戻る

 女がひとり
「新装版 水郷から来た女」より  (平岩弓枝著:文芸春秋刊)
先月の「お役者松」にたくさんご参加くださいまして、ありがとうございました。
先月はご本家も制作協力された「御宿かわせみ 東京下町散歩」の発刊、彦根のミニオフ、そして何より待望の初代「御宿かわせみ」全47話一挙再放送(9/25よりNHK−BS2)の発表で締めくくられるという、めまぐるしい一ヶ月でしたね。

さて、今月は「女がひとり」を選びました。

これはある意味問題作(?)、おかつさんについては、読む方によってずい分と印象も意見も分かれる作品かと思います。
のっけから妖しい場面が展開されますが、「情念系」お得意の皆様、どうぞお手柔らかに。

さあ、今月はどんな五七五になりましたでしょう。

(平成十六年八月)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
今月の五七五、素晴らしいです
皆さん深く読み取っていらっしやるのですね。
(ぐりさん)
今月の皆様の作品、あつっ!あっつ!暑っ!
そうか、NHK時代劇で村上さんが演じていた、
「腕に覚えあり」ってそういう意味なのか〜(笑)、
奇しくも村上@東吾さんのテレ朝かわせみしか見ていないので、
かなりリアルに想像できました(笑)。
(ゆいさん)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



 TERAIさんの五七五 

たまたまちょうどビデオで初代のこの話を見て、ご本家に書き込んだ直後に「今月のお話」の発表でした(ドッキリ)。新装版の文庫を読み返してつくりました。
 (UP後に)
「今月の五七五」拝見しました。このところ月初めに提出しているので、トップに掲載されて気恥ずかしい限りです(あっ早いだけで句の出来のほうは逆です)。やはり冒頭の雨宿りの場面は競作ポイントのひとつになったようですね。新人の(とはいいがたい)強力なお二人のデビューも心強いです。
(TERAIさんの談)

   
義姉上と 相合い傘で 雨宿り
   




「男が年下じゃないか」
「かまやしませんよ。二つや三つ年下だって、なにしろ、惚れてるんですからね」
なんとなく東吾は源三郎をみた。うっかりいってしまったことだが、東吾もるいより年下である。果して、源三郎は意味深長な笑い方をしている。
「女がひとり」より
   
年下だ それがどうした 俺たちも
   

この時の東吾さん、よりによって源さんの前で墓穴を掘ってしまいましたね。
墓穴を掘っていながら、居直っていますねぇ〜東吾さん。「三の線」に強敵現る、ですね
(千姫さん)
るいさんは自分が東吾さんよりも年上ってことをいつも気にして いますが、東吾さんはあまり気にしていないんですね。 それで、ついうっかりと口にしてしまって、源さんから笑われる はめになったのですね。東吾さんて言わなくてもいいことをつい 口にして、自分で自分の首を絞めてしまうことってよくしていますね。
(蛍さん)
やっぱり男らしいというか、言葉も力強さが感じられて、さわやかで。 「年下だ〜」特に好きです。
(麦わらぼうしさん)



巻羽織句が三つありますが、決して看板狙いではありません…、といったら嘘になりますが(笑)。「巻羽織」は単に源さんと同義語ではないのでしょうから、その辺がいまいちでした。
   
つきあって もらいてえのよ 巻羽織
   
大八車 引いて仲裁 巻羽織
   
口説いたら まさか本当と 巻羽織
   

あはは〜、「巻羽織」は作りたくなりますよね。たまこさんもホクホクと喜んでいることでしょう。
TERAIさまのは少しずつお話に「入ってきた」感じがあって読み応えがありました。「つきあってもらいてえのよ」とは東吾さんのセリフかもしれませんが 「巻羽織」に上手くはまっていていいなぁ、と思いました。
(はなはなさん)
堂々の巻羽織3部作ですね。源さんの巻羽織の背中とストックいっぱいのたまこさまのニンマリしたお顔も、目に浮かんじゃいます(^-^)
(のばらさん)



二人の男の間で、ずるずると自分を見失っていったおかつを哀れだと、るいはいった。
「女がひとり」より
   
ふたまたも また哀れだと 首をふる
   

「ふたまたも」はTERAIさんの感想なんでしょうね、情感が現れていますよね。
(はなはなさん)
「ふたまた」ですか…。ううん…、実際にはそうなのですが、はっきりそう仰られると自分のことではないのに、何かショックです。おかつさんは自分では「ふたまた」をしているとは意識していないのではないかな…。おかつさんの中に別の人格が存在していて、尚且つ同じおかつさんで、だからいつも一生懸命なのではないかと思っています。男性のかたは、手厳しいですね。
(蛍さん)



「あいつは気がやさしいから、自分が一緒に逃げてやらないと、市之助はやくざ仲間に殺されるかも知れないって、まっ青になって……わたしと別れるのはつらいけど、人一人の命には代えられないって泣くんです。 (略)」
「女がひとり」より
   
もろともに 逃げてやろうと 情婦(いろ)の道
   
情夫(いろ)のため 一両余りで 命捨つ
   
たらし込む 女の死にも 涙かな
   

いつものように早い句作だそうですが、ほんとに的確に詠まれますね。情婦と情夫を使い分けるなぞ、なるほどと眼からうろこーーでした。
(すみれさん)



 あっちの管理人さんの五七五 

今月のお話「女がひとり」なんとか出来ましたので、少し早くお送りします。この話、小説よりも初代「かわせみ」のドラマが印象に残っていて、范文雀さんがしっかり者の姉さんと、男に貢ぎ続けるはすっぱなおかつを見事に演じ分けていましたね。
今回はどんな競作ポイントが出て来るのでしょう。掲示板でも情念系、冗談系といろいろ皆さん推敲されていらっしゃるようですので、今月も楽しみにお待ちしています。先月はパスさせて頂いたので、今月は少しは早く提出出来たので、ホッとしました。夏休みの宿題を早めに終らせた気分です(笑)
 (UP後に)
私も昨日から何度かフライングクリックしていました(笑)今月は新人お二人も加わって、またまたの大盛況で、「女がひとり」なかなか難しいお話だったにもかかわらず、初っ端の大胆シーンから悲しい結末まで隅々まで皆さんの細やかな視点が行き届いて、素敵な句の数々を楽しませて頂きました。
(あっちの管理人さんの談)

「いいところに雨宿りをなさいましたこと」
「なあに、いいことしたのはそいつらだ。夕立に雷と、道具立ては揃ってたんだからな」
「覗かれてるのも知らないで・・・・・・」
「知らぬが仏さ」
「女がひとり」より
初っ端からちょっと色っぽいシーンが登場して、ここは皆さんの競作ポイントの一つになるのかしらん?東吾さんも香苗さんと一つ傘でこんな場面に遭遇したんじゃ、目のやり場、身の置き所に困っちゃいますよね。ということで、まず一句。
   
道具立て揃えば熱し夏の宵
雷に夕立(ゆだち)来たりて命燃え
   

爽やか管理人様もちょっと、ソフト情念系が入ってますね。まだまだお若い。(^_-) 
(すみれさん)
管理人さまとポイントが微妙に重なっていて嬉しいです。でも詠み口が上品なのはやはり人徳というものでしょう、はなはなは恥ずかしいです。
(はなはなさん)
「道具立 」う〜〜ん、とてもきれいに冒頭のシーンが切り取られていて舌を巻ました。
「命燃え」おかつさんの命を燃やすような姿が浮かび上がるようなお句ですね。
(のばらさん)
「命燃え」↑と「揺れまどう」↓の言葉は、おかつさんそのもののように感じ ました。『女』として燃えるのは、市之助さんの方だったのでしょうが、与吉さんとの安らぎのある生活を送るのもおかつさんなのですね。ひとつひとつの言葉の中に、色々な情景を感じました。
(蛍さん)
管理人さんの「…命燃え」 かっこいいですね。なににせよあまり熱くならない紫陽花には出てこない言葉です。
(紫陽花さん)



