃっていただいて嬉しいです。じゃからんださまも喪の風景をお詠みになったんですよね〜。駆け付けた源さんの巻羽織が目に浮かぶような御作がすてきです。みんな源さんへの愛にあふれているのがもうありありと♪
(はなはなさん)
初参加で、この巻羽織歌!しかも堂々の31文字が並びます。これまでロムされていただけのことはありますね〜。
(TERAIさん)



男二人が狭いところに鼻を突き合わせて、東吾は、やはり源三郎の元気のないのが気になった。
「大丈夫なのか」
つい、いった。
「源三郎祝言」より
   
忘らむと心固めて臨めども瞼の裏に浮かびしは君
   




すでに、祝膳の準備もととのっている。
その片すみで、お千絵が襷をはずしていた。
「申しわけございませんが、私はこれで……」
「源三郎祝言」より
   
桜湯のあえかな香に涙落つ君に寄り添う人は見るまじ
   

お通夜の席で源さんを見て「ほろほろと涙を流す」お千絵さんを詠まれた方はとても多かったのですが(私も)、ここは盲点でした。切なさが伝わってきます。



   
ちはやぶる神の御業か我が前に君の優しき姿見るとは
   

お句、拝見しました。和歌の修行(というのかな?)をされたことがおありですか?とっても素敵なお句ですね。
(浅黄裏さん)
拙作をお誉め下さって嬉しいのですが、過分なことと恐縮です。なにせ俳句も短歌も作ったことがないし、学校の古文etcの授業もまるで受けたことがない山猿なので…って、うわ〜そんなことを人に言うだけでも恥ずかしい。人生は長いんだから、学校の授業を受けるだけが勉強じゃないとは思っていますが、やっぱり基礎の素養がないとたちまち馬脚が…(汗)。
(じゃからんださん)
どれもみな雅なお言葉つかいでとても初めてとは思えない作品ばかりです。ご本人は謙遜なさってますが、私は古文の授業を思い出しました。
(コシキブさん)



「兄上、お千絵をおいて参るのですか」
仮嫁であった。
このまま、初夜というわけには行かない。
「それは、二人が決めることだ」
「源三郎祝言」より
   
今宵より結び初めしは夫婦の縁(めおとのえにし)秋も夜長と思わざりけり
   

じゃからんださんの五作品、お千絵さんから源さんへ⇒源さんからお千絵さんへという相聞(?)が2回続いた後に、二人でフィナーレを歌い上げるという素晴らしい構成になっているんですよね。何度見ても酔わせられます。お礼が遅くなってしまいましたが、このフィナーレの三十一文字、さっそく拙宅サイトのトップに、春霞さんお人形と共に頂いて、皆様に喜んでいただくことができて嬉しかったです。
(たまこさん)



 こでまりの五七五 

今月はご本家の開設月、そしてS.ファロウの「歳時記・画集アンケート」と盛だくさんの中、宿題付きの拙宅にもたくさんご参加くださってありがとうございました。おかげ様で今月は過去最高数の参加者をお迎えいたしました。それにしても「源三郎祝言」、難しかったですねぇ。でもとってもいいお話で、このまま「橋づくし」(平成15年11月)のページに飛びたくなりました。
(こでまりの談)

ここは今月最大の競作ポイントでした。お千絵さんのいじらしさが表に出た場面、さすがに皆さん見逃しませんね。
   
巻羽織見えて心は堰を切り
   

宗匠も上五の巻羽織句ですね。「心は堰を切り」に心打たれました。
(TERAIさん)
心は堰をきり…お千絵さんの心情を正に表現していて感服しました。
(すみれさん)



「本多が申すには、父親はなかなかの好人物で人望もあるが、娘のほうは早くに母親をなくして、父親が甘やかしたらしく、少々、我儘で世間知らずだそうな」
「源三郎祝言」より
お千絵さん・おいねさん・おるいさん・そして香苗さんも、みなお母さんが早く亡くなっているんですね。なんでかな〜、でもその生き方はいろいろです。
   
母のない娘いろいろ薄紅葉
   

言われてみれば本当にお母さんを早くなくした人ばかりですよね。宗匠のお使いになる季語は一味違ってみんな素敵♪この薄紅葉も意味深くて素敵な季語ですね。
(コシキブさん)



詠んだのは、白無垢のお千絵さんを認めた時の源さんの気持ちだったのですが、読み直したらお千絵さんも同じだったろうと思いました。互いに相手の立場を考えて抑えてきた思いを、晴れて成就することができた、秋の夜でした。
   
消しかけし恋慕炎(ほむら)に秋灯し
   

源三郎さんへの想いが真っ直ぐに伝わってきます。自分の詠み方が消極的なことも判りました。心のほとばしりを詠む事のお手本にします。
(すみれさん)



ふっと、どこかですすり泣きが聞えた。
それほどに厳粛な三三九度である。
仲人が高砂を謡い、祝言は夜更けに終えた。
「源三郎祝言」より
厳粛であったという祝言。息を詰めるような三三九度が交わされた後の、座の風景のつもりです。
   
盃の済みて虫の音戻りくる
   

祝言が終り、二人だけになって互いに相手を見つめあったその時、辺りはシーンと静まり返って、かすかに虫の音が聞こえてきました。
(七歩さん)



今月はやっぱり詠んでおかなくちゃね!
   
秋深しはなれも居間も熱き夜
   




 あるみさんの五七五 

今月のお題もなかなかできませんでした。毎度の愚作ですがお送りします。
 (UP後に)
今月も我慢できずに会社で拝見しました。これから又ゆっくり読ませていただきます。皆様の宿題も楽しみです。
(あるみさんの談)

江原屋さんのお葬式から帰った源さんは自分の縁談よりお千絵さんのことが心配で、でも自分ではどうしようもなくて気持ちがふさいでいて ↓ではなかったかと…
   
名月の兎も憂鬱に見える夜
   




この部屋に入って来た時から、源三郎は花嫁の背の高さに注目していた。
「源三郎祝言」より
   
長身の仮嫁嬉しい巻羽織
   

失恋モードの源さんなので、花嫁に顔を向けたり目で追ったわけではなかったのでしょうが、ある瞬間にハッと気づいたんでしょうね。
平岩先生はなぜお千絵さんを長身という設定にしたのでしょうか。理由はわからないのですが、そのためにたたずまいや物腰がイメージしやすくなったのは確かです。源さんもひとめでお千絵さんがわかったしー。
(コシキブさん)



「先程、畝様がおっしゃいましたの。花嫁が到着する前に、お千絵さまをつれてかけおちをしようかと思っていたと……」
「源三郎祝言」より
   
駆け落ちの先を越されてほっとする
   

「駆け落ちの」先を越されるという発想が只者ではない(失礼)と思いました。
(TERAIさん)
源三郎さんは、思っても実際にかけおちは出来なかったでしょうね。ほっとして、自分の気持ちに正直になる決心ができたようですね。
(すみれさん)



源さんの題名って三回ありますよね。源太郎君の題名もありますし…
   
タイトルは畝家におまかせ巻羽織
   

「源三郎○○」「源太郎○○」本当にそうですね!



 のばらさんの五七五 

句をよもうと思ってみて、改めてお千絵さんの心中が気になりました。源さんの一大事を救うため、といわれれば何をするか聞かずとも、承諾したに違いないお千絵さん。お父さんが突然殺められ、想い合いながらも源さんの祝言の話は進み…。叶わないと思っているその人の横に仮嫁として花嫁衣裳を着て並ぶだけで、死んでもいいほどの幸せな想いと、それとはうらはらに自分の恋を殺すことと、いろんな気持ちが入り乱れていなかっただろうか、どういう気持ちで盃を交わしたろうか、そして源さんは…といろいろ考えました。
 (UP後に)
今月もすごく盛りだくさんでそして新人さんも!益々大盛況ですねo(^-^)o 読み応えいっぱいで頭がいっぱいです〜〜。皆さんの思いがあふれていて源さんの祝言ならではのお句がいっぱいでしたね。
宿題の方は…わたしはもう一回訂正したいです〜(^-^;) みなさまのコメントにマイ添削、すごく勉強になります!
(のばらさんの談)