「おかつさん、一生けんめいだったんです。市之助さんに一緒に逃げてくれといわれれば、売られるかもしれないとわかっていても、やっぱり承知してしまう。そのくせ、与吉さんから行かないでくれといわれれば、なんとか五十両作って、今までの暮しを続けたいと思ってしまう、女ってそういう馬鹿なところがあるんです」
「女がひとり」より
結局どちらもおかつさんなんですよね。与吉さんと平凡だけど幸せな暮しも捨てられない。市之助のように女のひもで生きている男との付き合いも止められない。このままじゃいずれ破綻が来るとわかっていても、その日が来るまで自分で自分の心が決められない。ただどっちの自分も嘘偽りのない自分自身。一生懸命生きて死んだと言ったるいさんの言葉が心に残ります。どちらの男にも誠心誠意惚れて尽くして、だからこそ2人の男が2人とも涙を流して悲しんでくれたんでしょうね。出来ればこのままの関係をずっと続けたい、そう思っていたのかも知れません。微妙なバランスの上に出来た関係。ちょっとでもバランスが崩れたら落ちてしまう、そんな恐ろしさは十分わかっていても、どうすることも出来なかったおかつさんが哀れです。
(二句めは季語が2つ入っちゃった…)
   
女ゆえおのが心に揺れまどう
   
日盛りに愛して生きて夏がいき
   

「日盛り」という言葉がおかつさんの生き方とよく響きあっているようで、好きな句です。
おかつさんへの「女ゆえ」「日盛りに」のお句は短く生き急いだこころが詠まれていて好きです。
(すみれさん)
「日盛りに」おかつも夏の蝉のように「生きて終える」短い人生だったけど「愛して」生きていたんだから幸せな人生だったのでしょうね。管理人さんの句は本当に清流のようにきれいです。
(千姫さん)
私も「日盛りに」が好きです。 夏と一緒におかつさんも「いって」しまったのですね。
(はなはなさん)
「女ゆえ」あんまり無邪気すぎるように思えるおかつさんもやっぱり気持ちが揺れている、だからなお、やるせない哀れさを感じました…。「日盛り」こちらも大好きです。
(のばらさん)
「日盛り」の「夏がいき」の“いき”は“行き”なのか“逝き”なのか、前の生きてとならぶとひらがながいいですね。
(紫陽花さん)



 たまこさんの五七五 

「女がひとり」ですが、結局「冗談系」になってしまいました〜それに季語がほとんどない〜。私は、東吾さんの言うとおり、自分にはそういうことが考えられないのならとくに、おかつに同情する必要はないと思いますがね〜。といっても、特に悪く言う必要もないので「あら〜、そういうことになっちゃったんだ〜」というくらいの感じで(だから情念系いつまでたってもダメなんだ…) う〜ん、来月は頑張ろう…
 (UP後に)
「パソコンが退院してからで、ゆっくりと」などと言うお見舞いも白々しく、まだかまだかの催促が見え見えで、予備のPCで苦労されたことと思い、まったく申し訳ないです(本当にこらえ性のない私たち)。もちろん、フライングクリックもしてました。わ〜いもしかして一番乗り!?
大物お目見えあり、折り句あり、巻羽織句もいーっぱい!!今月のお話はやっぱり思うところが深くなるのか、いつもよりも皆さんの自句解説?(左側にある緑の文字)の部分も長くなっていたようですね。うーん皆様それぞれに深いです!何度も訪問しては楽しませていただきます。
(たまこさんの談)

東吾にいわれて、るいは真っ赤になった。
「そんな馬鹿なこと、あたしがすると思っているんですか。畝様だって、そんなことなさるわけがありません」
「女がひとり」より
このお話、私は東吾さんの「それじゃきくが、もし、るいは源さんのような男が、るいに惚れたといってかきくどいたら、いうことをきいてやるのか」というセリフが面白過ぎて、他のところがあんまり印象に残らないんですよ(汗)おるいさんがそれを聞いて「おんどりゃ〜なんちゅうこと考えとんねん」と(とは言ってませんが)激怒するのも当然だけど可笑しいし。
とにかく、すぐに焼餅を焼くおるいさんとは対照的に、どんな男がきたってるいは俺に首ったけ、と、余裕かましている東吾さんが、唯一「あいつがその気になったら危ないかもしれない」とビビっている相手は、やっぱり源さんなんだ〜というのが、何ともイイ感じで(笑)。
   
「あの野暮が」そう言いながらライバル視
   
そうなのだ気になる男はやはり奴
   

「なまじの女に源さんの良さがわかるか」と東吾さんが言うウラに、実はそんな思いもあるのかもしれませんね。源さんファンの皆さんの鼻高々な様子が見えるようです。
やはり、源さん大事で、しっかりと詠まれていてうれしくなります。東吾さんは、なにをいっていても一番、源さんの男立てを認めているのですからね。
(すみれさん)
るいの「おんどりゃ〜」セリフは面白い。「たんすにゴン」の沢口さんを思い出しましたぁ〜。
(千姫さん)
たまこさまの目のつけ所には目からウロコでした!なるほど〜〜!と(^-^)。よい所を一番よく知っているからこそ一番のお友達を一番ライバル視してたりするんでしょうね〜。本当に、この視点はたまこさまならでは!でしたね(^-^) 自分では思いもよらない視点のお句が読めるのも大きな楽しみです♪
(のばらさん)
「そうなのだ〜」市之助みたいな男なら絶対無いけど、万が一!ってふと、心配になる…真のいい男。さすが、たまこ様!
(麦わらぼうしさん)
このお句に背中を押されて、蛍さんが以前から感じていたことをまとめた「源さんは何故話題を変えたのか」は ⇒ こちら から 「ライバル」二句は大受けしていたのでした〜♪蛍さまの「源さんはなぜ〜」を読むとさらに奥深い世界が展開されてこちらも読み応えがありますね。冗談系とはおっしゃいますが、目の付け所が違うし読みが深いので納得納得、さらに大受け、でいつも楽しみです。
(はなはなさん)
東吾さんが源さんを「ライバル視」しているって、なるほど〜ですね〜。意識していなくても心のどこかでそう思っていて、ついポロリ。でも、例えを源さんにしたのでるいさんは否定しましたが、『与吉のような男がるいの傍にいて…』と例えたらどうかな〜って思ってしまいました。るいさん、ちょっと考えて…。慌てふためく東吾さんを見てみたい〜。(^^ゞ
(蛍さん)



   
炎天下何故かくしゃみの巻羽織
   



「だったら、おかつに同情することはないと思うんだが・・・・・・」
るいが激しく首をふった。
「それとこれとは違うんです」
「女がひとり」より
   
無念流女心に刃(歯)が立たず
   

あは、は。春風駘蕩の東吾の剣も形無しだねぇ。
(千姫さん)
『女の気持ちはよくわかる…』なんて言っている東吾さんでも複雑な女心にはお手上げですね。ぼやぼやしているとるいさんを誰かに取られてしまうゾ〜。
(蛍さん)



 紫陽花さんの五七五 

五七五は今回はパスです。(こでまり同様、紫陽花さんのパソコンまでも修理に行ってしまい、ネットカフェから送ってくださったのです。ありがとうございました。)
 (UP後に)
結局紫陽花は五七五できなかったんです。イラストもお話とは全然関係ないしで、かなりあわてている感じです。でもたぶんパソコンが故障しなくてもナスときゅうりを見た瞬間、私には湯飲み茶たくが見えたのであれでいったと思います。たくさんのコメントありがとうございます。その後湯飲みと茶たくは三つ目君に怒られたと思います。
おかつさんの心情は紫陽花にはわかりかねますが、るいさん、お吉さん、皆さんのそれぞれの思い入れになるほどなぁと思うばかりです。しいていうならばケーキもお饅頭もおいしくて、どちらか一方にと言われてもその時々の気分や状況でケーキを選んだりお饅頭を選んだり…食べものと人間を同じレベルで比べるのもどうかと思いますが、中身の薄い紫陽花の考えるのはそんなところです。皆さんのような五七五が出来ない理由に語彙が少ないという以上に ここにあると思います。
(紫陽花さんの談)