そして、今、綿帽子から、僅かにのぞいている花嫁の顔で、それが誰か知ったようであった。
  (略)
東吾は、源三郎の顔が赤くなっているのに気づいた。先刻までの屈託したものがなくなって、そのかわりに、なにか思いつめたような、激しい雰囲気が源三郎を包んでいる。
「源三郎祝言」より
鴫(しぎ)は地味な色合いの種類も多いですが、渋く美しい色合いの鴫もいます。すらっとしたシルエットのもの多く、水辺に立っている姿は他の鳥にはない美しさだと思い、なんとなくお千絵さんのイメージと重なりました。それに思い出したのですが 「セイタカシギ」という鴫もいるんです〜。白黒の羽根に赤い足のコントラスト鮮やかな美しい鳥です。(足が長くて、なるほどたしかに「背が高い」感じ…) お千絵さんと源さんの想い、となりに花嫁・花婿として座りながら、揺れて惑い、激しいほどの想いを感じあっていたのではないか、想いを一緒にたどりたいと思って詠みました。
   
鴫渡る迷いは無きや道知るや
   
白無垢や恋を葬る覚悟にて
   
命燃え露の夜永久(とわ)の鼓動打つ
   

確かにお千絵さんは「恋を葬る覚悟」で、ただ源さんのためだけに、その場に臨んだのでしょうね。でもひと言も交わせない二人は、向い合って座ったその時からひたすら自分の気持を真っ直ぐに見つめていったように思いました。お句とコメントを読んで、そんな二人の心の中に連れて行って頂いた気がしました。
「命燃え…」の句 師匠の句と同様、二人になったときのふたりの心の鼓動がどきどきと聞こえてくるようで、私までドキドキしました。
(七歩さん)
ご本家でのカワセミ、ヤマショウビンの書き込みでも思いましたが、のばらさまは鳥にお詳しいんですね。感心しながら読ませていただきました。
(TERAIさん)
しぎは見たことはないのですが、このお句から、首をすっと伸ばしている清々しい雰囲気が感じられます。実力派の詠みでお千絵さんの世界を堪能しました。
(すみれさん)



今宵の通之進さまはシンデレラの魔法使いのおばあさん顔負け!
   
殿今宵魔法使いになりにけり
   

いつもながらのばらさんの読みは深いし、想像力も表現力も豊かですね!もっとのばらさんのお句が読みたいと思いました。
(コシキブさん)



それからは迅速であった。
神林家では、香苗が自分の嫁入りの時の衣装を、お千絵に着せ、綿帽子をかぶせた。
「源三郎祝言」より
魔法ではなく、通之進さまの入念な調べと洞察力・観察力があってこその「お千絵さん 仮嫁作戦」。前日には何気に香苗さんに「お前の花嫁衣裳を虫干ししておくように…」などと言いつけておられたかも〜。で、香苗さんも何も聞かずにそうしていたのじゃないか〜なとまたまた妄想です。
   
言い付かり虫干しもした衣装かな
   

香苗さんだけではなく、るいさんも通之進さんからいろいろと言い含められていたみたいですね。お部屋もリザーブしてあったし〜。
そうかもしれませんね、手回しがよすぎますよ ねー。さすが名与力、用意周到。
(bf109さん)



 紫陽花さんの五七五 

課題宿題オマケの提出です。今月は皆さん出足が早いようなので私もとりあえず送ります。
(紫陽花さんの談)

“涙でかすむ”は“涙でにじむ”のほうがいいかなぁ。
   
満月も涙でかすむ御蔵前
   

「満月がかすむ」ほどの涙を流したのはお千絵さんでしょうか。「御蔵前」という言葉から、お店に対する不安や責任感が伝わってくる気がします。「涙でにじむ」にすると、源さんを詠んだお句になるように感じました。
私は「涙でかすむ」の方が雰囲気があって好きですが…。
(TERAIさん)



「では、盃事を……」
通之進がうながして、三三九度の式が始められた。
盃を持つ花嫁の手がふるえている。
「源三郎祝言」より
私のことじゃないからね〜(笑)
   