今回のおまけは「今月のお話」の下にあった"きゅうり"と"ナス"のお盆セットを見たときに私には湯飲みと茶たくがぱっと見えました(笑)そのままそのイラストをペイントに持ってきてちょっと大きくして、湯飲みと茶たくをかきたしたのですが…あ〜あって感じです。すべて描きなおしました。今みるときゅうりが枝豆にみえます。あぁもう少し描き直したいなぁ…

紫陽花さん、今月もありがとうございます!パソコンが入院と聞いて、あきらめていたんですよ。おぉ〜今月はこう来たか〜。きゅうりはハウス栽培でなく、路地ものの美味しそうなきゅうりに見えます。そしてやっぱりかわいい!
紫陽花さんはもしかして図書館のPCでペイントを起動して描かれたんでしょうか、今月は無理と思っていたオマケまで!感動しました。
(たまこさん)
パソコンが大変なときなのに可愛いトリオ、ありがたいです。お盆の供養をみんなに代わってしてくれているのですね。
(すみれさん)
初日は×印だったから淋しかったです。毎月、トリオは何をしてるかなぁと「楽しみ」なんです。(もちろん、五七五もですよー)ちゃんと、きゅうりだと分かりましたよ
(千姫さん)
そして紫陽花さまのおまけトリオ、今月もうれしい〜〜。紫陽花さまも大変な中本当にうれしいです。データとか本当に心配ですがとにかく早くなおって帰ってきますように…。
(のばらさん)
おまけトリオはやっぱりかわいいです。あの世とこの世を往復する交通手段まで持っているなんてさすがです。狐火ちゃんがエンジン代わりなのかなぁ。
(はなはなさん)
我が家にもありましたよ〜。相変わらずの可愛いいたずらに仏様もびっくりですね〜。きゅうりのお馬さんも茄子の牛も二人にぴったりの大きさで、こりゃ〜乗りたくなりますワ〜。狐火君に先導されて、果たして何処へ行くのかな〜。
(蛍さん)



 千姫さんの五七五 

大好きな「御宿かわせみ」ですが読んだ後から直ぐに忘れてしまってしまいます(言い回しが変?)「毎月の五七五」のお陰で一つひとつ、少しずつですが頭に残っていきます。
「女がひとり」の物語もまるっきり記憶に無くて句を考える為、深く考えながら読み返していると腹が立って、腹が立って、困ってしまいました。 私は二人の男性と付き合うことも、貢ぐ事も、お金が必要で体を売る事も、「その人の責任の範囲」として黙認出来るけれど、与吉の稼いだお金や、誠意を無意識に利用しているおかつの無邪気な「女加減」に腹が立つ!お吉の言葉、全てに拍手ー!です。
 (UP後に)
五七五に続き、感想をこのように送るのは余分なお手間をおかけするのではと気にはしているのですが、ごめんなさい。
(千姫さんの談)

雨の音にまじって奇妙な泣き声をきいたのは、雷鳴がいくらか遠くなりかけた時である。
無意識に、東吾は背後の窓をふりむいた。
「女がひとり」より
「稲妻」が秋の季語だと知った時から使いたかったんです。でも九月まで待てず、此処で使わねば何とする・って事で。それにしても、なんと間の悪い雨宿りになってしまったのでしょう…ねぇ
   
稲妻の 光と音より 驚いた
   

彦根オフ効果か、浅黄裏さんも「稲妻」をお使いです。立秋(8/7)過ぎたら秋ですから、ちょうど良いですよね。
稲妻のお句、素敵ですね。彦根でも雷雨に会われていて印象が深いのでしょうか。
(すみれさん)
「稲妻」は彦根でぴかっと千姫さまと浅黄裏さまを貫いたのですね〜。
(はなはなさん)
「稲妻の」と「勘違い?」このシーン、わたしはどう詠めばいいの〜キャはずかしい〜と困っちゃったんですが、皆様さらっとキラッと切り取られてて鮮やか!千姫さまの「おどろいた」という表現に笑ったり納得したり、千姫さまの個性に拍手です!(^-^)!
(のばらさん)



流石に、香苗も気がついたらしい。あっという表情になり、衿元まで真っ赤になってしまった。
東吾は困惑して、空を眺めた。
「女がひとり」より
その時の香苗さま、我が身に覚えあり・なんだ
   
勘違い? あっ勘違い 恥ずかしい
   

この時のおかつさんは結構ハードな感じなので、「香苗さん、わかるんだ」って私も思ってしまったんですよ。きゃ、私も恥ずかしい。
「ハードな感じ」って、どんな感じ?って、つい突っ込み入れちゃいました(石を投げるなぁー)。
(千姫さん)
香苗さまが少女のように恥ずかしがってる様子、目に浮かびます〜
(麦わらぼうしさん)
香苗さんの恥ずかしがり方は私もお気に入りです♪
(はなはなさん)
勘違いを二度続けたところに説得力があります〜。勘違いに気がついて、それで却って香苗さまは恥ずかしさが増してしまったのですね。お師匠さまのコメント、大爆ですワ〜。(*^。^*)
(蛍さん)



亡くなった人を悪く言いたくないという、るいらしい「思いやり」なんだ、と思うけど本当はるいだってお吉と同じ考えじゃないかなぁ…
るいがもし、おかつが生きている時に与吉との関係を知っていたら許せたかなぁ、庇えたかなぁ…と、思う。
   
死んだ人 庇いながらも るいは立つ

千姫さまのコメントにもちょっと共感しつつもはなはな自身はどっぷりおかつさんにシンクロしているのですよね〜。理性ではそんなばかなことして、と思うのですが女の本性、なのかなぁ…そういうのがごそっと動くのがわかるんですよ。この気持は一度文章にして検証しようと思っているのですが…。
(はなはなさん)
「庇う」と言うよりも「分かる」のではないかな…と思います。るいさんの『女』としての部分と理性の部分、東吾さんが死ぬほど好きでも今の不安定な身の上に、東吾さんの足が遠のいたときなど、夜は遣り切れなく冷たいでしょうね〜。そんな心の隙間みたいなものをるいさんも持っていると思います。だからおかつさんと同じことをすると言うのではないのですが、「夜叉」と「菩薩」を同時に持ち合わせる「女」に、共鳴したのではないでしょうか。
(蛍さん)



 七歩さんの五七五 

「毎月の五七五」に初めて参入させていただきたく、やってきました。ルールが判らないので、「女がひとり」を読んで思いつくままに捻ってみたのですが、こんなものでもよろしいでしょうか?お手数をかけますが、どうぞよろしく。
 (UP後に)
自分の句は別として、みなさんの句の情念系ぶりに感心しました。やはり男より女性の方が思い切りがいいとしうか、結構きわどいと言うか、大いに勉強になりました。来月は一段と飛躍(?)したいと思います。
(七歩さんの談)