亡き父に見せたき我が身の晴れ姿
   

ここは、たまこさんの後半二句と響き合っているようですね。



「そういえば、このところ、月が丸くなっているように思いましたが……」
十五夜の仕度が出来た頃に、兄の通之進が奉行所から退出して来た。
「源三郎祝言」より


最初に送ってくださったイラスト




「これは載せなくてもいいですよ〜」
ってことでしたが、ちょうどここが
空いてたもんで うひ♪
トリオ君もあれ!茶たく君がとジート探したらいました〔年のせいか目が悪くなってしまった)しっぽふりふり相変わらず可愛い
(ぐりさん)
ぐりさん あれは茶托のしっぽじゃないんですよ。足なんです。暗いし絵も下手なのでわかりにくいと思います。縁側に一生懸命上ろうとする茶托なんですが、手も足も短いのでのぼれなくてじたばたしていると狐火が引っ張りあげようと手をかしてくれているところです。やっぱり説明がないとわかりませんね。
(紫陽花さん)
白く動いているものがあります。何でしょうか?
(七歩さん)
茶托くんのじたばたが楽しい〜。あわあわしてる狐火くんも可愛いですね。
(はなはなさん)
いつも思うのですが、今回の狐火くんの動いているのはどうやって作っているのですか?
(TERAIさん)
これはGIFアニメといって、2つ以上の画像を重ね合わせて、パラパラ漫画の要領で動いて見えるようにするものです。作成ソフトは本格的なのは別として、オモチャ程度ならVectorなどで無料のがあります。
(たまこさん)
なるほど〜そうだったんですね。よく分かります。パラパラ漫画、懐かしいですね。そういうのもありましたね。たまこ様、ありがとうございました。
(TERAIさん)
TERAI先生に答えなければと思いつつ今日にいたったしだいです。(七歩さん白いのは狐火なんです)私のぐうたらぶりにたまこさんが助け船を出してくださいました。ありがとうございます。そのとおりです。↑左でじたばたしているのは2枚でした。↑右のは5枚。でも1時間ぐらいかかっちゃった。これからはたまこさんにまかせようかしら(笑)
↑ですが、茶托は狐火に引っ張り上げてもらいようやく縁側に座る事ができたようです。今回これを作るにあたって、ちょっと変えてみました。茶托の位置とうろうろする狐火以外に一箇所変更したところがあります。気がつきますか?と並べてみると一目瞭然ですが、別々に見るとわからないかも〜。探してみてね。色合いとか団子の数ススキの数とかではありません。
(紫陽花さん)



 はなはなさんの五七五 

 (UP後に)
過去最高人数♪とっても読み甲斐がありましたよ〜、いつもながらコメントも冴えてますね♪皆様の力作はどれもすてきで、毎度ながらそれぞれ違う視点・表現の御作を拝見するのがとても楽しかったです。おまけも豪華です〜。「現場検証」も♪
「宿題」は「なるほど」「そうだったんだ」と納得しながら拝見しました。推敲ってすごく大切なことだと思いました〜。時間が経つとたま考え方も感じ方も変わりますものね〜。みなさまのコメントを拝見して「削ぎ落とすことの大切さ」を感じてます。削ぎ落としてなお、広がりのある句か〜難しいですよね♪
(はなはなさんの談)

神林東吾が麻布狸穴の方月館の月稽古を終えて、大川端の「かわせみ」へ帰ってくると、るいが着がえをしている。それも喪服であった。
「源三郎祝言」より
出だし、あわただしいおるいさんの様子を取り残されたように見つめる東吾さんは狸穴帰りです。ちょっと不埒な思いをもったりして。喪服の美しさってはっとしますもの。
   
白き肌喪服際立つ秋深く
   

「喪服」ポイントは私も詠もうかと思ったんですけど(私は黒喪服のイメージで)、この時代に黒い喪服はなかったんじゃないかと思って外したんです。でも東吾さんはいつでも「不埒」になりたがるのよね〜フフ。
喪服の話ですが、江戸時代は白かったようですね。それも近親者のみ。参列者はどうだったのだろう、と調べたのですがよくわかりませんでした。仙台平に紋服、というのも定かでなく…白裃と書かれたものもありました。…ということは、はなはなの一句目は取り下げたほうがいいですかねぇ。ちょっと悩んでます。
(はなはなさん)
はなはな様の喪服の話、私も迷ったんですが、時代劇だと大抵黒を着ているし、まあ他の皆さんが黒一色の方がそこに町廻りから駆け付けてきた源さんが黒をバックに映えるよね、いいや〜創造的修飾(?)ってことで〜、と割り切っちゃいました。なので、どうか御句を取り下げないで下さい、お願いします〜。生意気言うようですが、好きなんですよ、あの御句。
(じゃからんださん)
はなちゃん、一句目取り下げはお断り(あはは) 江戸時代の庶民は、平服で参列したらしいですね。(私も後から調べました) ドラマでも地味な着物に黒い帯ではなかったかなあ〜。るいさんもまさか「赤い振袖に黒い帯」で行くわけもないので、喪服といっても鈍色の着物に黒い帯とかで出かけたんじゃないか思います。地味目の装いで思い出すのが「持参嫁」で花嫁候補の付き添いに出かけたときのことですが、よほどるいさんの方が人目をひいたとのことですから、はなちゃんの一句目のような「不埒な気持」に東吾さんがなったとしても不思議ではないと思いますよ。
(こでまり)
喪服の件では皆様からなぐさめていただいてありがとうございます(宗匠のはちょっとイガが見えたわ〜「なんで取り下げるのよっ」笑)
平岩先生もはっきり黒とは書いていらっしゃらないにしても、平服ではないことはあきらかなので。。。宗匠説の鈍色だった、と解釈させていただきますぅ。お騒がせしました。
(はなはなさん)
女性が見ても、喪服の女は色っぽく感じるのでしょうか?女心に疎い私の知りたいところです。
(七歩さん)



女中頭のお吉に面倒をみてもらって、東吾は風呂を浴びた。
  (略)
「かわせみ」の庭は、るいの丹精した菊の鉢が並んでいた。
銀杏の梢は黄ばんで来ているし、前栽の楓は赤くなった。
「源三郎祝言」より
おるいさんが出かけた後、東吾さんがお吉の世話になりつつひとりで風呂を浴びますね。そこにも秋が来ていたようです。狸穴からかわせみへ、帰ってきたのにおるいさんがいないなぁ、としみじみしたのではないでしょうか。
   
独風呂色づき初めし庭の秋
   




源三郎の姿を見て「ほろほろと」涙をこぼしたお千絵さん。 ここで気付けよ、と鈍感な東吾さんにちょっとジャブを入れつつ、お千絵さんの痛々しさを詠んでみましたが〜 ああ、なんか消化不足(泣)
   
張りつめて想いもこぼし喪のなみだ
   

「喪のなみだ」という表現素敵ですね。
(TERAIさん)



畝源三郎の屋敷へ行ってみると、珍しく紋服に仙台平の袴という恰好であった。
今しがた、江原屋の葬式から戻って来たばかりという。
「源三郎祝言」より
葬式のあと東吾さんと酒を飲む源さんは紋付に仙台平。きっと巻羽織はしょんぼりと衣桁にかかっていることでしょう。源さんの気持ちを表すかのように。
   
ふたり酒酌みて秋思の巻羽織
   

巻羽織がまるで、源さんの分身のようですね。



これは本当はちょっと意味合いが違うけど、通之進お兄様が思いがけなく庭の暗がりに立っていた凄みと厨の片隅にひっそり佇んでいたお千絵さんの切なさと、ふたりをそれぞれに想いうかべてひとつの五七五にしてみました。どっちの場面を想いうかべるかは、皆様に預ける、ちょっと卑怯な句です。
   
ほのしろくたたずみしひと秋の闇
   




 あっちの管理人さんの五七五 

今月も5句のうち、3句は季語なしになっちゃったけど、いいかなぁ。「かわせみ」いい男3人組の中では一番に祝言をあげた源さん、お千絵さんと隠れラブラブなところが源さんらしくて大好きです。ご常連の中にも源さんファンが多いし、どんなお句が集まるかとても楽しみです。
 (UP後に)
それにしてもすごい参加者でしたね。総勢21名という過去最高の参加者はやはり源三郎人気によるものでしょうか。そしてお題の「源三郎祝言」本当にいいお話ですよね。参加せずになるものか、みんなそういう気持ですね。読みたい名場面が沢山ありましたが、何人かの方とは競作ポイントが一緒だったし、そうかー!という新たな視点もあって、素晴らしいオマケもあって本当に充実した「源三郎祝言」でした。これからの皆さんの感想もすごく楽しみです。
そして「宿題」みなさんしっかりバージョンアップしてますね!青いままの管理人はどうしたらいいんだろう…このまま赤くなってしまそう(笑)
(あっちの管理人さんの談)