   
姉さんは時雨蛤 味も濃い
   
味のよいはまぐりゆえに川の底
   
愛欲の川におぼれし灯取虫
   

七歩様、ようこそ「はいくりんぐ」へ。
その句作の巧みさは、すでに「日記」などでご常連の皆様にも知れわたっていますが、「かわせみ」の世界をどう詠んでくださいますでしょう。
大型新人お二人もどうどうのデビュー、特に七歩様は、次回から台風並に大暴れなさることでしょう。すいも甘いも知り尽くした方が読めるお句ばかり、時雨蛤のお句、眼のつけところが違います。
(すみれさん)
最初の二句って、結構濃厚?私の勘違い?情念系という言葉さえかすんでしまいそう…
(千姫さん)
napoさまったら新人なんて言葉がかすむほどですね〜。最初の三句はちょっと赤面いたしましたよ〜。さりげなく、でもかなり濃いのでは?やはり殿方にはかないませんわ、こんなにズバリといわれると(笑)
(はなはなさん)
やっぱり濃いい意味なんですか?! そうなんですか?!と、殿方にはかないません…。
(のばらさん)
七歩さま〜、ようこそいらっしゃいました〜って蛍が言うのもおかしいですが…。ルールなどはあってないようなもの、感じたままを詠めばいいのですよね〜、お師匠さま〜。ところがそれがなかなか難しくて未だ文章を追うのに精一杯です〜。七歩さまの言葉の巧みさはすでに「みんな大好き」などで拝見 しておりましたが、鋭い感性にとても新人なとどはご謙遜です〜。『結構きわどいと言うか…』どうしてどうして、そのきわどさもす〜っかり霞んでしまいました〜。おかつさんが時雨蛤ですか…、うヮッ!
(蛍さん)



「もうよしなさい、お吉」
るいが制した。
「なんのかのといったって、おかつさんは歿ったんだもの、一生けんめい生きて、死んで行ったんだもの、仏さまを悪くいうことはありませんよ」
「女がひとり」より
   
思いやる るいの情や夜の秋
   

亡くなってしまった人は何を言われても言い返せないですね。『亡くなった人を悪く言いたくない…』いつの世も同じです。それこそ、七歩さまの情けにホロリです。
(蛍さん)



磯吉に案内されて、昨夜の現場へ行き、それから川下にかけて探してみると、間もなく、かなり下流のほうで川っぷちの棒杭にひっかかっているおかつの水死体が発見された。
「女がひとり」より
   
男ふたり愛せし情に竿とられ流れ着きたる大川の杭
   

うまーい、なぁ!
(千姫さん)
千姫さまのコメントに続いて、「うまーい、なぁ!2!」
(麦わらぼうしさん)
『情に竿さしゃ流される。とかくこの世は住みにくい…』ってどなたかが仰っていました。市之助と言う情けの川と与吉という情けの川におかつさんは溺れた挙句に流されてしまったのですね。嘘のない心だっただけに、おかつさんの生きざまに共感してしまうんですよ〜。何気に危ない自分がいる〜。ここにも七歩さまの優しさが伝わって参りました。
(蛍さん)



 こでまりの五七五

今回も一歩理解を深めるために、皆さんのお力をお借りしようという選話です。正直言っておかつさんという女性をどうとらえていいのかよくわからなかったし、るいさんの後半の言葉も気になるし…。皆様ならどう読まれ、どのように詠まれるか、今回も物語の奥の扉を開くことができるのではないか、そんな期待をしております。
(こでまりの談)

香苗はうつむいたまま、地面に叩きつける雨足を眺めているし、東吾は空ばかりみていた。
一刻も早く、雨が上ってもらいたいと思うのに、相変らずのどしゃ降りである。
「女がひとり」より
この時の姉弟の描写ですが、二人とも「参ったなあ」と思いつつ香苗さんは身動きも取れない感じなのに、東吾さんの方は幾分余裕があるというのがちょっと可笑しいです。
   
天と地を見つめるだけの雨宿り
   
やり場なく雨音を聞く夕立(ゆだち)かな
   

冒頭の場面、こんな素敵な詠みかたがあるとーー感服しました。
(すみれさん)
サラリと詠まれているのに、この場面の二人の気持ちが、よく伝わってきますね。
(麦わらぼうしさん)
冒頭の二句は、こんなに情景をきれいに切り取ることができるんだなぁと感動しました。「天と地と」特に好きです。情景がすぐに浮かんできて過不足なくて…ステキな御作だと思います。
(はなはなさん)
やっぱりこでまりさまも冒頭のシーンが鮮やか! 自分には手も足もでなかったシーンの皆さまのお句には うならされるばっかりです。
(のばらさん)
川柳に『本降りになって出てゆく雨宿り』と言うのがあったような気がします。まさか香苗さまをびしょ濡れにするわけにも行きませんし、ばつの悪い二人のようすが見えるようですね〜。ここの場面はいつにないほどの競作でしたね。香苗さまの可愛らしさ(済みません)に、東吾さんでなくてもドキリですね。
(蛍さん)
「天と地…」いいですね。こういのはよくわかります。結局蛍さんの紹介している川柳「本降りに…」になるんですよね。
(紫陽花さん)
私にもコメントをありがとあございます。この一句めは「視覚」二句めは「聴覚」に焦点をあてて作ってみました。どちらも敏感になっているので、なんとかそらそうと一生懸命になっている…という感じです。
(こでまり)



「かわせみ」の番頭、嘉助の娘が木綿問屋へ嫁入りしていて、「かわせみ」では夏の間に座布団をすっかり打ち直して、仕立てかえるしきたりだから、その仕事をお民の家へ頼むことにしている。
「女がひとり」より
座布団の打ち直しってしたことがないのですが、洗いたての洗濯物のようにふっくらしていて気持ちいいんじゃないかな〜。
   
打ち直す座布団の嵩(かさ)秋隣り
   

昔ならではの季節感で、やはりお師匠さまならです。
(すみれさん)
こちらの思いもよりませんでした。その座布団にダ〜〜イブ!してバフっと倒れこみたいです。
(のばらさん)
母の知人に布団屋さんがいるのですよ。せんべい布団になると打ち直しに出して、そのふわふわ〜はたまらないですね〜。人寄せなどがよくありましたから、のばらさま〜、積んである座布団ダイブして子供の頃よく母に叱られました。
(蛍さん)



土手で夜鷹の真似をしながら、おかつさんの閉じたまぶたには与吉か市之助か、どちらの面影が映っていたのでしょう。そして、水に沈んでいくその時は…。
   
まなうらに映るひと誰夜の秋
   

「まなうらに」も好きです。おかつの気持って…想像すればするほどわかるような、そしてわからなくなります。
(はなはなさん)
ここも気付かなかったところです。いったい誰を、何を思った時間だったのでしょう。案外ご両親だったりしたのか、それともやはり与吉のことも市之助のことも思っていたのか、なにも考えないように必死だったのか…。わからないです…。
(のばらさん)



二人の男のために、体を売って、命がけで奪った財布には二両にもならない金しか入っていなかった。
「女がひとり」より
おかつさんは欲張りな女だったのか…お吉さんの言葉を読みながら、彼女は何かを手に入れようとしたのではなく、目の前の人には与えて、尽くさずにはいられないタイプの女性だったのではと思いました。(それは店の女達に対してもで、その働きぶりで朋輩達からも好かれていたのでは)さらにそれは、親戚の子(与吉)を引き取って育て、知り合いに頼まれれば保証人になってしまうような親譲りの性分なのではないかと思いました。そんなおかつさんが一度だけ他人から奪うことを考えた代償が自分の命だった、そのことが愚かであり可哀想です。でも歌としては意味不明ですね。
   
ただ一度与うばかりの人生にそむきて奪う命儚く
   

おかつさんの一生を短歌で見事に表現されていて、とても好きです。
(すみれさん)
前書きのところになるほど、たしかに・・・と思いました。そして「目の前の人には与えて、尽くさずにはいられないタイプ」という捉え方、わたしもそんな感じに思えました。
(のばらさん)
コメント部分を読んでまた、私の読みの浅さを痛感しました。私は、おかつと幼なじみのお民の立場だったら、と考えて腹を立てていたけれど、両親の情の深さ、愚かなりとも人の良さ、を忘れていた。その子であるおかつの生き方を見る目を少しゆるめなければいけないなぁ。
(千姫さん)
お吉さんの言うように『欲張り』 だったかもしれないし、 市之助さんの借金のために我が身を犠牲にすると言うのも 短絡的ですね。それでも『命儚く』に、おかつさんのそうする しかなかった哀れさが胸を打ちました。
(蛍さん)



 すみれさんの五七五 

今月のお話は今まで以上にむずかしいのは初めから判ってました。夏の夕立のように早々と生き急いで逝ったおかつさんの女心、こころと躰のはざ間で揺れ動く女心が、もの哀しく印象に残りますね。さて、これを句作するとなると…なかなか出来ません…それで、napo様に教えていただいた折句みたいなものを作ってみました。
 (UP後に)
今月のお話 『女がひとり』他の皆様、期待以上に良く詠み込まれていて堪能しながら拝見しました。色欲のままに生きてみたいーーとは、女性なら自分の容姿が良ければ良いほど一度は思うものではないでしょうか?大概の女性は自分の分とか、限界を自覚していて、理性(あきらめ)でそれなりの幸せを手にして人生を過ごすのでしょう。私もその一人に違いありません。
(すみれさんの談)

「御病人が苦しんでいるようですけれど……」
東吾は狼狽して、答えた。
「いや、違うようです」
「女がひとり」より
冒頭の雨宿りで東吾さんと香苗さまが、はからずも覗いてしまって…おっとり奥様の香苗さまにとって、どきどき、内心わくわくの時間だったかな?と想像してしまいました。旦那様の通之進様と一緒に出かけていたら絶対に巡り合えない事ですね。
   
とおり雨浮き世狂いに業のやみ
   
観音もなまみにあればえも言はず
   

今月デビューの七歩さんも、この折句には「やられた〜」って思っていらっしゃるかもしれませんね。
確か、香苗さまは観音様のような方…う〜ん、このお句も濃厚すぎて、頭の中がクラクラ・・
(千姫さん)
ご謙遜なさってますが、いつも、素敵なお句を詠んでらっしゃいますよね〜。今回の「観音も〜」は、特に好きです〜♪すみれさまの、<UP後に>のコメント、うなずいてしまいました。<私もその一人に違いありません>はい!私もその一人です〜〜
(麦わらぼうしさん)
すみれさま、あっぱれですね〜。折句なのに的確に言葉を使われてこのお話を表現されているところがすごいと思います。とくに東吾さんの「とおり雨」ではおかつの生涯が浮かび上がってきて…夏の終わりの寂しさまでも伝わってきそうです。
(はなはなさん)
七歩さまの『時雨蛤』にも匹敵しますワ〜。熱くて火傷しそう…。まだまだ此処まで詠めない、と言うか言えない自分は、青いです〜。蛍も理性に負けてみたいです〜。(笑)
(蛍さん)



おかつさんを虜にしてしまった女たらしの市之助
   
いち芸で乗せたつもりか?助べえさん
   
こころ優しい良いひとの与吉
   
よるべなききょうをも知らずちるはなよ
   




おかつは市之助が自分を不幸せにする男だとわかっていたに違いないと、るいはいった。
「悪い男と承知していて、やっぱり、市之助さんを好きになったんです」
与吉と夫婦になれば、幸せになれるとわかっていて、市之助とも別れられない。
「女がひとり」より
ふたりの男の間で心の愛と躰の愛に苦しんで、身を滅ぼしていくおかつさん、あわれで愚かな女だけど、そんな風に生きるなんてーー、常人にはちとうらやましいーー
   
お前さん・・渇きをとめて露の身の
   
堕ちて行くからだ哀しやつりしのぶ
   
おんなゆえ川にながさむつみなさが
   

折句の「おかつ三部作」ですね。こうしてみると、おかつさんは思い切り生きた感じがします。
いつもとても素敵な言葉を選ばれて、語彙がいろいろ豊富でらして素敵だなあと思ってましたが、今回の「折句」もすごいです!語路合せじゃなく一句一句キチンとその場の情景が見えます!
(のばらさん)



 浅黄裏さんの五七五 

岡山から携帯にて四句お送りします。こちらも連日35度で、うだっております。今日は本家へ、明日は親戚のあの家へと出かけてはたくさん食べていて、リバウンドを恐れる日々です。実家でも食べてばっかりだったし。夏ばて知らずで良しとしませうか(-_-;)
(浅黄裏さんの談)

俳遊館で、雷は夏の季語で稲妻は秋の季語なのはなぜだとたまこ様からの提題があって、稲がつくからではとの解答もたまこ様から出されましたね。
   
稲妻や 白き肌(はだへ)の 照り返し
   

稲妻の一瞬の光で暗がりに浮かぶ白い肌、印象的なお句です。それにしても浅黄裏さんも千姫さんも、「稲妻」で狙っていたとは…食べてばかりのミニオフ、反省です。
光景が見えるようでどきっとしてまうほどインパクトがありますね。
(すみれさん)
こでまりさん、へへへ、しっかり頭の中にメモしとりましたんやワ。向かい合う二人の目がキラッと光ってましたやろ(笑)
(千姫さん)
「稲妻や」はどきっとしました。白い肌が青いひかりに浮かぶ…江戸って現代よりももっと暗かったと思うのですよね、物理的に。そこでぴかっと光る稲光に浮かび上がるおかつの白い腿…好きですね〜。
(はなはなさん)
キャ♪浅黄裏さま大人っぽい情念系!わたしも覗き見しちゃったような気分〜。
(のばらさん)
稲妻も雷も苦手な蛍ですが、このお句を拝見して稲妻に対する見方が変ってしまいそうです。直線的な稲妻を柔肌の曲線と対比させて情念が燃え上がっている様子をじっくりと感じさせていただきました。
(蛍さん)
今月は「稲妻」が2つあります。漫画やドラマなんかでもピカッ光ったときに見えるものに大きな意味があったりして。
(紫陽花さん)



「おかつさんって、どういうんでしょう。二人の男とかかわり合いを持っていたら、大抵の女は、なんていやな人だろうと思うのが普通なのに、こうやって大勢がおまいりに来てくれて……(略)」
「女がひとり」より
不思議なことにおんなの人が多く集ったというおかつさんのお葬式を詠んでみました。
   
昏はやき 秋の弔い おんな列
   

これも、すてきで、うなってしまいます。
(すみれさん)
「昏はやき」も好きです。しみじみとかなしみに浸りたくなります。
(はなはなさん)
「昏早き」ひっそりした、女の人の列が、悲しみが 染みでるようなお句ですね。好きです…。
(のばらさん)



おかつさんは二人の間で立ち止まって考えたことが果たしてあったのでしょうか。それぞれへの情(じょう)にその都度流されていたような気がします。お吉さんの言うほどキツクではないのですが、あまりおかつさんというひとに思い入れを持つことが出来ずにいます。幼なじみのお民さんはともかくおるいさんは何故おかつさんにあんなに気持ちを寄せることが出来るのでしょうか。今月のお話では、なんだか知らないるいさんを見たような気がしています。でも私のおんな修行が足りないだけかもしれませんね。
   
秋思なく 情と情との 間にて
   

おんな修行が足りないなんてことはないと思いますよ。どんな理由があっても、おかつさんのしていることはふしだらなことですもの。そのふしだらさを認めた上で、市之助さんと与吉さんそれぞれに一生懸命なところが救いになっていると思います。るいさんは東吾さんのことを好きで好きでたまらなくて、でも、どうにもならないことも分かりすぎるほどに分かっていて、だから、もしかしたらその辛さから逃げたい…とかすかに思ったことあったかも知れないです。るいさん自身も自覚していないるいさんの心の闇が、そう思わせた…。そんな風に考えました。男性に尽くすときは、『尽くし甲斐のある男かどうか』ですね。るいさんにとって東吾さんは、そう思ってもいいほどの男性ですから、苦しくとも辛くて泣いても一緒に居たい人。一見どうしようもない市之助ですが、最後に泣いてくれた…、おかつさんは尽くして幸せだったのではないでしょうか。
(蛍さん)



一分銀を握らせると、お定は眼を丸くした。
「いいんですか、お客さん・・・・・・」
「話し相手が欲しいんだ。なにしろ、俺の相棒は牡蠣のような男でね」
「女がひとり」より
初めて巻羽織句に挑戦してみました。東吾さんにかかったらなんにでもされてしまう畝さま、ちょっとお気の毒。
   
相棒の 牡蠣とは俺かと 巻羽織
   

あれ、巻羽織句は初めてでしたか?くせになりますよ。牡蠣のイラスト入り看板が目に浮かぶ〜(ちょっと不気味?)