「まあ、そういうことは、源さんあたりも相談にのってやるだろうから……」
東吾がいったが、源三郎は気の重そうな顔で酒を飲んでいる。
いつも、そう口数の多いほうではなかったが、その夜の源三郎は更に無口で、酒も飯も早々にして帰って行った。
「源三郎祝言」より
源さんの祝言って、女に疎い源さんのこと、東吾さんより遅いだろうななんて勝手に思っていたのですが、この話で初めて実は源さんにはずっと想い人がいたことがわかりましたね。でもそんな思いは一言も口にせず、東吾さんにだって相談すらしてない。でも1つの事件がきっかけで、そんな源さんの気持は表に出て来ましたね。
   
朴念仁 一生の恋を口にせず
   

一句目は源さん、二句目はお千絵さんを詠まれていますが、ともに「口にせず」でつながっているんですね。この「一生の恋」という言葉は、源さんにピッタリです。



そしてお千絵さんの思いも。気丈なお千絵さんが通夜に来てくれた源さんを見て涙をこぼした、きっとどんなにかすがりついて泣きたかったことか。でも人目もある、源さんの思いだってわからない。じっと耐えたのだと思います。
   
口にせず 心は強くすがりつき
   




お千絵はひどくとり乱して、かくれては涙を拭いていたし、源三郎はそんなお千絵をみて、苦悩していた。
「源三郎祝言」より
好きとも言えず祝言の日を迎えてしまった源さんの思いはどんなだったか。手伝いに来ているお千絵さんを見て、いろんな思いがあったろうと思います。そんなお千絵さんの気持もるいさんはよくわかっていましたね。でも東吾さんはまったく。女に強いと言われていても、人の恋路には疎いんですね。
   
つくねんと 溢れる思い戦えり
   

東吾さんと違って、気配りのある常識人の源三郎さんですものね。輿入れしてしまったらそれなりに暮らしたかもしれませんね。読み込みが深くてこれも管理人様ならではです。
(すみれさん)



「お千絵どのも承知してくれましたので……」
「そうであろう」
通之進がさわやかに笑った。
  (略)
「二人へ祝いじゃ。畝家の荷物を笠原がひきとりに参るまで、大川端のかわせみで、水入らずに過すがよかろう」
「源三郎祝言」より
もしあのまま祝言が滞りなく行われるとなったら、源さんはどうしたことでしょう。お千絵さんを連れて駆け落ちしたでしょうか…きっと出来ませんね。どんなに好きでも廻りのことを重々考える源さんのこと、自分の思いを封じ込めて祝言を上げたでしょうね。あげたからにはお嫁さんを大事にして、それはそれなりに夫婦としての人生を全うしたと思います。
だから本当に通之進兄上がすべてを見通していてくれたことに感謝したい気持です。凛然と全てを処理した兄上、東吾さんならずとも颯爽と格好いいですよね〜仮祝言が本当の祝言になって、なんとあの源さんの案外ラブラブなご亭主ぶりはなんだか微笑ましいですね。
   
菊日和 仮祝言が本祝言
   
夜寒さえ はだしで逃げ出す新夫婦
   

幸せな気持で迎えた日ではなかった分、劇的な祝言の後の二人(特に源さん)は、本当に嬉しそうですね。「橋づくし」の「おのろけ」も許せちゃう♪
(菊日和〜)端的な言葉のなかに源さんの幸せが見てとることができる気がします。
(TERAIさん)



 にこにこ忍者さんの五七五 


兄嫁の香苗に、狸穴の話をしていると、出入りの植木屋が薄を届けに来た。
「源三郎祝言」より
ススキはお月見のシーンにしか出てこなかったかなぁ。絵を描いてたら、ススキの凛とした立ち姿とお千絵が重なりました。


   
川風の 立って凛々しき 尾花かな
   

「絵」⇒「俳句」の順番だったというのが、にこにんさんらしいですね。今月も素敵なイラストをありがとうございました。
穂が開く前の尾花のすっきりした姿、しなやかに風になびくさまはとても美しいですね。今月みなさんがお千絵さんにたとえた「なでしこ」「楓」「鴫」なども、どれも派手さはないけれど、お千絵さんの雰囲気を感じさせてくれました。
芸術家だとは思っていましたが、俳句の方もなかなかどうして素晴らしいとおもいました。
(七歩さん)
仮嫁のおののきとそれを上回る嬉しさがつつましい横顔にあふれている様に見えました。毎回、絵の楽しみが増えました。
(すみれさん)