 のばらさんの五七五 

今月のお話のおかつさん、不思議な人に思えました。たぶん、現実に知った事件なら「あほやわ」と言い捨て、お吉さんと同じこと言った気がします。でもやっぱり小説で読むとおるいさん、お民さんの思いもじわっと分かるし、一番共感するのは東吾さんの思いでした。なにより、沢山の人がお弔いに来てくれた、その文でただだらしないだけの人じゃなく、愚かではあっても愛される所のある人だったんだと感じられたのでした。という訳でいろいろ考えちょっとボンヤリ空想気味に詠んでみた今月です。
 (UP後に)
見てきました!本当に初参加と思えないお二人にクラクラです。予想していたとおりいろんな「女がひとり」とおかつさんの捉え方、感じ方でお句も説明の所も興味深く拝見しました。今月は特に、皆さま深く思いをこめられたお句がいっぱいでいつもにもまして読みごたえがあり 小説の世界を2重3重に深く読み直せました。こでまりさまの選話センスにも脱帽です。
(のばらさんの談)

立ち聞きしてる東吾さん、香苗さんのきまり悪さは笑えるんですけど、どうもなにも浮かばず〜(^-^;)
これはおかつさんです。
   
潮騒を聞く夕立に身をそらせ
   

のばらさまのはもう好きなのいっぱいでどうしよう〜。「潮騒を」「花衣」「蓮の花咲いて崩れて」「枯れ蓮に」「蚊遣火」「花野揺らし て」 ああ〜こんなの詠んでみたい、と悔しいような気もしつつ、やっぱりのばらさまじゃなきゃこんなに優しさに満ちては詠めないよなぁ、と絶望したり。すべて映像が浮かぶので…なにか絵が描きたくなりました。
(はなはなさん)



「俺でよけりゃ、なんでもきこうじゃないか、かまわないから、こっちへ通してくれ」
「かわせみ」の亭主面をしていう東吾を、るいが、とろけそうな眼をして見守っている。
「女がひとり」より
すいません…。
これはちょっとオフザケ過ぎかも(^-^;)
   
この人がわたしの亭主よトロトロよ
   

冗談系と情念系、両方のお句がならんで好対照のお手本みたいです。とろとろよーーるいさんに言わして、凄腕の東吾さん
(すみれさん)
いいです!好きです!こういうの!
(麦わらぼうしさん)
あとやっぱり「凄腕」♪「トロトロよ」♪ 私は東吾さんって結構「床上手」じゃないかと思うんで(きゃ)〜。おるいさんもそういうところに「トロトロ」なのかもね〜と思うのでした(恥)
(はなはなさん)
これって何気にお惚気〜。(*^。^*) 頼れる旦那さまを見上げて、トロ〜リとしているのばらさんが るいさんとダブって見えてしまいましたよ〜。ご馳走様でした〜。
(蛍さん)
のばらさんの「トロトロ」いいなぁ〜お句だけ読むとトロトロ何?って思うけど上の本文を読むとなるほどねぇと師匠の見せ方もありがたいです。
(紫陽花さん)



雨宿りの軒先で、はからずもきいた情事の声は凄じいものであった。女をあれだけ夢中にさせるのは、かなりな凄腕でなければならない。
「女がひとり」より
「凄腕」この場面でこう使われるとなんだかおどけたようなニュアンス。妙に笑えたんですが〜。
   
凄腕か?おれも腕には覚えあり (by 東吾)
   

意外と遊び人だったり「凄腕」だったりする東吾さんだよな、と改めて思ったりして。その辺の雰囲気は小野寺東吾さんも橋之助東吾さんも上手く出ていたよなぁと思いました。
(はなはなさん)
一番受けたのはのばらさんの「凄腕」!思わずニヤリッ( ̄ー ̄)でした。
(あっちの管理人さん)
管理人さま〜〜。わはは、うれしいです〜(^-^)というかお恥ずかしい〜〜。キャ♪
おかつさんどんな人だったんだろう、ってすごく考えてしまいました。冒頭の激しいシーンと東吾さんの「凄腕でなければ…」というのも、そう思うのは男の考え方よ〜。「もうすぐ棄てられる予感が…」と思って演技してたんかも知れんやんか〜。と思ったんですが、そういう演技するような女は市之助は今までいっぱい見て来たかも、その市之助がおかつが死んで泣いた、というのはもっと本当にその場その場で一生懸命の人だったのかなあと思ったり…。(それでもそのシーンでは冗談みたいな句しか出ない・・・)
(のばらさん)
笑えたぁ〜、ヘナヘナと力が抜けるような。全然気づかなかった、物語の「凄腕」ってなんとなくヘンやね、何がやねん?っ感じ。さすがのばらさん、目の付け所が違うなぁ
(千姫さん)
みなさま絶賛されているように、私も好きです〜〜!
(麦わらぼうしさん)
若い身空で何ちゅうことをいいますねん!(爆爆) なるほどね〜。東吾さんも年中るいさんの髪を結い直させていますからね〜、まさに「腕に覚えあり」ですワ〜。それを自覚していないように、のほほんと東吾さんが言うところは受けますね〜。そういえば、村上東吾さんが演じていましたね〜。「腕に覚えあり」!
(蛍さん)
「凄腕」を俳句に使おうというものすごい!
(紫陽花さん)



「どうも大変なことですな」
ほていやを出て、お定に教えられたおかつたちの長屋のほうへ向いながら、源三郎が肩をすくめた。
「成程、男女の仲はわからんものだ」
憮然として東吾も呟いた。
  (略)
帰りの舟は、涼しさを通り越して寒いくらいであった。
男二人は交替にくしゃみをしながら八丁堀へ帰った。
「女がひとり」より
いつもは源さんがクシャミですが今日はふたりでクシャミですね。
   
あてられてくしゃみばかりの二人づれ
   




与吉は仕立職、とのことですが先のことそっちのけ、その場しのぎのおかつさんの恋は糸をとおしてない針で縫いものするようなもんだなあと思いました。七夕のお願いも届かないまま流されていきそうで…。
   
糸のない針素通りす恋衣
   
川面ゆく色はほどけし笹かざり
   

「糸のない〜」はのばらさんらしい発想ですね。それでも縫わずにはいられない、おかつさんなのでしょう。
与吉さんの仕立て職(すごいです)
(すみれさん)
糸がついていなければいくら縫い合わせても針を抜いたとたんに解けてしまいますものね〜。仕立て職からの連想は、想像力の豊かなのばらさんならではですね。せっかく縫ったのにその後ろから綻びている…、わかっていても分かりたくないから、その場だけでも一生懸命だったのかな〜。
(蛍さん)



おかつさん、蓮の花のようだなって思えて蓮で二つ。ただ。。。枯れ蓮ってこれも冬の季語だったんですね。(^-^;) 泣いている市之助からの連想なのですが。確信犯です。スイマセン。
   
蓮の花咲いて崩れて陽は西に
   
枯れ蓮に風渡るらし朝の岸
   

今月の五七五、おるいさんがどうしてそんなにおかつさんに同情するのか、ですが、私も何でだろうってすごく考えちゃって…。
おるいさんは父上が亡くなったとき、「婿養子をもらって家をつぐ」という選択肢もあったんですよね。多分それが一番普通で、将来の暮しの安定が望めたと思います。でも当時は結ばれるとは思っていなかったけど、心には東吾さんへの思いがあった、それで武家を棄てて、慣れない商売を始めて自活することを選んだ。「女がひとり」の頃のるいさんは東吾さんと結ばれはしたけれど、いつか東吾さんは他の人を嫁にするかもしれないという恐れも、神林家に対しての遠慮もあるし、「日陰の身」という表現で描かれる事もあって、先の望めない不安定な立場。
東吾さん&おるいさん、与吉&おかつ&市之助じゃ全然違うのだけれど、おるいさんには「将来の平穏な幸福」=「与吉だけを選ぶおかつさん」=「婿養子とってた自分」、「愚かかもしれないと思いつつ恋を棄てられない現実」=「市之助を思いきれないおかつさん」=「先は望めないけど結局東吾さんに夢中の自分」、という風に、心の底でなんとなく重ね合わせる部分があったのじゃないかしら、平岩さんはおるいさんを賢くて気が強くて優しい、そういう面と同時に、間違えると見を滅ぼすような恋にも踏み入るところも持っている女の人として描きたかったのかも…?と思ったりしました。
東吾さんは「源さんにくどかれたら…」という目の前の心配(?)をしていますが、るいさんが同情したおかつさんは実際に男二人に身をまかせた女ではなくて、愚かかもしれないと思っている恋をあきらめらられない女、という象徴的な部分だったんじゃないかと思ったんです…。上手く表現できないんですが〜。
「それとこれとは違う」というのはそういう事なんじゃないかと…。
(のばらさん)



決して立派ではないかも知れないけれど、といって、るいは団扇を片手に縁側へ出て行った。
蚊やりに火をつけている。
「女がひとり」より
誰の心にもちいさな置き火が…という気持ちで
   
眺めおる蚊遣火もまたちいさな火
   

そうですね、今回は皆、緑色の文章が多かったですね。私たちの心にもちいさな置き火がくすぶっているようです。
(千姫さん)
炎って不思議な魅力がありますね。じっと見入っていると我を忘れてしまいそうな雰囲気があります。おかつさんに灯った火も、るいさんの心に灯った火も形は違えども自分を導いてくれる火なのですね。
(蛍さん)



雨宿りの軒下からみたおかつの姿態が、なんとなく眼に浮かぶ。
男の体の下で、せい一杯、女をむき出しにしていたおかつと、与吉の長屋で世話女房のように、いそいそと働いていたおかつと、どちらもありのままのおかつという女の姿なのだろうと思う。
「女がひとり」より
おかつさんどんな人だったんだろうと思った時、浮かんだのが兎でした。今昔物語の火に飛び込んだ兎、いろんな昔話の兎。弱かったりずるかったり善良そうだったり。愛らしいけど愚か、愚かだからこそ哀れでいとおしいような。(「兎」。。。冬の季語なんですね〜。恋付けても無理があるかも)
   
思うさま花野揺らして恋兎
   

のばらさんは「今昔物語」を連想したのですね。兎のとらえ方も興味深く拝見しました。
おかつがなぜ女たちに好かれるのか、決して立派な生き様ではないのに、おるいさんは共感するのか、を皆さん詠まれたのではないかと思いました。おかつは確かにおろかです。でも欲張っていくつもの幸せを欲する女の願い、業を誰も責められないと思います。一人だけを好きになればたやすく幸せにはなれたろう、と思います、でもそうすることができない、そのやむにやまれぬ気持が「あわれ」なのです。おかつにとって「幸せ」はどこにあったのか、詠んでいけばわかるのではないかと思いました。残念ながら自分の作ではなかなかそこにまでたどり着けなかったのですが。のばらさまのさいごの清澄な「花野揺らして」というのがとても印象的です。お能の「江口」に娼婦が観音菩薩に変化した、と言う話があります。私はその極楽におかつもいてくれれば嬉しいと思います。
(はなはなさん)
蓮の花、恋兎、いろんなバックボーンからつむぎだされる五七五の豊富さに感服しました。
(すみれさん)
わたしの句にもあり難い感想を寄せてくださってうれしかったです(T_T)
わたしもおかつが極楽にいるといいなと思います。「花野揺らして」の「花野」の季語、現世での与吉と市之助二人を思うさまに愛して求めて求められた、そのおかつを託した思いも あったんですが、どうもこの「花野」という季語にわたしは極楽、あの世のイメージもあるので、逝ってしまったおかつの姿、その思いもこめました。。。
(のばらさん)



 麦わらぼうしさんの五七五 

こでまりさまの、「オリンピックと、はいくりんぐは、参加する事に意義があり」というお言葉に甘えて、おもいきって、私も参加します。しかしこんなの俳句と言えるのかどうか…こでまりさまのページで初めて俳句に触れた、まったくの素人です。こんなのとても載せられないなぁ〜と思ったら、どうぞ、削除してくださいませ。
 (UP後に)
はいくりんぐ初参加の麦わらぼうしです。私のつたない句まで見ていただいて、ありがとうございます。あらためて、みなさまの作品を拝見していると、やっぱり言葉の選び方とかちがうよなぁ〜とてもまねできないなぁ〜と、自分の未熟さを思い知らされます。もう一人の新人ってどなたなんだろうと思っていたら、napoさまだったとは!新人といっても、国会議員を何期も務めたベテランが、知事選に出馬するようなものじゃないですか!(たとえがヘン?)napoさまのような方と「今月の新人お二人」として、いっしょに紹介していただけて、光栄です! ほんとに、な〜んにも俳句の事、わかってないので、みなさまの作品をじっくり読んで、少しずつでも上達していければ、と思います。
(麦わらぼうしさんの談)

「与吉さんが、市之助を殺すといって、裁ち鋏を持ってとび出して行ったんです」
とめようとした隣家の女房は、あまりの与吉の剣幕に、ぞっとして手が出せなかった。
「女がひとり」より
仕立職の与吉さんにとって、鋏はとても大事な物。その大事な鋏で、愛する女のために、恋がたきを刺した、ということに意味があるのでは、と、思って作りました。
   
なりわいの 鋏突き刺す 恋がたき
   

麦わらぼうし様、ようこそ「はいくりんぐ」へ。
職人さんのお家の奥様、ここに目を止められたのはさすがと思いました。麦わらぼうしさんが詠まれたことで、いっそう与吉の必死な思いがわかる気がしました。
「なりわいの鋏」が与吉の怒りの凄まじさと深さをうまく表しているなぁ、と思いました。
(千姫さん)
とても新人なんて思えませんね〜♪「鋏」「なみだがお」いいなぁと思いました。与吉に思いを馳せる、というのは私はできなかったんですが、彼も哀れですもの〜、いい目の付け所をなさっていると思いました。
(はなはなさん)
わたしもついおかつの事ばかりに思いがいって、与吉のことには思いいたらなかったのですが、このお句に改めて考えさせられました。実直な職人の与吉、仕立てに使う道具の鋏が凶器に見えるまでの心の葛藤…。与吉さん、今どうしてるんでしょう。
(のばらさん)
商売柄仕立て鋏は持っています。反物以外は絶対に切ったことがありません。仕立て職人に限らず、職人さんて道具を命よりも大事にするのですよね。その命をおかつさんのために使う…、それほど激しい思いがあったのですね〜。改めて与吉さんのその思いに気がつきました。とてもとても新人さんとは思えない目の付け所に「恐るべし麦さま」。これから段々と嵌まりますよ〜。
(蛍さん)



「今、市之助の家をのぞいて来たんです」
  (略)
「肩がぶるぶる慄えているんです。泣いているんですよ。女をたらし込んで、女で食ってきた男が……」
おかつは成仏するだろうと、源三郎はいった。
「女がひとり」より
   
利用した つもりがいつか なみだがお
   

初参加おめでとうございます。わたしもちょっと前に入れてもらったばかり、お見事なよみっぷりで、これからが楽しみですね。傍らに歳時記を置いて、眺めたり、なるべく見たこと、感じたことを五七五にしてみよう、の心がけはあるのですが、感性はなかなか磨けませんーー。napo様のたとえ、受けました(爆)国会議員と知事ですか(^○^) 
(すみれさん)
ところで、国会議員と知事の例えは…あまりにもかけ離れていて…お手柔らかにお願いします。俳句も短歌も初心者の見習です。麦わらぼうし様の句はなかなか様になっています、ほんとに初心者とは思えない…さては爪を隠した○○か?
(七歩さん)



「女は、おかつさんを笑えませんよ。女なら誰だって、おかつさんがしたようなことを、やりかねませんもの」
「女がひとり」より
   
愚かなと 思うけれども 笑えない
   




 はなはなさんの五七五 

「女がひとり」は平岩先生の女性観や現代小説家としての力量がありありと表れているな〜と思って、読み込むほどに五七五するスキを見つけられなくなってきて困りました。お吉さんに正論を述べさせ、おかつにシンクロするおるいさんとお民さんに「女の性(さが)」のかなしさを語らせ、それを肯定する東吾さんに哲学させてしまうのですね。今回は五七五では表現しきれない思いがこもってしまって、お話に振り回された気がしてしまいました。ちょっと抽象的で感傷的で恥ずかしいですが…。
 (UP後に)
今月はいつもよりも「なるほど」「そうか」「すごーい」の連発でした。おかつさんの捉え方、おるいさん・お吉さんへの共感など、はなはなのようにどっぷりお話に溺れるばかりが能じゃないなぁ、と思いました。とくにのばらさんは複雑な思いをいろいろな言葉で表現されていてとてもステキな御作ばかりで感動しました。新人さん、といっても「大型新人」がおふたりも、すごいですねぇ。おまけも今月はだめかな〜と思っていたら、「そう来たか」とぴったりカンカンの図柄で(でも本当はご先祖が乗ってくるのよ〜)嬉しくなりました。
(はなはなさんの談)

昼間の情事、というのは好きです。また「夏」というのも良いですね。源氏物語でも「空蝉」とか「花散里」とか「槿(あさがほ)の院」とか…紫の上以外に気になる女性と言うのはなぜか夏を思い起こさせます。このシーンはぜひしっとりとした映像で見てみたいです。
   
夕立のごとき男に抱かれけり
   
をんななり驟雨に曝すほてりかな
   
雷雨も見えぬ聞こえぬ愛が欲しい
   
這う指にすべて忘れて雨しげく
   

はなはなさんのこの場面、楽しみにしていらした方も多いと思いますよ。まさか「源氏」の連想が出てくるとは思いませんでした。初代NHKでは范文雀さんがおかつさんを好演していました。
驟雨というと吉行淳之介や、あの〜誰だったか忘れましたが、外国文学であったような気がするんですが…やっぱりアヤマチを犯してしまう話なんですが。
(ゆいさん)
サマセット・モームの「雨」では?吉行淳之介の「驟雨」はどんな話だっけ?
(たまこさん)
驟雨ってやっぱりなんかアヤシイ感じしませんか〜。何かでそういうイメージを植えつけられてるみたいです〜。吉行さんなのかモームなのか全然記憶がないんですけど〜。
(はなはなさん)
たまこ様、そうです、『雨』です〜!『驟雨』もあまり覚えていませんが、やっぱりちょっと18禁的な話だったと…。吉行淳之介作品も親の目に触れてはちょっと○×なのがあるので、本棚奥深くに置いたまま、実家で眠っております(笑)。
(ゆいさん)
待ってました!掛け声をかけたくなるほど、期待以上の濃い情念が燃え立つ五七五の連続で、夕立、驟雨、雷雨、はう指、それぞれの言葉が見事にはまっていて脱帽いたしました。はなはな様は、オリンピックで言うと、金メダルを公約して有言実行してしまう谷選手や北島選手みたいで、情念の世界を見事に五七五に句作されていて、感服しながら拝見しました。
(すみれさん)
「夕立の〜」おかつは浮気でもない相手との慌しい逢瀬に不満はないのかなと、現在的な疑問がふっと湧いきた・・
(千姫さん)
待ってました〜♪の掛け声をかけたくなりました♪そして雨の中の情事の激しさ、切なさ、ふたり閉じ込められた感じがして…。なんでかクリムトの絵が浮かびました。「をんななり」とくに一番好きです♪
(のばらさん)
はなはなさんのはどれもこれもみーんなすごい(笑)
(紫陽花さん)



とんだところへ雨宿りをしてしまったと、東吾は苦笑した。
  (略)
やっと小降りになった。
「ぼつぼつ、出かけますか」
東吾が声をかけると、香苗が救われたようにうなずいた。
「女がひとり」より
しかし突然の情事に戸惑う東吾さんと義姉上というのも良いですね。おっとりとした義姉上ですが、ここではちゃんと「大人の女性」なんですね。
   
逢引の宿に雨避け言葉なく
   

このお句だけを拝見すると「逢引」しているのは「るいさんと東吾さん」と置き換えても収まりそうですね〜。急に降りだした雨をやり過ごそうと宿をとったはずが、そのまま色っぽい雰囲気に……。勝手に想像してしまいました〜。(笑)
(蛍さん)



「女には、わかるんですよ。おかつさんの気持ちが……」
外へ出てから、るいがそっとささやいた。
「男の人は、二人もの男とねんごろにして、いい加減な女だと思うかも知れません。でも、おかつさんには、それしか出来なかったんですよ」
「女がひとり」より
おかつの弔いから後の部分はとても考え込んでしまいました。お話の中ですべてが語られているような気がして…。詠むのをとてもためらいました。おかつの印象を私なりに詠んでみるのが精一杯でした。
   
ふたごころひとは言えども身はひとつ
   
渇愛に身を裂く女秋立ちぬ
   
罪ならばこの身にひそむ愛のみが
   

確かに後半は考えさせられますね。おかつさんは、かすかに秋の気配が感じられる、でも「夏の女」という印象です。
「ふたごころ」「罪ならば」はなはなワールドを堪能しました。
(すみれさん)
私もはなはなワールド、たっぷり堪能しました。
(麦わらぼうしさん)
「ふたごころ」このお句も深いですね。その時どき、2重人格というのではないけれど、相手に必要とされている求められている、その思いがおかつさんに全てだったのかも知れない、と思えました。思う心はふたつ、求められる、そのからだはひとつ…。仕事場の人にも親切だったおかつと与吉。やっぱりそれはおかつの両親の生き方にもよるものだったんでしょうか。
(のばらさん)
「罪ならば〜」おかつさんと同じことをするかしないか、「女ならわかる」と言ってもする女性は少ないでしょうね。るいさんとて、たとえわかってもしないでしょう。世間への憚り、自分の良心、いろいろあると思いますが、おかつさんは、世間からどう思われようとそんなことは見えていないのですね。市之助さんはともかくも若い与吉さんの人生までも狂わせてしまって、おかつさんの心が苦しまないはずはないです。苦しいからその時その時を一生懸命に生きたのでは…。「愛を与えることで愛を得ようとした…」愚かであっても人を愛する気持ちは本物だったのですね。
(蛍さん)